フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 平山郁夫 シルクロードの軌跡展 | トップページ | 青空の下で♪ »

2012年5月18日 (金)

聖福寺 十八羅漢の一般公開

昨日は博多の聖福寺で、年に一度の十八羅漢の一般公開があった。
昨年も出掛ける予定であったが、娘の急な発熱で行けなくなり、今年こそはsign01と張り切って出掛けた。Pict0566聖福寺は栄西が二度も中国へ渡り、帰国して開いた日本最古の禅寺である。
長い間ずーっと訪れたいと思っていたが、なんだか敷居が高かった。
この日は一般公開なので、堂々と総門をくぐる。

十八羅漢像は山門の楼上にあり、10時からの山門羅漢供養の前に、9時から10時の1時間のみ一般公開される。
Pict0450かなり急な階段を上って楼上へと進み、十八羅漢と千手観音をありがた~く拝ませていただいた。
早起きして出掛けた甲斐あり、心が洗われるような、清々しい気持ちになった。Pict0448山門に掲げられた扁額「扶桑最初禅窟」は、後鳥羽上皇より賜った号で、日本最初の禅寺の意味。
この後は、境内を散策する。Pict0510境内は国の史跡に指定されている。
Pict0433中門には「拝観謝絶」の札が掛かっていた。こちらへはいつか改めて、和の会で写経をしに来たいと思っている。Pict0525こちらの紋は「笹にりんどう」のようだ。中門に掲げられた幕にも同じ紋があった。Pict0421栄西は茶祖としても知られ、境内には日本茶発祥の「茶の木」もある。Pict0425_5空気が澄んでいて、心地よい散策。Pict0541総門からの風景。Pict0559勅使門には菊の紋章。   Pict0555 軒丸瓦の上にも立体的な菊(葉付きsign02)を発見eye

おととし、福岡市博物館で「栄西と中世博多展」を観て、ますます訪れたいと思っていた聖福寺。
やっと念願叶ったが、次回は是非とも写経をしに行きたいと思う。

« 平山郁夫 シルクロードの軌跡展 | トップページ | 青空の下で♪ »

日記」カテゴリの記事

コメント

なかなか充実した時間だったね。
年に一度だから貴重な時間でした。
紋は「ささにりんどう」なんだね。
適当なことを言って失礼。
ソフトクリームは小戸公園に行って遊んだら忘れてくれたかな?(笑)

いや~、さすが日本最古の禅寺。空気が清々しく、心が洗われたね!
笹にりんどうは、どうも源頼朝と関係があるみたい。
次回は是非、和の会で写経をしに行こうhappy01
ソフトクリーム騒動は失礼しました。家では割りとあんな感じ(苦笑)
甘いものは別腹で、キリがないの、困ったものだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/45312091

この記事へのトラックバック一覧です: 聖福寺 十八羅漢の一般公開:

« 平山郁夫 シルクロードの軌跡展 | トップページ | 青空の下で♪ »