フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2018年4月 9日 (月)

誕生日

本日、40何回目かの誕生日を迎えたsmile

以前はお花をプレゼントしてくれていた主人だけど、最近はもっぱら健康グッズcatface
今年は、最近足がむくみがちな私に着圧レッグウォーマーをプレゼントしてくれた。
色がババ色なのがイマイチだけど、早速、出勤前に履いてみたら、夕方になってもそんなにむくんでないわ~happy01これは嬉しい。P1410320夕飯は、チキンドリアでも作ろうかと思っていたけど、仕事が休みだった主人が娘と買い出しに行き、手巻き寿司とアサリの味噌汁を作ってくれた(驚)P1410321バースデーケーキは、31のアイスケーキ(卵不使用)を、そして娘はカーネーションの花を買ってくれたnoteP1410331そして今日は、娘の始業式でもあった。いよいよ6年生。
進級祝は、娘よりリクエストがあったトンボの36色色鉛筆で金銀入り。宿題もせずに絵ばっかり描いているというようなことにならなきゃいいけどcatfaceCimg3981私事だけど、一週間後には入院を控えており、しかも先日はギックリ腰までしてしまい、誕生日どころではないと思っていたのだけど・・・思いがけず家族がよく動いてくれて、お陰で誕生日らしい一日になったsmile

2018年4月 5日 (木)

福岡城まるごとミュージアム

昨日は、娘の小学校に提出するアレルギーっ子の学校生活管理指導表を書いてもらいに、少々遠方の病院へrvcar
今回は予約が取れなかったので、どれだけ待つかわからず、どうせなら寄り道して行こうと福岡城まるごとミュージアムを見に行ったhappy01
花散らしの雨が降る前に最後のお花見をしておこうっと。Cimg4117潮見櫓には、藤浩志氏の「Toys Blooming」。これは楽しいhappy01Cimg4087不要になったおもちゃで作られたそうだ。よく見ると細かい仕事なのです。Cimg4102下之橋御門の前のお堀にも浮いていた。Cimg4122母里太兵衛邸長屋門が開いているところは、初めて見たeye中に入るのも初めてhappy01Cimg4153ここの作品は、クルパ・マーヒジャー氏の「再訪、歴史とアイデンティティ」。福岡城に関わる絵図や文書を転写して、歴史書に埋め込んでいる。Cimg4054多聞櫓に向かう途中、いつもは福岡市美術館の前にある草間彌生さんの南瓜が石垣の前に来てた。Cimg4040ここのしだれ桜が一番好き。なんとか間に合ったcherryblossomCimg3985多聞櫓前には、スーザン・ヴィクター氏の「日の出」。このアーティストの作品は、昨年、博多織求評会の時に承天寺の境内でも見た。日差しが出てたら、また違った見え方をしたかなあ。Cimg4033多門櫓の中に入ってみる。Cimg4027_2岡本光博氏の作品はLINE。これはロープで作った虎。お城と虎って合うなあhappy01Cimg4012天井には虎の子ども達の姿も。Cimg4015ドラ○もんsign02うーん、これはどうなんだろう・・・。色んなことが心配になります。Cimg4008ヤル―氏の「ヤル―城」は、バーチャルリアリティもあった。Cimg4002急ぎ足で回った福岡城まるごとミュージアム。いつもと違った楽しみ方があり、面白い試みだと思ったsmile

余談だけど、一番楽しかった福岡城散策は、黒田武将隊と巡る福岡城happy01
またいつか官兵衛様達にお会いできる日がくればいいなあ。Cimg4156ソメイヨシノは散り始めていたけど、八重桜がきれいだった。

2018年4月 4日 (水)

九博「王羲之と日本の書」展②

太宰府天満宮でニコライ・バーグマン氏のHANAMI2050で、未来のお花見を楽しんだ後は、九州国立博物館に「王羲之と日本の書」展を観に行った。

私は前期を観ているけど、ご一緒した友達は初めて観るのに、閉館まで一時間を切っていて、大急ぎで観ることにdashまさか五時で閉館するとは思わなかったのだsweat01

後期の展示で、一番楽しみにしていたのは、光悦と宗達の書画コラボshine鶴下絵三十六歌仙和歌巻(重要文化財)sign01国宝の平家納経(厳島神社所蔵)もよかった。Img_20180404_0001_4時間に余裕があれば、もっとゆっくり観たかったなあ。古文書講座もこの春から三年生になる。こうゆう書の展示を観ても、もう少し読めるように精進しなきゃなsmile

さて、今回の太宰府でのランチは、参道にある「やす武」さん。Cimg3613私が頼んだのは、親子とじそば。鶏肉も大きく、山椒も効いてて美味しかったdelicious

2018年4月 3日 (火)

ニコライ・バーグマン HANAMI2050 太宰府天満宮編②

太宰府天満宮で楽しむニコライ・バーグマン氏の未来のお花見、HANAMI2050shine
続いて、文書館での屋内展示を拝見する。ここは先日、幸四郎さんも参宴された曲水の宴があった曲水の庭があるところ。一度入ってみたかったのだhappy01

館内にはたくさんの作品があったのだけど、その中から気になったものをいくつか・・・。Cimg3777   Cimg3878   Cimg3957   Cimg3803_2ピンクペッパーベリーの椅子。Cimg3850  Cimg3943   Cimg3953松葉に蘭の組み合わせだけど、なんだかハワイアンhappy01Cimg3890   Cimg3898_2   Cimg3901_2奥には物販があり、ニコライ・バーグマン氏もいらっしゃたshineCimg3926_3<おまけ>文書館の梅の欄間も素敵だった。Cimg3883ついついゆっくり過ごしてしまい、九州国立博物館の「王羲之と日本の書」展を観る時間が一時間足らずになってしまったdashそれくらい素敵な未来のお花見だったconfidentお天気にも恵まれてよかった。

2018年4月 2日 (月)

ニコライ・バーグマン HANAMI2050 太宰府天満宮編①

ニコライ・バーグマン氏の展覧会「HANAMI2050-花を愛で、未来を想う-」が開催された福岡。
会場は、太宰府天満宮、竈門神社、柳川の御花、志賀島の志賀海神社。

土曜日は、家族と志賀海神社へ。最終日の日曜日は、友達と太宰府へ。九州国立博物館の「王羲之と日本の書」展とセットで未来のお花見を観に行った。

驚いたのは、参道の鳥居。ピンクになっているのですsign03Cimg3980_2ピンクに彩られた浮殿には、マムのボール。Cimg3629延寿王院には、黒竹とグロリオサのオブジェ。Cimg3628心字池の花筏が素敵~heart04これが一番好きだったhappy01Cimg3641楼門の花も桜色。Cimg3686絵馬堂には来場者も参加できるスイートピーのディスプレイがあり、モチロン参加させてい頂いたhappy01Cimg3664天神広場には、タイヤのようなオブジェ。久留米ツツジのピンクがカワイイ。Cimg3672花で飾られた本殿は華やかshineCimg3708回廊西側のお花は、胡蝶蘭と杉の皮。Cimg3715これも素敵だったconfidentCimg3721_3文書館の前には、紫陽花。Cimg3968この後は、文書館での屋内展示を拝見しま~すnote

2018年4月 1日 (日)

ニコライ・バーグマン HANAMI2050 竈門神社編

福岡の四会場で開催されたニコライ・バーグマン氏の「HANAMI2050-花を愛で、未来を想う-」。
昨日は、志賀海神社へ。最終日の今日は、友達と太宰府に出掛けた。まずは、竈門神社へ。

鳥居の前には、桜と苔玉のコラボ。おもしろ~いhappy01Cimg3413お庭テラスには、苔と蔦のオブジェ。Cimg3430覗き込むとラナンキュラスが。Cimg3424地下展示室で未来箱の穴を覗くと・・・これも未来のお花見でしょうかhappy01Cimg3443本殿前の捧げ花は、胡蝶蘭の薬玉。Cimg3454境内には、アクリルの桜。未来のお花見っぽいなあ。Cimg3448参集殿での屋内展示も拝見する。Cimg3481    Cimg3470     Cimg3505_2   Cimg3533   Cimg3518_2隣りの和室の影花も近未来的です。Cimg3561次は、メイン会場の太宰府天満宮へdash

2018年3月31日 (土)

ニコライ・バーグマン HANAMI2050 志賀海神社編

ただ今、ニコライ・バーグマン氏の「HANAMI2050-花を愛で、未来を想う-」が福岡で開催されている。
会場は、太宰府天満宮、竈門神社、柳川の御花、そして志賀島の志賀海神社。Cimg3237全館共通のペアチケットを頂いたので、今日は家族と志賀島へドライブがてら、志賀海神社へ。
まずは、お潮井で清めて参拝します。Cimg3403鳥居の前に早速ありましたshineCimg3245   Cimg3243長坂の展示はタワーみたい。リボンがいっぱい結ばれていた。Cimg3380   Cimg3263_2境内には、海らしく流木を使ったモチーフ。   Cimg3273個人的には、本殿の作品が一番好きだったshineCimg3299   Cimg3327   Cimg3343海に面した遥拝所の作品。ここの雰囲気にとても調和してると思った。Cimg3280      Cimg3319桜の季節にこうゆうお花見もいいなあと思ったconfidentCimg3390志賀海神社は入場無料の屋外展示のみだったので、チケットは不要だった。
最終日の明日は、太宰府に行ってきま~すnote

2018年3月30日 (金)

東長寺の桜

さて、天神中央公園で桜を観た後は、折角なので、東長寺へ行ってみた。
古文書講座でも東長寺の謂れを読んだし、今月は映画「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」を観たので、久々に訪れたいと思っていたのだ。ここは、空海が唐より帰国して最初に建立したお寺で、密教が東に長く伝わるようにと「東長寺」。Cimg3220桜は満開。外国人も多かった。Cimg3188六角堂と桜。Cimg3182五重塔の側のしだれ桜も好き。 Cimg3159朱塗りの五重塔に桜が艶やか。  Cimg3166   Cimg3171昔、博多周辺のお寺で、春に朝日大茶会という大寄せ茶会があったのだけど、東長寺でのお席の後、満開の桜の下で友達と写真を撮り合いっこしたことを懐かしく思い出した。
あの頃は、20代で私達も花盛りだったなあcatface

2018年3月29日 (木)

お刺身盛り放題の海鮮丼と天神の桜

さて、映画「ちはやふる-結び-」を観た後は、パルコの魚助食堂でランチ。
ここは海鮮丼のお刺身、お惣菜が盛り放題(一回だけ)なのだshine
サーモンがなかったのが残念だけど、私も頑張って盛ってみた。Cimg3128_2娘と友達は、富士山みたいに盛っていて、結局食べられず、親が食べることに・・・。
もうお腹いっぱいで、夕飯はいらないかなあと思うくらい(いや、食べたけどcatface

娘と友達親子とは天神で別れ、私は古文書講座へ。
帰りに天神中央公園に寄ると、桜が満開だったcherryblossomCimg3139チューリップとの競演もなかなかです。4月生まれなので、この時期は桜やチューリップが咲くと、心がウキウキしちゃうんだよなあnoteCimg3136_3帰宅後は、主人の東京土産、築地ちとせのさくらいちごを頂いたdeliciousCimg3119いちごソースに桜の塩漬けがマッチして、春らしいお味。Cimg3229美味しゅうございましたdelicious

ちはやふる-結び-

今年度最後の古文書講座のある水曜日は、レディースデー。
春休みだし、娘と友達が映画「ちはやふる-結び-」を観たがっていたので、朝イチで一緒にソラリアプラザのTOHOシネマズ天神に行ってきた。
上の句、下の句も楽しく観たので、その後の展開が気になっていたのだnoteImg_20180328_0001着物が好きなので、どうしても袴姿に目が行ってしまうsmile皆、それぞれの雰囲気に合ったコーディネートで素敵だったshine

新入部員も二人入り、高校生活最後の全国大会を目指して頑張ろうという時に、部長の太一(野村周平くん)のまさかの退部に動揺する千早。

一度はかるたを辞めたけれど、高校でかるた部を立ち上げて、全国大会を目指す新(新田真剣佑さん)。

太一が、出先の京都から全国大会のある近江神宮に走る姿がカッコよかった。
そして、決勝戦を前に人知れず負傷した手を案じていた奏(上白石萌音ちゃん)の前に現れて、サプライズで選手交代sign01太一一人洋服やんと思いきや、袴で登場。あれは誰が用意したんだろう・・・sign02

余談だけど、クールだと思っていた詩暢(松岡茉優ちゃん)が、スノー丸がからむと別人になるところがかわいいsmile

最後は、数年後の千早の後ろ姿で、その後どうなったかがわかる結末だった。

私の母校の高校は、初代永世クイーンが出たこともあり、高1では百人一首を全部覚えなければならなかった。子供の頃は、お正月に親戚が揃うとかるた大会。
古文書講座でも百人一首は教材の一つで、今も楽しく読んでいるsmile

母校には、今はかるた部が出来たそうだ。私も在学中だったら、入ってみたかったかも。
競技かるたに青春を燃やす千早ちゃん達が、眩しかったなあshine

«オープン戦!