フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 着物で寄り道~ハッピーハロウィン~ | トップページ | ハッピーハロウィンウェディング »

2015年10月30日 (金)

美の国日本展

九州国立博物館で開催中の「美の国日本」展を観に行った。
山笠期間中、大丸エルガーラ前で「美の国日本」の飾り山を見た時から、楽しみにしていた。
まさか、博物館であの飾り山と再会できるとはsign01

今回、気になっていたのは、縄文時代の遮光器土偶と火焔型土器。そして、11月3日までの正倉院宝物の螺鈿の琵琶。
最初に展示されていたのは、遮光器土偶。実物を見られて、感無量。
ちなみに、文化交流展示室でも土偶がいくつかあったのだけど、同じ日本でも東と西で作風が大違い。というか、西は省略し過ぎた感があり笑えたcatface05_5火焔型土器は、抜群の存在感で、力強い。06_3入口からず~っと辛抱強く列に並んできたけれど、正倉院宝物の琵琶の列には目眩がしたsweat01
少し離れて見た琵琶は、背面の方に強く惹かれた。螺鈿の唐花の装飾を目にした瞬間、鳥肌が立った。表から見えないところもこんなに凝っているなんて、すご過ぎる。
琵琶袋の残欠も素晴らしい。文化交流展示室の方には、琵琶袋に納められた琵琶もあって、先程の残欠を勝手にイメージしてみるnote

重源上人坐像は、すごくリアルで見入ってしまう。「重源の郷」がある山口県出身の私は、飾り山に重源上人のお姿を見つけて、これも楽しみにしていた。40_2琉球国王の玉冠もよかった。細工も素晴らしいけど、黒の地に縮緬を使っているなんて驚きだ。54_2国宝も多く、贅沢な展示だった。高野切もよかった。
個人的には、西区今津にある誓願寺盂蘭盆縁起(栄西さんのお筆)の実物が見られたことに感激した。割と近くにある国宝なのに、レプリカしか見たことがなかったのだ。
今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

太宰府天満宮に参拝すると、11月からの菊花展の準備中。糸菊の美しいことconfidentP1260958_2こちらに相撲部屋があることは聞いていたけど、こうして幟を見ると、実感する。P1260970_2このブログも最近は、九州場所関連のアクセスが増えている。
そうゆう私は、豊真将と旭天鵬が引退したため、今年はテンション低めなのだ。

« 着物で寄り道~ハッピーハロウィン~ | トップページ | ハッピーハロウィンウェディング »

ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/62271060

この記事へのトラックバック一覧です: 美の国日本展:

« 着物で寄り道~ハッピーハロウィン~ | トップページ | ハッピーハロウィンウェディング »