フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月23日 (木)

参観日

昨日は娘の小学校の参観日だった。国語の「おみせやさんごっこをしよう」の授業で、廊下には商店街のチラシが貼られていた。P1120057娘はキラキラ楽器屋さん。「たくさんあって、迷っちゃう。」
後半は、保護者がお客になり、お寿司屋さんや文房具屋さんなどで買い物を楽しんだmoneybag
最初に娘の商品のカスタネットを、にじいろファッションセンターではズボンを購入。P1120063懇談会も終わり、先生に帰りの挨拶をしに行った娘とお友達(同じ名前)が、「Wユウカでした~。」と言って去って行くのに大爆笑。君ら、コンビを組んでいたのかcatface

こうゆう様子を見ていると、学校を楽しんでいるように感じる母だけど、娘は相変わらず登校拒否気味。毎朝、先生から電話がかかって来るのだ。

帰宅後は参観日を頑張ったご褒美に、アレルギーっ子の好物heart04甘栗きんとんを作る。
さつま芋をきび砂糖少々を入れて茹で、バターを少し加えてつぶすだけ。P1120061丸めて、甘栗を飾るのは娘の仕事happy01

参観日もおやつもいい感じnoteと思っていたら、翌日はまた遅刻sweat01先生から電話を頂いても、どうしても仕度ができなかった。
いつになったら、心穏やかに送り出せるだろうか・・・。血圧が上がるな~wobbly

2014年1月22日 (水)

茶の湯交遊録展

昨日は朝から友達と福岡市美術館へ。開催中の常設企画展「茶の湯交遊録 小林一三と松永安左エ門」展を観に行った。

小林一三さん(逸翁)は存じ上げなかったけれど、阪急東宝グループの創業者で、宝塚歌劇の創始者でもあるそうだ。こちらの松永記念館室でもお馴染みの松永安左エ門さん(耳庵)とは終生の友で、二人は戦前から戦後にかけて活躍した大茶人だそう。昨秋は阪急文化財団 逸翁美術館でも開催されたようだ。

重要文化財も多く、見応えたっぷりで、あっという間の一時間dash常設企画展なのに、図録がある程sign01特に印象に残っているのは、逸翁美術館所蔵のガラスの壺(茶器)shine紫陽花のような草花の小壺、エミール・ガレのアネモネの壺、ドーム兄弟の風雨図、どれも素敵だった。ヴェネチア縦縞ガラスレース鉢もうっとりする程美しかったlovely乾山の龍田川文向付も好きだったけれど、色絵のイメージが強い野々村仁清の素朴な柚香合にも心惹かれた。200円で心豊かな時間を過ごせたconfident

今週26日は先着100人で、「耳庵、逸翁を送る~逸翁追善呈茶会」が開かれる。当時のお道具の一部も展示されていた。こちらも興味あるけれど、行けそうにないなあ。

その後は急ぎ足で、隣りの大濠公園日本庭園へ。P1120040三段落ちの滝。雪が舞う日は、水の音が寒々しかった。P1120038毎月第三火曜日は、茶会館を一般開放している。P1120047こちらに来たのは親子体験茶会での娘の足袋脱ぎ捨て事件以来sweat01お茶会以外で茶会館に入ることなどないので、畳の廊下からの眺めも二人占めして、ゆっくり楽しめた。

お昼から所用があり、友達とはここで別れ、優雅な気分から一転、慌ただしく現実の世界へ戻るdash

帰宅後は、お茶を一服。
<本日の和菓子> 「兎月」の寒椿P1120056白のこし餡が上品で、美味しかった。
一緒に美術館に行った友達と、「見立てでお茶会ごっこがしたいねえnote」なんて話していたのだけど、この春、実現できるといいなあ。

2014年1月11日 (土)

レンジで鏡開き

今日は鏡開き。圧力鍋でぜんざいを炊いた。
主人の実家では、お正月にぜんざいを食べる習慣があり、我が家でも毎年(催促されるのでdash)早目に作るのだけど、今年はフツーに今日になった。P1120010_2パックから出すとあっという間にヒビが入る。P1120014鏡餅は切ってはいけないのは知っているけど、今までは構わず切っていた。今年はふと思いついて、電子レンジにかけ、手でちぎって入れることに。う~ん、後ろめたさがないsmileP1120016_2お餅が足りない人は、お正月に山口から遊びに来てくれた叔母達に頂いた丸餅をおかわりするdelicious
私はがっつりつぶあんは好きでないので、ほどほどで。
昨日、芦屋釜の里で買った最中でお茶を一服。

<本日の和菓子> あしや釜本舗の「あしや釜最中」。P1120021白の最中は抹茶餡。上品な甘さで、お抹茶にピッタリnoteP1120007_2包装紙も素敵だった。


2014年1月10日 (金)

芦屋釜の里へ

今日は今年初の和の会で、「芦屋釜の里」へ出掛けたrvcar昔、お茶を習い始めた頃に福岡市博物館で「芦屋鋳物師(いもじ)展」を観て、いつか訪れたいと思っていた場所。高速道路を走っていると、雪がちらつくほど寒い日だった。P1110880長屋門をくぐり抜け、まずは資料館へ。丁度、地元の小学生がお茶のお稽古も兼ねて来ており、子ども達と一緒に学芸員さんの説明を聞く。国の重要文化財の茶の湯釜9点の内、8点を芦屋釜が占めているそうだsign01写真撮影可とのことで、気になるお釜を撮らせて頂く。P1110886_5今年の干支の「馬図真形釜」。隣には、松、竹、梅図の釜が三つ並び、なんとも新春らしかったconfidentP1110903_2こちらの「亀甲文真形釜」は、鐶付も亀sign01
作品にはモチロン触れられないけど、重さを体験出来るコーナーがあった。P1110909_2小学生に人気だった梵鐘を撞けるコーナーでは、「歴史を鳴らした。」と言っていた子どもがいた。それ、頂きますsmile私も煩悩を払ってみる。P1110916資料館を出て、三千坪の日本庭園を散策する。水琴窟では、水の奏でる音を楽しむ。P1110922こんなカワイイ青海波も見っけ。P1110923_2お茶室「蘆庵(ろあん)」の廊下からの眺め。係の方がいらして、説明をしてくださった。P1110941あずま屋の近くにある英彦山の源流から流れる遠賀川と、池は玄界灘を表わしているのだそう。見立てって素晴らしいなあconfidentP1110968露地のあるお茶室「吟風亭」は、外から眺める。
工房では、職人さんが説明をしてくださった。P1110927釜作りには土が大事なので、見学は窓越しで。手前は鐶付の型。
薄い釜を作るのは難しいらしく、一人前になるには16年かかるのだとかsign01
工房のそばの土塀にある「とくさ」を見て、子どもの頃、ロケット鉛筆にしたかどうかで盛り上がるcatfaceP1110925広い庭園を散策し、すっかり冷えたところで、お抹茶を頂く。お菓子は「あしや釜最中」。美味しかったので、お土産に買って帰る。P1110985お昼は、近くにある国民宿舎マリンテラスあしやで。P1110995海を眺めながら松花堂弁当を頂いたdeliciousP1120002帰り道、遠賀川の橋でも芦屋釜を発見eyeP1120005_2大人の社会見学のようで、楽しい一日だったhappy01

2014年1月 8日 (水)

続・宿題地獄

ようやく三学期が始まった。

冬休み最終日の夜に思い出した漢字一日一ページ(50字)を二週間分一気にやることになった娘。
ノートを見ると、「男子トイレ。女子トイレ。子どものトイレは小さいトイレ。」などとマイペースに書いていた(爆)そんなんじゃ、とても14ページなんて終わらんわいannoy何て書くか母も考えるdash算数の文章問題を一日一問作るのは、11日分でギブアップ。

主人が子どもの頃は、宿題をしなかった子がクラスに三人位いて、校庭の草むしりをしたら、帳消しになったそうだsmile
「先生に正直に話して、草むしりでもしておいでsign01」と途中、何度もやめさせようとしたけれど、根性で夜の10時半まで頑張った一年生。

そして、始業式から帰った娘が言うには、漢字はクラスの半数以上がやっていなかったとのこと。なんですとsign02算数の問題作りをしていたのは娘以外に二人だけで、恥ずかしくてノートすら出さなかったそうだ。

夕方、担任の先生から別件で電話をもらったので、昨夜のことを話したら、宿題ではなかったと判明。朝10時頃までは家にいるだろうから、時間があれば漢字の練習などをしようという話だったそうだ。「先生、うちの子、草むしりでもして来なさいって言っても、『嫌だ~』って泣きながら、10時半までやってました~coldsweats01

さて、私が手伝った(考えた)漢字一日一ページは・・・
十二月三十一日。火よう日。大みそか。大そうじ。つくえの上。
一月一日。水よう日。はつ日の出。山にのぼる。大きち。中きち。小きち。
一月二日。木よう日。一ふじ二たか三なすび。おとし玉。ちょ金する。ひゃく人一しゅ。
一月七日。火よう日。七くさ。かん字をかく。あしたから学校です。早くおきる。・・・等々。

先生がクラス全員分の宿題チェックをされる合い間に、ちょっとでも笑ってくだされば、遅くまで頑張った甲斐があったというものですcatface

2014年1月 7日 (火)

七草がゆと宿題祭り

今日は七草粥をいただいた。今年の七草セットには赤米が入っており、彩りもキレイだった。P1110875これは昨日、友達と伊都菜彩で買ったもの。P1110863_2冬休み最終日の今日は遊びに行かず、冬休みの宿題を仕上げることにdash
一年生だから、大した量じゃないのに、絵日記二枚、硬筆、テストがまだだった。
お尻に火がつかなきゃ動かないところは、私に似たのかgawk

娘の好物「いきなり団子」を用意して、母は苺(とよのか)を食べながら応援する。
これらも昨日、伊都菜彩で買ったもの。P1110871そんな母も実は、三学期二日目から始まる給食のアレルギーチェックが終わっておらず、詳細献立表など九枚のプリントとにらめっこ。一度はチェックしたものの、一月は持参するメニューが過去最多で、途中で心が折れてしまったのだ。

やっと宿題が終わったと思いきや、夜になって漢字一日一ページが丸々二週間分あると言いなさる。ハア~、聞いてないよ~annoy宿題リストにも書いていないではないかsign01算数も文章問題を一日一題作らなければならないと言う。

宿題祭りが、宿題地獄に変わった瞬間bomb
・・・あとはご想像にお任せします。

2014年1月 4日 (土)

お正月はお茶会へ

昨日は、お正月恒例の社中のチャリティーお茶会のお手伝いをさせていただいた。
お茶のお稽古をやめて十数年。時折、客として顔を出しているけれど、今年はありがたいことにお声を掛けていただいたconfident同じく、十数年振りにお手伝いする友達とドキドキしながら、集合場所へ。P1110836_2天神に突如現れた日本庭園。どなたでも参加できるので、買い物途中に立ち寄って行かれる。P1110848お茶会の写真は無しなので、着物メインで。お仲間のこんな素敵な帯結び。P1110835_2午後から夫実家へ顔を出すので、半日しか手伝えないのに、暇さえあれば写真を撮っていたかもcoldsweats01P1110852_2先生から、この日頂いたばかりの古袱紗を初下ろしして、お運びをした。
数茶碗は干支の「午」にちなみ、走る馬が九頭描かれた「うまくいく」。
今年もうまくいきますように。 horsehorsehorsehorsehorsehorsehorsehorsehorse

<本日の着物> 母のお下がりを染め替えた金茶の着物で、お正月らしく華やかに。P1110857帰宅後に玄関にて。今は、祝日に国旗を飾る家も見掛けないけれど、たまたま昨秋の七五三参りでもらったものがあったので、マンション仕様で飾ってみた。

2014年1月 2日 (木)

我が家のお正月2014

明けましておめでとうございます。
元日は、初日の出を拝みに愛宕神社へ初詣。Pict1921_3今年のお花は、娘が友達と挑戦したフラワーアレンジメント。P1110762さて、今年のおせちは楽しく作ることがテーマで、頑張りすぎず、ゆる~く作った。テーブルのお花も娘作。P1110782<壱の重>・・・栗きんとん、豚肉の昆布巻き、ごまめピーナッツ、海老のうま煮、紅白かまぼこ、黒豆と数の子は市販品。

<弐の重>・・・ブリの照り焼き、紅白なます、のし鶏、アレルギーっ子の伊達巻風、生ハムのチーズ巻き。

<参の重>・・・おせちセミナーで料理研究家の寺田真二郎さんに教わったレンジで作る「フレンチ風煮しめ」。

抹茶の二色きんとん、門松きゅうりなど。毎年余る黒豆は炊かず、市販品を使用しつつ、二日に分けて作った。例年、大晦日は夜遅くまで台所にこもりっきりだったことを思えば、随分楽になったshineP1110791二日は、娘に招待された和室の「かるたスタジアム」で遊ぶnote昨年は、ほとんど楽しめなかった百人一首も今年はやる気満々smileP1110803自分でも読むようになると、取るのが飛躍的に上達したようだ。のん気に写真なんて撮っていると、うっかり負けてしまうくらい。な~んて実は、取り札に大きく決まり字が印刷されているのだsmileP1110813ただ、主人と対戦すると劣勢になったので、大人は全部読むまで取るべからずで。
二日間は自宅でゆっくり過ごしたhouse今年は頑張り過ぎず(欲張り過ぎず)、ゆる~く楽しみますsmile

<本日の和菓子> 松屋の梅もなか。P1110794
<本日の着物> 洗える小紋に博多織小袋帯。P1110823娘は七五三用に買った振袖(化繊)に兵児帯で、おうちスタイル。

 

2014年1月 1日 (水)

初日の出!

今年は初日の出を拝もうと、早朝から家族で歩いて愛宕神社へ初詣。
しかし、あいにく雲が厚く、予定時刻を過ぎてもこの通り。P1110766すっかり諦めモードが漂う中、「あっ、初日の出sign02」と娘をからかう母smileP1110768初日の出は諦めて、初詣をして帰ることにしたけれど・・・。P1110770帰る途中の階段で、あっ、見てsign01初日の出happy02 P1110775もう諦めていたのに・・・お参りの行列に並んだお陰だ。しかも、この瞬間にこの場所を通らなければ、見られなかったハズ。ありがたいなあconfidentでは、主人のミラーレス一眼で、どうぞsign01Pict1919_2帰り道に「岩井屋」で焼き餅を買うのに、また行列。主人と娘は先に帰り、母は寒空の下、一人行列に残る。

お雑煮を食べる前に、お抹茶と頂いた。P1110781昨年は、興徳寺に除夜の鐘を撞きに行き、元日の朝に主人と娘は大寝坊sleepy
今年は初日の出を拝みたいと思っていたけど、念願が叶った。
いい年になりますように。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »