フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 昼の部観劇 | トップページ | ルーフオープンデー♪飾り山も外せない! »

2015年6月25日 (木)

駆け込み女

今日は、今年一番の蝉の声を聞いた。
大濠周辺に出掛けた帰りに歩いた福岡城のお堀では、睡蓮が花盛り。P1240156水を溜めたハスの葉は、ガラス細工のよう。P1240166_2ハスの花の蕾はふっくらしていたけど、見頃にはあと少しP1240186この後は一人、映画館へ。シネマ歌舞伎で利用している中洲大洋のスタンプカードが五個たまったので、「駆込み女と駆出し男」を観に行った。上映終了の前日で、まさに駆け込み女catfaceImg001_2女からの離縁が許されなかった江戸時代の縁切り寺、東慶寺が舞台で、堀切屋の愛人お吟(満島ひかり)と鉄練り職人のじょご(戸田恵梨香)の二人が駆け込むシーンは、手に汗握るスピード感。

お吟が駆け込んだ本当の理由は、惚れた男に病気で死にゆく姿を見られたくないからだったと知った堀切屋(堤真一)は、その後からがカッコよかった。いよいよ死期が迫るお吟が御用宿に戻ると、暖簾の前でお経を唱えているお坊さんが、密かに堤真一で泣けた。

夫の暴力から逃げ出し、顔に火ぶくれがあるじょごは、寺で過ごした二年間ですっかり頼もしく、凛々しい女性になった。そして、大泉洋さん演じる御用宿の居候で、見習い医者で、駆け出し戯作者の信次郎とハッピーエンドhappy01

映像も美しかったし、江戸時代の事情もわかったし、いい映画だった。

« 昼の部観劇 | トップページ | ルーフオープンデー♪飾り山も外せない! »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/60511008

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込み女:

« 昼の部観劇 | トップページ | ルーフオープンデー♪飾り山も外せない! »