フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ひねもす能楽堂 | トップページ | ファーブル昆虫記 »

2013年8月 7日 (水)

釜掛の松

先日、九州大学病院へ行った時、どうしても見ておきたいものがあった。それは「利休釜掛の松」。P1090609九州大学病院の隣りの建物、医学研究院基礎研究A棟前にあり、すぐにわかった。P1090598_2秀吉が箱崎で茶会を催した際、利休は松葉をくべ、松の枝に釜を掛け、野趣をいかしたお茶を点てたと言われている。P1090588若かりし頃、その関係で開かれるお茶会のお手伝いさせて頂いたことがある。当時の裏千家鵬雲斎お家元がいらっしゃり、握手して頂いたことは心の宝物であるconfidentP1090594いつか見たいと気になりつつ、十数年smileようやく念願が叶った。P1090593以前、博多情緒めぐりに参加した時、石村萬盛堂本店で見た「釜掛の松」の人形。
左から虎の敷物に座る秀吉、お茶を点てる利休、博多の豪商神屋宗湛。P1080801九大病院のすぐ近くに、崇福寺があることもわかった。信号待ちの車窓よりcamera
この山門はかつての福岡城本丸表御門を移築したもので、県指定有形文化財。話には聞いていたけど、実物を見たのは初めてeyeP1090817福岡藩主黒田家の菩提寺で、如水(官兵衛)・長政のお墓もある。来年の大河ドラマの関係か、「黒田官兵衛」ののぼりも立っていた。今年から黒田家墓所入口の藤水門が開門されるようになったそうだし、涼しくなったら、改めて参拝したいな。

<本日の和菓子> 石村萬盛堂の「釜掛の松」P1090832松の実に中は抹茶餡。水点て抹茶で。

« ひねもす能楽堂 | トップページ | ファーブル昆虫記 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/52625907

この記事へのトラックバック一覧です: 釜掛の松:

« ひねもす能楽堂 | トップページ | ファーブル昆虫記 »