フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 大人の浴衣をこどもサイズに | トップページ | たらい舟体験♪ »

2015年9月 4日 (金)

「大江戸りびんぐでっど」

八月の月イチシネマ歌舞伎は、宮藤官九郎さん作・演出の「大江戸りびんぐでっど」。
夏休み最終日に親子で行こうと盛り上がっていたのに、予告動画で障子からゾンビ達の手が一斉に出て来るシーンを見たビビリの娘が辞退したので、新学期が始まり、一人で中洲大洋へ行ってきた。Img001_2舞台は、江戸時代。冒頭のくさや売りのシーンから、もう笑いっぱなしhappy01
くさや汁を浴びた死人が、「ぞんび」として生き返り、噛まれた人間も「ぞんび」になってしまうsweat01
臭すぎて、鼻の存在を危うくするから、「存鼻」だそう(笑)

染五郎さん演じる半助は、体にくさや汁を塗ると、襲われないことを見つけ、ぞんび達を派遣として働かせる商売を始め、繁盛する。次第に、ぞんびに仕事を奪われた人間の不満が爆発して・・・というお話。

皆で踊るシーンは、マイケル・ジャクソンのスリラーみたいnote
斜め45度の三津五郎さんのキャラがイイ。七之助さん、やっぱり美しいわあconfident
ぞんび第一号の新吉(勘三郎さん)が登場し、まさかの展開に・・・。
出演者がとっても豪華で、あっという間の1時間43分。
今回のスタンプは、娘が怖がった障子のシーン。 P1250975九月のシネマ歌舞伎は、泉鏡花特集。
玉三郎さんと海老蔵さんの「海神別荘」が楽しみでならんなhappy02

« 大人の浴衣をこどもサイズに | トップページ | たらい舟体験♪ »

伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/61448637

この記事へのトラックバック一覧です: 「大江戸りびんぐでっど」:

« 大人の浴衣をこどもサイズに | トップページ | たらい舟体験♪ »