フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

美の国日本展

九州国立博物館で開催中の「美の国日本」展を観に行った。
山笠期間中、大丸エルガーラ前で「美の国日本」の飾り山を見た時から、楽しみにしていた。
まさか、博物館であの飾り山と再会できるとはsign01

今回、気になっていたのは、縄文時代の遮光器土偶と火焔型土器。そして、11月3日までの正倉院宝物の螺鈿の琵琶。
最初に展示されていたのは、遮光器土偶。実物を見られて、感無量。
ちなみに、文化交流展示室でも土偶がいくつかあったのだけど、同じ日本でも東と西で作風が大違い。というか、西は省略し過ぎた感があり笑えたcatface05_5火焔型土器は、抜群の存在感で、力強い。06_3入口からず~っと辛抱強く列に並んできたけれど、正倉院宝物の琵琶の列には目眩がしたsweat01
少し離れて見た琵琶は、背面の方に強く惹かれた。螺鈿の唐花の装飾を目にした瞬間、鳥肌が立った。表から見えないところもこんなに凝っているなんて、すご過ぎる。
琵琶袋の残欠も素晴らしい。文化交流展示室の方には、琵琶袋に納められた琵琶もあって、先程の残欠を勝手にイメージしてみるnote

重源上人坐像は、すごくリアルで見入ってしまう。「重源の郷」がある山口県出身の私は、飾り山に重源上人のお姿を見つけて、これも楽しみにしていた。40_2琉球国王の玉冠もよかった。細工も素晴らしいけど、黒の地に縮緬を使っているなんて驚きだ。54_2国宝も多く、贅沢な展示だった。高野切もよかった。
個人的には、西区今津にある誓願寺盂蘭盆縁起(栄西さんのお筆)の実物が見られたことに感激した。割と近くにある国宝なのに、レプリカしか見たことがなかったのだ。
今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

太宰府天満宮に参拝すると、11月からの菊花展の準備中。糸菊の美しいことconfidentP1260958_2こちらに相撲部屋があることは聞いていたけど、こうして幟を見ると、実感する。P1260970_2このブログも最近は、九州場所関連のアクセスが増えている。
そうゆう私は、豊真将と旭天鵬が引退したため、今年はテンション低めなのだ。

2015年10月25日 (日)

着物で寄り道~ハッピーハロウィン~

今日は、親子茶道教室のお稽古日。
箱崎宮前駅で地下鉄を下りると、骨董市で賑わっていた。筥崎宮蚤の市だそう。P1260832茶道会館の前にもお店がビッシリ。
初めて見る光景に興味津々で、お稽古の帰り道、娘とフラッとのぞいてみた。P1260835古布の針山を200円でゲット。これで、ちりめん細工作りも気分が上がるハズ。
娘はビーズの小物を三点選んだ。P1260900ランチも兼ねて移動した天神では、天神コアの変わりように目を見張りつつ、目指せ四階dash
ハロウィンの撮影スポットがあるのだ。
マイカチューシャ(いや、娘のだけど)を持参したけど、貸出用も色々あるじゃんcoldsweats01P1260844ドラキュラなのかsign02化け猫なのかsign02P1260837恥ずかしがる娘が意地でも撮らせてくれないので、(しぶしぶ)イムズへ移動。
ここでも、撮影スポットに母がはしゃいでいると、腹ペコの娘が大激怒annoy
お昼は、うちのアレルギーっ子御用達、「峠の玄氣屋」へ。機嫌が悪いと、行儀も悪いangryP1260875_3さて、腹ごしらえをしたら、撮影タ~イムnoteP1260871母も負けてません。P1260860PLAZAでは、店員さんに「TRICK OR TREAT」と声を掛けて、ガイコツのラムネを頂いた。
内弁慶な娘が、はにかみながらも声を掛けられたことにビックリしたけど、お菓子の怖さにもビックリだよeye食べるのに勇気がいるなあcoldsweats01P1260905九州造形短大のイベントもあり、缶バッジ作りの体験をさせて頂いた。P1260878娘の作ったSAKANAバッジのゆるさにニヤリsmileP1260911天神地下街の「カランコロン京都」では、臙脂色の鹿の子の傘に一目惚れlovely
雨の日の和装にピッタリ。いい買い物したなあ。P1260930_2<本日の着物> 葉っぱ小紋に合わせた名古屋帯は、西陣織(弥栄織物)の唐花文様。P1260894娘のキモノは、私が姪っ子姉妹に作ったミシン着物のお下がり。
白地に水色の梅模様に綿麻の兵児帯。P1260883妹用のこのキモノは、娘には既に対丈。お稽古でお抹茶をこぼしたけど、全然気にならないのだcatface

2015年10月20日 (火)

賑やかな七回忌

日曜日は、祖母の七回忌だった。娘と二人で、山口へ帰省した。
新幹線を下りて、乗り換えた在来線は、車体の色が変わっていた。
山口のガードレールの色みたいsmileP1260762法要でご住職が、亡くなった人は菩薩となって、姿を変え、私たちを助けてくれているというようなことを話されたのが心に残ったconfidentお花は孫一同より。P1260787お墓参りから帰る途中、氏神様のお祭りのお神輿とすれ違った。
祖母が亡くなったのもお祭りの日で、協賛金を出していたと初めて聞いた。
いいタイミングで、お神輿とすれ違ったねhappy01P1260763食事会は、海のそばのお店。お魚が美味しかった。
久々に会った子ども同士、仲良く過ごしていた。P1260766前回、三回忌で初めてカラオケをした子ども達は、今回もカラオケを希望。
小学生女子二人が歌ったのは、「千の風になって」。法事にピッタリの選曲ねnotes
幼稚園児は、指揮者として参加。
賑やかなことが好きだったひいばあちゃんも喜んでくれていることでしょうhappy01P1260773親族が各地から集まったので、たくさんお土産を頂いた。
名古屋の伯父のお土産は、いつも「両口屋是清」製。
尾張名物の麩まんじゅう「三喜羅」も美味しく、ひと箱ペロッと平らげたP1260794この秋、結婚するいとこのお相手に会えたので、博多織のリングピローを手渡しすることができた。お嫁さんも喜んでくれたようで、なによりconfident

七回忌の記念にと、叔母から甥っ子姪っ子全員に金封袱紗が贈られた。P1260790学校行事で参加できなかった妹が遅れてお参りに来るので、遅めの新幹線で帰宅した。
お陰で、叔母の家で使っていないのがあればと尋ね、茶道をしている娘にはお茶碗、私は書道用の熊野筆も頂いちゃったcatfaceP1260800どれも大事に使わせて頂きま~す。

2015年10月17日 (土)

博多織のリングピロー

この秋は、いとこが兄妹揃って、ひと月違いで結婚するのだ。
新郎&新婦の母である叔母から、リングピローを作って欲しいと頼まれた。
私が神前式で、何やらそんなものを作っていたことを思い出したそうだsmile

近所に博多織の工房があるお陰で、ハギレも色々あるので、博多織で作ることに決めた。
それに、福岡に嫁いだいとこの姉ちゃんらしくて、いいかなと。P1260690イメージは、白地の土台に紅白の几帳結び。それに(先週dash)覚えたばかりのつまみ細工の松竹梅を加えることにした。アジアンコードとビーズ、水引以外は、全て博多織。P1260700アジアンコードは、近所の手芸店では1mmの細いタイプしかなく、ネットで2.5mmを購入。
画像では色みがよくわからないので、赤と白に加え、朱色をセレクト。P1260685パーツが出来たら、今度は配置に試行錯誤。P1260697自分の時は白のちりめんに既製品の梅のちりめん細工と房を縫い付けただけの簡単なものだった。
今回は手間が掛かった分、それらしく仕上がった(と自画自賛)smileP1260753結婚するいとこが、まだ幼稚園児だった頃、私は高校生だった。「英姉ちゃん、相撲しようhappy01」とか「学校に遊びに行こうnote」とか言って、一緒に遊んだなあと懐かしく思い出した。
あれこれ悩みながら、作るのも楽しかったconfidentラッピングも和紙と水引で、純和風に。
幸せのお手伝いができて、光栄だった。P1260758さて今回、改めてリングピローについて調べてみた。
赤ちゃんが生まれたら、ファーストピローにすると、幸せになれるという言い伝えがあるそうだ。
ありゃ、私が当時作ったリングピローは、リカちゃん人形サイズの枕じゃん(爆)
只今、リングピローに興味津々の娘が、この事実を知った時の反応は・・・ご想像にお任せしますcatface

2015年10月16日 (金)

ようこそ藤崎へ

二学期に鹿児島から転入してきて、親子で仲良くさせてもらっているお友達が、福岡で行きたいところは、藤崎だと言う。
ならば、行こうnote独身時代と結婚後の一年半、この辺りで過ごしていたので、ご案内しま~すhappy01
地下鉄藤崎駅で下車し、まずは「ふとんのタカオ」へ。こちらで買うようになり、かれこれ20年。P1260722ワゴンのタオルは、ウォッシュタオルが98円、フェイスタオルが198円。値段は普段もこんな感じだけど、この日はセール期間中で、かわいいタオルが次から次に追加されるので、皆テンションが上がるupまあ、保冷ポーチ付きのミニタオルは、驚きの48円ですってmoneybag汗っかきの子どもにピッタリ。ジャッキーのポシェチーフも98円。いい買い物をして、清々しい気分だ。P1260740タオルを親族の分までまとめ買いした友達は、レジでの枚数に9がつくのがちょっと気になるとか言いつつ、お会計はゾロ目の四ケタ。持ってるわ~smileしかも、枕も買いたいと帰り道に再び寄ることに。両手に大荷物で、「欲と道連れ」の図であった。

「博多長崎屋」では、銘菓「元寇防塁」をオススメ。やわらかくってモチモチしてて、クルミが効いてて美味しいの。鎌倉時代に築かれた元寇防塁もこの近くで実物を見られるのだけど、それはまたの機会に。他にも、美しい季節の和菓子などもあって、目移りしてしまったsmileP1260725西新まで歩きながら、閉店セールをしているという噂の手芸店「西沢」へも寄る。
私は、つまみ細工用のちりめんとフクロウの布をお安くゲットnote
皆、それぞれお目当てのものを買うことができた。
また、友達が一度食べて忘れられない味だと言うキムチのお店も運良くわかった。
買い物した八百屋さんから、目と鼻の先の「横山商店」だと判明。

ランチは、彼女の「藤崎で行きたいお店リスト」に入っていた「粉屋」へ。
ここのパスタは久々で、私も嬉しいdelicious
注文したのは、栗カボチャときのこのフェトチーネ。P1260726_2この日の主役の友達は、すっかり藤崎が気に入ったようで、なによりですhappy01
藤崎から西新までを往復した三人の珍道中は、8,937歩。
最近、あちらこちらから金木犀のいい香りが漂ってくる。歩いていて楽しい季節。

<本日の和菓子> 博多長崎屋さんの「元寇防塁」P1260734娘も大好きで、父ちゃんの分まで食べてしまったcoldsweats01

2015年10月15日 (木)

つまみ細工に挑戦!

手芸が趣味の近所の友達に誘われ、彼女のご自宅でつまみ細工に挑戦した。
つまみ細工は大好きだけど、私にとってそれは買うもの。
夏に始めたばかりの友達がテキストにしていたのは、私も数本簪を所有しているつまみ細工の作家さん、hong presentsさんの本shine
(仕上がりの出来は置いといてcatface)こうゆうのが作れるなんて驚きです。

まず、基本の丸つまみと剣つまみの二種類を教えてもらう。
待つことが苦手な私に乾くまで待つことは、思いのほか試練であったcoldsweats01P1260554さて、初日に作ったのは、剣つまみの花とバラ。
バラは、ブローチにすることにした。P1260563楽しくて、すっかりその気になり、帰宅してからも色々作ってみるnote
生地は、ちりめんの他、博多織のハギレでも試してみた。
しかも、自宅にピンセットがないので、折って作るのだ。
秋色の大人テイストなブローチもいいし、お正月の飾りもいいかも。
上手になったら、反物のハギレで作って、着物とお揃いの髪飾りというのも憧れるconfident
おお、夢は膨らむ。

娘の日舞用に、下がり藤のかんざしを作ることにした。
七五三の時に買った下がり藤は、私が浴衣でも使えるようにと小振りなものを選んだのでcatfaceP1260728ああ、いつか私の藤色の振袖を娘が着る時にもピッタリやん。う~ん、妄想も止まらないcatface

2015年10月14日 (水)

ゆったり過ごす能楽殿

今日は、能を習っている友達に誘われ、住吉神社能楽殿へ行って来た。P1260703_2普段はなかなか入る機会がないけれど、戦火をくぐり抜けたこの年季の入った能楽殿が好き。
舞台もピッカピカで、鏡板の松が水鏡のように映っているshineP1260711_2床下に甕が置かれているそうで、音響がいいという。
特に、大鼓の「カーン」という乾いた音が、よく響いたconfident
午後からなので、最初から最後まで、畳の上でのんびり過ごした。
能を習っている友達が一緒なので、途中で色々教えてもらえるのもありがたい。
日に当たりながら聴くお囃子は心地よく、途中少しウトウトしてしまったcoldsweats01P1260710_2この日は、境内でイベントがあり、黄色い提灯がハロウィンみたいだった。P1260719_2<本日の和菓子> 友達に頂いた「加賀の白峰」。P1260721_2クルミの佃煮は、初めてのお味delicious

2015年10月12日 (月)

シネラ「父は家元」

福岡市総合図書館の今月のシネラは、アジアをテーマにしたドキュメンタリー映画。
遠州流茶道の「父は家元」を観に行ってきた。Photo_4映画の語りは、13世お家元・小堀宗実さんの次女の小堀優子さん。
茶道宗家の営みが、月毎に流れるので、客席に居ながら、四季折々の美しさや、脈々と続く伝統文化を感じることが出来る贅沢な映画だったconfident

流祖の小堀遠州について、私が知っていることは、大名茶人ということだけcoldsweats01
将軍家の茶道指南役で、建築家としての一面もあったとは!幕府の作事奉行(建設大臣のようなものらしい)として、駿府城や名古屋城などを担当したそうだ。

映画の冒頭に、ビルの24階(最上階)に作られた、明るく開放的なお茶室が出てくるのだけど、日本庭園まであってsign01のっけからビックリeye天空のお茶室っていう感じ。お家元が監修されたそうで、三津五郎さんが招かれていた。夜のお茶室もまた素晴らしいんだろうなあ。

お家元が監修されたお茶室の照明器具に、LEDを仕込んだ竹筒があった。竹が光る仕掛けは、まさに竹取物語shineとっても素敵な演出だったconfident
監修される茶室を現場で指揮するお姿は、建築家のよう。
仏壇の「はせがわ」銀座店の黄金の茶室が紹介されていた。川端商店街の本店には、プラチナの茶室があるので、もしやと思って確認すると、やはりお家元の監修だった。はせがわ文化サークルで、このプラチナのお茶室でのお茶会があると知り、いつか行きたいと思ってたけど、今は創業の地・直方店に移されているそう。残念despair

また、遠州流では書を大事にし、家元は定歌の書体で書き、茶碗には歌銘がつくことも知った。茶道の所作もとても興味深かった。

遠州流を学んでいる友達が、お家元からお稽古を受けている。
時折、彼女から聞く「綺麗さび」という美意識が、少しだけわかったようなsign02気がする。
次回会った時に聞いてみたいことが色々あるなあ。

お茶を習っていた20代の頃は、春と秋の合同茶会で、他の流派のお茶席に行くのが楽しかった。遠州流もあったハズ。久し振りに参加したいなあ。

映画の中で、お茶を点てるシーンが何度も出てきて、釜に柄杓の湯を戻す音や茶筅を振る音、釜の湯気を見てると、無性にお茶が飲みたくなったので、帰りに寄り道。

<本日の和菓子> 石村萬盛堂の栗塩豆大福。P126056611月のシネラは、高倉健特集。「ゴルゴ13」を高倉健が演じていたとはsign01映画は、イランで撮影されたそう。気になるなあ。

2015年10月10日 (土)

香椎宮勅祭

全国16社ある勅祭社の一つで、福岡のパワースポットとも言われる香椎宮。
10月9日は10年に一度、天皇からの使者が遣わされる勅祭が執り行われた。
一度参拝したかった香椎宮。この日を逃すテはないわ。
参道の並木道のバス停は、「勅使道」という名前。歴史を感じさせる。P1260571天皇からの使者をお迎えする神事を一目拝見しようと、既に大勢の参拝客。
菊の御紋の入った唐櫃が、神々しい。P1260576次いで、雅楽の楽師に関係者。P1260583最後に一般の参拝客が後に続いた。P1260587最初の勅祭は、天平9年との記録があって、今回で109回目だそう。
(おお、10月9日で109回目sign01いい時に来たわsmile
この日、ご一緒した友達と、10年後も見に来ようと話したりして。P1260607斎行中は、中門から先は入場できない。しかと閉じられた扉が、厳かな感じ。
中から雅楽の音色が聞こえてくるconfidentP1260603_2ご神木の綾杉には、すごいパワーを感じた。P1260599神事は一時間半程掛かるので、その間にちょっと散策。P1260642_2楼門の扉には、菊の御紋が彫られている。瓦も菊の御紋。P1260650絵馬堂なども見て回る。金木犀が香る場所もあったconfident
この日はとっても暑く、蝉が鳴いたのには驚き。P1260648暑い中、待った甲斐あり、出て来られた勅使のお姿を近くで拝見することができた。P1260664そして、勅使館に向かわれたのを見届けて、香椎宮を後にした。P1260626暑かったので、お昼はさっぱりしたものを。香椎宮の近くの手打ち蕎麦「不老庵」へ。
至る所に勅祭の幟がはためいていた。P1260673注文したぶっかけそばは、ひょうたん型のトレーで運ばれてきたhappy01P1260679実は、お蕎麦屋さんでも行列で、待ち時間に斜め向かいの綾杉醤油さんへ。P1260675_2よりどり三本お試し醤油を買ってみたnoteP1260686_2周辺のお店も気になることだし、「香椎造」と言われる重要文化財の本殿も拝見できなかったし、香椎宮には改めて参拝したいな。

2015年10月 6日 (火)

魔法の美術館

福岡アジア美術館で開催中の「魔法の美術館」。
週末の学校行事の代休の月曜日、娘と幼馴染みのお友達を連れて行って来たhappy01P1260516子ども達が一番楽しんだのは<Splash Display>。動き回る光の的にスポンジを当てると、発砲ビーズが舞い上がるのだshine
何度も遊んだし、子ども達の姿が見えなくなったら、ココに並んでいたりしてsmileP1260517ここでは、画面に映るボールをパンチしたり、ヘディングしたり、時にはキックして遊ぶ。P1260480_3自分の顔のキャラクターが箱の中の世界の住人になる<TRANSFORM>で、踊る娘。P1260494_2いいなあ。私なんて、釣られちゃったよ。P1260498_2白い本を持って、物語を探す「がそのもり」。お話が続くので、歩いて探したり、隣りの子に見せてもらったりと楽しい。お話は11あって、これは「浦島太郎」の竜宮城。P1260425ちょっと油断すると、すぐいなくなる二人組を探しながら、一人で遊んでみた。
自分の体のピクセル数が変化するのが面白い<Pixelman>。P1260453この画面、一人占め~。「色のある夢」にて蝶と戯れる草乃江の巻。P1260509ハッピーハロウィ~ンnote既にモザイク不要だけど、このくらいは、まだ序の口。P1260527子ども達が一番ウケたのがこれ。我ながら、怖すぎる~sweat01
娘もお友達も、割とカワイイ仮装だったのに・・・。P1260530あまりにお目汚しだったので、最後に美しい写真をどうぞsmileP1260433鳥の羽根がフワフワと風に揺れる「シークレットガーデン」。
アジ美の「魔法の美術館」は、10月18日(日)まで。

沖縄展とオカリナの調べ

日曜日は、娘と住吉神社能楽殿へ出掛けた。
博多駅に着くと、イベントスペースでは何やら賑やかな様子。沖縄物産展だった。
着物好きの私が気になったのはコレsign01琉球衣装の着装体験happy01P1260350母の順番待ちの間に、娘はサンドアートに挑戦。P1260341キレイなブルーのボトルが完成。しかし、ちっきり詰めてなかったので、この後混ざってしまったけれど、それはそれでまた楽しcatfaceP1260344沖縄のお土産を買ったら、住吉神社能楽殿へdash普段は、なかなか入る機会がないけれど、この年季の入った能楽殿は、福岡で大好きな場所の一つ。P1260356_2この日は、オカリナ奏者・和田名保子さん主宰の「グランジュテ」の発表会で、クラリネットの原口晃二さんがスペシャルゲスト。P1260550初めて聴いたオカリナは、やさしい音色で、思った以上に高音が出ることを知る。
能楽殿仕様で、皆さん白足袋。

原口晃二さんもタキシードに白足袋姿。桟敷席に下りて来られ、客席を回りながらクラリネットを演奏された。半径1メートル以内で聴くクラリネットの音色に感激notes
写真撮影OKとのことだったけれど、聴き入ってしまい写真はナシ。トークも楽しく、クラリネットを分解して、音の違いの聴き比べもあった。
オカリナ、ピアノ、ギター、クラリネットの演奏は、とっても素敵だったconfident
鏡板を背景に聴くこの特別感。
最後の曲は、客席の生徒さん方も一緒に演奏されたので、周囲からもオカリナの音色が響き、迫力あった。P1260359_2能楽殿を出る頃には、灯りが灯り始めていた。
毎日、リコーダーの練習をしている娘も何か感じてくれたかな。

2015年10月 1日 (木)

シネマ歌舞伎「海神別荘」

九月の月イチシネマ歌舞伎は、泉鏡花特集で、「海神別荘」と「高野聖」。
中洲大洋に「海神別荘」を観に行った。
最初に、玉三郎さんが泉鏡花について語るシーンがあった。
スーツ姿や着流し姿の玉三郎さんも見られて得した気分heart04No16_kaijin_4父親が、海底の宮殿から娘の身の代として富を受け取り、海に捧げられた美女(玉三郎さん)。
白い龍に乗り、黒潮の騎士に囲まれて、海神の世継ぎ・公子(海老蔵さん)に輿入れする様子は、幻想的で美しい。その様子を占いの水晶玉みたいなもので見て、そわそわして待つ公子が、無邪気でかわいいhappy01スキップまでしてた。

自分は死を覚悟していたけど、生きている。この姿を故郷の父に見せたいと願う美女。
公子から贈られて、身につけている宝石も人に見られないでは価値がないと言う。
公子は、美女がもはや人間ではないこと、娘より富を選び、妾を囲って暮らしている父になぜ会いたいのかと止めるのだけど、人間には情愛があり、どうしてもと美女は陸へ行く。
しかし、人間には美女の姿が大蛇に見え、父親に鉄砲を向けられ、海に戻って絶望する。
ついには公子の怒りを買い、まさに斬られようとするその時、初めて公子の美しさ・気高さに気付き、最後はハッピーエンド。

玉三郎さんのお美しいことlovely衣装も舞台装置もハープの音色も素敵で、海底のファンタジーのようでもあったけれど、海底の公子と人間界に未練を残す美女のやりとりの意味が深く、人間の目から見た価値観について考えさせられた。

シネマ歌舞伎では、もう何度も観ている玉三郎さん。来年の二月は、博多座にいらっしゃる玉三郎さんの舞台を生で観てみたいなあconfident泉鏡花も読んでみたくなったぞ。

今回で、中洲大洋のスタンプカードが五つたまったので、映画が一本観られるのだhappy01
何を観ようかなあ。「黒衣の刺客」がいいかなあ。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »