フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

健やかな成長を願って

昨日は幼稚園の保護者会主催で、二度目の茶話会を開いた。
今回は某大学の先生をお招きした。ご専門は子供の健康で、幼稚園のお便りでも健康コラムを執筆されている。

園長先生とのW講師sign02で和やかな雰囲気の中、いいお話を色々伺った。
その中から一部、覚え書きのために記しておこう。

ストレスからくる子供の癖は、注意してはダメ。まずは安心させることsign01
娘も爪を噛むようになり、最近は髪の毛を口にやるようにもなった。これも何かのサインだろう。

とにかく今年は忙しいdash体調も崩し、イライラしがち。家事・育児が後回しになっているsweat01
先日など、娘が腰に手を当てて怒る姿が、自分の鏡なのだと思い知らされたsad
育脳講座に参加したが活かせておらず、忘れた頃に大事なことに気付かされた。

子供のお触りについては、とても盛り上がった(謎)
特に男の子は、お母さんのおっぱいが大好きなようだsmile
母性を感じ、安心するので、止めさせなくてもいいとのこと。ただし、人前では恥ずかしいなど、お母さんの気持ちを伝えるといいようだ。

あるお母さんの「うちは主人も触るんです。」に一同爆笑sign01しかし、これは子供がお父さんのプヨプヨなお腹にも触るという意味だったcatface

うちは女の子しかいないので、ピンとこないが、娘も今年はおっぱいおっぱい言っていた時期があった。入園後は「お母さん」と呼んでいたのに、熱を出したのを機に「ママ」に逆戻り。しかも、ママのおっぱいが飲みたい、赤ちゃんに戻りたいと言う。
年長さんなのに恥ずかしいと話したり、授乳中の写真(出産前に助産師さんから撮っておくといいと聞いた)を見せたりしたが、効果なし。一度飲ませたら(もう出ないけどsmile)安心したようで、その後あまりsign02言わなくなった。

子供の心に寄り添い、ちゃんと話を聞いて、認めてあげること。
忙しいからと言って、「あっそう、よかったね~。」ではダメなのだcoldsweats01

そのうち、嫌でも親から離れていく。今のうちにいっぱい抱っこしてあげようsign01

毎日慌ただしくてdash三歩歩くとすぐ忘れるが、心のどこかに残ってて、時々思い出せたらいいなconfident

<おまけ>早目に行くと、幼稚園の避難訓練の日で消防車が来ていた。P1030743園児達は、消防車とレスキュー車の違いなどを説明してもらっていた。
駐車場に停めようとすると、今から放水が始まるとのこと。
洗車になるかと思いきや、当たると塗装もはげるそうだcoldsweats01すご過ぎる~。

2012年11月27日 (火)

大規模修繕いよいよ大詰め

マンションが大規模修繕中で、外から遮断された暮らしをしているが、季節は確実に移いでいる。
和室から見える(ハズの)紅葉も見頃を迎えたmapleP1030418_3今週は自宅での作業が大詰めである。玄関扉の塗装は三日がかり。
今日はその玄関塗装に加え、窓ガラスの取替え工事があったdashP1030713カーテン、障子を全てを外して待っていると、まずは養生シートが敷かれる。ご丁寧に家具まで覆ってくださった。
本日の一大作業は、玄関を入って突き当たりのハイサッシの交換。
大きなガラスを足場から吊り上げて、ベランダへ運び出す作業は難航し、見ている方もヒヤヒヤ。
ガラスの重さは、なんと100キロだそうsign01P1030707_2北の玄関、リビングのドアも開けっ放しで、ガラスが外された窓へ向かって寒さが廊下を一直線upwardrightコートにマフラー、レッグウォーマー着用でなんとかしのぐwobbly

しかし、面白いものも見られたnoteガラス用の大きな吸盤は磁石みたいにくっつくのが不思議eyeP1030732古いハイサッシはカッターでスーッと四分割にして運ぶ。厚いガラスが簡単に切れることに驚いたが、一部ベランダで割れてしまい、さらにビックリsweat01蘭以外の鉢はベランダに出していたのでcoldsweats01破片が入らないか、密かに心悩ませていた。

お昼休みを挟んだものの、作業は実質7時間。養生シートが掛けられたテレビは自由に見ていいと言われたが、皆さんの作業中に一人のん気に過ごせないcatface膝掛け&ホットドリンクで一日読書三昧だった。

幼稚園バスのお迎えをお願いしていた友達と帰って来た娘は、玄関を見てビックリし、そのまま友達の家にお邪魔することとなったsmile

大きいハイサッシ以外は真空ガラススペーシア。黒い小さなポツポツと保護キャップがあり、慣れないうちは見た目が気になる。

今夜はカーテンを掛けることは出来ない。落ち着かない夜になりそうだ。

2012年11月25日 (日)

フェルメール「真珠の首飾りの少女」

九州国立博物館で開催中のフェルメール「真珠の首飾りの少女」inベルリン国立美術館展を観に行った。数日前に入場者が15万人を突破したとのニュースを聞いたので、さぞかし混雑しているだろうと思っていたが、意外とすんなり駐車場に入ることが出来た。002ところが、入場してみると人・人・人sweat01今回は列の後ろから肩越しに観ることとなった。

ヨーロッパの木造彫刻は、今まで見た記憶がないので、とても印象に残った。
ほんのり紅をさした「聖母戴冠」は穏やかな表情で、見ていて優しい気持ちになる。016今回の目玉、フェルメールの「真珠の首飾りの少女」は日本初上陸sign01
窓から差し込む柔らかい光が少女の顔を照らし、絵が優しさに包まれていた。081一番心惹かれた作品は、レンブラント派の「黄金の兜の男」だった。金色に輝く兜は模様が立体的に浮き上がって見え、暗い背景に一層映える。087今回は、九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

見終わった後は、当然あじっぱへ行くものと思っている娘の我慢スイッチを気にしつつ、文化交流展で開催中の芦屋釜の展示を大急ぎでひと回りdash
楓や鶏など絵画的な釜は美しく、電気ポットでお茶を点てている身には目の保養になった。

あじっぱでは、芦屋釜に触ってみようのコーナーもあった。二つ釜があり、どちらが重いかsign02
1ミリ厚いと1キロ重くなるそうだ。とは言え、子供でも持ち上げられる程の軽さ。P1030683_2落とさないよう口を持つと書かれていたが、釜をがっつりつかむ機会などないので、娘にかこつけて私も実験smile文様を作るヘラや押し型なども展示されていた。

韓国の民族衣装が人気で、10分待ってようやく試着。P1030693大人用もあったので、親子で撮影するのもいいかも。

2012年11月23日 (金)

しりとり?みたいな一日

えいが→かまぼこ→こうえん・・・これが昨日のキーワードsign02だった。

福岡市総合図書館のシネラで、川端康成原作映画特集をしている。
「伊豆の踊子」だけでも主演が田中絹代、美空ひばりなど四作品上映されているが、昨日は友達と山口百恵&三浦友和の作品を観てきた。百恵ちゃんの映画デビュー作だそう。

上映中、切っていた携帯電話に幼稚園から留守番メッセージが入っていたことに気付いたのは、帰宅してからsweat01
慌ててかけ直すと、どうも給食に除去しているはずの食材が混入していたようだと聞かされた。
それは、焼きそばのかまぼこ。娘が見つけ、先生に伝えたそうだが、その直後に隣りの席の園児にあげたため、確認はできなかったとのこと。
この日は赤平だった。紅ショウガは入っていないし、娘が見つけたピンクの食材は、恐らくそれだったのだろう。
前日のお誕生会で、親子一緒に楽しく給食を食べた矢先だったので、驚いた。
本人は、取り換えてもらった焼きそばの量が多くて喜んでいたが・・・何事もなく幸いだった。

娘の様子を気にかけつつも、降園後は珍しい友達と公園で遊ぶ約束をしていたので、予定通り出掛けた。
幼稚園ではよく遊んでいるのだけど、プライベートで遊ぶのは久し振りhappy01
二人でフラフープと縄跳びの「ミラクルショーnote」なるものを披露してくれた。

最近、疲れ気味の母は外遊びに連れて行けなかったが、久々の公園は桜の木々がすっかり紅葉していた。P1030651_3グラデーションがキレイ。P1030656_2美しい照り葉。

<おまけ> 落ち葉が少し欠けて、ハートになっていたheart04    P1030643

2012年11月19日 (月)

プチお茶会と紅葉狩り

今日は久々の和の会。本日のメンバーは四人。
午前中は友達の自宅でプチお茶会&午後は徳栄寺へ紅葉狩りという欲張りプランshineP1030465_2テーブルでの盆略点前。紅葉の棗が素敵mapleP1030462お菓子は紅葉とひな菊。いただきま~すdeliciousP1030463_6この後は干菓子をいただきながら、交替でお茶を点てる。P1030482お昼は栃木出身の友達が干瓢の入ったお味噌汁をふるまってくれたdelicious
干瓢って自分では買ったことがないが(爆)こうゆう食べ方があるとはsign01美味しゅうございました。
手芸が得意な友達とも久々に会え、帯地で作ったバッグ等を見せてもらった。
かねてから話が出ていた和の会手芸部が来年始まるhappy01楽しみだnote

午後は早良区の徳栄寺までドライブrvcarP1030545去年、和の会では12月初旬に行った。今年はもう見頃かと思ったが・・・P1030497_2紅葉のトンネルには少し早かったsmileP1030489_3一部、鮮やかに色づいていてキレイだった。P1030546

<本日の着物> 着物、細帯共に化繊。今月、この着物に袖を通すのは三度目coldsweats01P1030602_2さすがに合わせる帯に悩み、ちょっと先取りした雪輪は細帯の裏面。

2012年11月14日 (水)

今年も一の会へ

今年も「一の会」を観に、大濠公園能楽堂へ出掛けた。
入場無料の発表会だが、とても豪華な顔ぶれなのだ。能はよくわからないけど、毎年楽しみにしている。P1030378珍しく博多人形が飾られているなあと思ったら、船弁慶や石橋など能を題材にした人形だった。素敵だった~shineP1030381謡はよくわからないけど(テレビで見る時は字幕を読んでいるcoldsweats01)、舞囃子の「唐船」は初心者でも楽しめた。笛の音が印象的。「船弁慶」はすごい迫力で、鳥肌が立ちっぱなしだった。

能も観たかったが、幼稚園のバスの時間に間に合わなくなるので帰宅。
しかし、心豊かな時間を過ごすことができたconfidentP1030386先に帰った友達から、大濠公園は雨だったとメールをもらっていたが、帰る頃にはこの通り。
このまま慌ただしい日常生活に戻るのはもったいないsign02ので、帰ったらお茶を点てようと思っていた。P1030412本日の和菓子は娘の(私もdelicious)大好物、左衛門の「ぶらぱい」

<本日の着物> P1030401またしても雨の予報だったので、洗える着物に博多織小袋帯。

2012年11月11日 (日)

求評会後は和三昧

承天寺の博多織求評会を後にし、向かったのは博多駅。
デイトス二階の「能古うどん」で、まずは昼食。P1030301たらいうどん(大盛り)とかしわ飯のセット注文し、娘と半分こ。たらいから湯気が立ち上るspa
細めの麺はコシがあって美味しかったdelicious 承天寺はうどん発祥の地でもあるのだ。

食後は、ずっと探していた「相撲のひみつ」(朝日出版社)を丸善にて購入happy01Img005先月、幼稚園の保護者会で相撲部屋を訪問した。園児とお相撲さんの交流会のためだ。
まるっきり知識がなかったので、事前に少し勉強し、興味を持った大相撲。
この日の朝も、NHKで九州場所の前夜祭をテレビで見て、ハチャメチャな禁じ手に娘と大笑い。
この本はイラストや写真も多く、初心者にもピッタリのようだnote

その後は住吉神社能楽殿へdash
なかなか入る機会がないので、この日の「福岡市民俗芸能公演会」(入場無料shine)を楽しみにしていたのだ。

能楽や筑前琵琶などがあり、見たかった志賀海神社神幸祭の神楽には間に合わずsweat01
着いた時は、最後の番組、博多松ばやし稚児舞であった。
年季の入った能楽殿の舞台はピカピカで、お囃子と稚児舞の舞楽は水面に映っているかのようだったconfidentP1030308_2公演に合わせて住吉神社境内の唐門の修理現場が公開され、説明があった。P1030311檜皮葺の模型、ヒノキの樹皮を整形したもの、竹釘等も見せていただき、貴重な経験をしたeyeP1030315最後は住吉神社を参拝。丁度、白無垢姿の花嫁さんに遭遇したshine
二年前にここで、横綱奉納土俵入りを見たことを娘は全く覚えていなかった。う~ん、残念だcatface

娘と博多織求評会へ

昨日は娘と博多の承天寺で開催中の博多織求評会(新作発表会)へ出掛けた。P1030236その前に境内を散策。娘はここは初めてなのだ。P1030239すぐそばには菊の御紋の勅使門。P1030244お参りもして、清々しい気分で散策。P1030246ここは博多祇園山笠発祥の地でもある。山笠のレリーフの前でcameraP1030248道路を渡って求評会のある方丈へ。境内は道路で分断されているのだ。
博多織は好みの帯もいくつかあり、目の保養になるconfidentP1030266アンケートでは好きな作品を二点選ぶのだが・・・娘もいっちょまえに一点選び、「おびがきれいでした。」と感想を書いていた(笑)P1030287昨年、初めて拝見して感動した枯山水の洗濤庭(せんとうてい)。
石庭は玄界灘、石は島、緑庭は中国大陸を表わしている。P1030342着物で来場するとプレゼントがある。娘が選んだのはモバイルクリーナーnote

<本日の着物> P1030329天気予報では午後から雨だったので、洗える着物(紅葉他)に独鈷文様の博多織小袋帯。

2012年11月 6日 (火)

思い出の畑

この週末は、慌ただしく娘と山口へ帰省した。

駅まで妹が迎えに来てくれ、入院中の母のもとへdash
妹が入室した時は冴えない顔をしていた母が、孫娘の顔を見つけるや否や、目を輝かせて起き上がるshine私たちが来ることは伝えていなかったのだ。心の点滴になったかなsmile

翌日は病院に顔を出す前に叔母の計らいで、姪っ子たちと芋掘りを楽しむnoteP1030198叔母は亡き祖母の畑を引き継いだが、ド素人の割には健闘しているようだ。
藪を抜けると、そこが畑。P1030099叔母が芋づるを刈ってくれ、三人娘は芋掘りスタートnoteP1030107少し掘るとザックザク。まさに芋づる式ねhappy01昨年、幼稚園の畑での芋掘りはイマイチだったので、大収穫に驚いたようだ。P1030158_2すぐに芋の山が三つ出来る。私も子供の頃の芋掘り遠足以来(何十年振りだsign02)一本収穫。
モグラのかじった芋や掘った穴もあちこちに発見eyeP1030192ホウレンソウの収穫にもチャレンジ。無農薬だからねwink
子供たちが収穫している間、畑を散策する。P1030186南天や山椒は昔のまま。遊びに来ては、かじっていた金柑はまだ青かった。P1030155私がここへ来るのは冬が多かった。大根やカブ、水仙に七草、冬の凛とした空気の中、祖母と持って帰ったなあと思い出した。

今回は父と母のお見舞いと親戚への挨拶回りだけの予定だったが、思いがけず懐かしい畑を訪れることが出来た。娘が畑に来たのは今回が初めて、私も独身時代以来だ。

祖母との思い出がいっぱい詰まった畑で、元気を充電shine
娘は、ばあばの病室のベッドに手紙を置いてきた。
心配事は絶えないが大丈夫、なんだか祖母に見守られている気がしたconfident
















2012年11月 2日 (金)

6歳の誕生日

昨日は娘の6歳の誕生日だった。

幼稚園は休園日なので、朝から小学校の学校公開に行き、一年生の気分を味わった。
誕生日の準備をした後は家でゆっくり、もしくは近所の公園か図書館で過ごしたかったが、娘が誕生日なのにつまらんsweat01と言う。
母はまだ病み上がりだったが、頑張って某大学の学園祭へ出掛けた。

この大学では、将来の幼稚園の先生たちが学んでおり、子供向けの広場があるのだ。
学生としばし工作遊びを楽しむnoteP1030048迷路で遊び、魚釣りゲームをし、景品のお菓子やピカチュウグッズをもらい、満足したようだ。P1030053_2模擬店ではマンゴー味の綿菓子にかぶりつくdelicious 母も久し振りの学祭であった。

帰宅後は、急いでケーキの仕上げdash卵アレルギーでも大丈夫なスポンジケーキのデコレーションは娘の仕事noteフルーツはハート型に、クリームも好きなだけcatfaceチョコペンで書く場所が無くなってしまった(爆)P1030056_2今年のプレゼントはリカちゃんのペットランド。P1030059_2三回連続リカちゃんシリーズが続くなあsmile

幼稚園では誕生日が休園日なので、毎年どう過ごすか思案していたが、小学校に上がったら、もうこんな風に二人で過ごすことはないのかと、少し寂しくなった母である。






















学校公開日

昨日は来年度新入園児の願書受付があり、幼稚園は休みだった。
いい具合に小学校の公開日と重なっていたので、友達(一年生のお母さん)に校内を案内してもらった。P1030037松ぼっくりで作った楽しいミノムシ発見eye

一年生の教室では、算数や図工の授業があった。娘は初めて入る校舎で緊張気味だったが、お友達の顔もチラホラ見つけ、少しは一年生になるイメージも出来ただろうsmile
この日は娘の6歳の誕生日でもあり、小学校入学へ一歩近づいた。

階段を上がる時、面白いものを見つけた。P1030042_2九九や地図記号もあったが、この階は回文。高学年の階段では英単語もあった。

先週はランドセルも買いに行ったshine 娘が選んだのは茶色smile あとで赤がいいとか言うんじゃないのsign02とずっと様子をみていたが、春からその気持ちに変わりはなかったので決めた。
さて、机はどうしようかねcatface

2012年11月 1日 (木)

相撲部屋

もうすぐ大相撲九州場所が始まる。昨日は用事があって、阿武松部屋を訪問した。P1030035のぼりを見ると、気分が上がるnote福岡でもあちこちでお相撲さんの姿を見掛ける時期だ。

朝稽古を見学させていただいたが、あまりの迫力に圧倒されてしまった。
勝負の世界の厳しさを垣間見た。

この日はご挨拶だけのつもりで伺ったが、思いがけず、ちゃんこ鍋をご馳走になるhappy01
大鍋に入ったちゃんこ鍋は味噌仕立てで、とても美味しかった。
食べ終わらないうちに力士が目配り気配り。おかわりを勧められ、お言葉に甘えてもう一杯いただく。

グラスも力士サイズsign02で、飲んでも飲んでも減らないのだ(笑)
力士はこのグラスで5杯飲むというので驚き。

親方は稽古の時は厳しかったが、鍋を囲んで話している時はとても気さくな方だった。

体育会系の部室のようなイメージを持って出掛けた相撲部屋は鬢付け油だろうか、いい匂いがした。

相撲はテレビでもほとんど見たことはなく、二年前にミーハーで横綱の奉納土俵入りを見に行ったくらい。今回、訪問するにあたって、情報収集するうちに相撲に興味がわいてきた。
この秋は、テレビの前で応援しよう!

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »