フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

白鳥ボート

「お話能舞台」が終わった後、大濠公園を歩いていると、ボートに乗りたいと言う娘。
そう言えば、春のお花見の時も乗りたがっていたけど、「帰りにね」と言っていたら、叶わなかったのだ。P1250959この日はお父さんと一緒だから、やっと叶うね。池から見る公園もいいわnoteP1250949メインエンジンは主人、サブエンジンは娘happy01私はハンドル担当で。P1250912娘は初めてのボートに大喜びshine長らく福岡に住んでいるのに、実は私も初めてだった。P1250943_2娘が疲れた時は、母ちゃんが漕ぐわよ~。P125094830分間の楽しい水上散歩だったねhappy01

着納め浴衣で「お話能舞台」

夏休み最後の日曜は、家族でRKBアナウンサー朗読会「お話能舞台」へ。
会場は、大濠公園能楽堂。P1250910オープニングは俳句。今年の演目は、「ラブ・レター」(丘修三)、落語より「元犬」、「蜘蛛の糸」(芥川龍之介)、「ボタ山であそんだころ」(石川えりこ)、「孝行手首」(大島妙子)。

小学生が主人公の「ラブ・レター」は、夕陽のようなオレンジ色に染まった舞台が切なくって印象に残った。落語の「元犬」は面白く、子どもも大いに笑ったhappy01「蜘蛛の糸」では、赤い照明に照らされた地獄の場面が怖かったそうで、娘が抱きついてきたくらい。坂田周大アナのファンとしては、「元犬」の犬のあとの「蜘蛛の糸」とのギャップがたまらない。「孝行手首」は泣けた。
音響と照明と朗読が、いい具合に合い、とっても素敵な舞台confident
アナウンサーの皆さんの浴衣姿もお似合いだった。

<本日の浴衣> 桔梗文様のプレタに博多織(裏面)、能楽堂仕様の白足袋で、着納め浴衣。P1250969これで、ボートも漕いだのだsmileヘヘッ。P1250943途中、裾がはだけながらも奮闘したrock

2015年8月28日 (金)

「赤毛のアン」

エステー主催のミュージカル「赤毛のアン」に当選し、娘と観に行って来た。
この福岡公演が千秋楽で、二万人達成とのことshine

子どもの頃、髪の色では随分悩んだ私にとって、とても身近な存在だったアン。
大人になり、しばらく忘れていたけど、NHKの朝ドラ「花子とアン」で、久々に恋しくなった昨年は落選。ようやく今年は当選した。P1250889今年のアン役は、上白石萌音ちゃん、ダイアナ役は、さくらまやちゃん。
そして、子どもの頃にアニメで聞いていた「きこえるかしら」を歌っておられた大和田りつこさんが、リンド夫人役。あの歌は、今でも耳に残っているなあconfident
歌もダンスもよかったhappy01特に、マリラがアンを思って歌うシーンでは、涙が出そうになった。

劇中で、アンが髪を黒く染めようとして、緑色になってしまったけど、わかるなあ、その気持ち。
私も高校時代、特に色が薄かった前髪を、自分で剃ったことがあるから(爆)
生まれた時は金髪で、母が四回丸坊主sign01にして、栗毛色になったと聞いていたのでね。
母は気付かなかった「隠し前髪」の存在を友達に知られ、大爆笑されたもんだcatface

帰りは、エステーからお土産を頂いた。
芳香剤って買わないけれど、色んな香りがあるのね。P1250894帰宅後から、アニメの主題歌「きこえるかしら」が耳から離れない。
本を買って、娘と読んでみようかなnote

2015年8月26日 (水)

四枚目は大人浴衣

小三の娘が、自分の浴衣に激しくannoyケチをつけるお年頃になった。
ああ、これも成長の証しかと思いつつ、ちょっと寂しい。
そう言えば、三枚連続黄色だった。深い意味はないのだけどcatface

初めて浴衣を着たのは、幼稚園年少の夏。実家の母が馴染みの呉服屋で誂えた草木染め。兵児帯は私のお下がり。P1030991そうとは知らず、私が同じ頃に用意したのは、コンビミニの浴衣セット。サンドレスにもなる3WAYタイプで、お揃いの巾着付き。P1020471夏はしょっちゅう浴衣を着るので、これはこれで重宝した。P1040186三枚目は、私がミシンで縫ったしじら織り。年長から四シーズン、単衣の着物としても着ていた。
作った時は、あんなに喜んでいたのに、小三女子にはダサ過ぎdown誰もこんなの着てないし、恥ずかしいpoutとのこと。P1060381_3_2今年は、肩揚げを全部下ろしたし、おはしょりもギリギリだし、さすがに着納め。P1150242ここらで、本人に好きな柄を選ばせることにした。
ネットで反物を物色し、またミシン着物にするつもりだったけど、汗っかきのアトピーっ子には、綿コーマは暑いかも。そう言う私も、ここ数年は変わり織りのプレタばっかり。遠慮なく洗濯機で洗えるし、九州は暑いのだ。

幾つかピックアップした大人のプレタ浴衣から、娘が選んだのは乙葉ちゃんの桜柄。
ピンクのグラデーション帯には、ピッタリ。P1250569黄色い帯にもまずまず。変わり結びが楽しめそうnoteP1250566裏面のオレンジ色だって、悪くない。P1250568姪っ子のお下がり、綿麻のクマちゃん兵児帯(娘と色違いで作ったもの)も楽でよさげ。P1250844イメージは出来たので、あとは娘が着られるようにすることのみhairsalon
一旦ほどいて、ジュニアサイズに縫い直そうと思っていたけど、面倒くさくなってきた(爆catface
このまま、肩揚げだけで着せるなんて、大雑把すぎるかいな。
九月の日舞のお稽古までに、なんとか形にせねばdash

2015年8月23日 (日)

スノードーム作り

近所のグッデイの夏休みの親子ワークショップで、スノードーム作りに参加した。P1250818瓶の蓋に円筒スチロールを接着剤で付け、土台を作ったら、動物消しゴム等で飾り付け。
水と液体洗濯のりを6:4で入れて、かき混ぜたら、ビーズやラメを投入。おお、キレイshineP1250823水漏れ防止のバスコークを塗り、蓋をすると、中の液体が溢れてくるので、よく拭いて。P1250834マスキングテープで飾り付けをしたら、完成~happy01P1250837_2ビーズで作った花やリンゴがワンポイントのスノードーム。P1250847帰りに寄ったスーパーでは、カールおじさんに遭遇。P1250839明治のお菓子を買うと、エアーシューターのプレゼントがあったhappy01
カールおじさんと写真を撮るのは嫌がったくせに、ノリノリじゃん。P1250860描かれているのは、野球、サッカー、柔道、マラソンと水泳をしているカールおじさん。
テレビの前で、女子バレーの応援にも使えそうですnote

2015年8月19日 (水)

サンシャインプール♪

昨日は友達に誘われて、海の中道サンシャインプールに行って来たhappy01
娘は初めて、私は20年振り(驚)のサンシャインプールnoteP1250788流れるプールで、たっぷり遊んだ後は、森の湖プールで泳ぎの練習をする三年生二人。
最後は子ども達だけで、ウォータージャングルで遊んできなさ~いhappy01P1250798ビッグバケツ、楽しいnoteP1250801_2混んでそうなドラゴンスライダーはパスしたけれど、これで十分sign02P1250803_2大人も子ども達とさほど変わらない位、たっぷり遊んだので、写真は最後のウォータージャングルのみcatfaceP1250810そして、夜になって猛烈に後悔sweat01
日焼け止めを塗り直したのに、赤く日焼けした肌は、熱を持っていて痛~いcryingウォータープルーフじゃなかったみたい(爆)
でも、すごく楽しかったし、娘も大満足だったので、まあいっかあcatface

2015年8月18日 (火)

丸隈山古墳と奉納花火

昨年、友達のご自宅にお呼ばれして、ベランダで楽しんだ花火大会。
後で知ったのだけど、これは「丸隈山古墳観世音大祭奉納花火大会」。
丸隈山古墳は、横穴式石室が見られると話には聞いていて、ビビっと反応flair
今年は、古墳前広場で獅子舞の奉納を見ようと家族で観に行った。P1250658五世紀の前方後円墳の石室は、常時見学できるけれど、普段は鉄格子で守られている。
それが、この日は特別に内部が公開されていたsign03国指定史跡なのに、なんて太っ腹なのhappy02P1250651宇田川原豊年獅子舞は、江戸時代の大飢饉の後、豊作を祈ることから始まったとされる市の無形民俗文化財。P1250615猿の三番叟が始まった。P1250613猿が獅子舞の上に乗って回る姿は、ユーモラス。P1250646_2獅子舞の奉納が終わると、そろそろ花火が始まる時間。P1250749水上の花火を見るのは、久し振り。P1250721夜空に舞う蝶やハートに娘は大喜び。P1250720時計のような面白い花火も。P1250724ラストは圧巻shine空から降って来そうな程、大輪の花火に大興奮happy02終わると、周りから自然に拍手が起こった。

<本日の浴衣> 晩夏のイメージ、茶系の桔梗文様の変わり織りプレタ浴衣を初下ろし。P1250785帯は博多小袋帯。裏面の方がスッキリしててよかったなsmile

2015年8月17日 (月)

ネコと鉄拳

日曜日は、珍しく家族で天神へ出掛けた。
主人が行きたかったのは、岩田屋で開催中の「鉄拳のパラパラマンガの世界展」。P1250578次から次へ、名画などが色んなものに変身していく「スケッチ」が面白かった。
個人的には、「いつも心に太陽を」が一番好き。鉄拳からの素敵なメッセージのように思えた。(館内は撮影可cameraP1250575「家族は、面倒くさい幸せだ」と「振り子」は泣けたweep
主人が行きたいと言わなかったら、行かなかったかもしれない。行っててよかったnote

さて、三越で、岩合光昭さんの「世界ネコ歩き写真展」を見たかったのは、娘と私。
今は亡き祖父の入院中の部屋にあったカレンダーで、雪玉を持った猿の写真を見て以来、ファンになった岩合さん。
かわいいネコ達に癒される~confidentP1250588_2ジュラシックパークのロケ地になった大自然の中のネコが、カッコよかった。
出口のところにあった岩合光昭さんご本人の直筆サインは、なんだか温かいhappy01P1250585どちらも、岩田屋三越のMIカードを見せたら、入場無料moneybag

2015年8月13日 (木)

荒井良二じゃあにぃ

東京から、友達親子が帰省中。昨日、一緒に行くハズだった天神涼園地があいにくの雨で中止となり、イムズの「荒井良二じゃあにぃ展」に行くことにしたnote
娘が小さい時に見ていたNHKの「スキマの国のポルタ」で馴染みのある荒井良二さん。
地下二階には楽しそうなセットがあって、展示を観る前から早くも子ども心をわしづかみhappy01P1250555_2もしもし系。これは楽しいでしょnoteP1250538「段ボール編」にて。P1250522モグラがぴょこぴょこ出てくるのだ。P1250513_3「人によってはお座敷編」では、友達が読んでくれた「すっぽんぽんのすけ」に大ウケ&アンコールhappy01P1250526スタンプラリーをしながら、ゴールの三菱地所アルティアム「荒井良二じゃあにぃ展」へ。
そして、オリジナル金太郎飴をゲット。P1250543ここには、船のセットがあり、子ども達は楽しそう。
原画や下絵を観たり、絵本を読んだりと、大人も子どもものんびり楽しく過ごせたconfident

この後、水遊びを楽しみにしていた子が泣いてしまい、キャナルシティに行くsign02という話にもなったけど、時間がないようなので・・・・・これはどうだsign01
天神のド真ん中、警固神社で足湯に浸かろ~うhappy02ほっこりするねえ。皆、楽しかったようでなにより。湯上がりのアイスも美味。P1250550帰りの地下鉄には、トム・クルーズがしがみついていて、ビックリeyeP1250561_2楽しい一日だったな~note

2015年8月12日 (水)

浴衣deトワイライトミュージアム

7.8月の福岡市博物館は、トワイライトミュージアムで、開館時間延長中(日、祝日除く)。
夕方、浴衣・着物で来館すると、常設展・企画展の入場が無料になる上に、火曜・水曜は、先着で金印バッジのプレゼントもあるのだhappy01
17時半に待ち合わせしたのは、転勤で来週お引越しされる友達親子。
金印バッジもいい記念になったねnoteP1250500ちなみに、特別展では「大関ヶ原展」が開催中。P1250480数年前にリニューアルした常設展では、金印コーナーで過ごした時間が長かった。
ホークスの本多選手のバットとグローブを触ってみようのコーナーも嬉しい。P1250486個人的には、企画展の「たのしい狂言面入門」がよかった。能面と違って、なかなか見る機会のない狂言面。ユーモラスな面ばかりかと思いきや、そうでもないのもあったりして。狂言面のセリフ形式の説明は、子どもにもわかり易かった。
黒田記念室の「変わり兜展」も見応えあり。大名火消の火事兜なども興味深い。野村望東尼が孫のために作った手つくり具足には、愛情がこもっている。
「戦争とわたしたちのくらし展」をこの時期、子どもと見られてよかった。

<本日の浴衣> 葵文様の変わり織りプレタ浴衣に博多織小袋帯の裏面。P1250488_2今月、実家の箪笥にて三重紐を見つけたので、(恐らく、妹が使ったもの)早速、その紐でパタパタ結びに初チャレンジ。P1250495紐が見えてるし、もっと練習してから出掛けた方がよかったなcoldsweats01

2015年8月11日 (火)

ごちそう餃子

この春、市内に引っ越した娘のお友達の新居にお呼ばれしたshine
二階に上がるのはワクワクするnoteお昼は、餃子をご馳走になった。P1250464ヤッホ~ウnote中国人のお母さんが作る、本場手作り餃子。
リズミカルに皮を作るのは、見ていて面白い。折角だから、私もやりた~いhappy01P1250459皮を回しながら伸ばす作業は、見るのとやるのとでは大違い。真ん中は厚めです。
やっとこさ具を詰めて、ひだを作っていたら、本場のやり方を教えてくれた。
真ん中と両端を閉じたら、親指でプレス。魔法の指やね。
私は、何度やってもうまく出来なかった。でも、味は同じハズcoldsweats01P1250467_2モッチモチの水餃子の完成。子ども達、先にお食べ~happy01
誰ですかsign02変な形のがあるとか言ってるのは。・・・そして、一つだけ残したのは(爆)P1250468大人は第二弾で、ゆっくり頂く。これが私の一人分。とっても美味しかったdeliciousP1250470子ども達は水遊び。虹を作って遊んでるうちは、かわいかったけど、頭からずぶ濡れになって戻って来たcatfaceさぞ、楽しかったことでしょう。
居心地良くって、すっかり長居してしまった。お邪魔しました~house

2015年8月10日 (月)

タワーアクアリウム

夜、家族で百道浜を車で通りかかったので、福岡タワーを見に寄った。P1250411タワーアクアリウムで、金魚が泳いでるのだhappy01夏らしくて、いいわあ。P1250427タワーの背景もブルーだったり、ピンクになったり。黒は、出目金かなあ。P1250413タワー内のコンビニで、みんなでアイスを買って食べて帰ったなんてことのない夏の夜smile

2015年8月 8日 (土)

夏の振袖

先日、お友達のお誘いで、近所の住宅展示場で開催されたワンデイショップにお邪魔した。
ハンドメイドの素敵な作品をかわいらしい子どものスタッフが説明してくれるのだ。
娘は、学校用品を中心にお買いものを楽しんだnoteP1250385そしてそして、娘はお友達に着付け体験をさせて頂いたのだhappy01
じゃーんsign01夏の大振袖heart04十三才頃に着るものだそう。撫子文様がカワイイ。P1250380娘は、この有り難さを全くわかっていないので、母が力説rock
絽の振袖って、すっごく珍しいんだよsign01お母さんは「美しいキモノ」でしか見たことがないもん。日舞の先生だから、着させてもらえたんよ。よかったねhappy01P1250377後ろ姿は、半幅帯の文庫結び。長襦袢は省略したので、洋服が透けて見えるのはご愛敬でsmile夏は、浴衣しか着たことがないので、貴重な着付け体験だった。着た本人より、見ていた私がときめいたかも。

2015年8月 7日 (金)

言葉の標本箱!

昨日は、福岡県立美術館の「紙、やどる形」展のプレイベントで、言葉の標本箱のワークショップに参加した。学芸員実習の大学生が企画・運営をし、カード作家の宝桔[takaramusumi]さんの企画協力。二年前は、ヒカリバコのワークショップにも参加した。毎年恒例のようで(昨年は休館中)、楽しい内容なのだhappy01P1250402まずは、壁一面のたくさんの蝶から、一つを選ぶ作業。色も質感もデザインも異なる蝶のカタチをした言葉をつかまえる作業は、楽しく迷ってしまうhappy01そして、内箱になる紙も選ぶ。P1250388_3外箱、内箱を切って、箱にする作業は、つい切り方に口をはさみたくなってしまう。そこ、仕上がりに響くからね~。P1250393さて、デコ好きな女子が一番楽しかったのが、飾り付け作業。P1250395娘の言葉の標本箱は、「きれい」。きれいなものを見つけると楽しくなるって、今日の作業そのものだねshineP1250401箱を開けると、むじな菊のような花火のような青いベースに、娘の「きれい」が詰まっている。雫のようなイヤリングがポイントだそう。P1250400_2ああ、私も作ればよかったかなあ。P1250405_2隣りの市民会館に目をやると、そこにも蝶。楽しいワークショップだったconfident

ふらっと下関

難病で長期入院中の母を気晴らしに連れ出そうと山口に介護帰省した日は、父の入所する施設の近くの下関の満殊荘に泊まった。両親が離れたところにいるのは不便だと感じていたけど、こうすればいいんだflairP1250339主人と娘は和室、母と私は洋室で、隣り合わせの二部屋をご用意してくださった。
そして、アレルギーっ子には、除去食で対応して頂いた。特に、夕食は嬉しかった様子deliciousP1250334朝食は、大人と同じ和食で大丈夫だった。P1250338関門海峡を見渡すお風呂は、夜景がキレイ。まんまるお月さまもよく見えた。この日はブルームーンconfident朝の海を眺めながらのお風呂も格別。P1250344朝食後は、父に会いに行き、両親が久し振りに再会。
その後は、近くの赤間神宮に参拝。子どもの頃、この辺りで過ごした私には、とても親しみのある場所だけど、主人と娘をまだ案内したことがなかったのだ。
壇ノ浦の源平合戦で、幼くして入水された安徳天皇を祀った神宮は、陸の竜宮城。
「今ぞ知る みもすそ川の御ながれ 波の下にも都ありとは」P1250348境内には、平家一門のお墓や耳なし芳一を祀ったお堂もある。
海の参道入り口には、碇知盛にちなんだ海峡守護の「碇」。P1250347実家方面に向かう途中、母がまだ行ったことがないという「花の海」へ寄り道。
昨年来た時は、感動したけど、この暑さでは、もはや花どころではなかったwobblyP1250373さて、今回の帰省では、やまぐち幕末ISHIN祭おいでませパスポートを利用した。
これを見せると、おもてなし(割引や特典)を受けられるのだ。P1250450娘は、スタンプを集めるのが楽しかったようで、サクッとシングルステージはクリア。
続きは、次回の帰省の際のお楽しみに。

2015年8月 5日 (水)

防府「花燃ゆ」ドラマ館

介護旅行で帰省する山口は、大河ドラマ「花燃ゆ」で盛り上がってるみたいhappy01
本当は、萩方面に行きたかったけれど、母の体調などを考え、初日の行き先は防府に決定。ヒロインの文(美和子)と小田村伊之助(楫取素彦)夫婦も晩年を過ごしているのだ。P1250312とにかく暑いwobbly会場のルルサスでは、まずかき氷dash
防府天満宮の梅を使った梅シロップは、さっぱりしてて美味。P1250305山口の方言「幸せます」の横で、かき氷を食べるばあばと孫。P1250306かき氷で復活したら、いざ!ドラマ館へ。トワイライト開館中で四時半以降にお得に入館。
ドラマの衣裳や出演者のサインは、見ていて楽しいnote
先程、訪れた三田尻御茶屋(英雲荘)の模型は、最大規模当時のようで、その広さにビックリ。展示内容は、思っていたより少なかったけど、ばあばと子連れには丁度よかったかも。P1250321畳と畳縁で作られたヒロイン文ちゃんの畳オブジェ。七宝繋ぎの畳縁は英雲荘でも見たような。ちなみに、展示室の床も畳風で、うっかり靴を脱ぎそうになったcatface杉家とお城では、明らかに畳の格も異なるのが興味深い。P12503259月8日からは、久坂玄瑞から文への手紙を装丁した「涙袖帖」が展示されるとのこと。
日にちが合わんで、残念じゃった。

三田尻御茶屋 英雲荘

大河ドラマ「花燃ゆ」で知った「英雲荘」。かつては、三田尻御茶屋と呼ばれた長州藩の公館で、参勤交代の際の藩主の宿泊施設や迎賓館として使われたこの場所に、三条実美ら七卿が滞在し、多くの志士達が集まった。P1250230山口には長く住んでいたのに、ドラマを観るまで知らなかった。
この夏、山口に帰省したら、是非訪れたいと思っていたのだ。P1250251御書院一ノ間にはお殿様。二ノ間、三ノ間と続き、まさに時代劇に出てくる作りだわ。P1250253しつらいも素敵で、お部屋を回る度、いちいちため息が出るconfidentP1250279_2畳の廊下からの景色もぶちエエねconfidentP1250229案内してくださった方がこの墨書の襖を触る時は、白い手袋をはめられておられた。P1250226_2奥座敷棟は、毛利家の当主や家族の私的空間。P1250286_2女性好みのしつらいかsign02襖の引き手は七宝焼きで美しい。P1250285_3大観楼棟の二階へ上がる。P1250263京都の政変で、長州へ逃れた三条実美ら七卿が二ヶ月滞在し、藩主の毛利敬親や高杉晋作らと面会しているそう。P1250266_2赤みを帯びた漆の障子が好み。P1250270大観楼棟は檜皮葺。お庭の池は修理中。P1250257瓦は、一文字に三つ星紋。屋内では、裏紋のオモダカ紋が至る所で使われていた。P1250258ドラマでは、文さんが頑張って八ツ橋を作っていたなあ。P1250261さて、一階へ戻りましょう。P1250292玄関棟にもお部屋があるのだ。P1250295_2お茶室の「花月楼」にも案内して頂いた。こちらは小間。P1250235やや、座敷わらしsign02いえいえ、我が家のあんこ姫でござるよcatface
さすが、一段高くなっているお茶室は、初めて見たかも。P1250239_3ちなみに、英雲荘の住所は、防府市お茶屋町。
「花燃ゆ」ヒロインの文(美和子)と小田村伊之助(楫取素彦)夫婦が晩年を過ごしたのが防府だと、大河ドラマのガイドブックを読んで知った。
郷土の山口のことは知ってるようで、まだまだ知らないことがたくさんあるなあ。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »