フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« タカガールデー♪ | トップページ | イングリッシュガーデン »

2015年5月19日 (火)

戦国大名展

日曜日は家族で、九州国立博物館で開催中の「戦国大名展」を観に行った。
丁度、熊本城おもてなし武将隊のパフォーマンスが始まるところで、ラッキー。
右から、黒田官兵衛、立花宗茂、細川忠興の御三方。P1230433展示室に入ってすぐのかがり火の演出。そして、戦国大名の軍旗に気分が高まるhappy01Daimyo2国際都市と言えば、博多と堺と思っていたけど、豊後もそうだったとは、新たな発見であった。
日本で最初の西洋式病院は九州にあり、それは大友宗麟の許しを得て、建てられたそうだ。Daimyo21_2「名物狩り」が行われ、茶入れがどのように権力者の手に渡って行ったかが図で説明されていた。
一国一城に値する茶入れの価値は、正直私にはわからないけど、買い上げ、強奪sign01、献上、下賜などとあり、興味深い。Daimyo11立花宗茂の親衛隊が着用した金箔の桃形兜は、昔、柳川の「御花」でも、同じような兜がずら~っと並んだのを見たことがある。柳川藩なので、もしかしたら同じものかもsign02Daimyo35加藤清正の槍は、片鎌槍。こんな形の槍もあるんだeyeと思っていたら、録画しておいたNHK「にっぽんの芸能」でも目にした。歌舞伎「絵本太功記」の中の正清(清正)がこんな形の槍を手にしていて、ちょっと感激。豪快なイメージの清正だけど、肖像画は意外にも細面だった。Daimyo48福岡城の本丸御殿の梅の間を飾った「梅にカラス図襖」は、すごく好みだったconfidentDaimyo46途中で飽きた娘は、体験コーナーを楽しんでいた。手紙に使われる和紙の原料(楮と雁皮)を触り比べたり、筆アプリで花押を書いたり。こうゆうのは、大人も楽しいnote

夏には、福岡市博物館で「大関ヶ原展」もあり、こちらも楽しみ。
今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

帰りは、この時期に太宰府に来たなら、寄りたかった日本経済大学内のイングリッシュガーデンへ。この話は、別記事でsmile

« タカガールデー♪ | トップページ | イングリッシュガーデン »

ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/60007952

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国大名展:

« タカガールデー♪ | トップページ | イングリッシュガーデン »