フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 黄金のアフガニスタン展 | トップページ | 小学生のバレンタイン »

2016年2月13日 (土)

太宰府梅酒まつり

九州国立博物館で「黄金のアフガニスタン展」を観た後は、大宰府天満宮へ参拝。
飛び梅は三分咲きか。P1290642_2さて、今回のもう一つの目的が、境内で開催中の梅酒まつりhappy01
空腹で飲まないよう、まずは境内の奥のお店で軽~く昼食。P1290644西鉄のお得な太宰府切符「きっぷら」を見せると、梅酒まつりのチケットが前売り料金になった。
入場前にウコンゼリーを頂き、準備オッケーです。P1290667いざ入場。150種類の梅酒が、30分飲み放題wine
友達とスパークリング梅酒で乾杯したら、一旦別行動で。P1290653何杯飲んだかわからないけど、一番美味しかったのは、「梅申春秋」heart04(兵庫県・西山酒造場)
物販では売り切れと聞いたので、とにかくここで飲んでおくべし。P1290662「しらうめの庭」(福岡県・白糸酒造)も同じくらい美味しくってheart04四杯は飲んだ。
ボトルもお洒落。P1290655意外な組み合わせでは、「八女の緑茶梅酒」(福岡県・西吉田酒造)がインパクト大。
ビックリしたけど、結構好きかも。P1290664合流した友達と、どれが美味しかったか報告し合い、今度は一緒に飲み比べwine
30分じゃ足りんかも・・・なんて言ってたけど、十分であった。
後半は注ぐ量も控えめになり、会場を後にする頃には、陽気な二人の出来上がり~catface
だって、全部ロックだもん。P1290670モチロン梅酒ばかりではなく、梅も愛でてたし、明太クリームコロッケも食べたし、満足じゃ。
お土産は梅ヶ枝餅で、梅三昧の太宰府を楽しんだhappy01P1290674参道で見掛けた茶房に掛かっていた暖簾の紅梅白梅がなんとも風情あるconfidentP1290678そして、行きの西鉄電車乗り場から見えたイムズの手拭い展へ寄って帰る。
吹き抜けに伸びる手拭いの圧倒的な存在感sign01反物みたいな手拭いは初めて見たeye
可愛らしいダルマ柄は、煩悩の数の108と知り、ニンマリsmileP1290690手拭い愛好者のクセに、存じ上げなかった14世・細辻伊兵衛さんのてぬぐいアート展。
織田信長から「永楽屋」の屋号を拝領した後、日本最古の綿布商として400年の長きに渡って続けておられるそうだ。九州初登場。P1290695反物の手拭いで仕立てた単衣の着物は、展示の仕方も素敵shine
私もミシン着物を縫うので、これには興味津々。
他にも手拭いを使った斬新なお茶室などもあり、とっても楽しい展示だったけど、梅酒まつりの帰りで、いい気分なのを悟られぬよう、真面目な顔して見て回り、そそくさと後にしたのである。
「14世・細辻伊兵衛てぬぐいアート展」は入場無料で、15日(月)までdash

« 黄金のアフガニスタン展 | トップページ | 小学生のバレンタイン »

日記」カテゴリの記事

コメント

楽しかったね〜✨
あ、例のあれ。
検索したらソフトエクレアがヒットしたよ〜😀

>ゆきえちゃん
楽しかったね!よく飲んだわ。
ソフトエクレアね、ありがとう。
検索したら、そうだった!懐かしい~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/63920330

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰府梅酒まつり:

« 黄金のアフガニスタン展 | トップページ | 小学生のバレンタイン »