フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

かなたけの里公園でぶどう狩り

昨日は「かなたけの里公園」へ出掛けた。六月に開園したと知り、気になっていたのだ。P1020021公園というよりは、里山そのもの。P1020019広い敷地には、畑や果樹園などがあり、農業体験やイベントもある。我が家もこの日のぶどう狩り体験を申し込んでおいたのだnoteP1020023_2やっとたどり着いた管理棟。水遊びも出来るとのことで、水着を持参していたが、強風のため中止despair仕方ない。P1020024子供たちは、竹馬や竹ぽっくり、輪ころがしなどして遊ぶ。P1020032輪ころがしは、私も初めて挑戦したが、コツをつかむと面白いnote娘はうまく出来ず、本気で泣くが、雨が降ってきたので、練習中止。「はらっぱ」や「せせらぎ」でも遊ぼうと思っていたが、予定変更だ。P1020078_3雨がやんだ隙をみて、ぶどう園へdash前日も降ったし、この日の天気も気がかりであった。ぶどう狩り体験は先月から申し込んでおり、楽しみにしていたのだ。P1020073雨の翌日の果物は甘みが足りないと言うが、心配無用sign01金武の巨峰は有名だけあって、とっても甘くておいしかった~deliciousP1020084一口800円で、大小合わせて4房収穫したhappy01
家に帰る頃には、すっかり晴れてた。う~ん、残念。

2012年8月30日 (木)

美術館でクールシェア♪

防災センターを後にし、向かったのは福岡市美術館。
この夏、クールシェアで福岡市博物館へは三度も出掛けたが、美術館も忘れてはならない。
常設展が無料のうちに、「田中丸コレクション 九州古陶の美 茶碗」や「みやこの絵師」展を観たかったのだ。

それだけでは、子供が納得しないだろうが、いい具合に「おやこでさがそう!美術館のそら・うみ・かぜ」という企画があるのだnote地図↓を片手に「そら・うみ・かぜ」を探しながら観て回るのは、なんだか宝探しみたい。P1010955普段は一階の古美術しか観ないが、昨日は二階の近現代美術も回り、ダリやミロ、アンディ・ウォーホルなど久し振りに観ることができた。

古美術の「みやこの絵師」展には、円山応挙の作品も何点かあったhappy01
昨年も観て、とても印象に残った「竹鶴・若松図屏風」には、またもウットリ。
龍門登鯉図は応挙の似た作品を九州国立博物館「美のワンダーランド 十五人の京絵師」展(前期)でも観たばかり。
こんな素晴らしい作品が、クールシェアで9月2日までdash入場無料で観賞できるのだlovely

急ぎ足で観た後は、キッズコーナー森のたねへ。
壁には森の風景が、マジックテープで着脱できるクッションで描かれている。P1010982_3クッションを片っ端から外し、元の場所がわからなくなったら、やはりここでも地図sign02を見る。P1010978_3たくさんクッションがあるのに、なぜか二人して同じ場所に付けようと争う場面もcatface
一時はどしゃ降りになった雨も、ようやく片付いた頃には小雨になっていた。

子連れではなかなかゆっくりは観られないが、親子でアートに触れ、素敵な時間が過ごせたかなsign02

2012年8月29日 (水)

防災センター

今日は、幼稚園の友達と福岡市民防災センターへ出掛けた。数年前、新米パパ・ママの応急手当講座に参加して以来である。P1010951_2地震、強風、消火、火災などの体験コースに参加した。P1010883地震体験では、震度7までの揺れを実感できるが、幼児と一緒なので、震度6で体験。
設定はダイニング。テーブルの下に避難しても、子供たちは怖かったようだ。P1010892強風体験は、ゴーグルをかけて風速30メートルの風を体感できる。P1010886_2もう半端じゃない風。これで雨が降っていたらと思うと恐ろしい。P1010915一番気になっていたのは消火訓練である。P1010909_2火災の映像を見ながら、火を消すのだが、消火器が使えるのは15秒なのだそうsign01
天井まで火が回ったら消火不可能、逃げるのみ。なんとか消火できて、ホッ。

煙が充満して、電気が消えた真っ暗な迷路を通って避難する火災体験もあった。
119番通報の体験(レッスン119)は、正確に通報するのが意外と難しかった。P1010898モニターの相手から「もう一度大きな声で」と何度言われたことか・・・切羽詰まっていたら、もっと大変であろう。P1010899通報完了すると、所要時間が表示される。モタモタしてると途中でレッスン終了sweat01P1010940こちらでは、本物の消防ヘリコプターに乗ることもできるsign01P101094620年間福岡市で活躍した「あかとんぼ」
本日の記念に、ちびっこ消防士たちの写真撮影cameraP1010939大きいサイズもあったので、いい年して試着する母二人catfaceP1010932_3しかも、写真まで撮っちゃう(笑)

こちらの体験は全て無料。いざという時のために、オススメです。

2012年8月28日 (火)

カゴメ劇場2012

昨年に引き続き、今年もカゴメ劇場のミュージカル無料招待に当選した。
会場の福岡サンパレスに向かう途中、偶然にも幼稚園の友達と会い、会場に着いて、また園の友達に会い、ビックリ。P1010839しかし、お席は決まっているので、この後は1階、2階、3階と皆散り散りになるcatface

昨年知ったのだが、カゴメ劇場は私が生まれた年に始まった。今年は40周年sign01
今回は東日本大震災復興支援チャリティミュージカルで、カゴメのジュースやオリジナルグッズの収益金は全額寄付されるとのこと。P1010846休憩時間に野菜生活の季節限定沖縄シークワーサミックスを。

第1部はカゴメオリジナルの食育劇で、内容は朝ごはんの大切さについて。最近の我が家にはピッタリな話題であったcoldsweats01
昨年、参加していたラジオ体操に今年は一度も行っていないsweat01つまり朝は遅く起き、朝食も少しだけ。そろそろ夏休みも終わることだし、ここらで立て直さねばdash

第2部はミュージカル「ジャックと豆の木」で、途中娘には少し怖いシーンもあったようだが、親子で楽しめるミュージカルであった。P1010843カゴメ食育マスコットキャラクターのモグモと。P1010841_2トマトケチャップさんとトマトジュースさんと。P1010849帰りにお土産もいただいた。温めずにかけるだけのタコライスソースは二学期が始まったら、私のお昼ご飯になりそうな予感delicious化学調味料無添加というのが嬉しい。

2012年8月25日 (土)

遊べるデジタルアート展

今年もアクロスデジタルアート展に出掛けた。
昨日は朝イチで行き、ボーイフレンド親子と申し込み先着順のワークショップに参加した。
「リズムで遊ぼう」の講師は三人。まずは、拍手で光る魔法の指輪shine「クラップライト」の工作。P1010750_2圧電素子、導電テープ、LEDモジュール等を用いて作る。真剣な表情の娘。P1010763_2完成したら、リズム遊びnote 暗くして拍手すると、青く光るのだ。P1010775講師による演奏では、音が映像になり、画面に映し出される。P1010778_2子供達が叩いたクラップライトも青く光る。音が見える楽しいワークショップだったhappy01
アクロスデジタルアート展でもたっぷり遊ぶ。P1010699_2弦が無いマウンテンギターは弾く真似で音が出るhappy01P1010812ビブラションカホンは叩くと上のライトが光る。マウンテンギターとビブラションカホンの作家さんは、先程のクラップライトのワークショップの先生なのだ。P1010719かしかふかしか↑踊る娘とカメラを構える私の図smileP1010813_5ボーイフレンド君のカメハメハの図(笑)↑パドルプレイウォールは、動きに合わせた水の波紋が映し出される。P1010798明和電機のオタマトーンはかわいくて楽しい電子楽器note大小色んなサイズがあり、販売もされていた。この後、福岡市立少年科学文化会館のプラネタリウム等、あちこち遊ぶので買わなかったが、帰宅後に欲しくなったcatface

入場無料のアクロスデジタルアート展は、明日までdash

2012年8月21日 (火)

海響館

先週は主人の実家の朝倉へ、この週末は私の実家の山口へ帰省した。P1010525古賀のサービスエリアにて「博多の女よ~notes」をみつけて、ついパチリcatface
お昼は毎度おなじみ、唐戸市場でお寿司を食べる。P1010527卵アレルギーの娘は穴子、さび抜きのエビ、ふぐ汁など。P1010530_2その後は、すぐ近くの海響館へ。P1010552娘が一番見たかったペンギンhappy01目の前や足元で泳ぐのを見て大満足。P1010564ペンギンさんになってみようのコーナー。P1010570_2気持ちよさそうhappy01P1010574_2ここでのもうひとつの楽しみはフグ。P1010601_2フグの仲間もたくさんいて、楽しい。P1010615娘撮影の一枚↑P1010596美味しそうなsign02トラフグ。砂に潜って休憩中。P1010645食べられちゃうよ~smile

今回の帰省は二泊三日、娘の役目であちこち出向き慌ただしかった。
子が年をとると、親も年をとるということだ。
唯一の観光となった水族館を娘が喜んでくれてよかったconfident






2012年8月17日 (金)

ももちで遊ぶ

今日は友達と、福岡市総合図書館のミニシアター「夏休みこども特集」を観に出掛けた。

入場無料だが、満席(49席)になると入場できない。昨年の夏休みにディズニーの「シンデレラ」を観た時は賑わっていたので、早目に出掛けたら、お席は十分余裕があったsmile

本日のプログラムは短編アニメセレクション。「マンガ・スタジオで」1931年アメリカ、「鹿鈴(ろくれい)」1982年中国、「泣いた赤おに」1974年日本の三本立て。

中国のアニメを観たのは私も初めて。セリフもなく、水墨画で表現した優しい印象のアニメであった。この「鹿鈴」と「泣いた赤おに」では、いい年して泣いてしまった。

その後はお隣り、福岡市博物館の体験学習室へ。P1010495博多弁かるたに興じる二人。
「よかろーもん。私ん勝手たい」(いいでしょう。私の勝手です)等々読み手の親も楽しめるsmile

ロボスクエアへ移動する時、サザエさん通りののぼりが目につく。この辺り(埋立地)はサザエさん発祥の地で、今年に入って「サザエさん通り」と命名されたのだ。
サザエさんの原作者、長谷川町子さんが百道の海岸でサザエやカツオ等の名前を思い付いたのは有名な話。P1010498_2ロボスクエアのあるTNC放送会館で発見eye あさひが丘大好評分譲中sign01P1010501_5磯野さんちの前でcamera P1010508ロボスクエアでは、しばらくアイボと遊んでいたnote

慌ただしかった一学期の疲れも取れぬまま突入した夏休みもあと二週間dash
母はもうスタミナ切れよgawk

2012年8月16日 (木)

カットソーから娘のワンピへ♪

娘がワンピースを着たのを見て思い出した。記事にするのをすっかり忘れてしまっていたなあsmileP1010324これは私のカットソー↓を娘のワンピースにリメイクしたもの。P1120081_3_25月末に卒業したあ!めいじんぐ倶楽部のリメイクファッション部では、作品は三つ作ったが、最終回のリメイクファッションパーティーでお披露目したのは自分用のドッキングワンピースのみ。

黒いTシャツと組み合わせてワンピースにする計画だったが、初心者には難しそうだったので、Tシャツは却下でcatfaceP1110948_2まずは衿以外の縫い目をほどく作業から。ズボラには結構大変な作業だったsmileP1120202そして、肩と脇を詰めて、袖を付ける。おっと、その前にアイロン掛けも。
肩線を合わせて縫い合わせると襟ぐりがあくので、前身頃の肩線を長めにカットhairsalonすると、着丈が短くなってしまったsweat01P1120216リフォーム三光さんの工房では作業台がアイロン台なのだ。天井から吊られた業務用のアイロンは重い。P1120647いきなりロックミシンを掛けようとすると、まずは捨てミシンを掛けてからと教えていただくsmile
そのロックミシンも、初心者にはなかなか手ごわい。少ししか踏んでないつもりでも、原チャリ(乗ったことないけど)をふかしたような感じになるwobbly後半は縫い目ガタガタ(笑)

一見簡単そうに見えるけど、初心者は悪戦苦闘した。着丈もイメージとは異なる。
そんな完成品でも、某テレビ局の取材が来た折、紹介されたのだsmile
来年くらいまでは着られそうかなsign02 うん、頑張ったから着て欲しい・・・

2012年8月15日 (水)

精霊流し花火大会

今日は精霊流し花火大会。場所はマリナタウン海浜公園。
毎年、自宅前で蚊に刺されながら観ているが、今年はマリノアシティから観ることにした。P1010342家族揃って花火大会に出掛けるのは初めてだ。夜の観覧車もキレイ。P1010348夕飯を食べて来たのに、「お腹すいた~。」と不機嫌な娘catfaceP1010429_3花火が始まると機嫌はよくなったが、今度は母とカメラの奪い合いが始まるcatfaceP1010366海から観る花火もいいなあhappy01昔は百道浜でも花火大会があったのだ。P1010386_2娘が、昨年から大濠公園花火大会に行きたがっているが、子連れには厳しそうなので実現していない。今回のマリノアなら、そこまで混んでなく、子連れにも安心だ。
デッキにレジャーシートを敷いてる人も多かった。来年はそれも有りかもsign02

2012年8月11日 (土)

天神涼園地

昨日は、友達と天神涼園地へ出掛けた。モチロン、無料イベントなのだ。P1010257場所は福岡市役所ふれあい広場。気合を入れて、水着で遊ぶぞ~noteP1010275_2まずは、アドベンチャーミスト迷路へGOdashP1010286途中、色んなアトラクションを楽しみながら進む。P1010288_2こうゆうの、家の段ボールでやってもちっとも進まないが、この日は違うねhappy01P1010294ターザンになった気分sign02P1010290ブランコや滑り台もあり、小さい子供も楽しめる。

水鉄砲のコーナーも人気だった。P101027420メートルも打ち上がるウォーターキャノンという水の大砲は迫力あった。ボタンを押す人をジャンケンで決めるのだが、残念ながら一度も勝てず。P1010320

<おまけ> 隣りのブースで山鹿の物産展があり、くまモン来場happy01P1010313ちびっこ達にも大人気。いただいた名刺には「熊本県営業部長」とあった。くまモン、すごいやんshine







2012年8月10日 (金)

幽霊・妖怪画大全集

昨日は、友達親子と福岡市博物館の「幽霊・妖怪画大全集」展を観に行った。
入口で怖~いパネルを発見。娘と友達親子の三人でcameraP1010223今回の吉川観方コレクションは一部、過去の常設展「江戸のオカルト図鑑 幽霊・妖怪画」で観たことがあったが、娘がどうしても行きたいと言う。夕涼みも兼ねてsign02浴衣で出掛けた。

のれんをくぐって入った展示室は、粋な趣向を凝らしたお化け屋敷のよう。「妖怪動物園」なるものもあった。

キャプションもわかりやすく(一部、子供向けの解説も有り)、タイトルにキャッチコピーも付いていて、親しみやすい展示だった。
YKI48(妖怪)総選挙の投票もあり、選抜メンバーを探しながら観て回る。

やはり、幽霊画は迫力がある。円山応挙が描いたと伝えられる幽霊は美しかったが、恐ろしい幽霊画はゆっくり観られなかった。日本の幽霊は女性だと思っていたら、男性の幽霊画もあり、新鮮だったeye

先日観たばかりの九州国立博物館「美のワンダーランド 十五人の京絵師」展で、印象に残った群鶴図屏風を描いた吉田元陳の幽霊画は、扇面に描かれた墓場の幽霊。

歌舞伎の幽霊画もあり、四谷怪談の戸板返しが興味深かった。勿論、実物の仕掛けはめくれないが、壁面に大きな仕掛けが再現されており、子供たちは実物の絵と見比べながら、めくって遊んでいた。

さて、YKI48総選挙は、伊藤若冲の「付喪神図」に投票した。茶道具や琵琶などがお茶を点てていて、微笑ましかった。
展示数が多かったが、怖いだけではなく、笑える作品もあり、見応えあるお化け屋敷sign02だった。

七、八月はクールシェアで、常設展が無料なのだ。
国宝金印を見た後は、子供たちが楽しみにしていた体験学習室へ。P1010239アジアの楽器を鳴らしたり、影絵をしたり、たっぷり楽しんだhappy01

<本日の浴衣> 葵文様の変わり織り浴衣に独鈷の博多織小袋帯。P1010238_2ここに来ると、いつもやってしまう変わり兜smile かぶり物大好きnote

2012年8月 9日 (木)

櫛田神社周辺で

絵本ミュージアムの後は、キャナルシティへ向かう。お目当てはダンシングウォータースプラッシュ。
着いたのは、終わる一分前dash 水着は持っていたが、そのまま行っておいで~。P1010096しかし、一分位ならと油断した。そのまま普通のスプラッシュが始まり、呼んでも帰ってこない娘は完全にずぶ濡れsweat01あ~あ、いい笑顔だことcatface今日は、着替えは持って来てないよ~。P1010139水着に着替え、濡れた洋服はよ~く絞って干しておいたが、一時間じゃ乾かんな~sweat01
この後、予想外に洋服を買う羽目になってしまったgawkP1010148買ったばかりのワンピースに着替え、大好きなムーミンカフェのニョロニョロの種入りチョコミルクでひと休み。
帰りに櫛田神社の前を通った時、友達が参拝したことがないと言うので、寄ることに。P1010161_2力士が奉納した力石の前で。P1010151_2折角なので、霊泉鶴の井戸をご案内。
一口目は自分の、二口目は家族の、三口目は親類縁者の不老長寿を念じながらいただく霊験あらたかなこの飲料水、実はかなりしょっぱいのだsmileP1010158そして、すぐそばの博多町家ふるさと館にも寄ってみる。P1010196縁日があり、ヨーヨー釣りなど楽しんだ。P1010187なんと、この日は「黄金バット」の紙芝居もあったのだsign03話には聞いていたが、実物は初めてhappy02
町家では、駄菓子を買ったり、けん玉をしたり、昭和レトロを楽しんだ。
そして、自分用に博多織献上柄の手拭いを購入note友達とお揃いなのだ。P1010213_3手持ちの三献上と同じ色もあったが、あえてキリリとこの色で。大活躍間違いなしhappy01

2012年8月 8日 (水)

絵本ミュージアムへ

今日は、友達と福岡アジア美術館の絵本ミュージアムへ出掛けた。P1010040_2開館前に到着。入口ではてんぐちゃんがお出迎え。P1010044_2トマトさんに入ってみたりP1010093ちょうちょになってみたりP1010059_2恐竜の卵になってみたりP1010090_3鳥の巣作りを体験したり、絵本を読んだりしたが、一番楽しかったのは、洗濯ばさみの組み立てであった。「せんたくばさみがあつまって・・・」という絵本があるのだ。P1010083_2昨年はとても楽しく、何度も再入場し、滞在時間も長かったが、今年は長居しなかった。
色んな年代の子供が来る訳だし、好みもあるし。。。
不完全燃焼sign02なので、この後は、キャナルシティで水遊びよsmile






2012年8月 7日 (火)

白糸の滝

昨日は幼稚園の友達親子と、糸島市の白糸の滝へ出掛けた。
随分高いところまで来たなあ。いい景色noteP1000933平日なので、さほど混んでなかった。P1000951滝の近くまで来ると、ひんやりして気持ちいいconfidentP1000948_3早速、水遊びする娘。少し入っただけで、足が冷たくなっていた。P1000938どなたかのすいかも冷やしてあったしね。P1000952_2お昼時であったが、その前にヤマメ釣りに挑戦。そして、塩焼きにして食べるのだ。四匹釣るぞ~rock
最初に友達親子が一匹、続いて我が家も一匹と、意外にも出だしは順調upP1000960_2しかし、三匹目から、さっぱり釣れなくなってしまったsadP1000967_2いい加減お腹もすいたし(もう二時sweat01)子供たちも飽きてきたので、ここで終了。でも、釣れなくても三匹までは保証付きなのだsmileすっかり遅くなった昼食は、ヤマメの塩焼きとそうめん流し。P1000992特にそうめん流しは、子供たちも大喜びであったhappy01P1010010帰る前にもう一度、滝で涼む。P1010015帰りは、友達が行ってみたいと言うかき氷屋さんへ寄ってみる。
そのお店は「村上家本舗」、フワフワのかき氷がいただけるとのこと。P1010022宇治金時を注文し、実際に目にしてビックリeye友達の坊っちゃんが「そうめんみたいsign03」と言ったのも納得(笑)P1010029白糸の滝の原水が使われている白雪の花氷は、本当にフワフワの綿菓子みたいでおいしかったlovely
そして、山を下る途中、コスモス畑を見つけ、またビックリeyeP1010035まだ八月上旬だというのに、やはり山は涼しいのだろうかsign02

楽しい夏の一日であったhappy01
パンダコパンダちゃん、連れて行ってくれてありがとうheart04

2012年8月 5日 (日)

美のワンダーランド展

昨日は、九州国立博物館で開催中の「美のワンダーランド 十五人の京絵師」展に行ってきた。
7月10日~9月2日の会期中、前期と後期でほとんどの作品が入れ替わるそうだ。
この週末で前期の展示が終わるので、見逃してはなるまいと思っていたのだ。

それは、伊藤若冲の「仙人掌群鶏図襖」、一番観たかった作品である。045存在感のある鶏に目が行くが、タイトルにある仙人掌(サボテン)は両端に青い岩(驚sign01)と共に描かれ、しかも花まで咲いている。
サボテンは江戸時代に初めて日本に来たそうで、当時は目新しかったのだ。
若冲がこの作品を描いたのは、74才の時だとかsign03とてもパワフルな作品である。

「群鶴図屏風」も素晴らしく、しばし見入るが、恥ずかしながら、作者の吉田元陳の名前は知らなかった。027よく見ると、右隻と左隻では季節が移ろっている。
構図も好きで、ン年前によく似た感じの黒引き振袖を着たなあと思い出し、とても印象に残った作品。

円山応挙の「雲龍図屏風」もすごい迫力。049今年は辰年だし、ご利益ありそうに感じた。

長沢芦雪の「岩上猿」も素晴らしかった。色使いも斬新。059猿の表情も何ともいえず、親近感を感じる。髪が赤く、小さい頃から(モンチとかcatface)猿呼ばわりされたせいもあろうか。

この絵師達が、近くに住んでいたということにビックリである。お互い意識し合い、素晴らしい作品が生まれたのだろう。072_2和風の装飾でまとめられ、居心地のいい展覧会であった。023_2作品数は少なかったものの、とても見応えたっぷりで、「美のワンダーランド」とは、うまいこと言うなあと思いつつ、会場を後にする。

今回は、九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

<本日の着物> 山本寛斎の洗える着物に化繊の帯。P1000920博物館の遊歩道にて。太宰府に来たならと、帰りに梅ヶ枝餅を買う。P1000922_2三人家族で六つ買ったのに、おかしいな・・・私の口には一つしか入らなかったcatface

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »