フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

お茶のお稽古

昨日は、親子茶道教室のお稽古日だった。
ひと月振りだったので、娘は事前に家で復習。電気ポットで盆略点前。P1180686帛紗捌きはあやしいけれど、なんとなく思い出した様子。
この日のお菓子は、聖護院八ツ橋の生八ツ橋。黒ごまが美味しかった。P1180693_3昨日のお稽古に着て行った着物は、初下ろしの葉っぱ模様の小紋。帯は博多織。P1190074_3先生方は十人位いらっしゃり、昨日の大人のお稽古は、マンツーマンだった。
十数年振りに通うお稽古は、毎回新たな発見があって、楽しいconfident

2014年10月26日 (日)

新高梨!

山口の叔母から、秋芳梨の宅急便が届いた。箱を開けて、その大きさにビックリeye
秋芳梨は好きで、今年既に何度か頂いたけれど、今回の梨は初めて目にした「新高梨」。
顔を近づけると、甘~い匂いconfidentP1190039_3どのくらい大きいか、娘の顔と比べてみる。
友達にお裾分けに行き、その大きさにまた大ウケsmileP1190043_2早速、食べてみると、ジューシーで甘~いconfident
農園主からのお知らせには、千疋屋にも出荷してるとあった。 P1190120_3果物をあまり食べない娘が、よく食べた。
この秋は、家族でフルーツ狩りに出掛けてみようかなnote





2014年10月23日 (木)

シネマ歌舞伎「法界坊」

月イチシネマ歌舞伎の今年最後の演目は、「法界坊」。福岡での上映は明日までで、今回は都合がつかないなあと思っていたら、来年の上映演目には入っていないとのこと。この機会を逃すまいぞdash走ればなんとか間に合うかもsign02ふと思い立って観に行ってきた。Photo_2平成中村座にお客さんが入場する場面から始まり、なんだか劇場気分が楽しめる。

勘三郎さん演じる乞食坊主の法界坊は、色と欲にまみれたとんでもない破壊僧だけど、どこか憎めない。
笹野高史さんが出ておられてビックリ。白塗りは顔だけ、首はそのまま。バカ殿みたい(失礼smile)で、弾けていた。
前半は笑いっぱなしだった。勘三郎さんのマシンガントークに、演じている役者さんも楽しんでいる感じ。

自分が掘った穴に落ち、死んでしまった法界坊と、法界坊に殺された七之助さん演じる野分姫の霊が合体した怨霊が、次第に本性を表す。
後半は舞踊。桜吹雪が舞う中のラストシーンは、圧巻だった。

幕間をはさんで160分、ちっとも長いとは感じなかった。
勘三郎さんを生の舞台で観たかったなあ。

2014年10月21日 (火)

故宮博物院展

九州国立博物館で開催中の「台北 國立故宮博物院」展を「肉形石」の最終日に観に行った。
普段は休館の月曜なので、人出はさほど多くなかろう(ニヤリsmile)と思っていたのに、想定外の大行列に目を疑った。

早目に着いたのに、駐車場は既に満車sweat01太宰府天満宮周辺の駐車場に移動してから並んだので、辿り着くまでに一時間かかった「肉形石」は、石とは思えない程リアルsign01でも、遠くから見ている時に友達が「チーズケーキみたい。」と言うと、そんな風にも見えてくるから不思議。04_3汝窯で焼かれた青磁は見応えあった。中でもこの輪花碗が一番好き。繊細な色合いで、気品があるconfident17_3工芸品の赤にはウットリした。この水注はローズがかっていて、なんとも言えない深い色合い。「宝石紅」と言うのだそうconfident明代の朱色の彫漆器もよかった。34_2色と言えば、今回は様々な玉製品を観て、その色の多様さに驚いた。
特に、蓮の枯れ葉がすぼまった様子を彫った茶色の「荷葉玉杯」には心惹かれたconfident

乾隆帝の宝箱には、ミニチュアの文具や装身具などが納められていて、とってもかわいい。こうゆうのって、姫君の婚礼道具にもありそうだなあと思ったけれど、歴代王朝の宝物を納め、中華文明の歴史を手中に収めるとは・・・深いなあ。46_4帽子や冠を掛けておく透かし彫りの雲龍文冠架は、香炉になっていて、細工が細かい。71_2窓の中の金魚がまわる「藍地描金粉彩游魚文回転瓶」は、とっても興味深かった。よくこうゆう仕組み思いついたものだと感心する。74_2普賢菩薩像の刺繍も素晴らしかったshine想像すると、気が遠くなりそうな細かい仕事。背景の銀から青緑のグラデーションもとっても素敵だった。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

<本日の着物> 壺と唐花文様のエキゾチックな紬に博多織P1190017_2館内は少し肌寒いくらいだったけど、外は暑かった~。

2014年10月20日 (月)

今津のコスモスと人形芝居

日曜日は家族で、今津のコスモス広場へ出掛けた。向こうに見えるのは博多湾。P1180858花摘みも出来るとのことで、会場でハサミを渡される。わ~いnoteP1180866ピンクの縁取りがかわいい可憐なコスモスもあった。P1180887この後は「さいとぴあ」で開催される今津人形芝居の定期公演を観に行った。
ロビーには人形芝居の体験コーナーもあって、ちょっと楽しいnoteP1180932人形を扱うのは初めてで、貴重な体験sign01一人ならば、とりあえず頭と差し金で操ってみよう。ちょこんと飾られたお猿もカワイイ。P1180934子どもが拍子木を打って開幕を知らせる「とざいとうざ~い。」の掛け声も微笑ましい。
最初の演目は「寿式三番叟」。撮影許可があったので、今回は舞台の写真付きnoteP1180942「釣り女」は初めて観たけど、狂言が浄瑠璃になっているので、とってもわかり易くて面白かった。
妻が欲しい大名は戎神社に祈願し、授かった釣り棹で美しい上臈を釣る。P1180957しかし、太郎冠者が釣ったのは大変な女(笑) 女性なのに足があるのが興味深いeye
大名の妻を連れて逃げてしまった太郎冠者を追う女がすさまじかった。楽しい演目で、よく笑ったhappy01P1180972「傾城阿波鳴門・巡礼歌の段」は、人形遣いも浄瑠璃も今津小学校三年生17名が演じる。
今津人形芝居は、福岡県無形民俗文化財。子ども達は総合学習の時間などに取り組んでいるそう。浄瑠璃は8名。声も大きく、とっても上手だった。

本当は最後の演目「鬼一法眼三略の巻(五条橋の段)」があったのだけど、全部で三時間。娘が疲れたので、ここで会場を後にする。P1180977途中、衣装をつける前の人形を用い、人形遣いのレクチャーもあり、勉強になった。

2014年10月19日 (日)

博多灯明ウォッチング2014

昨日は家族で、博多灯明ウォッチングを楽しんだ。今年は20回記念だそう!
まずは、博多川の灯明舟の予約を済ませ、周辺の灯明を見て回る。P1180702_2リバレインの地上絵は、鳥の神様だと隣りに居合わせた子どもが教えてくれた。P1180710_2お次は櫛田神社へ。今年は何だろう?P1180718_2上から見ると、赤合子の「ふくおか官兵衛くん」だった。おじゃる丸みたいでカワイイhappy01P1180724雫型の灯明にも官兵衛さん、見~つけたhappy01P1180732夕飯を食べていたら、灯明舟の時間が迫り、急ぎリバレインへ戻るdashP1180770_2船頭さんはとってもチャーミングな女性で、歌も披露して下さった。水面に揺らめく灯りもキレイ。P1180749_7博多座大歌舞伎の舟乗り込みのコースで、橋の上から紙吹雪が舞うと、テンションMAXhappy01
30分の楽しい遊覧を終え、一路、東長寺へ。P1180798_2お庭灯明は、東長寺の文字。P1180782_2隣りには博多人形。P1180788蝋燭を灯す灯明は三時間。終了時間が迫る中、最後は承天寺へ。
灯明コンテストの中で一番好きだったのは、作品名「COLOR GLITTER」。P1180805遊歩道の灯明も風情ある。P1180835_3博多千年門の前にはレッドカーペットが敷かれていたshine
本日の着物は、リョウコキクチの洗える着物に自分でかがった博多八寸を初下ろし。P1180833_2今年は博多券番さんの献上道中とはタイミングが合わなかったけど、子連れにしては、欲張って見て回ったかなsmile

2014年10月16日 (木)

京都のれん市

昨日は午前中、所用があって赤坂に掛けたので、午後は天神まで足を伸ばし、岩田屋の「京都歴代のれん市」へ行った。
先斗町の舞妓さんの踊りの披露もあったnote落ち着いた雰囲気の久桃さん。P1180569_2_2この春、舞妓さんデビューした初々しい市彩さん。P1180598二人揃っての踊りも艶やかconfident10月は菊のかんざしだそうで、久桃さんは黄色、市彩さんは桃色で、お二人のイメージにピッタリ。P1180631踊りを堪能し、京都の気分に浸った後は、買いものを楽しむnote欲しいものがたくさんあって、目移りしつつ、選んだ和菓子は上生菓子、生八ツ橋、すはま。他に抹茶やお香も買って帰るconfident
帰宅後は、甘春堂の上生菓子で一服。P1180671早い者勝ちで、娘は「京嵐山」を選んだ。中はこし餡。P1180676私は「秋明菊」。こちらも上品な甘さのこし餡。P1180674主人の分は、「木守り」。艶やかな柿も美味しそう。P1180681あんこ姫は、母ちゃんが食べる時も、父ちゃんが食べる時も「ひと口ちょうだい。」作戦で、一番オイシかったなdelicious

2014年10月12日 (日)

和のミュージアム

この三連休は、「和のミュージアム」というイベントがある。九州大学とNPO法人福博相伝の会の主催で、会場は今年閉校になった簀子小学校。
二日目の今日は、社中のお茶会があり、娘と見学がてらsign02お手伝いに伺った。P1180312親子茶道教室に通い始めたこともあり、お運びに初チャレンジする機会を頂く。P1180336博多笑人ニワカイザーが登場し、お菓子をお持ちする娘。あっsign01でも彼はこのままでは食べられそうにないので、お持ち帰り用のケースもお渡しするsmileP1180318そんなニワカイザーと記念写真cameraP1180331_2水屋では点て出しのお茶を張り切って点てる。さあ、お稽古の成果を発揮してくれたまえ。P1180417同じ会場では、日舞や書道のパフォーマンス、組紐体験などもあった。P1180406香道体験では、白檀、丁子、桂皮、龍脳やムスクなどを使い、匂い袋を作る。P1180477同じ材料使っても、配合によって、出来上がりの香りが異なるのが面白かった。P1180497博多水引、博多織、博多人形や母里家の甲冑なども展示されていた。P1180517子どもにスイッチが入り、六時間以上を過ごした「和のミュージアム」。
時間があれば、すぐそばの圓應寺(黒田官兵衛の正室、光姫ゆかりのお寺)に参拝しようと思っていたのに、すっかり忘れてしまう程だったcoldsweats01

<本日の着物> お天気が心配だったので、洗える着物に博多織P1180537_2

2014年10月10日 (金)

ダンガリー着物の座敷わらし!?

久々に娘にダンガリー着物を着せてみたら・・・出た~sign01ちんちくりんで座敷わらしみたいcoldsweats01P1170902三歳の七五三以来、着物が好きになった娘のために、ミシンで縫った単衣のダンガリーを最後に着たのは二年半前。
「着物じゃなきゃ、お出掛けしないsweat01」と床に寝っ転がり、泣きわめいていた娘も、最近はお正月と夏の浴衣くらいしか興味を示さなくなった。P1170908_4伸ばした裄は10センチ、着丈は驚きの20センチsign01これで、座敷わらしではなくなったsmileP1170914合わせたのは、博多織のハギレで作った兵児帯。
一度くらい、お茶のお稽古に着て行きたいと言ってくれたら、嬉しいんだけどな。

ついでに、去年の七五三で着た四つ身の裄もチェック。この週末は、振袖部隊としてお呼びがかかっているのだ。P1180252こちらの裄は、手直しなしでよさそう。
でも、台風の影響で、そのイベントもどうなることやら・・・。

2014年10月 7日 (火)

うみなかへ♪

月曜日は学校行事の代休だったので、海の中道海浜公園へ行って来た。
さすが平日。人も少なく、ゆっくり遊べた。娘は、くじらぐものふわんぽりんが一番楽しかった様子note
「靴を脱いでご利用ください。」とあり、「え~。靴下が砂だらけになる~sweat01」と本気で嫌がる娘。
・・・そこは裸足でしょcatfaceP1180207迷路では成績優秀で、認定証を頂いたsmileゴーカートは坂道もあり、結構本格的。P1180219_2ハロウィンの地上絵は、まだ五分咲きか。P1180230_2どんぐりを拾ったり、鯉にエサをやったり、ゆる~く遊んだ帰り道の一枚。P1180239_2風の強い一日だった。

2014年10月 5日 (日)

防災訓練

今日は、地域の防災訓練に親子で参加してきた。
町内の公園に集合し、避難場所の小学校まで皆で移動すると、消防署と消防団の方々もいらっしゃった。
その後は、町内ごとに負傷者の搬送方法、AEDの使い方や心臓マッサージの練習、消火訓練などをした。町内会長さんからは、最寄りのAEDの設置場所を教えて頂く。P1180189約三時間の訓練を終え、おにぎり弁当やカンパン、水などを頂いて帰る。P1180191_2カンパンを食べたことがない娘は、試しに食べると気に入ったようで、ひと缶全部食べてしまったdelicious残りは、非常用持出リュックに入れておいた。アレルギーっ子も食べられる非常食が一つ増えた。

午後からは、最寄りのショッピングモールへ出掛けると、ソフトバンクホークスの優勝セールで、「瞬足」の靴が驚きの874円sign01イエイ。P1180193_2ホークス、優勝おめでとう!

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »