フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

切ないネムノキ

昨日、家の近くで、母によく似た女性とすれ違った。顔の印象、年恰好に歩き方までよく似ていた。
場所は、母が来福した折、よく見送っていたバス停前。
なんだか急に母に会いたくなったなあと、センチメンタルになっていたら、今日は思いがけず、もう一人の母が来福。
母が元気な頃に、よく一緒に見ていたネムノキを今日は義母と見た。P1260318_2義母から、実家の両親の近況を聞かれ・・・・・一病息災で元気だけど、不良です(爆)
母は、入院先の病院で、勝手に動き回り、患者は入ってはいけないハズの場所を通って螺旋階段を下ったそうだ。売店への近道を見つけ、螺旋階段を上がって来たところを看護師さんに見つかり、大目玉coldsweats01その件で、病院から我が家に電話があったsweat01

父は、入所している施設から、夜中にこっそり抜け出そうとして、二階のベランダから転落。救急車が来たそうだsweat01なんでも近くの実兄の家に行こうとしたとのこと。退院し、怪我はすっかり良くなったけど、眺めのいい部屋からベランダのない部屋に移ることになったのは、自業自得。

ああ、そんな両親を持つ私は、名前だけはsign02いい子なんだけどねえcatface

帰宅後、ばあばと孫娘は、植物図鑑でネムノキを調べ、絵日記を書いていた。
そんなこんなで、たくさん話して、賑やかな一日だった。

<本日の和菓子> 義母からの日本橋屋長兵衛「お月見団子」。兎がカワイイ。P1260321黄色いのは栗かと思ったら、柚子だったdelicious明日は、中秋の名月。

2015年9月23日 (水)

草スキー

シルバーウィーク最終日は家族で、空港近くの東平尾公園にある大谷広場へ。
草スキーが人気らしく、既に結構な行列。P1260257並んでいるうちは、文句ブーブーだったのに、いざ順番が来たら、ノリノリ~happy01
15分交替で放送がかかるので、二回並ぶ。小学生までだったので、親は見てるだけ~。P1260277ローラー滑り台は一緒に滑ろう。長いし、予想以上のスピートは出るしで、楽しかったけど、お尻が熱いので、大人は一回だけでcatfaceP1260294アスレチックには目もくれず、バスケットボールやバドミントンをして過ごし、いい汗をかいた。P1260266どんぐり見っけ。桜の葉も紅葉し始めていた。
どんぐりを拾おうとした私に、「もう、そんなの拾わんで。虫が出るやん。」と娘。
普通、立場が逆じゃないかいcatfaceP1260310帰り道、車から見えたレベルファイブスタジアム。初めて見た。P1260314どおりで、公園内の自販機は、アビスパのキャラクターが描いてあったのか。

2015年9月22日 (火)

ブラタモリ~博多編~

地下鉄の広告で知った「ブラタモリ」博多編。これは、見逃せないでしょsign03
実際の放送日は異なっていたけど、19日に放送された分は録画していたのだ。
♯17博多~博多誕生のカギは「高低差」にありsign02Photoまずは、博多と福岡の違いから。
「博多」は古くからある伝統ある商人のまちで、「福岡」は江戸時代に黒田の殿様がお城を築き、先祖ゆかりの岡山の地名から名付けた城下町。那珂川をはさんで、東側が博多、西側が福岡なのだ。
余談だけど、20代の頃にホームステイしたロンドンで、語学学校の先生から、同じことを尋ねられた。
私の答えに、’HAKATA WAKATTAsign01’と返された先生は日本通だったsmile
商人のまち・博多と城下町・福岡の境目にあった石垣が、今も一部残っていることは知らなかった。しかも、通ったことがある道だ。今度、探してみようっとnote

博多は、元は砂丘だったとは聞いていたけど、大博通りで高低差が見られるとは全く気付かなかった。そう言えば、博多祇園山笠のコースにも下り坂があると聞く。それも、昔の名残りなのだろう。

ビックリしたのが、櫛田神社。かつては、この周辺は港だったとは~sign03砂丘のへりにあたるそうだ。(写真提供 福岡市)Img0286結婚式、娘のお宮参りに七五三とずっとお世話になっているのに、高低差は気にも留まらなかったけど、確かに南神門には階段がある。右に行けば、川端商店街。正面はキャナルシティへの入り口がある場所だ。
日本最大の貿易都市だった博多。航海の安全を祈願し、舟で接岸して櫛田宮にお詣りしていたのだそう。(画像は番組から拝借)P1260242日本最初の禅寺・聖福寺が、創建当時は一番高く、見晴らしのいい場所に創建されたとは興味深い。番組では、坂道を上るルートだったけど、私は別ルートを通るので、高低差には全く気付かなかった。800年の間に、境内より周りの方が高くなってしまったとのこと(驚)
今度、聖福寺に行く時は、昭和、大正、明治、江戸、室町、鎌倉と数えながら、階段を下りてみよう。Pict0510今回の番組は、とても面白かった。昔の名残りを感じながら、歩いてみるのも楽しそう。
次回の放送は、10月3日。「♯18福岡と鉄道」ですよnote

2015年9月21日 (月)

ひねもす能楽堂 part2

シルバーウィークの日曜の午前は、能を習っている友達のお社中の発表会で大濠公園能楽堂へ。
今回は五十五周年記念で、引き続き午後は、秋の別会もあり、久々に能を観た。P1260235最初に解説があったのが、ありがたかった。
狂言の「萩大名」では、大いに笑う。桜より萩の花見が主流だった時代があったとは知らなかった。

能は「井筒」。伊勢物語の「筒井筒」が軸になっているストーリー。
後シテは、紀有常の娘の霊。夫・在原業平の形見の装束を身に付けて舞う女心は、わからなくもない。井戸のススキをかき分け、水鏡に映った自分の姿に業平の面影を見て、「懐かしや」と謡う場面は、切なかった。
女の霊は、そのまま消えてしまったけれど、個人的には、旅の僧に成仏させてもらわなくてもよかったのかが気になるところ。P1260220お昼を食べに出た大濠公園は、いいお天気で気持ちよかった。
美術館の喫茶店で、一人でランチをしていると、隣りのお席でおひとり様ランチをしておられたおじ様が、去り際に「よかったら、読んでください。」とイタリアの詩画集(日伊文化交流企画室発行)を下さった。なんてダンディなの。

<本日の着物> 大叔母の形見分け単衣の紬&菊の型染名古屋帯。半衿は揚柳。P1260226今回は、記念の別会もあり、お忙しそうな友達との写真撮影は成らず。
帰宅後に思ったのだけど、こうゆう時は、柔らかものを着た方がよかったのかもcoldsweats01

2015年9月18日 (金)

和装バッグを修理してみる

秋になると、出番が来ていたからし色の和装バッグ。
使い勝手もよく、色柄も好みだったけど、四隅が擦り切れてしまい、もう何年もお蔵入りsweat01
気に入っていただけに、捨てるに捨てられなかったのだcoldsweats01P1260204もう、この秋に使わないなら、そろそろ処分しなきゃなあと思っていたけど、ふと、最後にダメ元で、修理してみようという気になったのだ。
それで、失敗したなら、さすがの優柔不断も納得ずくで捨てられるcatfaceP1260206そうと決まったら、手芸店へdashキットみたいなのがなく、店員さんに相談し、牛革のハギレを258円にて購入moneybagハギレなので、色は選ぶ余地なしcoldsweats01
円形に切って、針の通る穴をあけて、縫いつける。結構、地道な作業であった。P1260209何度か手直ししながらも、とりあえず、完成~happy01まあ、悪くないんじゃないnoteP1260216_2頑張った角あては、こんな感じ。やるじゃん、私smileな~んて。P1260214今年の秋は久々に出番ですよ~。






2015年9月13日 (日)

続・雨の放生会

御神幸をお見送りし、筥崎宮に着くと、参拝客が列をなしていた。P1260182御神輿を覆っていた天蓋。P1260134楼門をくぐって参拝したら、普段は入られない回廊をまわるのだ。
放生会名物のおはじきは、見ていて楽しい。これは昔話がテーマ。P1260140_2回廊には、ぼんぼり献燈がいくつも灯されて、幻想的な雰囲気。P1260163生け花とぼんぼりが相まって、素敵な空間になっているconfidentP1260173_2裏千家の大宗匠のお筆は、平和祈念。P1260154裏千家お家元のお筆は、雲無心?ワタクシ、まだまだ勉強不足でございますcoldsweats01P1260171そして、ホークスの工藤監督は、継続力sign01P1260146_2境内に飾られたホークス優勝祈願の絵馬がまぶしいshine連覇に向けて、ラストスパートだrockP1260178この後は、出店をぶらぶら。
アレルギーっ子なので、食べるものは限られているけど、それなりに楽しんだ娘。P1260197雨でサンダルは濡れるし、足元は悪いしで、不機嫌だったけど、お決まりの金平糖の量り売りに梅ヶ枝餅、焼き鳥などを食べているうちに、機嫌もよくなった様子catfaceP1260187帰る頃には、すっかり暗くなっていた。
雨が降ったりやんだりだったけど、夜の放生会も楽しかったな。

雨の放生会~御神幸~

筥崎宮の放生会が始まった。
娘と二人で明るいうちにしか行ったことがないけれど、今年は主人の提案で、初日の夕方から家族で出掛けることに。雨が降りそうだけど、今年は二年に一度の御神幸の年。一度見てみたかったのだhappy01
駐車場探しに手間取りsweat01筥崎宮から離れた場所に車を停めて歩いていると、御神幸に遭遇。間に合ってよかった。P1260060あいにくの雨で、シートに覆われていた。P1260066御神輿行列の到着を知らせる鐘の音。P1260083山車に飾られた大榊。レインコートから透けて見える子ども達の衣裳もいいわあ。P1260086_4雅楽を奏でながら練り歩く怜人。P1260105_2煌びやかな御神具を運ぶお兄ちゃん達。
お賽銭を入れると、賽銭箱が上下に揺らされて、ちょっと面白かった。P1260114御神輿は三基。地元の方々は、御神輿を拝んでおられた。P1260080和傘姿のご神職も素敵だけど、本当なら神馬にまたがっての御神輿行列なのだそう。
浜の頓宮までの御下りは、四時間近くかかるとのこと。P1260119筥崎宮につくと、先程まで御神輿の上を覆っていていたと思われる天蓋が、特別感を醸し出してる。P1260132さあ、次はお祭り編。

こども日舞

昨日は、子ども日舞体験のお稽古日だった。
前回までの浴衣(ハンドメイドしじら織り)をダサ過ぎsweat01と言いなさった娘っ子は、大人の浴衣を子どもサイズにした新しい浴衣を初お下ろし。お団子ヘアには、裾のハギレで作ったシュシュ。P1260054_2「藤の花」と「さくらさくら」の踊りは、母が見ていてもかわいらしいわ~。(親バカcoldsweats01P1260046中級者と希望者は、「京人形」。娘は希望しなかったけど、和傘が素敵なのでパチリ。
小さな男の子が踊る「金太郎」もかわいらしいかった。
次回からは、先生のご自宅でのお稽古が始まる。目指せ発表会。P1260048帰り道、家の近くで、わらび餅売りの車とすれ違い、思わず二度見eye
「早く~来なきゃ~行っちゃうよ~notes」の歌に惹かれてお買いもの。
もなかもあったけど、パックの大でお願いします。P1260057名残りの水点てお薄で頂いたdelicious
「早く~来なきゃ~行っちゃうよ~notes」の歌が耳に残り、家でも歌ってる草乃江でしたcatface

2015年9月 7日 (月)

一年振りの親子茶道

縁あって、今年も娘と親子茶道教室に通い始めた。
昨日が初日。お稽古の合い間の先生方のお話は楽しくて、勉強になる。
そして、お菓子は目にも舌にも美味しいdelicious
今月は、うさぎの上用饅頭と月のお軸で、お月見。

朝、起きたら鈴虫が鳴いていたし、帰りの地下鉄の駅では、早くも紅葉がうっすら色づいていた。
そろそろ単衣の出番。P1260021

<本日の着物> 唐花文様の薄物にクリーム色の一本独鈷。(共に化繊)P1260036<おまけ> サンリオのちゃんりおメーカーで作ったmyちゃんりおnote
Eisanchannrio

2015年9月 5日 (土)

たらい舟体験♪

週末は川端商店街で、新潟の観光物産PRイベントがある。目玉は、佐渡のたらい舟体験shine
とっても気になるので、用事で博多駅に行く途中に立ち寄ったhappy01
金塊つかみ体験もあって、早速チャレンジ。P1250977娘が出来なかったなら、母ちゃんがやらねばねrock
しかし、すご~く頑張ったけど、ケースから出すには華奢すぎたようだわcatfaceP1250979お向かいの「川端ぜんざい」で、氷ぜんざいを食べながら、博多川を眺める。P1260003博多川では、やってるやってる、たらい舟note情緒があって、いいわあ。P1250999_2女船頭さんの編み笠がリボンになっててカワイイ。笠はご自分で紐を通されるそうだ。P1250985さあ、我らの番。初めての体験で、ワクワクhappy01櫂一本で、右に左に交互に漕ぐのが面白い。P1250990なんだか一寸法師の気分になったりしてsign02P1250994佐渡は行ったことがないけれど、郷土山口の昔話「厚狭の寝太郎」で、勝手に親近感をもってるのだ。P1260013お土産に笹餅を買って帰る。P1260019_3我が家のあんこ姫は大層気に入り、一人でいくつも欲張っていたdelicious

2015年9月 4日 (金)

「大江戸りびんぐでっど」

八月の月イチシネマ歌舞伎は、宮藤官九郎さん作・演出の「大江戸りびんぐでっど」。
夏休み最終日に親子で行こうと盛り上がっていたのに、予告動画で障子からゾンビ達の手が一斉に出て来るシーンを見たビビリの娘が辞退したので、新学期が始まり、一人で中洲大洋へ行ってきた。Img001_2舞台は、江戸時代。冒頭のくさや売りのシーンから、もう笑いっぱなしhappy01
くさや汁を浴びた死人が、「ぞんび」として生き返り、噛まれた人間も「ぞんび」になってしまうsweat01
臭すぎて、鼻の存在を危うくするから、「存鼻」だそう(笑)

染五郎さん演じる半助は、体にくさや汁を塗ると、襲われないことを見つけ、ぞんび達を派遣として働かせる商売を始め、繁盛する。次第に、ぞんびに仕事を奪われた人間の不満が爆発して・・・というお話。

皆で踊るシーンは、マイケル・ジャクソンのスリラーみたいnote
斜め45度の三津五郎さんのキャラがイイ。七之助さん、やっぱり美しいわあconfident
ぞんび第一号の新吉(勘三郎さん)が登場し、まさかの展開に・・・。
出演者がとっても豪華で、あっという間の1時間43分。
今回のスタンプは、娘が怖がった障子のシーン。 P1250975九月のシネマ歌舞伎は、泉鏡花特集。
玉三郎さんと海老蔵さんの「海神別荘」が楽しみでならんなhappy02

2015年9月 3日 (木)

大人の浴衣をこどもサイズに

娘が選んだ乙葉ちゃんのプレタ浴衣は、着丈165センチ、裄68センチの大人サイズ。
もう夏休みは終わったけれど、今月のお稽古で着るので、早くなんとかせねばdashP1250569肩揚げだけで、身長130センチの娘が着られるようにと思ったけど、甘かったcatface
着丈が長過ぎて、おはしょりがもたつくのだsweat01汗っかきのアトピーっ子には暑かろうと、20センチカットhairsalon背中心もずれていたので、気持ち程、おくみを15センチから13センチにしてみるhairsalon長くて気になっていた衿先も、その分短くなった。P1250897今回は、140センチの姪っ子に作ったミシン着物が戻ってきたので、それと比べながら、そして、途中何度も娘に羽織らせながら、サイズを微調整。緻密な計算は苦手だcoldsweats01P1250885完成&試着happy01ちょっと大き目だけど、来年の夏には、もっと背が伸びてるハズ。P1250905後ろ姿も。肩幅いっぱい肩揚げをしている。P1250904さて、カットしたハギレで、浴衣とお揃いのシュシュとくるみボタンを作ってみたhappy01P1250898くるみボタンはヘアゴムにして、半幅帯の飾り結びにも使えるかもnote

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »