フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

ミシン着物で半幅帯結び

今月、承天寺での博多織求評会に出掛けた時、お天気が心配で、洗える着物に半幅帯を結んだ。しかし、大人向きの帯結びのレパートリーが少なく、当日はバタバタdash本を引っ張り出す羽目となった。

もう少し勉強せねばと思っていた矢先、図書館で素敵な一冊を見つけた。小久保美代子著「半幅帯むすび」(中日新聞社発行)である。この本には、半幅帯結びがなんと106種類もあるのだsign03

パラっと見ただけでも、結んでみたい帯結びがいくつかあったので、今日は早速、一人で練習してみた。P1090549本を見ながら、まずは「風鈴」・・・おや、あることに気がついた。P1090553後ろに回して写真を撮ると、反転しているのだ。まあ、これでもいいかcatfaceP1090554_2続いて「角出し」に挑戦。名古屋帯でも角出しは結んだことがなく、手先のバランスも難しい。もっと練習して、出掛ける時に結べるようになりたい。

この本の花シリーズでは、カトレア、黄水仙、椿、水芭蕉などの帯結びが好みであったが、年齢と相談しなければsmile 娘が大きくなったら結んであげたいカワイイ帯結びもたくさんあり、見ているだけでも楽しい一冊である。

<本日の着物>P1090567_2

昨年、ミシンで縫った家用のキモノ。袖口は手縫い。晒で肩当てと居敷当てをつける。

帯は博多織小袋帯。こんな時の足元はタビックスで♪P1090574_3柄アップ↑基本的に黒は着ない私だが、どうゆう訳かこの布地は一目で気に入ったheart04

ただ、単衣で椿の柄なので、もし外に着ていくとしたら、春先かなあ。

2011年11月24日 (木)

空港を探検

昨日は、主人が仕事で関東に行ったので、娘と空港まで見送りに行った。

飛行機に乗ったことがない娘は、久々に空港に行くのを楽しみにしていたようだ。まっすぐ展望室へdash

P1090498_2早速、面白いものを見つけたようだairplane

P1090515こんな自販機も発見eye

P1090500_2昨日は寒かったので、私はコーヒーを飲んで待っていたが、娘が選んだのはカルピス。余計に寒くなったであろう。飲んだ後は体を動かすrun

P1090504祝日だったので、展望室は割りと人が多かった。

P1090526_2 一時間近く、見ていただろうか。

P1090519次から次に飛行機が離着陸する様子を見るもの楽しいが、やはり寒いぞ。

P1090532予定より遅れて、主人を乗せた飛行機もようやく離陸。

P1090538さて、帰ろうかと思いきや、なかなか帰ろうとしない娘。空港を探検するのだそうだcatface

P1090489_3うちには大きなクリスマスツリーがないので、どうもツリーも気になる様子。

P1090542今度こそ帰ろう。。。じっとしていた私は、どうやら風邪をひいてしまったsweat01娘と一緒に走ればよかったかしらsign02また機会があれば、今度はシャトルバスで国際線まで行ってみてもいいかもflair。。。って用もなく乗ってもいいのだろうか。

2011年11月23日 (水)

釜我敏子の世界展

昨日は、福岡アジア美術館の「創作型絵染 釜我敏子の世界展」に出掛けた。

たまたま手にとった「美しいキモノ秋号」と「きものサロン秋冬号」で、先生の記事を拝読し、福岡の作家さんだと知った。とても素敵な作品で、これは是非、実物を見に行かねばと思い、先週、友達と行くと、水曜休館だったsweat01なので、今回は一人で。P1090460創作活動四十五年を記念して、初期の作品から現代に至る作品約百点の展示は、見応えたっぷり、素敵な作品ばかりで、時間を忘れた。

個人所有の着物は、福岡県の方が多かったようで、なんだか勝手に嬉しくなった。

図々しくも、羽織ってみたいと思った一枚は、福岡県立美術館所蔵smile

私が生まれた頃に染められた個人所有の帯は、四十年位経っても年月を感じさせず、大切に扱われてきたのだと感じた。

四季折々の花をデッサンし、型紙を彫る、その工程の展示もあり、興味深かった。初めて目にした型紙は、額装されており、とても美しかったが、ここに至るまで、そして、ここから染めていく工程に思いをはせると気が遠くなりそうである。

子供の頃に親しんだ数珠玉やたんぽぽ、ペンペン草などを染められた作品もあり、懐かしさと共に、草花に向けられる温かい目線を感じた。

釜我先生がいらっしゃったので、お話したいけど、どうしよう。。。と遠巻きにモジモジしていると、先生の方からお声を掛けてくださった。恐らくご自身の作品をお召しの先生はとても美しく、穏やかで、これらの優しい色合いの着物を染められた作家さんなのだと思った。

<本日の着物>P1090477 麻の葉文様の結城紬に名古屋帯。今日のコーディネートはイマイチだと思ったが、覚書としてあえて残そう。P1090462足元は先日、鼻緒の挿げ替えをしたばかりの鳥獣人物戯画の草履で。

 

2011年11月21日 (月)

幼稚園のお誕生会

今月、誕生日を迎えた娘の幼稚園のお誕生会へ出席した。

まずは、全園児でのお誕生会。

P1090429 11月生まれのお友達がステージに上がり、マイクでひと言。娘は「好きな食べ物は・・・色々です!」って何じゃそりゃ。

園長先生からのお話で、大きくなることとは、人の気持ちわかるようになること。「おうちでわがままを言っていない子!」と聞かれ、返事をして手を挙げる姿がちらほら見られる中、娘はステージの上で、思いきり首をかしげていた。 え~え~、そうでしょうねcatface

先生方から劇や音楽のプレゼントの後は、教室へ行き、クラスでのお誕生会。親は子供の紹介がてら、出し物もある。

娘の食物アレルギーのことを、クラスのお友達に伝えるいい機会でもあった。

P1090440担任の先生から、手形やメッセージが書かれたお誕生カードを受け取ってニコニコ。

P1090444お誕生会の主役達が、給食当番を務める。

P1090452_2親も一緒にいただいた本日の給食メニュー・・・のしどり、野菜チップス、ご飯、ヨーグルト。

<おまけ>

P1090458クラスのお母さん四人での出し物で使った、「おかあさんスイッチ」

しばらく自宅でも使うことになりそうだが、私としては「おてつだいロボ」版も欲しいぞcatface

 

2011年11月17日 (木)

せいもん払いと箱崎散策

昨日、福岡アジア美術館に行ったら、水曜日で休館日であったsweat01月曜日じゃないのか~と、ガッカリしたが、すぐそばでは川端商店街のせいもん払いが始まっていたので、気を取り直してそちらに向かうsmile

P1090380先月の博多情緒めぐりで聞いたのだが、せいもん払いは、ここの商店街が始まりなのだそう。

人だかりが出来ているお店に寄って、和柄のお弁当包みを購入。300円也moneybag

P1090415着物で食事をする時にも使えそうだ。ただし、秋限定。このお店はお仏壇のはせがわ本店。

P1090382ぜんざいの接待もあったので、お言葉に甘えていただいた。なんとテラス席ももあったeye

ここでは、文化サークルがあるそうで、我々が気になったのは、「プラチナの茶室でお茶を楽しむ会」と「気軽にお香を楽しむ会」である。プラチナのお茶室は、ここ本店三階にあるそうだ。お香の会は、伽羅や沈香の香りを楽しむ聞香の会。会費は共に千円で、一回だけでも参加できるそうだnote

ほかのお店では、博多織の帯がすごくお安くなっているのに、後ろ髪をひかれつつ、箱崎宮前へ向かう。

戸部田はきもの店で、草履の鼻緒の挿げ替えをしてもらった後は、商店街を散策。

お昼は、インドカレーのサティでカレーランチ。

P1090399よく歩いたsign02ので、ナンのおかわりをするdelicious

帰りは、筥崎宮を参拝する。P1090406初代藩主、黒田長政公が建立した重要文化財の一の鳥居。

P1090403今日はお天気にも恵まれ、七五三の家族連れの姿もちらほら。子供の着物姿はカワイイshine

P1090402 普段は野球を観ない私でも、さすがに今は、優勝の行方が気になる。ホークス頑張れ~rock

2011年11月16日 (水)

鼻緒の挿げ替えで大変身!

先週、草履の鼻緒が切れてしまったsweat01

幸い、見ず知らずの人が応急処置をしてくださり、無事に帰ることが出来た。P1090150草履は昔、母が買ってくれた小川胡蝶。もう十五年位履いており、ちょうど鼻緒の挿げ替えをしたいと思っていたので、今日、持って行って来た。

お願いしたのは、東区箱崎にある「戸部田はきもの店」さん。P1090388

普段、この草履を履く時の着物の写真を持参し、紬から江戸小紋まで合わせられる鼻緒を選んでいただいた。P1090386手前の縮緬か、奥の鳥獣人物戯画がオススメとのこと。なるほど、素敵だ~shine

悩んだ結果、鳥獣人物戯画に決定sign01P1090396今日は洋服だったので、持参した足袋に履き替え、調整中。P1090392かかとの打ち替えもお願いし、表面の汚れも落としていただいたので、ピッカピカ。

作業の合間に、冬の防寒対策や、草履の履き方なども教えていただいたhappy01P1090418完成~。巻きに赤いラインが入っているので、前ツボの赤がよく映える。

この草履に負けないような、素敵な着姿を目指したい。

そして今日は、鼻緒の応急処置をしてくださったお店にお礼に伺った。ご本人にはお会いできなかったが、心ばかりの花を飾っていただけたらと思うconfident

2011年11月15日 (火)

七五三~思い出の着物~

今日は七五三。我が家は今年は関係ないが、七五三にちなみ、子供の頃の思い出の着物を載せたいと思う。

草乃江の素顔、初公開catface 二歳の七五三。

お宮参り着を仕立て直した着物で。当時はこうゆう髪飾りが主流だったようだ。002

帯まわりがゆがんでいるが、母とご近所さん達が、ああでもない、こうでもないと言いながら着せてくれたのだそうだ。想像すると、なんだかほほえましい。

妹が着た後、この着物を再び目にしたのは、母が姪の七五三の準備をしている時。

洗い張りに出して、きれいになった着物が部屋に掛かっていた。結婚が遅かった私は、いつか結婚したら、自分の娘に着せたいsign03と強く願ったのだ。

その甲斐あってか、私が着てから三十数年後smile、娘が三歳の時に着せることが出来たhappy01 おととしの七五三である。 003

着物としごきは、当時のもの。帯や小物を新しいものにすると、そんなに古い感じはしない。

なにより、娘が喜んで着てくれたのが嬉しかった。001_2初めて写真館で撮ったお気に入りの家族写真。(年賀状に使う予定だったが、叶わなかった)

私の着物は、独身時代に月賦で初めて自分で買った付け下げ。この日ようやく袖を通すことが出来た。

娘と自分の着付けの練習は、事前に何度かしていたので、当日はわりとスムーズであった。

余談だが、三歳の被布にも憧れがあり、別の日に写真館の貸衣装で写真を撮ったsmile

次の七五三は、早ければ来年かなあ。

2011年11月14日 (月)

親子でコンサートとバルーンアート

昨日は、西区のさいとぴあへ親子コンサートに出掛けた♪

*****親子で仲良くクラシックvol.2 ピアノデュオのカーニバル****

P1090349_2九大学研都市駅前にある「さいとぴあ」

P1090348会場で、幼稚園のお友達と会ったので、はい、チーズcamera

子連れでは、普段なかなかコンサートへ行く機会もないが、こちらのコンサートは親子でクラシックコンサートが楽しめるhappy01 しかも、入場無料shine(要申し込み)

小さなお子さんに配慮してか、照明もほんのり暗い程度で出入りも自由、コンサートは三部に分かれ、休憩も多いので安心である。

休憩時間には、組曲「動物の謝肉祭」にちなんで、動物さん(スタッフ)に挨拶するともらえるシール集めもあった。

去年も参加したが、その時はクリスマスコンサートであったxmasみんなでクリスマスメドレーを歌ったのが楽しかったnote

娘にクラシックは、まだ早いかとも思うが、来年も楽しみである。

コンサートの後、隣りのイオンに寄ると、ちょうどバルーンアート体験があったので、参加するhappy01

P1090353まずは、練習。ペンシルバルーンで犬を作る。↓

P1090357_3次は、五つのパーツをつなげる「フライングドッグ」に挑戦。

P1090367_2完成~note

P1090370_2顔はこんな感じsmile つぶらな瞳ね。。。

2011年11月11日 (金)

博多織求評会

今日から三日間、博多の承天寺で開催される博多織求評会(新作発表会)に出掛けた。

博多織の帯は締めやすく、大好きなので、今日は楽しみにしていたhappy01

承天寺は、博多織発祥の地と言われ、境内には石碑もある。P1090229左から、うどん・蕎麦、饅頭、博多織発祥(博多織の始祖満田彌三右衛門)の碑。P1090281本日の和の会のメンバーは五人。

入り口で、アンケート用紙を受け取り、好きな作品の番号を二点記入するのだが、素敵な作品ばかりで、迷う迷うhappy01 こうゆう帯が締めたいなあheart04と思ったものを選ぶ。P1090253和の会メンバーもアンケートに記入しているようだpencilP1090278承天寺には、枯山水の洗濤庭(せんとうてい)があり、楽しみにしていた。P1090244方丈から見て、石庭は玄界灘、石は島、緑庭は中国大陸なのだそう。美しいshine P1090231_2反対側から方丈を臨む。今日は入り口に、博多情緒めぐりの案内人さんがいらっしゃり、境内を案内してくださったhappy01

南坊流の野点席があり、お抹茶をいただく。P1090265_2南坊流は福岡藩の武家の茶道で、家元は存在しないのだそうsign01P1090264お菓子は「承」の字の承天饅頭(松屋)で、お皿の紋は幔幕の紋と同じで、福岡藩の藤巴と南坊流の祖、立花実山の家紋なのだそう。P1090269私は次客で、今、お茶を点てていただいているところconfident

勿論、おいしく頂戴いたしました。

さて、アンケートを提出すると、着物で来場した人にプレゼントがあったnoteP1090344博多織のティッシュケースwink

<本日の着物>P1090193お天気が心配だったので着物は化繊の小紋。帯は博多織小袋帯で。P1090308お太鼓風に結んだので、今日は後ろ姿も載せちゃおうsmile 縮緬の紐を使った手作りの髪飾りでnote

2011年11月10日 (木)

草履が大変っ!!

和の会の帰り道、充実した一日であったnoteと足取りも軽かったが、突然、草履の鼻緒が切れてしまったcoldsweats02

勿論、こんなことは初めてである。既に友達とも別れ、一人の時で、本当に焦ったsweat01

なんとか応急処置をせねばと思い、歩道の脇に寄り、切れた繊維の束sign02を鼻緒に結ぼうと試みたがうまくいかない。Uピンをねじ込んでも、二歩歩くと、すぐ外れる。。。の繰り返しwobbly

人目が気になるが、このままケンケンで帰るか~catfaceという思いもよぎったが、もう少し頑張ろうと思っていた矢先、救いの神が現れたshine

開店前の店先で奮闘していたのだが、そのお店のドアが開き、中から出てこられた男性が、私に気付いて、直して下さるとのことnote ありがたや~crying

勿論お店は、履物屋さんではなく、ありあわせの道具で直してくださるのだが、なかなかうまくいかず、申し訳ないなあと思いつつ、なす術のない私。。。

そうこうしているうちに、直してくださり、無事に帰ることが出来た。本当にありがたかったconfidentP1090150前ツボの色が、赤と緑で一足早いクリスマスみたいxmasP1090184裏も丁寧に閉じて下さった。

草履は若い頃、母に買ってもらった小川胡蝶。もう十五年位履いているだろうかsign02履きやすく、手持ちの履物の中では、一番出番が多かった。

実は、月刊アレコレVol.48(2008年12月25日発行)を見て、今どきのふっくらした鼻緒に挿げ替えたいなあと思っていたが、グズグズしているうちに、こんなことになってしまったsmile

長い間、ありがとう。愛着のある草履なので、今度こそsign01早めに挿げ替えようね。

久々の着物♪

昨日は和の会。大濠公園能楽堂の「一の会」と福岡三越の「三十三間堂本坊 妙法院門跡 障壁画完成記念 石踊達哉展」を観に行く、欲張りなプランである。

まずは、「一の会」へ。発表会だが、豪華な顔ぶれで、入場無料shine

一時間しか居られなかったが、発見はあった。舞囃子は、面も能装束もつけず舞うけれど、ある演目は男性が舞っていたが、女性の役だと気付いた。それほど、美しく優雅であった。(今頃こんなことに気付くなんて、勉強不足でちょっと恥ずかしいsmile)能楽堂の雰囲気が好きで、たまに足を運ぶが、今度から違う見方が楽しめそうだnoteP1090137この日のメンバーは二人。P1090140今日は、器楽文様の帯を締めてきたので、鼓と一緒にパチリcamera

その後は、天神に移動し、イムズ地下一階の「風香」で早目のランチdelicious夏に、外郎作り体験をしたが、ランチは初めて。P1090145かご膳のメインは大根と豚肉の重ね煮。雑穀米に味噌汁と、茶碗蒸し、ごま豆腐、キンピラなど。ヘルシーだ。P1090146「和香思」の黄な粉と黒ゴマのアイスは、シャーベットみたいで美味note

ランチの後は、三越へ。

石踊達哉展は、エムアイカードを見せると優待とあったが、無料だったshine

この春、病院の待ち合い室で読んだ「婦人画報」の特集で、初めて知った石踊達哉さん。

「平成琳派」と称される氏の作品は、花鳥風月に金がふんだんに使われ、迫力があり、素晴らしいの一言であった。

CGで作品が、お寺のどこに配置されているか、間取りの説明があったのでイメージしやすかった。

作品に青海波を多く取り入れていらっしゃるのと、金箔の下の地紋が浮き出ているのが、印象的であった。屏風や襖絵は勿論素晴らしかったのだが、私が一番好きだったのは杉戸絵。清涼感があった。

<本日の着物>P1090182紅葉の小紋に器楽文様の染め名古屋。

この着物は、母が若い頃に着ていたもので、譲り受けた私も20代の頃、よく着ていた。当時は、一緒に貰ったオレンジの名古屋帯を締めていたが、さすがにアラフォーの今は、それじゃ若すぎるsign02 なので、初めて黒い帯を合わせてみたwink

2011年11月 4日 (金)

木香庵オープンハウス

友泉亭公園を後にし、ランチを終えたら、本日のメインイベント、中央区六本松にある木香庵(もっこあん)のオープンハウスへ出掛ける。 

P1090079民家から世界へ~暮らしの中の和文化に触れる日々~

住宅地にある古民家で、緑に囲まれている木香庵では、お茶事や茶道、三味線などのお稽古があり、一階には和菓子処「吉蔵」さんがある。

こちらのオープンハウスには、去年初めてお邪魔したが、雰囲気があり、すっかりファンになった。二階はB&Bになっており、去年はお部屋も見せていただいたが、素敵であった。

本日の和菓子デモンストレーションに参加するのは、計八人で、三人はフランス人であった。(和の会は三人で参加rock

先生は、和菓子処「吉蔵」店主の溝口先生。RKBの「今日感テレビ」にも出演されているshine

P1090115先生は気さくな方で、英語やフランス語も交えて、終始和やかな雰囲気での和菓子作りであったnote

P1090086_2和菓子は二種類作る。白餡に求肥をつなぎに入れた練り切りに初挑戦shine

まずは、菊。ピンクと白の生地を混ぜて、淡いピンクにして丸める。なんだかNHKの朝ドラの「あすか」の気分であるsmile

P1090104次は、あんこを包んでいく。私もこの辺りまでは、いい感じである。

P1090091真ん中に印を付け、三角のへらで、下から弧を描き、まっすぐ下ろすとこうなる↑(先生作)これを私がやると。。。

P1090108う~ん、菊ではなく、ダリヤかsign02 どんまい、見た目は不細工でも、味は同じハズsign02

P1090110へらの先に黄色の生地をつけて、ポンと乗せると完成~happy01

P1090111_2フランス人の皆さんも頑張っておられたhappy01

P1090117もう一種類は、照り葉。紅葉した葉をイメージしてmapleグラデーションを作る。

P1090098葉の木型に生地を置き、葉の先端は木型にしっかり押し、徐々に伸ばし、力を抜いていく。ペロンとはがして、あんこを乗せ、くるりと巻いて完成。

P1090121上のお皿に乗っているのは先生作。さすが、職人技shine

下は私が大真面目sign01に作ったもの。。。照り葉も踏まれた落ち葉みたいだcoldsweats01 やはり和菓子は繊細である。

P1090125このお菓子でお抹茶をいただくのだが、私が「作ったばかりなのに、もったいないsweat01」などとつまんないことを言うと、先生は、一人に一つずつ丸めたあんこをくださり、これでお茶を飲んで、お菓子はお土産に持って帰りなさいとおっしゃったsmile 本当に気さくで、楽しい先生であった。

P1090129お茶の後は、開催中の茶花展を拝見。本当に素敵な空間である。

帰りはモチロン、「吉蔵」さんの和菓子を買うのが楽しみであるconfident

P1090133どれもおいしそうで迷ったが、くるみ餅と織部にする。

初めての和菓子作りは美しくは出来なかったが、(こうゆう言い方は不謹慎かもしれないが)久々の粘土細工みたいで楽しかったhappy01

微妙な色や形を表現する和菓子は、目で季節感を楽しみ、舌も喜ぶ。

今度から、和菓子を目にする(いただくdelicious)のが、もっと楽しくなりそうだ。

友泉亭公園へ

今日は和の会で、中央区六本松にある木香庵のオープンハウスに出掛ける。

13時からの和菓子のデモンストレーションまで時間があるので、その前に紅葉が色づき始めたらしい友泉亭公園を散策する。

P1090067

学生時代は、ここの前をよくバスで通っていたbus 懐かしい場所である。

友泉亭公園は、福岡藩六代藩主黒田継高公が、別館として設けた由緒ある「友泉亭」を、福岡市で初めて池泉廻遊式純日本庭園として整備したもの。

P1090002入り口に虫除けスプレーとかゆみ止めが置いてあったが。。。早速、入ってみよう。

P1090007子供が喜びそうな切り株のどんぐりを発見happy01散策中もパラパラと音をたてて、どんぐりが落ちてきたnote

P1090018黒田如水にちなんで名づけられた茅葺き屋根の茶室「如水庵」

P1090022滝の流れる音が耳に心地よい。昔、長袖の季節に訪れたが、蚊が多かったと記憶している。11月だというのに、今日もやぶ蚊が多かった。入り口の虫除けは意味があったのだcoldsweats01

P1090064庭を散策した後は、お抹茶をいただこうhappy01

P1090054秋らしいお菓子で一服japanesetea本当は大広間の周りでいただくそうだが、今日はここで催しがあったので、畳の廊下に毛氈を敷いてくださった。

P1090035 この廊下には広田弘毅筆の「友泉亭」の額がある。

P1090058廊下でお抹茶をいただいている時に、友達が見つけた瓦eye ヒゲ男爵のヘアスタイルみたいsign02

P1090043_2和室からの眺めもよし。

P1090039ふすまが千鳥で、かわいかったのでパチリcamera

お昼は、六本松のパスタ「煙草屋(禁煙)」へ行き、ランチセットを注文。P1090072 自家製生麺の「鶏せせり、きのこ、ほうれん草の柚子クリームパスタ」は美味であったdelicious

P1090074デザートは、「ほうじ茶ブリュレ」happy01 しまった、今日はマンゴージュースを注文してしまったsmile

このパスタ「煙草屋(禁煙)」は、これから伺う木香庵に入ってるバー「煙草屋」の系列である。

さて、ぼちぼち木香庵へ向かうよ~。

 

2011年11月 3日 (木)

日本とクジラ展

今日は、家族で福岡市博物館に「日本とクジラ」展を観に行った。

P1080985「博物館でホエールウォッチング」 先月、博多湾に本物のクジラが迷い込んで来たニュースは記憶に新しいsign03

P1080987なんだか入り口もいつもと趣向が異なり、ワクワク♪

日本では縄文時代からクジラは食料であり、骨や歯は道具の材料として利用されたそうで、骨を使った縄文時代の装飾品もあった。江戸時代に捕鯨技術が発達したそうだ。

何より驚いたのは、クジラのヒゲsign03恥ずかしながら、ヒゲがあることすら知らなかった。実物を触ることが出来たので、子供と一緒にモチロン触ったが硬かった。

クジラのヒゲは、文楽の人形やからくり人形を操る糸に使われるそうで、人形も展示してあったeye

クジラは解体された後、歯は工芸品(笄?かんざし?)、油は農薬など、捨てるところなく使われるのだそうsign03素晴らしい。

クジラの標本もあったが、この巨大なクジラに挑むのは、命懸けであったはずで、大きなモリや包丁などからもその大きさが窺える。二人で使う両側に柄のついた大包丁もあったeye

正月の乗船式や、大漁祝いなどの特別な時用の朱塗りに金の入った鯨杯は興味深かった。

熨斗あわびならぬ鯨熨斗や、捕鯨を描いた屏風、掛け軸なども見応えあり、見終ったあとは、「捕鯨文化」という言葉がしっくりきた。

欧米も捕鯨をしていた時代があったそうだsign01明治時代に捕鯨の方法が変わり(ノルウェー式)、一気に商業捕鯨になり、日本近海のクジラ資源が激減したそうだ。

私は捕鯨が盛んだった山口県の出身で、クジラは馴染みがある。

子供の頃は、大晦日には祖父母の家で、皆で年越しそばと一緒に、大きいもの(クジラ)と小さいもの(イワシ)を食べたものだ。クジラは、おばいけの酢味噌和えで、好きではなかったcoldsweats01が、大きく(新しい)年をとるようにとの意味があるので、嫌々食べたものだ。他県でもこうゆう風習はあるのだろうかsign02

そして、給食では、クジラの竜田揚げが出ていたhappy01

実はクジラのことで、ここ十数年ずっと引っ掛かっていることがある。20代の頃、ホームステイ先のイギリスの学校で、捕鯨について賛成・反対に分かれ、二人一組でロールプレイングをした時のこと。

私は賛成の立場であったが、大したことは言えなかった。

帰国後、福岡のアパートを引き払い、山口の実家に戻ったのだが、捕鯨をしていた(金子みすずでも有名なshine)長門市を訪れ、鯨墓を見て、なんでこうゆうことが言えなかったのかと悔やんだものだ。

解体された母鯨の胎内に宿っていた子鯨に、せめて海を見せてやりたいと丘の上に墓を建立していたのだ。過去帳には、クジラの戒名も記されている。今回のクジラ展でもパネルで紹介されていた。

日本の捕鯨は外国から批判されるが、こうゆう事実を伝えられなかったことを未だに残念に思う。

今日は文化の日だが、博物館はあまり人がいなかったようだ。地味な展示だが、捕鯨の歴史と文化がよくわかる、いい展示だと思った。

「日本とクジラ展」は11月6日(日)までdash

2011年11月 1日 (火)

五歳の誕生日♪

今日は娘の五歳の誕生日birthdayであった。しかも幼稚園は休園日。

どうしようか悩んだが、スイートプリキュアの映画を観に行くことにした。

行くなら、特典プレゼント付きの前売券でと思っていたが、ぼんやりしているうちに買いそびれてしまったsweat01しかし、今日は映画の日happy01大人は千円note幼稚園児もいっちょまえに千円であった。。。卵アレルギーでも食べられるケーキを焼いて、急いでJR博多シティへ出掛けるdash

P1080935_210月29日に公開されたばかりの「とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ」は、平日だからかsign02 意外と空いていた。図書館のミニシアターは行ったことがあるが、映画館は初めてでshine映画が始まると、娘は目をキラキラさせていたhappy01

テレビの番組より敵も強く、迫力があったので、途中で怖くなったようだが、プリキュアのピンチには、入り口でもらった音符のペンライトでしっかり応援していた。(内容も見応えがあり、いい年してプリキュアで泣いてしまった私coldsweats01

帰る前に屋上のつばめの杜ひろばへ行き、前回の春休みは行列で諦めたつばめ電車に乗る。

P1080926よかった、今日はすぐ乗れた。

P1080947帰宅後は、バースデイケーキのデコレーションbirthday今日は娘も大張り切りwink

P1080972_2 桃の缶詰とアポロチョコを飾って完成~noteおやっ、下のほうに変なチョコが。。。

P1080980_2今年のプレゼントは、前から欲しがっていたリカちゃん人形present

髪が短いせいか、長い髪に憧れがあるようだ。早速、リカちゃんの髪をカールさせたり、ヘアゴムを結んで遊んでいたhappy01

実は、今日は映画館デビューの記念に一つプリキュアグッズを買っていいと言ったのだが、娘が選んだのはヘアブラシと鏡の入った巾着であった。もうそんなお年頃なのかね~catface

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »