フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 城下町秋月へ | トップページ | ときわ公園 »

2013年4月 5日 (金)

介護帰省でカードデビュー

娘の抜糸も無事終わり、今週は一日から山口の実家に帰省していた。

この春、一年生になる娘は四月一日から早速小児運賃train春休み期間中、地下鉄の小学生一日乗り放題でカードタイプの「ちかまるきっぷ」が100円なのが、ありがたかった。しかも、マックのジュース券付きnote娘は自分の切符を改札に通すのが、なんだか嬉しげだったsmile

実家に帰ると、母が畳の上で動けなくなっていた。聞けば二時間その体勢だったそう。

先月は悩んだ末に十年来のかかりつけの病院から別の病院に移った。その病院では病床の空きがなく、別の病院を紹介してもらい、今週ようやく入院することが出来た。

しかし、今回は褥瘡の治療のための入院。一人で起き上がることが出来ない母は、何時間も倒れたままでいると、圧迫された場所に大きな水泡が出来る。一番ひどい足の褥瘡は骨にまで達していたそうだ。治療中に見せてもらったが、よくここまで我慢していたと思うと泣けてくる。左手の指三本は水泡の後遺症で、動かなくなってしまったし、床ずれもできた。今回、入院した病院には褥瘡チームもリハビリもあるので心強い。

褥瘡の治療が終わったら、どうするかの問題もあるが、まずはひと安心。
妹は仕事の無い日にいつも片道50分の実家へ通っていたが、今回は妹の自宅近くの病院で、随分楽になるだろう。なにより、母が安心していると思う。平日に帰省したお陰で、要介護になってからのケアマネさんにも初めて会えた。

入院の手続き等がひと段落すると、結構いい時間になっていた。
病院は実家から遠く、交通の便も悪く、車がないと行けないので、母が入院したら帰ろうと思っていたが、実家の片付けをして帰ると遅くなるので、もう一泊する旨伝えると、妹が地元の公園へ連れて行ってくれたrvcar(これは別記事で)
普段は帰省しても、あまり出掛けない娘を気遣ってくれたようだ。

園芸が趣味の母だが、帰省する度に色んな鉢が弱っていることに気付く。
母の大好きな胡蝶蘭が、かろうじて元気で新芽が出ていた。

さて、三日は八回目の結婚記念日だったが、夫婦別々に過ごすこととなった。
最近、携帯のメールを覚えたばかりの娘が、主人に絵文字たっぷりの「おめでとうメール」を送っていた。そして毎晩、父娘でメール交換mailto

今回の帰省中、ショッピングセンターで娘もついにゲームデビュー。姪っ子達に教えてもらい、テレビで見ている「アイカツ」を楽しんだけど、カードを集めることを覚えてしまったかなcoldsweats01

« 城下町秋月へ | トップページ | ときわ公園 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/51097038

この記事へのトラックバック一覧です: 介護帰省でカードデビュー:

« 城下町秋月へ | トップページ | ときわ公園 »