フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

バーチャル福岡城

昨日は、友達親子三組で、福岡城バーチャル時空散歩を楽しんだ。城跡でタブレット端末をかざすと、デジタル技術で再現された当時の福岡城が見られるという興味深いガイドツアーsign01
集合場所の福岡城むかし探訪館に展示されている福岡城の模型には米粒みたいなものがあり、何かと思ったら、人や馬だという仕事の細かさeyeP1100339タブレットを手に、いざ、参らんhappy01ガイドさんと回る二時間のツアーは東御門から進む。P1100343_2城を守る鏡石eyeここには三つあった。P1100346「官兵衛」ののぼりもあり、来年の大河ドラマがますます楽しみになるnoteP1100382天守台に近づくと、大中小三つの天守閣が見えて来た。福岡城に天守閣はあったのか議論されているけど、私はあったと信じているhappy01P1100378見なれた天守台下の景色もこの通り。P1100386天守台からの眺めは・・・殿様になった気分sign02P1100397よく見ると石垣も興味深い。石切り場のくさび跡(?)も見つけた。春に来た時はきれいだった石垣も結構ツタがはっている。お城の手入れは大変なのだと思った。P1100389ラッキーなことに、今月末まで重要文化財の多聞櫓が一般公開されている。企画展「軍師官兵衛と福岡」も開催中。P1100410こちらには以前一度入ったことがあるけれど、今回は鉄砲狭間もイメージしやすい。P1100418こうゆう天井は鉄砲の煙を逃がすのと、弓にもなるのだそう。P1100413最後は裏に回って、多聞櫓を眺めて楽しむ。この角度から見たのは初めてで、感激shine石落としもこうして見ると、よくわかる。P1100429今回はガイドさんが二人おられたお陰で、遅れがちな子どもにも目配り気配り、とてもよくしていただいた。最後は石垣の前で記念写真。P1100435_3雨が心配だったけれど、とんでもなくいい天気。受付でいただいた保冷剤が子ども達にはありがたかった。今回は小三男子、小一女子二人だったけど、一年生は途中で飽きてしまったようだsmile帰宅後、娘のバッグから崩れたセミの抜け殻が出てきてギョッとしたsweat01もしもし、君は何をしていたのかな。

 

2013年8月27日 (火)

宇宙食の試食

先日、KCS福岡情報専門学校の「宇宙展」で、宇宙食を頂いた。
いつ食べようかと思ってたけど、「イプシロン」の打ち上げがある今日にしようと、娘と決めていた。宇宙展ではロケット発射の音響体験もした。今回の打ち上げのライブ中継も楽しみにしており、娘は宇宙の図鑑を読んで、その時を待つ。この図鑑は幼稚園時代から小児科に行く度に読んでおり、よほど好きなのだと、この夏休みに買ったものsmileP110029312年ぶりに開発された国産新型ロケット「イプシロン」。打ち上げは13時45分で、JAXAの特設サイトを見ながら、一緒にカウントダウンnoteP1100299_2しかし、打ち上げ時刻を過ぎても一向に打ち上がらず、結局中止となった。P1100307_2当初は22日の打ち上げ予定が今日に延期され、また中止。しかし、食べる気満々の人が約一名いるので、宇宙食を食べる計画は中止しなかったcatfaceお餅とチキンライスとチョコパンの三種類頂いたけど、今回はお餅で。P1100302封を切ると、フリーズドライされたお餅が六切れ入っている。P1100314水を入れた容器に一枚ずつお餅を入れると・・・P1100318やわらかいお餅の出来あがり。さて、お味は・・・P1100324フツーのお餅と変わらない感じだったdelicious

今回のイプシロン打ち上げ中止は残念だったけど、今度こそ成功しますようにsign01












2013年8月26日 (月)

初めてのパン作り

今月、我が家は炊飯器を買い替えた。新しいIH炊飯器には白米炊飯だけでも四種類のメニューがあり、パンやケーキを焼く機能もあるnoteパン焼きメニューは夏休みの間に試しておこう思い、娘と初めてのパン作りに挑戦した。P1100287こねるのは共同作業のハズなのに、後半は休憩しっぱなしだった娘。P110026720分近くこねるのは、初心者にはひと苦労。P1100268炊飯器の中で二度発酵させ、パン焼きメニューを押したら完成~happy01P1100275焼き上がったパンは、娘の顔ほどの大きさsmileP1100278_2炊飯器の説明書にあるレシピは白黒写真だったので、わからなかったけど、白パンなのは予想外。焼き色をつけたい場合は裏返して焼くと書いてあったことに、食べた後に気がついたcoldsweats01P1100282バターをつけて美味しくいただくdeliciousパン作りって初めてだったけど、結構楽しいnote次回はご飯入りパンを作ってみよう。

2013年8月24日 (土)

みやまのモノづくり体験

最近、バテ気味でブログの更新が滞っているcoldsweats01木曜は娘とアクロス福岡の「みやまのモノづくり体験」に行ってきた。国産の線香花火や伝統玩具のきじ車などもあるけれど、今回の目的は木蝋キャンドル作りと天然樟脳を買うことnote

まずは、荒木製蝋さんの木蝋キャンドル作り。和ろうそくって京都のイメージだったけど、こんな身近にもあるとは知らなかった。作業に入る前に社長さんが工程を説明してくださった。P1100223_2原料のハゼの実も展示されていた。P1100214_2太めの和ろうそくの芯は、和紙にい草の中のクッションsign02を巻いて作られ、フワフワだった。つい最近、和ろうそくと西洋ろうそくの違いをたまたまテレビで見たばかり。実物に触れられ、貴重な体験happy01P1100219押しピンみたいなものに芯を刺して容器に入れる。私は丸型、娘はハート型で。P1100208ここにそーっと木蝋を注いでいく。P1100212_2芯が真ん中に来るように、しばし固定。丸型はそのまま持って帰るけれど、ハートは乾燥したら型から抜くので、少し時間がかかった。P1100213出来上がりはこちら。持ち帰る途中にぶつけて、少し欠けてしまったcoldsweats01誕生日とかクリスマスに灯してみようっと。P1100236_2さて、もうひとつのお目当ては、ずっと前から気になっていた天然樟脳shine会場に入った時から、爽やかないい香りが漂っていた。内野樟脳さんは江戸創業の日本最古の天然樟脳製造工場。以前、KBCテレビの「福岡県民遺産」でも紹介されていた。P1100228クスノキのチップを蒸し上げて、蒸気を冷やして出来た結晶。P1100234一つ一つ八女の手漉き和紙に包まれていて、12包入っている。着物箪笥の防虫剤のほかにも下駄箱の芳香剤として使ってみよう。娘のためとか言いつつ、実は自分が行きたかったんだなsmile

2013年8月18日 (日)

KCS宇宙展

KCS福岡情報専門学校で開催された「宇宙展」に行ってきた。
先着200人に宇宙食のプレゼントshineがあるとのことで、興味津々happy01たこ焼き、プリン、エビグラタンなど色々あったけど、我が家は卵アレルギーでも食べられるものを頂いた。P1100138宇宙服で記念撮影(1日50組限定)もあり、ちゃっかり父母も一緒にお願いしたsmile写真は缶バッチにしてプレゼントnoteしかも人数分で、三人お揃い。P1100166クイズを解きながら、ロケットや人工衛星、国際宇宙ステーションなどの展示を見て回る。自転車をこいでいる間は磁力が発生し、電磁石のボードにピースが張りつく宇宙パズルゲームに挑戦。P1100144宇宙ローバー(火星無人探査機)の遠隔操作体験にも挑戦rockP1100187ロケットの音響体験もあった。皆でカウントダウンをして、ロケット発射。しかし、音はすぐには聞こえない。発射時は半径3キロ以内は立入禁止のため、8秒位遅れて聞こえたけど、大音響で迫力あった。

さて、クイズは全問正解し、景品がもらえたnote娘が選んだのは宇宙遊泳の光る球体smileなので、父と母は娘のために、ボールペンと自由帳をセレクト。宇宙食は、卵アレルギーでも大丈夫なお餅とチキンライス。卵は入っていたけど、缶入りチョコパンも頂いた。P1100202余談だけど・・・宇宙展に行く途中、我が家には珍しく朝マックすると、隣りの席に浴衣姿が様になっている男性がおられた。なんと、福岡では有名な能楽師さんnoteお声を掛けようかとも思ったけれど、掛けずに正解。だって私、まさかのノーブラだったのだ(爆)最近、頭が回ってないとは自覚していたけど、ここまでやらかすとは・・・sweat01そそくさ退席するしかなかったなあdashああ、自分にガッカリcrying

2013年8月16日 (金)

インカ帝国展

今日は、福岡市博物館で開催中の「インカ帝国」展を家族と観に行った。
二階の展示室へ続く階段を見て、入る前からワクワクするnoteP1100098_2カミソリの刃も通さぬという石組みのレプリカの前で。折角の「12角の石」を隠してしまう親子coldsweats01P1100087不勉強な私は、てっきりインカ帝国は古代文明かと思っていたけど、日本では室町時代にあたるのだそうsign01

一番印象に残ったのは、キープという結び目のある紐。文字を持たない彼らは、このキープの結び目で情報伝達をしていたのだそうsign01南北4000キロにも渡る領地に張り巡らされた「インカ道」(全長は驚きの地球一周分sign01)をチャスキ(飛脚)が駅伝のように走って、キープを届けていたのだそう。放射状に広げられたキープは首飾りのようで、美しくすらあった。

ミイラも5体展示されていた。眼球が残った少女のミイラは衝撃的。若い男性のミイラには網が巻き付けられていた。鳥を獲るための網だそうで、生前の職業は猟師だとか。とても興味深かった。

最後は3D映像で、マチュピチュをしばし空中散歩。大画面でとても迫力があった。

インカ最後の王アマル一世の顔はめパネルも見つけた。P1100095_3インカ展を観た後は、一階の「みたいけんラボ」へ行く。今回はインカ展関連の展示もあり、親子で楽しめた。P1100128インカの衣服作りが紹介されており、綿花やアルパカの毛などにも触れることができる。やはり高級織物は柔らか~い。P1100113そして、展示でも一番気になった「キープ」の体験もできた。P1100123そんなインカ展のお土産はインカコーラ、インカコーン塩ビネガーとマテ茶。P1100136さて、気になるインカコーラのお味は・・・甘い炭酸で、コーラという感じではないなあsmile

2013年8月15日 (木)

花火とすいとん

15日の今日は精霊流し花火大会があった。例年、自宅前から蚊に刺されながら見ていたけれど、昨年からマリノアシティで見ることにした。Pict0972今年はデッキに敷物を敷いてゆっくり見物noteのハズだったのに・・・。Pict1012_4自分が見たいと言ったくせに、ソフトクリームを食べ終わると機嫌が悪くなる娘poutPict1052_4ああ、いつものことだけど・・・渋滞するので早めに退散しようかねgawkPict1077_2一番キレイだったのは、駐車場に向かう途中に見た終了10分前の花火。カメラは間に合わなかったけどsmile

さて、終戦記念日の今日は夕飯に「すいとん」を作った。P1100085以前、読売新聞で、「夜回り先生」でおなじみの水谷修さんが、八月の原爆投下や終戦などの「昭和の記念日」にすいとんを作り、家族や来客に振る舞って、昭和の思い出を語っているという記事を読んで、とても心に響いた。今では我が家も八月にはすいとんを食べている。今夜は主人と私とで娘に戦争の話をしながら頂いた。

買い替えたばかりの炊飯器で炊いたご飯はツヤツヤし、以前より甘みがあって美味しかった。
こうして食事が出来ることを、普段は当たり前のように思ってしまいがちだけど、戦時中は食べるものにも苦労をしたということを忘れないように、毎年すいとんを食べようと思う。

2013年8月12日 (月)

あわや骨折!?

土曜の夜、ドタバタしていて足の指を角にぶつけてしまった(爆)
普通なら小指をぶつけるだろうに、どんだけ感覚が鈍っていたのか、なぜか右足の薬指(泣)
激痛が走り、みるみる青く腫れ上がったsweat01ああ、以前にもこんなことがcrying

五年前の年末のこと。アトピーっ子の母は、授乳期が終わっても、夜中に何度も起きなければならない。その日も痒がる娘の背中をさすりながら力尽き、うつ伏せのまま眠ってしまい、悲劇が起こった。布団からはみ出していた足を主人に踏まれ、右足の親指を骨折してしまったのだ。

指の腹ならよかったけれど、踏まれた角度が悪かった。布団の端に沿ってカーブしていた指を付け根から踏まれたのだ。今回のように激痛が走り、みるみる青く腫れ上がったsweat01年齢の割に骨密度には自信があったけど、当時の主人は体重激増中up翌朝、整形外科に行き、骨折と判明。年末でその日の午前中までギリギリ開いていたのが幸いだった。

余談だけど、それから数週間後、今度は就寝中に痒がって、ぐずる娘に思いっきり鼻を頭突きをされたcrying変な音がし、鼻が曲がったかと思うほどの激痛sweat01翌朝、また同じ整形外科に行き・・・、

「先生、今度は娘に鼻を頭突きされました~sad
「娘さんは何年生ですか?」
「一歳です。」
「・・・・・。」
軟骨はレントゲンには写らないそうだけど、どうにかなったことは間違いなかった。

あの日の悪夢が甦る。きっとまた骨折したに違いないsweat01土日は痛みをこらえ、今朝、待ちに待った整形外科へdash履き物に困り、下駄を軽く引っ掛けて行った。そして、レントゲンの結果は・・・予想に反し、打ち身だったcoldsweats01まだ痛みも腫れも引かないけれど、お盆休みに入る前でよかった。

心身共に疲れ果て、そんな日の夕飯はレトルトにしようかと思っていたら、主人がパエリアを作ってくれたnoteP1100062嫁入り道具のフィスラーは、私には重すぎるので、主人専用smile
もう台所はひっちゃかめっちゃかで、後片付けは私の仕事だけど、美味しかったので、またヨロシク。

 

2013年8月11日 (日)

ヒカリバコのワークショップ

先日、福岡県立美術館の「ヒカリバコ フィルターを通して見る光の世界」というワークショップに娘と参加した。美術館の外壁には博多織の文様が施されているeyeP1100037このワークショップのことを知った時、ヒカリバコとは何ぞやsign02と思ったけど、別名カメラ・オブスキュラ、ラテン語で「暗い部屋」を意味し、要はカメラの原点らしい。講師は博物館実習生の皆さん。その前に・・・「坂本繁二郎と静物画」との連動企画なので、参加する前に展示を観た。やわらかい色合いの作品が印象的だった。

さあ、お待ちかねのワークショップの始まり~noteまずは巨大なヒカリバコの中に入ってみよう。P1100003入口を黒いカーテンでふさぐと、白い紙のスクリーンに外の景色が逆さまに映し出されるsign01
理系が苦手な母には仕組みが理解できないけれど、純粋に面白いnoteP1100007_2実習生のスタッフが、ボールやシャボン玉を使うところもよく見えるeye
最初の作業は、一組の厚紙の裏に墨を塗ること。ちょっとハラハラしたsmileP1100012乾かしたら、あらかじめ穴が開いたところにレンズを貼りつける。P1100016_2飾り付けは一番楽しい作業だった。キラキラ折り紙にスパンコール、シールやモールなど乙女の心をくすぐるアイテムがいっぱいshineどれにしようか物色中。P1100009_2そして、出来あがった娘のヒカリバコは・・本当に光っていたsmileP1100025紐をつけて首からぶら下げられるようにした。早速、隣りの福岡市民会館にレンズを向けてみる。P1100028その後は、実習生のお姉さんと須崎公園へ。木陰で見るとよく見えた。箱の底部分を引いて、ピントも調整出来るのだ。P1100036ねえねえ、ちょっとお母さんにも見せてようhappy02P1100042_2なんとも不思議な淡い光の世界が映し出されて、面白いnote
夏休みの自由研究にもピッタリで、これで宿題が一つ終わったねsmile

2013年8月10日 (土)

相撲のフリーペーパー、ゲット♪

今週は義母が来福していた。先日、普段は見ないNHK「あさイチ」を義母と一緒に見ていて、相撲のフリーペーパーがあることを知った。

昨年、幼稚園の保護者会で相撲部屋を訪問したのを機に、相撲に興味を持った私。これは是非とも読んでみたい。でも、きっと東京だけよねdownと思いつつ調べたら、福岡でも入手できるというsign01ヤッホ~ウhappy01その日は義母の見送りで天神に行くので、いいタイミング。

岩田屋で開催中の「相田みつを」展を観て、義母を駅まで見送った後、一路タワーレコードへdash店員さんに問い合わせ、件のフリーパーパー「TSUNA」をゲットしたnoteP1100049ゼロから始める相撲オタクになるマガジン「綱」は、オールカラー全20ページ。
今号は「行司さんのお仕事、相撲字」の特集だった。行司さんは「ハッケヨイ」と取組をさばくだけでなく、相撲字で番付表を書くことも仕事の一つだそう。大きな板番付に向かう姿も紹介されている。

板番付は毎場所かんなで削り、文字を消してから書くのだそうsign01屋根の木組みが「入」の字になっているのは、大入りを祈ってのこととは興味深い。
次号は九月。天神まで取りに行くのは大変だけど、また入手したいなconfident

ちなみに岩田屋の「相田みつを~一生勉強 一生青春~」展も、とても素晴らしく、心に響いた。展示作品が予想上に多く、娘が飽きてしまい、じっくり観ていた義母を急かすことになってしまったけどcoldsweats01

ファーブル昆虫記

コカ・コーラウエストのファミリーミュージカル「ファーブル昆虫記~ムシたちの四季~」に当選し、娘と観に行ったhappy01六歳未満は入場不可なので、小学生になったら応募したいと思っていたのだ。

会場はアクロス福岡のシンフォニーホールshineこちらに足を運ぶのは久し振り。子ども向けのミュージカルで来られるとは・・・なんて贅沢。遅く行ったため、三階席だったけど、お陰で素敵なシャンデリアもよく見えた。もう手を伸ばせば大きな指輪になりそうな感じsmile

コガネムシの夫婦、チョウ、テントウムシ、セミなどムシたちの生態がコミカルに、時にシリアスに描かれるストーリー。孤独なキツネがムシたちと打ち解け、仲間になっていく。
春、夏、秋、冬、そして再び・・・待ちわびた春。自然の厳しさや生命の尊さなど、子どもにも伝わったことと思う。歌もダンスも素晴らしく、親子で楽しめる素敵なミュージカルだった。

全二幕。途中休憩もあり二時間と長めで、六歳以上というのは納得。

劇中で何度か出て来た「生きるしあわせ」の歌詞は、入場するときに頂いた下敷きに書いてあった。後ろの席の子ども達がしきりに「アリエールnote」と替え歌を歌っていたけど、アリエールのCMで使われていた曲なのかなsign02P1090996帰りにお土産も頂き、楽しく、有意義な午後だった。

2013年8月 7日 (水)

釜掛の松

先日、九州大学病院へ行った時、どうしても見ておきたいものがあった。それは「利休釜掛の松」。P1090609九州大学病院の隣りの建物、医学研究院基礎研究A棟前にあり、すぐにわかった。P1090598_2秀吉が箱崎で茶会を催した際、利休は松葉をくべ、松の枝に釜を掛け、野趣をいかしたお茶を点てたと言われている。P1090588若かりし頃、その関係で開かれるお茶会のお手伝いさせて頂いたことがある。当時の裏千家鵬雲斎お家元がいらっしゃり、握手して頂いたことは心の宝物であるconfidentP1090594いつか見たいと気になりつつ、十数年smileようやく念願が叶った。P1090593以前、博多情緒めぐりに参加した時、石村萬盛堂本店で見た「釜掛の松」の人形。
左から虎の敷物に座る秀吉、お茶を点てる利休、博多の豪商神屋宗湛。P1080801九大病院のすぐ近くに、崇福寺があることもわかった。信号待ちの車窓よりcamera
この山門はかつての福岡城本丸表御門を移築したもので、県指定有形文化財。話には聞いていたけど、実物を見たのは初めてeyeP1090817福岡藩主黒田家の菩提寺で、如水(官兵衛)・長政のお墓もある。来年の大河ドラマの関係か、「黒田官兵衛」ののぼりも立っていた。今年から黒田家墓所入口の藤水門が開門されるようになったそうだし、涼しくなったら、改めて参拝したいな。

<本日の和菓子> 石村萬盛堂の「釜掛の松」P1090832松の実に中は抹茶餡。水点て抹茶で。

2013年8月 5日 (月)

ひねもす能楽堂

昨日は友達と大濠公園能楽堂に「四世茂山忠三郎三回忌追善 猿楽會全国大会」を観に行った。P1090960_2忠三郎さんのご子息の良暢さんの社中の方々が全国からいらした会だそうで、外国人もいらした。
「二人大名」は初めて観たけど、二人の大名が裃、小袖を脱ぐ話だとは知らなかった。二人袴と勘違いしていた(爆)「因幡堂」は歌舞伎の「身替座禅」を彷彿させ、面白かったhappy01
こんなにたくさん狂言を観たのは初めてで、装束の文様を見るのも楽しい。小舞の時は黄色い足袋ではなく、白足袋なのだと知った。

お昼はどしゃ降りの中、近くのパティスリージャックへ。P1090980ソファー席で、ゆったりクロックマダムランチを頂く。P1090967雨の日サービスで、サラダは多めdeliciousP1090963ケーキは友達オススメ「マニフィック」。美味しかったhappy01P1090972_2和のテイストを取り入れた居心地いい店内で、雷を気にしつつ、雨宿りも兼ねてのんびりお茶したcafeP1090976開演の10時から終演の16時半まで、途中退席したり、ウトウトしたりではあったけれど、ゆっくり過ごした能楽堂。主人に子守りを頼み、気付けば朝から八時間家を空けていたcatfaceせわしない夏休みdash束の間、主婦の息抜きとなった。

<おまけ> 能楽堂の見所に入る扉の上で見つけたnoteP1090962梅かな?何度も通っているのに、今まで気付かなかった。

2013年8月 2日 (金)

今年も愛宕浜へ

昨日は友達と愛宕浜で遊んだ。P1090848午前中は用事があり、途中参加となった娘。さあ、行っといで~happy01P1090866浮輪でプカプカ、今年初の海水浴note向こうに見えるのは海の中道と志賀島。P1090868前日もプールで泳いだけれど、やはり海は楽しいようだ。P1090855去年は浮輪が手放せなかったのに、途中から浮輪なしで遊び始める。成長したもんだsmileP1090913シンクロごっこsign02をしたり、だるま浮きをしたり、P1090899海藻を取ったりと、楽しそうhappy01P1090883_2走って来る手に、やはり海藻。君ら、あまちゃんかsmileP1090864じぇじぇsign01だから、君ら、あまちゃんかcatfaceP1090859_2大人は冷たいお茶を飲みながら、テントの下で監視員。P1090857水着には着替えなかったけど、足だけ浸かったり。P1090896貝殻を拾ったり、船を眺めたり。P1090901_2天の川みたいな貝の道happy01P1090879_3子どもの頃、見つけると嬉しかったキレイな貝殻も三つ拾ったshine帰って名前を調べ、「波間柏(ナミマガシワ)」というのだと知った。赤、白、黄色があるけど、ここで見つけたものはすべて黄色。P1090923_2近いし、のんびり遊べる愛宕浜。この夏、もう一度泳げるかなhappy01

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »