フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 天神ぶらり | トップページ | 欲張り♪ミュージアムウィーク »

2014年5月20日 (火)

赤煉瓦文化館

週末は、天神の福岡市赤煉瓦文化館のガイドツアーに家族で参加した。
明治時代に日本生命の九州支店の社屋として建てられたこの建物は、東京駅を設計したことでも知られる辰野金吾氏の設計で、国の重要文化財。赤煉瓦に花崗岩の白い帯が美しいconfidentP1140192 煉瓦の組み方も二種類あった。本館(↓)は小口のみを積んだドイツ式。P1140178 トイレの建物(↓)は長手の段と小口の段を積んだイギリス式。P1140081 今回はドライエリアにも案内していただく。この溝は地下室の換気と採光のための場所なのだそう。なるほど、説明を聞いて納得。P1140086 入り口は保険会社の名残りのカウンターで、大理石が使われており、立派である。奥は福岡市文学館になっている。P1140151 暖炉も洒落ているconfident部屋ごとに意匠が異なり、素敵だった。P1140145 シャンデリアも素敵。天井の装飾も部屋ごとに異なり、楽しく見て回る。P1140128 正面の鏡は姿見ではなく、光を反射させ、部屋を明るくするための鏡なのだそうsign01P1140135_2 那珂川沿いの唐津街道に面して建てられた。橋を渡ってすぐのいい場所。P1140133 今回は螺旋階段を上って、ドーム部分へ上がらせていただいたhappy01P1140169_2 バルコニーからの景色。瓦の積み方も異なっていて、興味深いeye
屋根裏も見せていただいたけれど、煉瓦だけでなく、木材も使われているのが意外だった。
P1140110_2 緑青のふいたドームと赤煉瓦のコントラストが美しい。P1140195_4 隣りは水鏡天満宮。鳥居と並ぶと、ちょっと不思議な感じ。P1140186 福岡で、また一つお気に入りの場所が増えたnote

« 天神ぶらり | トップページ | 欲張り♪ミュージアムウィーク »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/56239587

この記事へのトラックバック一覧です: 赤煉瓦文化館:

« 天神ぶらり | トップページ | 欲張り♪ミュージアムウィーク »