フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

着付け練習と盆略点前

今日は幼稚園の友達と卒園式の着付け練習会。

今回は仕上げのつもりで、ビシバシ行こうと思いきや、約一名「着物忘れた~sad」に「え~sweat01
とりあえず、彼女の色無地によく似た感じの鮫小紋で練習してもらうsmileこの着物は入園式に着て行ったもの。あの日、張り切って超sign01早起きした娘は園に着くなりグズってグズってwobblyそんな私の着姿は・・・ご想像にお任せしますcoldsweats01それがもう卒園とはsign01早いなあ。P1050800さすがに四回も練習していると、手慣れたものsign02二人とも今日は今までで一番キレイに着られたshine途中でウエストベルトが外れてお引きずりになったり、帯の胴周りを上下逆に締めたりとアクシデントはあったが、これも経験(笑)卒園式当日に一人で着ている時でなくてよかったsmileP1050801お昼を挟んで、プチ茶会japaneseteaいつもは帰りの園バスの時間にドタバタお開きになりdashゆっくりお茶も飲めなかったが、今日は余裕note先日、幼稚園の保護者会の総会で、快く議長・副議長を引き受けてくれた二人に、お礼の意味も兼ねてお茶を点てたconfidentP1050805_5テーブルで盆略点前。本日の和菓子は雛祭りのお団子と頂いた塩豆大福japanesetea

<本日の着物> 今日は私も一緒に練習した。一つ紋の色無地に西陣織袋帯。
母のお下がり黒絵羽織にも袖を通してみる。残念ながら、裄が若干短かく、紐の位置もやや高め。P1050786イメージはズバリ「昭和のお母さん」smile羽織って着たことないけど、こんな感じsign02P1050812母は私たち娘の入卒式に、ピンクのこの羽織紐を使っていたが、正式には白だと出入りの呉服屋さんに教わったそう。
譲り受ける時に白の羽織紐も用意してもらったが、付け替えにちょっと苦戦したcatface
卒園式まで、ついにあと二週間dashやっぱり寂しいweep

2013年2月26日 (火)

ボストン美術館展

日曜は家族で、九州国立博物館で開催中の「ボストン美術館 日本美術の至宝」展へ行った。

しかし、辿り着く前から大変だったwobbly駐車場のかなり手前で渋滞しており、一時間半待ちと伝えられた。やむなくUターンし、抜け道を通ったつもりが行き止まりsweat01思いがけず駐車場難民となってしまったが、なんとか太宰府天満宮方面で停められ、ひと安心。P1050659参道からのエスカレーター入口では、尾形光琳の「松島図屏風」が迎えてくれたhappy01
一番観たかったこの作品は、私の中では国宝級shineこのうねる波sign01ダイナミックな構図と色使いに魅了されたsign01ずっと観ていたくて少し離れて立っていると、混雑した展示室内にも関わらず、前に誰もいなくなり、束の間私だけのものになったconfident売店でクリアファイルとポストカードを買って帰る。

絵巻の前はすごい人だかりで、子連れではとても並んで観る気になれない。要所要所で覗いた「吉備大臣入唐絵巻」はマンガのような親しみやすさ。超能力で空を飛ぶシーンは正座をしたままだったeye

曽我蕭白の作品は見応えあり。「雲龍図」はその大きさに圧倒されたsign01だけど、龍の表情はどこかユーモラスsmile「商山四皓図屏風」のようなマンガタッチな作品もあり、興味深かった。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、写真の提供を受けたが、この写真は3月17日の会期終了後に削除します。

トピック展示の印籠展も見応えあった。蒔絵や螺鈿など大小様々な印籠が、これでもかと言わんばかりに並んでいる。フィンランドからやってきたコレクションとのこと。素晴らしかったshine

この日は「九博子どもフェスタ」があり、娘も楽しみにしていたが、混雑しており、結局いつものあじっぱで遊んで帰る。P1050625着物の文様スタンプや切り紙を楽しむ。P1050578_2この春、小学校に入学する娘の学業成就を願い、太宰府天満宮に参拝して帰る。P1050707_2梅も見頃であった。奥の白梅はご神木の「飛梅」。P1050558_2境内では梅のモチーフを至る所で見ることができる。P1050740娘が見つけた梅とハートsign02駐車場が混雑していたお陰で、思いがけずいい時期に参拝できたsmile

2013年2月23日 (土)

お雛様を飾る

毎日慌ただしくて、すっかり忘れていたdashまだ、お雛様を飾っていなかったのだ。
お日柄も天気もよかった今日、娘と一緒に飾った。小物を飾るのは娘の仕事。着物が干しっぱなしなのはお見逃しをcoldsweats01午前中は、福岡市博物館の博多献上道中を見に行ったのだ。P1050504_2さげもんも娘の担当。丁寧に紐を掛ける。P1050515仕上げに毬を飾って完成。P1050527お雛様とノリノリで記念写真。やはり女の子、嬉しいよねshineP1050529毎年、お雛様を仕舞う時は、晴れ着を着せているが、それはお宮参りの一つ身(笑)さすがに今年は対丈でも小さいかもしれないなあ。

今日は学習机もやっと買ったsmileその足でホークスタウンモールのサン宝石フェアへdash
しかし、22日(金)~24日(日)までのはずだが、見当たらない。自由に使えるお年玉千円分で、髪飾りやほっぺちゃんのアクセサリーを買う気満々の娘であったが・・・インフォメーションのお姉さんに尋ねると、ひと月間違ってしまったことが判明sweat01曜日も同じだったしさ(爆)サザエさんみたいな母でごめんね~coldsweats01サン宝石フェアは来月です(笑)

博物館で献上道中

福岡市博物館で、「きものビューティー」展が始まった。その開幕を祝い、今日は博多券番の芸妓さんの博多献上道中が館内を練り歩いたshine「きものビューティー」展は後日、大人だけでゆっくり観る予定だが、券番さんの艶やかな姿を一目見ようと、娘と駆けつけたdashまあ、近くだしsmileP1050380秋に開催される博多献上道中は遅い時間で、子連れでも子どもを置いても行けないなあと思っていたが、ようやく念願が叶ったhappy01P1050381_2昨年、エルガーラのイベントで、券番さんの踊りを拝見し、すっかり魅せられたlovelyP1050394献上道中は階段を上がり、二階へ。館内を一周するかと思いきや、「きものビューティー展」の中へ入っていく(驚)P1050400出て来られたところをパチリcamera雑誌の1ページみたいsign02P1050419_2今度こそ二階を一周するかと思いきや、階段へと向かう一行。P1050423後ろ姿も美しいlovely券番さんが締めておられるのはモチロン博多献上帯。P1050425博物館の天井には、この献上柄が施されているのだeyeP1050413_2階段を下りていく一行。本当に素敵だった~confidentP1050434さて、今回は一般の方も芸妓姿で出ておられた。その中に、「ちどり子のカワイイキモノの日々」のちどり子さんの姿もあった。P1050453左端がちどり子さん。以前、子ども着物を買ったご縁で、娘も記念写真camera
私も一緒に写りたかったが、ちどり子さんの芸妓姿があまりにベッピンさんで照れてしまい、娘と写ってもらうのが精いっぱいだったcoldsweats01P1050457そんなことを思いながら、帰り道に一枚camera娘が撮ってくれた。

<本日の着物> 結城紬に合わせたのは、モチロン博多織の名古屋帯。P1050499帯締めは渡敬、帯揚げは加藤萬・・・だけど、絞りの位置をもっと考えた方がいいな(爆)

「きものビューティー」展は4月7日までの会期中、ファッションショーやお茶会、落語などイベントが満載であるnote着物で来場すると特典もあるそう。興味のある方は博物館のホームページでご確認を。

2013年2月22日 (金)

親子でちょうせん!

昨日は、幼稚園で毎年恒例の行事「親子でちょうせん!」があった。
今年の年長は、野菜を切ったり、すいとんを作ったりと楽しい内容happy01

まずは、スティック状の大根、人参を薄く切っていく。P1050316家でもマイ包丁できゅうりの輪切りをしている娘は、ちょっと危なっかしいものの意外とサクサク切り進む。よかった、いい買い物をしたようだsmileP1050320_2今度は、すいとんを作るnoteP1050331粘土みたいに丸めていたが、次第に真剣な表情になっていく・・・P1050333なぜなら、ハートのすいとんを作っていたから。しかし、給食室で調理してもらい、ごった煮になる運命。ハートが入っていた人は当たりかなsmileP1050337子ども用の小さいしゃもじでわかめご飯をよそう。これで、おにぎりを作るのだが・・・P1050345ここでもやはりハート型。しかも、「私、三個、お母さん、二個ね。」「え~sign02P1050351配膳されたお椀には、残念ながらハートのすいとんは入っていなかったが、二回もおかわりして、満足したようだcatfaceという訳で、おにぎりは母に三個くれたdelicious

帰りは、友達の家で卒園式の着付けの練習dashもう日にちがないから、皆、真剣smileP1050368_2今回は手を貸さないと決めていた私は・・・テーブルで友達お手製の美味しいピザを頂きながら、「着丈が長い。」だの「帯が曲がってる。」だの鬼コーチ丸出し(爆)

子どもたちは、いつもと違うお母さんの着物姿に何かを感じたようだった。ちょっと照れていたのがかわいかったなconfident

2013年2月21日 (木)

アレルギーっ子の入学準備

この春、小学校に入学する娘は卵アレルギーがある。

入学説明会では、食物アレルギーの話もあった。
こじんまりした幼稚園から大規模小学校に入るので、不安も大きい。
食物アレルギーの子どもの親は残ったが、私が見た限り三人。もっと多いかと思っていたけど・・・ますます不安になる。

前回のアレルギー検査の結果を聞くのと、入学準備で診断書(学校生活管理指導表)を書いてもらうため、給食後に幼稚園を早退し、アレルギーでかかりつけの病院へ行った。(遠い~dash)予想通り、診察も二時間半待ちsweat01帰ったら六時前だった。

結果は残念ながら、キウイとごまアレルギーが増えていた。
ここ一年、給食を食べた後に、舌がかゆくなったり、ピリピリしたり、唇が少し腫れたりで幼稚園から呼び出しがあった。幸い、園に駆けつける頃にはほぼ治まっていたが・・・怪しいと思っていたのだ。卵アレルギーの数値も高くなっていたdespair
この結果をもとに、今月中に学校に提出しなければならない書類を仕上げなくてはdash

学校生活管理指導表の医師の記入欄には、食物アレルギーの他、喘息、アトピー、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎の欄もある。うちはアレルギーの総合商社sign02なので、フルに記入してもらわなければならないsweat01

入園する時は、初めて親の目の届かないところで給食が始まることにモチロン不安も大きかったが、園児も少なく、先生方の目もよく行き届く幼稚園では、ここまで不安に感じることはなかった。年少の時は、同じクラスに卵アレルギーのお友達もいて、とても心強かったconfidentそんな幼稚園でさえ、ヒヤッとすることがあった。

入学したら早速、教頭、給食、保健、担任の先生方と保護者の確認作業もある。学校給食が始まっても、しばらくは落ち着かないだろう。

この日はテレビ局から電話があり、食物アレルギーの特集で、私と娘のインタビューを放送すると連絡をもらっていたのに・・・最近、ますます頭が回っておらず、帰宅後に見ようとしたら、まさかの録画失敗sweat01 残念な私であるcrying

2013年2月20日 (水)

卒園式リハーサル

昨日は幼稚園の卒園式リハーサルに、保護者会の三役で立ち会った。
卒園児は壇上にスタンバイ。幕が開くとその姿に思わず涙がこみ上げた。

一人一人、園長先生から修了証書を受け取るのだが、名前を呼ばれ、手を挙げて返事をするクラスメイトの子らを見て、娘が呼ばれる前に既に涙ポロポロweep入園した頃を思い出した。

そして、歌も泣かせるのだ。少し立ち会うだけのつもりで、ハンカチを保護者会室に置いてきた私は・・・顔を覆って泣いてしまったcrying
給食の時間に、娘のグループでは私が泣いたことが話題になっていたと、先生に教えてもらったcatface翌日も幼稚園に顔を出すと、園児から「昨日、泣いとったろ~(笑)」と冷やかされる始末。

だけど、本当に皆、立派だったのよconfident
卒園祝いの品に目を通して帰ったが、これを渡す日もそう遠くないのだと、ちょっと複雑な気分であった。

その日の夕方は、小児科で予防接種を受ける予定だった。
入学前にやっておかねばならないことの一つ。しかし、朝、軽いじんましんが出た娘は、一週間免れ、喜んでいた(笑)小児科では同じく予防接種を受けに来た幼稚園のお友達に会った。「頑張ってね~!」って、君もなcatface

帰りに同じマンションのお友達のうちに寄る約束をしていたので、少しだけお邪魔した。
机が届いたので、早く娘に見せたかったようだ。お雛様も飾ってあったheart04

一方、我が家は・・・まだ、何もしていないcoldsweats01
机は完全に出遅れてしまい、検討中の商品は売り切れてしまった。この週末に決まるかいなsign02お雛様も飾らなきゃdash

毎年、進級の名前書きを始業式前日にやっていた私・・・
お尻に火がつかなきゃ動かないのに、無事、入学式を迎えることが出来るのだろうかcatface

2013年2月19日 (火)

卒園式の着付け練習 第三弾

昨日は幼稚園の友達と、卒園式の着付けの練習をした。
今回は最初から一人で着てもらい、時間を計ったclock一人は30分、もう一人は35分。まずまずのタイムだ。P1050306_3浴衣の作り帯の次が、いきなり袋帯の二重太鼓とハードルはかなり高いが、改良枕で健闘する二人shine二回着てみて、最後は洋服の上から帯だけ練習。

私は人に着付けを教える勉強はしていないので、思いがけないハプニングも度々で、毎回、皆でよく笑っているsmileしかし、本当は笑っている場合ではないのだ。

現役の頃、一番練習したのは振袖で、普段締めるのは名古屋帯。実はミセスの晴れ着って、自分で着るのも苦手なのだsweat01さすがに今回は一緒に練習したcoldsweats01P1050309_2三人共、あともうひと頑張りrock しかし、なんとかゴールが見えてきた。
卒園式まで、ついにひと月切ってしまった。ギリギリにならないと動かない私だが、そろそろお尻に火が着いてきたなあsmile

2013年2月18日 (月)

一人暮らしの要介護

妹が泣いた。気丈な妹が、「母の前では泣かんと決めてたけど・・・」と実家の電話口で泣いた。

一人暮らしの母は要介護2。先月は一人で倒れていることも続けざまにあったが、落ち着いたはず。今月、手すりも設置したばかり。通院には介護タクシーを利用することもあるし、週二回のデイサービスの送迎スタッフには合鍵を渡している。

実家から車で10分圏内に母の姉妹が三人住んでいる。
先月は緊急通報システムを導入し、何かあれば一番近い叔母のところへ、通じなければ妹のところへ、それでもダメなら119番通報となり、窓ガラスを割って部屋に入ることになっている。しかし、それも機能していない。色々あって、叔母は連絡先から削除した。そんな叔母も毎日のように、母の様子を見に来てくれ、おかずを届けてくれる。

妹は実家から車で50分のところに住んでおり、持病を抱えながら、週三日のパートの合い間によく動いてくれている。子どもがいるのに、母の元へ駆けつけ、家をあけることもしばしば。介護をするようになり、色んなところで板挟みとなっている。

母は体が動かなくなる病気で、身の回りのことも自分で出来なくなってきた。
半日倒れたままでいると、圧迫された顔や手が腫れあがって水泡ができたり、腕が曲がったまま戻らなくなったり・・・こうなると、ますます自分で動けなくなる。

この週末に帰省すると、母がダイニングで倒れていた。食事中に倒れたようで、床に食べ物も散らかっていた。

妹はデイサービスの施設長から、倒れた母を起こして連れて行くと、送迎バスの時間が守れず、他の人に迷惑を掛けると言われたそうだ。デイサービスはかかりつけの病院の系列である。
主治医は入院は必要なく、デイサービスを利用し、在宅でやっていく方針に変わりは無い。ケアマネージャーも病院の所属。

家族も母本人も、施設に入居することを希望している旨、主治医やケアマネージャーに伝えているが、そう簡単にはいかないのが現実だ。申し込み資格はあっても要介護2では難しいようだ。

私は月に1、2回帰省するのがやっとだが、週末は病院も役所も閉まっているし、施設見学も出来ない。一度、娘に幼稚園を休ませて実家に残ったこともあるが、残り少ない園生活、私の勝手だが休ませたくない。卒園したら、長い春休み、平日もたくさん動けるだろう。

この週末の帰省ではJRを利用した。
初めて乗った特急きらめきのセミコンパートメント(自由席)は快適だった。たまたま往復同じシートでリピーターsign02P1050282_2久し振りに下車した下関駅では金子みすゞさんの看板を発見eyeP1050286介護帰省の束の間、観光気分が味わえたconfident

2013年2月14日 (木)

今年のバレンタインデー

バレンタインデーの今日は博多座に出掛けたので、幼稚園の預かり保育を利用した。
この時期、預かり保育ではチョコの工作をしているようだ。
娘が作った「バレンタインロール」、蓋に名前を書いて持ち帰ったhappy01P1050215先日は幼稚園のお母さんから、娘に友チョコをもらった↓P1050212お嬢ちゃんと一緒に作ったそうだshine娘も初めての友チョコに大喜びで、お菓子の代わりに手紙やシールを袋に詰めて、園に持って行った。
こうゆう習慣は小学生になってからかと思っていたが・・・もうそんな年頃なのねcatface

本日の遅めのおやつsign02は、練乳イチゴのおやつフォンデュ。P1050280_2主人には娘と選んだチョコを渡す予定だが、博多座で期間限定のチョコ豆が美味しかったので、買ってしまったdeliciousP1050277チョコ豆は家族で食べようとは思っていたけど・・・ちょっと油断した隙に食いしん坊の娘がまさかのフライングdash器に入れて、渡すことになってしまったcoldsweats01
そして、お父さんに渡したチョコも、「一個ちょうだいhappy01」と言って二個食べる。
う~ん、誰のためのバレンタインデーだろうsign02

博多座大歌舞伎一幕見

今日は和の会で、博多座大歌舞伎の一幕見をした。
演目は「身替座禅」、勘九郎さん、七之助さん兄弟が出られるので、とても楽しみにしていたshineP1050226_3余裕を持って並んだつもりだが、さすが注目されているだけあって、先客多し。五人で二組に分かれて席を取った。P1050235_2上演前に撮影タイムcamera試食しながら売店を回るのも楽しいsmileP1050243_2_3「身替座禅」は歌舞伎初心者でも楽しめた。勘九郎さんの右京、七之助さんの太郎冠者、仁左衛門さんの玉の井に笑いっぱなしhappy01
勘九郎さんの声が勘三郎さんによく似ておられたのが、印象的だった。P1050248ロビーに飾られていた勘九郎さんの博多人形は、ご本人にそっくりeyeP1050239襲名祝いの飾り絵馬もたくさん。P1050254ランチは、長崎のアンテナショップ「キトラス」にて地魚づけ丼膳。本日の魚はかんぱち、鯛、マグロ。これに茶碗蒸しも付き、お得で美味しかったdelicious

<本日の着物> 義母のお下がり小紋に叔母のお下がり椿の名古屋帯。P1050265これにナカノヒロミチのポンチョコートで、気負わない一幕見コーデ。P1050276博多座で買った大好きな五色堂の豆菓子note今日はバレンタインデーなので、チョコ大豆は家族用。で、後は・・・エヘヘsmile

2013年2月13日 (水)

石橋美術館へ

三連休の最終日は義母に会いに朝倉へ。帰りは久留米の石橋美術館へ寄ることにしたhappy01

「金閣・銀閣の寺宝展 雪舟、等伯、宗達、そして若冲」をやっており、第一部は若冲、第二部は日本美術の立役者と展示内容が入れ替わる。若冲も興味あったが、第二部に惹かれたshineP1050197観たかった俵屋宗達の「蔦の細道図屏風」(重要文化財)は金と緑のコントラストが見事だった。
円山応挙の「大瀑布図」は迫力あったsign01床まで垂らした掛け軸なんて初めて見たが、手前に岩が描かれ、作品の前に立つと滝をリアルに感じる。
花の模様の天目茶碗は珍しいと思って見ていると国宝だった。野々村仁清の「梅花紋大壺」は格子柄で斬新。別館で展示数は少ないものの一つ一つが存在感があり、濃い内容。

嬉しいことに特別展のチケットで本館のコレクション展も観られた。久留米ゆかりの青木繁や坂本繁二郎など、美術書に載っている名画も多く、さすがブリヂストン発祥の地shineとても見応えがあった。P1050198美術館前の日時計は2時。お次は久留米城跡の有馬記念館へrvcar
今回の展示は第1会場、第2会場がに分かれており、お得な共通券を買ったのだ。P1050205近いのかと思いきや、結構遠かったsweat01

茶道具は素晴らしかったが、こじんまりした会場で展示数は多くはなかった。
2か所に分かれているのがちょっと不便に感じたが、見応えある「金閣・銀閣の寺宝展」は3月10日まで。







遅れてきたイクメン

またしても、ブログの更新が滞ってしまったdashこんな時は忙しいか、寝込んでいるか・・・今回もその両方であったsmile

三連休の最初の二日も起きられなかったsleepy
しかし最近、主人がよく動いてくれるお陰で、安心して眠れるcatface
私が寝ている間に娘と二人でお風呂掃除をし、そのままスーパーに買い物に行って、夕飯を作ってくれたshine以前の我が家では、ありえなかったことだ(爆)

起きたら、壁に不思議なものも貼ってあったeyeP1050210_2ブロックの矢印は「パーティー会場はコチラ」という意味だそう。
母が寝ている間に二人で何をしてたんだろうsign02とりあえず、起きたら部屋がとんでもないことになっていたとだけ書いておこうgawk

主人は今年に入って、「子育てハッピーアドバイス」シリーズを二冊も買って読んでいた(笑)娘はもうすぐ小学生・・・今頃読むsign02と思わなくもないが、そうゆう気持ちになってくれて、とても嬉しいconfidentなにより娘が嬉しそうだnote

そんな娘はお腹にいた頃からお父さんっ子。毎晩、お腹に手を当て話しかけていたが、私には反応しなくても、主人が手を当てるとポンポコお腹を蹴っていたcatface ソファーに横になった主人のお腹の上が特等席sign02なのも小さい頃から変わらない。

イクメンなんて、我が家には関係ないと思っていたけど・・・まさかドッキリじゃないよねえtv
幼稚園の保護者会活動で忙しい私へのエールかと思うが、卒園してもイクメンは卒業しないで欲しいなあsmile

2013年2月 5日 (火)

卒園式の着付け練習 第二弾

今日は友達のお宅で、卒園式の着付け練習第二弾をした。

まずは、半衿の付け替えからdash友達は古い半衿の上から付けようとしていたsign01旅行の時なら、そうゆうテもアリって聞いたことあるけど・・・外してくださいcatface

半衿も襦袢の表側は順調に縫い進み、裏側へ。しかし、衿肩あきを細かく縫うところが途中から、なんとメチャクチャ細かいブランケットステッチになっていたeyeなんで~sign02
ちょっと目を離した隙に・・・面白すぎる~happy02そんな彼女の趣味は手芸shineP1050147時間がもったいなかったのでsign02彼女がお昼を作ってくれている間に私がほどいて仕上げることにcatface私も最初は、先輩に半衿をつけていただいたのだ。

園バスの時間を気にしつつ、とりあえず一度着てみようdashP1050151初心者でいきなり袋帯の二重太鼓は難易度が高いが、おニューの改良枕で大奮闘。下割れになっている改良枕は初めて見たが、これなら手先を通す時に帯が痛まないようだshineP1050158背中にシワが寄っているけど、後ろ姿はイイ感じnoteP1050156_2正面から見ると改善点は色々あるが、一人でここまで着られたことが素晴らしいhappy01

昨年、浴衣を練習して、次のステップがいきなり卒園式。着物と長襦袢、帯は身内から譲り受けたが、小物は急いで買い足したdash着付け小物の名前もわかるようになったとのことshine
今日は新しい草履や足袋、伊達締め等を見せてくれたが、とっても楽しそうで、見ているこちらも楽しくなったsmile

卒園・入学に七五三、これからも出番はたくさんあるハズ。
入学式でひと段落したら、小紋でお出掛け計画も出たnote

あと二回、練習したら大丈夫かな。次回は所要時間を計ってみようsmile

2013年2月 4日 (月)

批評オバサン

友達と卒園式の着付けの練習をしている時に出た話。

もし、どうしても自分で着られない時は、着付け込みのレンタルもありかなあsign02
その時は、ちゃんと畳んで返すんだよねsign02

昨年、黒留袖をレンタルした際、お店の方から言われた言葉を思い出した。
「久々にきちんと返していただきましたsign03

うちで着付けの練習をする時、やっていることが三つある。
着物の畳み方、お手洗いでの立ち振る舞い、写真の写り方だ。(これは、成人式の自分の写真がコンパニオン立ちでsweat01あまりにもイタカッタたのでcoldsweats01

着物の畳み方は浴衣と同じ。浴衣は着る人も多いだろう。
長襦袢は違うところが慣れないうちはややこしいが、インターネットで検索すれば、すぐに出てくる。
折角、しとやかに着付けてもらったなら、きちんと返すのが美しいと思うshine(もしくは、お店で着替えて帰る)

こんなことを言い始めたら、私も批評オバサンの始まりかなあcatface

林真理子さんも著書「着物の悦び」に書いておられるが、着物を着るようになると、批評オバサン、お直しオバサンに遭遇する。そんな私も若い頃から色々言われてきたクチだ。

「成人式と勘違いしとうっちゃないsign02

・20代半ばで初めて大寄せ茶会に参加した時、聞こえた言葉。当時の私は、帯をお太鼓に結ぶのは画一的だと思っていたsmile鮫小紋に細帯を「重ね太鼓」に結んで行ったが、後で思えば若気の至りsweat01(写真の背中にチラっと見えてる。満面の笑みだが悪い例catfaceImg015余談だが、そのお茶会で順番に並んでいたら、席入りの際、後ろのオバ様方から駆け足で追い抜かされ、残ったお席がとんでもなかったshock初心者なので丁重にお断りしたが、代わってくれる人もおらず、時間も押してしまい、結局、友達と三人で正客、次客、三客の席についた。(モチロン正客に代わって、やりとりされる方は別におられた)色んな意味で苦い思い出のお茶会だgawk

「九月に白い帯だなんて寒々しいsweat01

・某デパートで聞こえた言葉。九月初旬sign01に夏着物に白い帯を合わせていた。
九月から単衣に衣替えは承知しているが、いいじゃん、九州は暑いんだしangry
しかし、それ以降は帯の色を気にするようになった。

「あと一センチねえdown

・エレベーター待ちで、後ろのオバ様方が発した言葉。他に人がいなかったので、私の着丈が短かったという話だろう。自分でもわかっていたからcatface

他にも色々言われてきたが、そうゆう批評オバサンは決まって数人で固まり、少し離れて聞こえよがしに言うのだ。
モチロン、お褒めの言葉を頂戴することもあるconfident

最近は若い女性の着物姿が増えたように思うshineある時、夏着物に紗の博多献上を締めた素敵な後ろ姿の足元が、ビーチサンダルでビックリeyeしたことがあるが、若い感性で、自由に着物を楽しんでいるのだと思ったcatface

冒頭のレンタル着付けも有りsign02と言っていた友達も、折角、自分で着たいとの思いがあることだし、卒園式で一緒に記念撮影出来るよう、もうひと頑張りだrock

2013年2月 3日 (日)

節分

今日は節分。
なのに、朝からエンジンがかからず、ようやく買い物へ起きたのは夕方。
恵方巻きの具に、娘のリクエストの甘エビを買いたかったのに出遅れたsweat01
豆まき用の大豆も無く、とりあえず、鬼のお面付きの落花生を買って帰る。

こどもちゃれんじの付録「クルクルのり巻き屋さん」で、自分の恵方巻きを作る娘。P1050115完成~noteこの後は、言われなくても主人と豆まきの準備に取り掛かる。楽しみにしているのだ。P1050119_2まずは、部屋を暗くして、全ての窓から豆をまく。集合住宅なので、土が無いところは投げる真似catfaceP1050126最後は主人扮する鬼に、容赦なく豆をまく娘。その量、三袋分(笑)豆は落花生しかなかったが、主人がコンビニで買って来てくれた。自分に投げられることを承知の上だcatface

暗闇で豆を拾っていると・・・ボリボリと豆を噛む音が響き渡る(笑)P1050140いつもうまく巻けない恵方巻きcatface
今年は具が少なく、幸せsign02の四種巻き。大人はスモークサーモン、たくあん、きゅうりに桜でんぶ。子どもはチーズかまぼこ、たくあん、きゅうりに桜でんぶ。
今日はイワシを手開きする気力が無く、刺身用のアジの切り身でチーズフライ。見た目は似てるsmile

さて、豆まきを楽しみにしていた娘は、親の年の数ほど豆を食べたと思われるdelicious
心の中に「面倒くさい鬼」が住んでるそうだが、果たして追い出せたのだろうかsign02

2013年2月 2日 (土)

櫛田神社 鬼神楽

明日は節分。今日は櫛田神社の節分前夜祭で鬼神楽が奉納された。

結婚式、娘の宮参り、七五三とお世話になっている櫛田神社。
豆まき神事は人が多く、子連れでは難しいが、鬼神楽ならばと家族で見に行く。
夕方から出掛けることなど滅多にないが、明日は日曜note娘は興味津々、私も独身時代以来だ。

日本一のお多福面をくぐって、ハッピーカムカム~shineP1040944まずはお参り。始まるギリギリに着いたが、思ったより人が多い。P1040961幸い、拝殿で見ることが出来た。お祓いの後、鬼神楽が奉納される。P1040995_2すごい迫力。カメラを構えた人も多い。P1040985_2動きが早くて、シャッターを押すタイミングがなかなか合わない。P1050014鬼が階段を上がると、神職らが「鬼は外、鬼は外」と一斉に豆をまく。P1050047少しひるむが、そう簡単にあきらめなかった鬼もついにはひれ伏し、退散した。
久々に拝見したが、素晴らしかった~sign01P1050071_4鬼神楽の後は、少し散策して帰る。P1050077境内では明日の節分の準備がされていた。P1050084巨大な枡にお賽銭を投げ入れる娘。益々、福が来ますようにhappy01
三つの鳥居のお多福面、全てを制覇して帰ることにしようnoteP1050088キャナルシティ側のお多福面↑P1050096北側のお多福面↑ 色んな表情があって、面白い。


<おまけ>前回、鬼神楽を見に行った時のお気に入りの一枚。Img014友達にツノを立ててる真ん中が草乃江。イタズラ好きは今も変わらないcatface

2013年2月 1日 (金)

幼稚園の豆まき

早いもので、もう二月。

今日は月に一度の三役会であった。園長先生、主任の先生、保護者会三役で、来月の予定などを話すこの会を、私はいつからかとても楽しみにしていた。最初は緊張していたけれど、保護者の本音を(時に子育ての悩みなども)ざっくばらんに話せるようになった頃に卒園とは・・・
最終回の今日は特別にsign02園長室で給食をいただいた。三月の話をした今日でひと区切りとなり、なんだかちょっと寂しい。

さて、今日は幼稚園の豆まきであった。
園に着くと、まさに始まろうとしていた。緊迫した雰囲気の中、娘はケロッとした様子。私を見つけ、手を振る余裕さえみせるcatfaceP1040927すると、園内に太鼓がドンドコ鳴り響くsign01突然のことに大人でもドキッsweat01
マズイ、豆をぶつけられそうなsign02鬼ババは早めに退散dashP1040930来た~sign01青鬼。続いて赤鬼も登場。「悪い子はいないか~annoyP1040939_2園児達が新聞紙を丸めた豆を投げると、鬼は退散していったdash
こうゆう行事を見られるのも、園に足しげく通っている役員の特権sign02かなあsmile

幼稚園では、心の中の鬼もやっつけるのだと教わる。
先月の個人面談の際、娘の作品に目をやると、「めんどくさいおにをおいだす」と書いてあった。いるいる、その鬼sign01ちゃんと追い出せたかいなcatface

保育時間が終わる頃、教室に迎えに行くと、先生から娘は鬼を怖がらなかったと聞いた。「うちに鬼ババがいるから、慣れてしまったのかもcoldsweats01」と大笑い。

今日は、携帯電話の鬼アプリなるものを教えてもらった。ここぞと言う時に起動すると、鬼から電話が掛かってくるそうだ。呼び出し音も普通の電話と異なり、すぐそれとわかるそうで、鬼の画面付きで「また片付けてないのかannoy」とか「まだ起きてるのかannoy」などと、状況に応じて話すそう。
もっと早く知っておけば、我が家も鬼ババの出番が少なかったであろうと悔やまれるcatface

<おまけ> 娘の描いた鬼のお面P1040942_2_2先生曰く、エプロン見たいなフリフリも頑張ってハサミで切っていたとのこと。
でもさあ、鬼っていうより・・・何かのキャラクターみたいだなcatface

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »