フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 門司港・三宜楼 | トップページ | 門司港レトロ番外編 »

2015年3月13日 (金)

旧双葉券番・錦町公民館

三宜楼を後にし、坂道を下っていると、錦町公民館があった。
ここは、三宜楼のお座敷にも出ておられた芸妓さんの旧双葉券番なのだ。
入り口のガラス越しに覗いていたけど、ちょっとだけでも中に入ってみたくなるcatfaceP1210720恐る恐る「こんにちは~。」すると、快い返事を頂いた。サークル活動などがない時間帯が幸いしたかも。P1210721一階には、芸妓さんがお稽古をされていた舞台のあるホール。P1210722格子天井になっている。P1210723_2二階も案内して頂いた。和室の三面鏡は、背丈ほどの大きさsign01ここで芸妓さんが着姿を写しておられたのだろう。先程、三宜楼で拝見した裾引きに博多帯を思い出しながら、往時の券番さんに思いを馳せるconfidentP1210727和室の欄間で、特に目を引いたのがこちらの橋。こうゆう意匠は初めて見た。P1210729学校の教室みたいな部屋は、第一教養室。こちらの双葉券番は、芸妓さん達がお金を出し合って建てたとお聞きした。P1210733この教養室のガラスがカワイイのですhappy01P1210735洋風の図書室の家具はアンティーク。P1210736_2他にもタイル張りの台所など見せて頂く。この建物が、公民館として現役で使われていることがすごい。見学が終わる頃には、小学生もやって来た。地元のご年配の方は、この双葉券番から出てくる芸妓さんの艶やかさを覚えておられるのだとか。

博多券番の近くに勤める友達が、三味線の音色が聞こえたり、普段着(お稽古着sign02)姿を見掛けることがあるという。そうゆう話って、なんだか羨ましいんだよなあconfident

« 門司港・三宜楼 | トップページ | 門司港レトロ番外編 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/59237678

この記事へのトラックバック一覧です: 旧双葉券番・錦町公民館:

« 門司港・三宜楼 | トップページ | 門司港レトロ番外編 »