フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

「ぱしふぃっくびいなす」見学会

客船「ぱしふぃっくびいなす」の船内見学会に当選した。早めに集合場所の博多港国際ターミナルに着いたので、ちょっと探検。博多塀を見つけた。P1100551柱には博多織のモチーフ。随分前にビートルに乗った時には気づかなかった。P1100545ビジター用の乗船証を首からぶら下げて、シャトルバスで移動し、いざ乗船happy01
マスコミの取材も何社か来ていた。P1100631螺旋階段を上り、メインラウンジに通される。外国人スタッフが流暢な日本語でお茶と焼き菓子を出してくれ、ちょっと優雅な気分になるconfident白い制服姿が爽やかな船長さんが挨拶された後は、旅行会社によるクルーズセミナー。
しかし、一時間半位延々と続き、途中うたた寝してしまった。年配の参加者が多く、営業の一環のようだ。限られた時間内で、残り50分。170名を7つのグループに分けて、広い船内を急ぎ目に見学した。ところによっては迷路のようになっている。P1100556_2ジャグジーやプールのある11階。展望浴室もこのフロアだった。P1100560_2ロイヤルスイートルームは四タイプあり、それぞれ素敵。P1100575ロイヤルスイートのバスルーム。海を眺めながらのお風呂は格別だろうconfidentP1100572広々したメインダイニング。P1100595_2囲碁などをするレセプションルームは和のテイスト。お茶室やシアターなどもあった。P1100629_2お土産屋さんのディスプレイ。P1100600_3シャンデリアも素敵だった。P1100622_3下船する前に急いで一枚だけ記念写真cameraP1100642_2下船してすぐ目の前のシャトルバスに乗り込んだので、折角の客船の全景を撮ることが出来なかったのが心残りdespair
なので、頂いたポストカードの写真でご紹介。Img020素敵な客船にちょっとだけ乗った気分を味わえたshine

<おまけ> 絵が描かれた楽しいコンテナP1100647

2013年9月27日 (金)

シネマ歌舞伎「鷺娘」

昨日は友達と中洲大洋にシネマ歌舞伎を観に行った。
演目は玉三郎さんの「鷺娘」と「日高川入相花王」の二本立て。Img019先に上映された「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」は人形振りで、語りは太夫。人形遣い役の菊之助さんが操る清姫役の玉三郎さんは、本当に人形のようだったsign01

恋しい安珍を追って、日高川の渡し場に来た清姫だけど、船頭が渡してくれない。娘が追ってきても渡さないように頼まれていたからだ。すると、安珍への恨みで清姫が大変身。黒い振袖姿の上半身が赤い襦袢になり、ビラかんざしも外れ、ほどけた髪を振り乱し、牙が生えてすごい迫力。

川へ飛び込んだ清姫は大蛇になり、鐘が鳴る中、波の布を浮き沈みしながら、時に般若の面をつけ、暴れ泳ぐ。対岸まで泳ぎ切った清姫は、白地に銀の鱗文様の衣裳で柳の木に巻きつくと、満開の桜に幕が変わった。この先に道成寺があるのね・・・と思うと恐ろしい。女の執念の凄まじさを感じた。

人形振りは初めて観たけれど、人形役、人形遣い役と黒衣と一緒に動くので、一人で演じるよりはるかに大変そうだけど、面白い趣向で楽しめた。

「鷺娘」では、玉三郎さんの美しさにウットリした。指先から爪先まで美しいのだ。雪景色の中、白無垢に黒い帯を締め、綿帽子姿で蛇の目傘を差して現れた鷺の精はとても印象的。袖が羽根のようだった。

衣裳が赤、紫、ピンク、最後は白と何度も変わるのも見応えあった。引き抜きで、赤い着物に変わった時は、帯や帯締めまで変わったのが不思議でたまらない。恋する町娘の楽しげな踊りは一気に悲劇へ。最後は蛇の目傘に隠れて、一瞬赤い襦袢になった後、ぶっかえりで羽根の模様の白い衣裳になり、吹雪きの中、力尽きる。肩から背中に赤いラインがあるのが気になったけど、これは手負いを表しているそうだ。

千円で一時間どっぷり玉三郎さんワールドに浸った。すぐ近くの博多座では「アマテラス」が上演中。今、福岡に玉三郎さんがいらっしゃるんだなあlovelyなんて思いながら、中洲大洋を後にした。

シネマ歌舞伎は、明日から「ヤマトタケル」が上映される(時間は220分)。個人的には来月の「野田版鼠小僧」が気になるなあ。

<おまけ> 中洲大洋の非常口は「ローマの休日」の真実の口cameraP1100538

2013年9月22日 (日)

ハートの種♪

三連休の初日は、主人のボランティア先のバーベキューに家族で参加した。
大人子供合わせて総勢60人。写真は遠慮したが、お腹いっぱい頂いた。

こちらの交流会に参加したのは二度目だけど、毎回子どもが楽しめる企画が光っている。今回の目玉はチーム別の宝探し。バルーンアート、ヨーヨー釣り、かき氷なども楽しかったようだ。

仲良くなった男の子がハート模様のかわいい種を見せてくれた。そして、私があまりに種を気に入ったので、少しお裾分けしてくれた。P1100513何の種かも教えてもらった。フウセンカズラというのだそう。小さな白い花も咲いていた。P1100510コオロギやバッタを捕まえたり、芝生の山を滑って下りたりと楽しく遊んだ。
私もいい年して一輪車に初挑戦。しかし、両足をのせることすらできなかったcoldsweats01

2013年9月19日 (木)

少しだけお月見

今宵は中秋の名月。毎年、この時期は小崎侃さんの山頭火の色紙を飾っている。P1100501出窓の片隅にはうさぎのコーナー。娘が絵付け体験した博多人形も一緒に。
娘を寝かしつける前に、この出窓から少しだけお月さまを見た。P1100508今年は少しだけお団子を作った。P1100506手前のへんちくりんな形は娘が作ったもの。てっきり好物の枝豆でも作ったかと思ったら、今年の干支なんだそう。ウへ~wobbly

2013年9月15日 (日)

中国王朝の至宝展

今日は家族で、九州国立博物館で開催中の「中国王朝の至宝」展を観に出掛けた。

日本の国宝に相当する一級文物が多く、贅沢な展示だった。会期終了間際で混雑していそうなので、娘が飽きないか心配だったけど、体験コーナーもあり、割とゆっくり観られた。
この猿形帯鉤はベルトのバックル。体験版もあり、娘も鏡の前で試していた。26_2このほかに、玉(ぎょく)を触ることが出来たのも貴重な体験だった。

秦の始皇帝の兵馬俑の跪射俑は等身大の大きさで迫力があった。彩色が施されていたし、履物の底にも模様が彫られていた。32_3阿育王塔はその大きさにビックリeyeなんと高さ119センチsign0349装飾も素晴らしかった。入口で頂いたジュニアガイド「夏休みの朋友」を手に、お釈迦様の前世の物語を見ながら答えを探す。このジュニアガイドがあったお陰で、割といい子にしてくれていた一年生。

ダイヤモンドの指輪があったのには驚いた。東晋4-5世紀のものだそう。
こうゆう銀製仮面も初めて見た。契丹のものだそう。51_2遊牧民だった契丹は、壺も革袋形で興味深かった。53_2国土も広く、歴史も長い中国には、広く知られている文化だけでなく、各地に色んな文化が存在していたのだと、新たな発見があり、中国の歴史の奥深さを感じた。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

展示室を後にし、娘が楽しみにしている「あじっぱ」では、中国のこまを体験した。P1100497私はちっとも回らなかったけど、さずが子どもは吸収が早いようだ。

2013年9月14日 (土)

久々に家族三人

夏休み後半から入院していた主人が、今日退院した。
久々に家族三人が揃った夕飯は皆の好物、モツ鍋に決定。P1100475唐辛子は入れず、大人は一味で頂くのが我が家流。チーズケーキも焼いた。P1100479_2今日は特別に生クリームのトッピングつき。お父さんには大サービスsign02して、この10倍盛っていた誰かさんsmile

最近、体調が悪かった私は、食事に手を抜き、レトルトや粉末ダシを使うことが多かった。すると、娘のアトピーやアレルギー症状がみるみる悪化し、食べるものがいかに大事かと思い知らされた。ちなみに、ここひと月で娘と私にかかった医療費は驚きの二万円強sweat01

ただ、娘と二人の生活は、洗い物も少ないし、洗濯物も少ないし、トイレ掃除も楽だった。学校の「ノーメディアデイ」の期間中だったこともあり、時間に余裕もできた。遅く寝ていた娘と9時過ぎには布団に入り、親子共々早寝早起きが出来るようになり、今は体調もよくなりつつある。食生活も改めた。

さあ、家族三人、これからぼちぼち健康で賑やかに暮らすよ~rock

2013年9月 9日 (月)

お話能舞台

昨日は娘と、RKBアナウンサーの朗読会「お話能舞台」に行ってきた。
大濠公園能楽堂で浴衣姿のアナウンサーによる朗読会。RKBで好きなのは、坂田周大アナと池尻和佳子アナ。二人ともいらっしゃるので、楽しみにしていたnoteP1100445_2演目は「今昔物語」より馬ぬすびと、ぜつぼうの濁点、花さき山、雪おんな、えんぎかつぎのだんなさん、おじいちゃんがおばけになったわけの計六話。二時間は、ちょっと長めかなあと思ったけれど、そこはさすがプロのアナウンサー、すっかり引き込まれた。音楽や照明の演出も効果的で、見慣れた鏡板が時に青く、時に赤く浮かび上がり、不思議な世界に入ったようだった。

「花さき山」では坂田アナの山んばぶりが素晴らしかった。誰かがやさしいことをすると、美しい花が一つ咲く。心に残るお話だった。

池尻アナの「雪おんな」はゾッとした。娘も怖がって、私に抱きついてきたくらい。本当は8月31日の予定が、台風のため九月に延期になったけれど、八月に聞けたら、夕涼みによかったかもしれない。

娘は落語絵本の「えんぎかつぎのだんなさん」が一番楽しかったそうで、よく笑った。田中友英アナは浴衣の袂をつまんで橋掛かりから入って来る時から、笑いが起きていた。

アナウンサーの皆さんの浴衣姿も素敵だった。池尻アナは紫の矢羽根柄の浴衣に赤い帯がお似合いで、しっとり美人。いつもはスーツ姿の坂田アナの浴衣姿は新鮮で、粋だった。

思いがけず、草ヶ江こども狂言の「舟船」も見られた。小2の小さい太郎冠者がすごいのなんの・・・。

朗読会は初めてだったけれど、とてもよかったので、来年も是非行きたいなあ。(当選したらの話だけどsmile

2013年9月 6日 (金)

ドタバタ新学期

すっかりブログの更新が滞ってしまった。ちょっと体調を崩してて、のんびり過ごしていた。

さて、長かった夏休みも終わり、新学期が始まった。
なのに、夏休み気分が抜けないのか、天然なのか、娘は朝、ランドセルをかるわず、水筒だけ持って玄関を出て行った(爆)ちょっと待った~一年生paper母も学校へ行かなきゃいけないけど、ランドセルまで持って行くのはご免だcatface

今週は夏休みの作品展やら、除草作業やらで学校へ行く用事が続いた。
そして、大事な任務は・・・朝顔を持って行くことsign01P1100444自転車がない私は、歩いて持って行った。夏休み前に持ち帰った朝顔は、ほとんど花を咲かせることはなかったsweat01早く咲く品種だそうで、一学期に既にたくさん咲いたからいいのだと言うことにしているsmile

夏休みの宿題の一つに朝顔の記録もあったけど、咲いたのは一輪だけ。そんな朝顔さんにメッセージを書く欄があるのだ。

娘:何て書けばいいと?
母:「咲かないねえ。」でいいっちゃない。
娘:真面目に答えてよ。
母:大真面目です!
娘:もうひとつのメッセージは何て書けばいい?
母:「咲かなかったけど、種はたくさんとれたね。ありがとう。」とかね。

そんなこんなで、宿題が終わったのは、夏休み最終日の9月1日だった。
ギリギリにならないと腰をあげないのは私に似たのかなあcoldsweats01
そろそろ七五三の準備を始めなければdash

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »