フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 着物二十年② 家族の行事編 | トップページ | 着物二十年④ 30代&40代編 »

2015年12月12日 (土)

着物二十年③ 娘と楽しむキモノ編

三才の七五三で、すっかり着物が好きになった娘。
私が着物で出掛ける時、自分も着物を着る~annoyと30分も床に寝そべって大泣きした程。P1020906私の子ども時代のアンサンブル(祖母が仕立ててくれたウール)は、どうやら虫食いで処分された模様sweat01晴れ着は普段に着るものではないし、浴衣は季節外れとなだめ、キモノメロディカで「ちどりこさん」のコドモキモノを買った。
念願の普段着キモノ第一号は、千鳥格子のウール。
帯は綿麻で、私が縫ったものを合わせた。足元はタビックス。冬はブーツで楽しんだ。P1040232春になったら着られないので、母ちゃんも頑張ってミシンに向かう。
普段着キモノ第二号は、ダンガリー。大きめに作ったので、これは長~く着られるのだ。P1040325このキモノを作ってからは、よくお出掛けするようになった。
博多織のハギレで作った兵児帯を合わせて。P1090764_2お揃いのラベンダーのショールをまとい、福岡城でお花見cherryblossomP1050208_2京都から舞妓さんがいらっしゃるイベントでは、投扇興にチャレンジした娘が、まさかの一投目で成功note母ちゃんは笑い崩れてしまったけど、舞妓さんは笑っても品がいいわあshineP1040366普段着キモノ第三号は、しじら織り。夏は浴衣で、単衣の着物としても長く着た。P1060382安産祈願の腹帯で作った肌襦袢が小さくなったので、袖をつけ、うそつき襦袢にして、もう少し着てもらおうかねsmileP1200948夏は、浴衣で博多祇園山笠見物happy02明け方の追い山ならしに行くことも。
近所の神社の夏越祭は、今年は友達と楽しむようになり、成長を感じる。P1070150本当は、主人にも着物を着て欲しいけど、汚すので(子どもかsign02)今のところ、父ちゃんは夏の甚平だけcatfaceP1080977大きめに作り、四年着たしじら織りも、ついにダサ過ぎsweat01と感じるお年頃になった。
お稽古着にすると、文句ブーブーpout
手拭いで縫ったペンギンの兵児帯は、姿見カバーとして再利用されることに。P1150241_2夏の終わりにお安く買った大人のプレタ浴衣を子どもサイズに直してみた。
これで三年位着られるハズsmile私のピンクの半幅帯を娘に譲る時が来たようだ。P1260049小学生になり、親子でお茶会のお運びをする機会もぼちぼち出てきた。
母は、粗相をしないかヒヤヒヤしながら見守ってるけど、本人は楽しそうnoteP1180324親子茶道教室では、道中はタビックス、お稽古は白足袋で。P1190995今年は、姪っ子達に作ったミシン着物が二枚お下がりで戻って来た。
お稽古帰りに、単衣でハロウィンnoteP1260873お正月は毎年、着物で。七歳の七五三の四つ身をサイズ直しをしながら着ている。
化繊のプレタで、洗えると思うと、気兼ねなく着ることができるのだsmileP1110810娘に譲る着物第一号は、ピンクの鮫小紋と決めている。
あと数年で、着られるようになるかなあconfident

<番外編> 兵児帯の余り布の綿麻で作ったリカちゃんの普段着キモノ。P1110020最近は、娘につまみ細工の髪飾りを作るのが、楽しい母である。

« 着物二十年② 家族の行事編 | トップページ | 着物二十年④ 30代&40代編 »

着物(子ども)」カテゴリの記事

着物(袷)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/62408165

この記事へのトラックバック一覧です: 着物二十年③ 娘と楽しむキモノ編:

« 着物二十年② 家族の行事編 | トップページ | 着物二十年④ 30代&40代編 »