フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2017年11月15日 (水)

11月15日はきものの日②

本日、11月15日はきものの日。昨年に引き続き、今年も着物雑誌の表紙を飾ってみるsmile
写真は先日、承天寺の博多織求評会で撮ったもの。Koms_1510455861今日は七五三にちなみ、思い出の写真をば。
草乃江2歳の時の七五三。当時は三重県の松阪に住んでいた。Img_20171111_0001この着物を30数年後に娘が3歳の七五三で着た。子どもの着付け、肩揚げ、腰揚げに初めてチャレンジし、準備をするのも楽しかったなあconfidentImg_20171111_0002自分と娘の着付け&髪のセットで朝からバタバタしたけどdashいい思い出になった家族写真。Img_20171111_0003_2七歳の七五三もとうに終わったし、次の節目は来年の小学校の卒業式かなあ。
うちの小学校は袴着用率が高いらしく、娘には袴を着せたいなあと画策中の母であるsmile

袴の着付けは習ってないけど、子どもの頃に剣道の袴は履いていたので、ちょっと練習すれば、なんとか着せられるんじゃないかなあな~んてねsmile

盛りだくさんな一日~太宰府のお茶室&相撲部屋

九州国立博物館で「新・桃山展」を観た後は、太宰府天満宮周辺を散策。
まずは、ランチnote参道から路地に入ると、縁結び食堂なみ満がある。P1400631古民家を改築したお蕎麦屋さんだ。P1400626_3だけど、お蕎麦屋さんなのに私は親子丼を注文。(アレルギーっ子がいるので、普段卵は食べないからsmile)卵の色が濃い~。欄間なども素敵で、雰囲気の良いお店だったnoteP1400619さて、お会計をする時に、お茶室でお抹茶が頂けることを知った私達。軽い気持ちでお願いしたのだけど・・・案内されたのが、にじり口でビックリeyeそんな本格的だとはsign01P1400627この日は、運良くお茶の先生がいらっしゃる日で、目の前でお薄を点てて頂いた。Cimg1007しかも二服目は、自分達で点ててみないかとおっしゃて頂き、思いがけず皆でお点前をすることにhappy01普段は、キッチン流電気ポット派なので、柄杓の扱いなんて久し振りshineお軸は「喫茶去」。やはりお茶っていいなあconfidentP1400621すべてのご縁が円満でありますようにとの円満の井戸。今度はお蕎麦を食べに来ようっと。P1400617_2太宰府天満宮では、菊花展が開催中。いい時に来たなあshineP1400595大輪の菊って、ぽってりしてて好き~。P1400616_2糸菊もこうゆう時でないと見られないしねhappy01Cimg1005境内では銘酒展もあって、日本酒の試飲をさせて頂くbottle三杯くらい飲んだかなsmileP1400605_2境内にある太宰府天満宮幼稚園には、かわらしい幟がはためいていた。P1400612この日は、九州場所三日目。日馬富士の暴行のニュースには驚いた。結構好きな力士だったので、本当に残念だったsweat01
太宰府天満宮の境内には、日馬富士のいる伊勢ヶ濱部屋の宿舎があるので、行ってみると報道陣が詰めかけていた。P1400635もしかして、会えるかもsign02と待っていると、宝富士が出てきた。国際センター前で入り待ちはしたことあるけど、こうゆうのってなんて言うんだろ。。。部屋出待ちsign02P1400640実はこの後、娘と九州場所三日目を観に行ったのだ。こんなことがなければ、楽しく日馬富士を応援できたのに・・・日馬富士は、この日から休場となった。P1400633なんだか朝から盛りだくさんな一日だった。

新・桃山展

昨日は、和の会で九州国立博物館に「新・桃山展~大航海時代の日本美術」を観に行った。
エントランスには、黄金の茶室がお目見えshine映画「花戦さ」での秀吉と利休さんのシーンを思い出すなあ。P1400585国宝の屏風が見たく、この時期に合わせて来たのだ。狩野永徳のダイナミックな「檜図屏風」は素晴らしかったhappy01長谷川等伯の「松林図屏風」は、独特な空気感。
狩野元信の「四季花鳥図屏風」(重要文化財)もよかった。こうゆう着物にありそうな題材は好き。水の流れも繊細だった。

これこれ、昔、教科書で見た聖フランシスコ・ザビエル像。山口県出身なので、勝手に身近に感じていますよsmile06茶道具もたくさんあり、見ごたえあったhappy01特に白天目sign01油滴天目も素敵だったconfident
面白かったのは、四角い黒楽茶碗(銘ムキ栗)。どこから飲むsign02やはり角かなあ。17異国情緒あふれる南蛮毛織(モール)水指は、室町将軍家ゆかりの品。14_2NHKの日曜美術館で見て、実物を見てみたかった「大洪水図屏風」。旧約聖書のノアの箱舟が描かれており、マカオで制作されたとされるらしいのだけど、雲には七宝に亀甲、紗綾形みたいな日本的な文様もあった。46_2四階の文化交流展示室では、長谷川等伯の「松林図屏風」のレプリカがあり、写真撮影可能だった。照明の当て方もいいのでしょう、床にも屏風が映っていて幻想的だった。P1400583_2あじっぱでは、南蛮屏風を前に南蛮人になってみるsmileP1400593_2九州国立博物館の季刊誌Asiage(アジアージュ)の最新号が、とても楽しかったhappy01
信長、秀吉、家康がSNSをしているのだnote信長が西洋から来た宣教師にもらった地球儀をアップしてたり、こうゆう遊び心、好きだなあ。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

2017年11月14日 (火)

日馬富士休場、九州場所三日目

最近、このブログも九州場所に関する記事へのアクセスが増えている。(特に入り待ち)

好きだった旭天鵬や豊真将が引退して以来、相撲熱も少々冷めていたけど、録画していたNHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」の大相撲裏方スペシャルを見て、九州場所ムードが高まってきてた矢先に・・・

今朝は、日馬富士の貴ノ岩への暴行に関するニュースを知り、ビックリ。
日馬富士は、結構好きな力士だったので、とても残念に思ったsweat01
今日は丁度、九州国立博物館に行ったので、太宰府天満宮内の伊勢ヶ濱部屋宿舎に行くと、報道陣が集まっていた。そして、報道関係者に日馬富士が休場することを教えてもらう。
娘が帰宅したら、九州場所を観に行く予定で、ニュースを知る前は、二連覇のかかる日馬富士を応援しようと思っていたのに・・・本当に残念であるsweat01P1400635そんな今日は、福岡市の大相撲九州場所こども観戦招待に当選し、九州場所三日目を親子で観に行った。P1400650福岡県出身の松鳳山には、ひと際大きい声援、松鳳山コールnoteCimg1123もう一人の福岡県出身力士、琴奨菊の琴バウアーも見られたけど、二人とも負けてしまった。Cimg1148そして、日馬富士は休場のため、玉鷲の不戦勝。Cimg1174結びの一番は、稀勢の里と千代大龍。立呼出しは、拓郎さん。「プロフェッショナル~仕事の流儀」では、数年前に肺の三分の一を摘出し、息が昔ほど続かないとのことで、一人声出しの練習をしておられた。Cimg1199立行司の四十代式守伊之助さんも「プロフェッショナル~仕事の流儀」に出られておられた。
差し違えたら切腹しなきゃいけない覚悟で土俵にあがり、短刀は家で保管、土俵では竹光を使用しておられるとのことだった。Cimg1247結びの一番は、稀勢の里の勝ち。Cimg1208_2「テンテンバラバラテンテンバラバラ」跳ね太鼓を聞きながら、国際センターを後にした。Cimg1287さて、今日は娘に持っていった力士名鑑が古いと指摘された。
私が持ってる力士名鑑は26年度版coldsweats01豊真将に旭天鵬、琴欧洲も載っているのだ。
そろそろ新しいのを買おうかなあ。

2017年11月13日 (月)

求評会のあとは御供所町散策

さて、承天寺で博多織求評会を見たあとは、周辺のお寺をお参りがてら散策した。
この御供所町界隈は、別名「寺町」。
昔はこの辺りで、春に朝日大茶会という大寄せ茶会があり、色んなお寺に行ったねえなどと話しながら、まずは、お隣にある承天寺の塔頭、天與庵へ。Cimg0935本堂には入れないので、お庭だけ見させて頂く。こちらにも枯山水のお庭があった。Cimg0932次は、妙楽寺へ。ういろう伝来の地としても知られている。
でもこれは、お菓子の外郎ではなく、薬のこと。Cimg0949博多塀に以前来た時には気づかなかった恵比寿様を見~つけたeye
誰かが小枝を挿していて、鯛釣り恵比須みたいhappy01Cimg0942菊の花もきれいだった。特に大輪の菊が好き。Cimg0944気になったのがこの瓦。牡丹でしょうかsign02Cimg0952続いて日本最初の禅寺、聖福寺へ。奥は拝観謝絶の札が掛かっているので、仏殿で三世仏のみ拝観。古文書講座でも丁度、「筑前国続風土記」の聖福寺のところを(苦労しながら)読み解いているところbook久々に訪れると猫が多くてビックリ。Cimg0939そのまま博多駅まで歩き、くうてんの「矢場とん」でランチ。Cimg0953よ~く歩いたので、(帯を締めてたけど)ロースカツ定食をペロッと平らげたdelicious

この後は、九州場所初日の入り待ちに行こうと思っていたけど、久々に会う友達と話がはずみ、既に結構な時間になっていたので、間に合わず。
でも、素敵な帯やお庭を見て、よく喋り、よく歩き、楽しい一日だったhappy01

2017年11月12日 (日)

帯留めデビュー~博多織求評会へ

博多織発祥の地、承天寺で開催される毎年恒例の博多織求評会に今年も友達と行ってきた。
博多織の新作が見られるとあって、楽しみなイベント。
帯はやはり博多織が締めやすく、一番好きだhappy01

枯山水の洗濤庭(せんとうてい)は、お気に入りの場所。
方丈から見て、石庭は玄界灘、石は島、緑庭は中国大陸なのだそう。Cimg0923奥のお庭では、南坊流の野点てがあり、お抹茶を頂いた。Cimg0907_2落ち葉が敷き詰められた野点席は秋の風情。お菓子は承天饅頭。Cimg0901池には、カモのつがいが泳いでいた。Cimg0909素敵な帯もたくさん見られて眼福であったconfidentCimg0918境内には、現代的なオブジェが展示中shineこれは、福岡アジア美術館の「博多でつなぐ東南アジア展」のシンガポール出身のアーティストの作品。Cimg0896さて、着物で来場するとプレゼントがあるのだけど、最終日とあってか、ほとんど選択肢がなくsign02博多織のコースターを頂いた。Cimg0989
<本日の着物> 葉っぱ小紋に合わせたのは、モチロン博多織。Cimg0988帯締め派の私だけど、今日は帯留めデビューとなった。
これは、昨年の博多織求評会のアンケート抽選に当選した友達に三つある帯留めの一つを幸運のお裾分けしてもらったものshine三分紐は五嶋紐。

2017年11月11日 (土)

若君さま~♡

NHKで放送中の土曜時代ドラマ「アシガール」が面白いhappy01

足が速いのが取り柄の女子高生・唯(黒島結菜)が、戦国時代にタイムスリップ。
城主の嫡男である若君こと羽木九八郎忠清(健太郎)に一目惚れし、彼を守り抜こうと足軽・唯之助として奮闘するお話だ。Topimage_pcその若君さまがカッコよいのじゃheart04もう回を重ねるごとにますますカッコよくなっていくのじゃhappy02
(画像は番組からお借りしました)Cast02前々回では、胸に矢を射られた瀕死の若君が、平成の世にタイムスリップ。
タイムマシンを作ったのは、唯の弟。唯の母は医者なので、若君を助けてもらおうと唯が丸投げしたのだ。そして、戦国時代で若君の帰りを信じて待つ唯。

手術も無事成功し、(平成の世も満喫しsign02城跡に行ったり、日本史の教科書を読んで自分の未来も知りsweat01)満月の夜に戦国時代に戻った若君。二人の距離も縮まっていく。

タイムマシンが使えるのは、あと一度。唯が現代に戻ったら、それが永遠の別れになることを知りながら、戦国時代に残ると言う唯に、あと二回使えると嘘をつき、一度家に帰り、そして戻って参れと告げた若君に・・・もう泣けた~crying

唯に背を向けた時の若君の顔が切なくて・・・。私には、「わしの元へ戻って参れ。」っていう若君の本心のように聞こえてたわcrying

なのに・・・楽しみにしていた今週の放送は、スポーツ中継(NHK杯フィギュアスケート)のため放送休止sweat01あ~ん、若君さま~heart04最後に切ない顔を見て終わったら、続きが気になるではないか。

アシガールの原作は、連載中のマンガだそう。若君と唯の時空を超えた恋の行方は如何にsign02最後まで目が離せないわあhappy02

2017年11月10日 (金)

お弁当三つ

娘は今日、社会見学で自動車工場(トヨタ)といのちのたび博物館に出掛けたbus
なので、今朝のお弁当は三つ。
エビフライにキュウリの甘酢漬けにチーズ竹輪。人参のナムルとウインナーは花形に。P1400578普段、主人と私のお弁当は冷凍食品も詰めてるし、あまり手間をかけないけど、今日は娘のリクエストでエビフライを作ったので、いつもより早起きした。

だけど、高校生になったら、毎朝お弁当を持って行くんだよねえ。

アレルギーっ子なので、冷凍食品などの加工品は食べられないものが多いけど、その頃までには食べられるものが増えてて欲しいなあ。
それに、女子高生になったら、友達と食べに行く機会も多くなるだろうし・・・。

以前は食べられたものが食べられなくなったりとアレルギーは三歩進んで二歩下がるような状況だけど、経口免疫療法も一歩ずつ進めないとね。

2017年11月 9日 (木)

どっちの帯揚げにしよう?

今週末は、久々に着物で出掛ける予定note
今日は、仕事が休みだったし、天気も良かったので、帯合わせをしてみたhappy01
博多織のイベントなので、締めるのはモチロン博多織。秋らしい縮緬の帯揚げを二枚選んだけど、どっちにしよう?

まずは、茶系の丹後ちりめん。帯締めは冠組。P1400574もう一つは、臙脂色。帯締めは、龍村の小田巻か、矢羽根か、柿渋染めか悩むところ。
一番好きなのは右の柿渋染めで、色みも気に入っているけど、ちょっと無難過ぎるsign02P1400576この帯は、20代の頃に母が買ってくれたもの。地味なので、当時はあまり締めることがなかったけど、40を過ぎるとしっくりくるんだなあcatface

おっと、この記事を書きながら、初下ろしが待たれる頂き物の帯留めのことを思い出したdashCimg0329_2そのために五嶋紐の三分紐も買ったのに・・・さて、どうするかなあ。

2017年11月 6日 (月)

山口二日目はのんびりと

介護帰省二日目の午前中は、自宅でのんびり過ごした。
母は、箪笥の整理などをしていた(既にかなりスカスカになってるのだけどcoldsweats01
食器棚は、ほぼ手つかずのまま。母の趣味で、作家物の器も幾つかあるのだけど、萩焼の茶碗をとりあえず一つ私が持ち帰ることにした。

さて、自宅に帰ったのは、半年振り。普段は誰も住んでいないので、水道とガスは止めているのだけど、私達の帰省に合わせて、近所に住む叔母が水道とガスの開栓手続きに掃除に布団干しをしてくれた。ありがたいなあ。

お昼はその叔母の家にお邪魔した。母に栗ご飯を食べさせたいと言ってくれ、お言葉に甘えたdeliciousCimg0894食事の支度ができる間、娘は庭でみかん狩りをさせてもらう。P1400564最近、母の話す声が小さくなり、聞き取りにくくなったのだけど、この二日間で、少しは声が出るようになった気がする。特に寝る前に普段、病院では飲めないお酒を飲んだら、スイッチが入ったのか、遅くまでよく喋ったsmile

やっぱり電話より、たまには会って話すのがいいんだよなあ。。。
わかっちゃいるけど、現実はなかなか。。。

私達が帰った後に食べてねと病室にお土産を置いてきたのだけど、翌日にはほぼ一箱食べてしまっていたそうだdelicious今の母は、趣味:お菓子note

次回のお楽しみ袋(定形外郵便)では、何を送ろうかなあ。

«チームラボ 世界を旅する植物に住まう生き物たち