フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

色彩の奇跡 印象派展

週末は、福岡県立美術館で開催中の「色彩の奇跡 印象派展」を家族で観に行った。P1310070ゴッホの「アルルのはね橋」もよかったけれど、好きだったのは、マネの「アスパラガス、静物」。遠目では白ネギに見えたその絵にすごく惹かれた。 モネの「エトルタ海岸の漁船」は、断崖と荒波が印象的。Img084_2点描画といえば、スーラとシニャックしか知らなかったけれど、他にも色んな点描画が見られた。中には、タイル画みたいな絵もあって、好みだった。
P1310068出口では、有名な画家の皆さんがお見送り。 人もさほど多くなく、程良い展示数なので、子連れで観てもちょうどいい感じだった。

2016年4月21日 (木)

殿、利息でござる!

「殿、利息でござる!」の試写会が当たり、Tジョイ博多へ観に行った。主演の阿部サダヲさんと中村義洋監督の舞台挨拶を楽しみにしていたけど、残念ながら中止となった。Img083舞台は江戸時代、重い年貢で夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿。貧困にあえぐ町の将来を案じる穀田屋十三郎(阿部サダヲさん)が直訴しようとするところから始まる。
彼を止めた知恵者の菅原屋篤平治(瑛太さん)のアイデアで、一世一代の大勝負に出ることにsign01
それは、千両を集めて(今の金額で三億円)お上に貸し付け、利息を取って、年貢を取り返すという逆転の発想flair
しかも、儲け話なんかではなく、純粋に町を救うため。ばれたら打ち首ものなのだ。
そして、言い出しっぺの意に反し、事は進んでいくsmile

質素倹約に徹し、家財道具も売り払い、何年もかかってひたすら小銭を貯め続け、ようやく貯まったのに、一難去ってまた一難sweat01
キャストも豪華で、ストーリーに引き込まれる。

さて、十三郎には長男なのに養子に出されたというコンプレックスがあった。
同業の父(山﨑努さん)と跡取りの弟(妻夫木聡さん)との確執が解消するとともに、事態が動き出すのも印象的。

実話なのに、世に知られることがなかったのは、9人の同士には、口外しない、名前を明かさない等の「つつしみの掟」があったため。素晴らしいなあ。

仙台藩主・伊達重村役は、仙台出身の羽生結弦くんshine
水色のお着物に白い袴でちょんまげ姿の結弦くんは、爽やかなお殿様だった。
クスっと笑え、ホロリとさせるいい映画だったconfident

2016年4月18日 (月)

熊本地震

この度の熊本地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

避難所などで、支援物資が配られる様子を報道で見る度に気に掛かるのは食物アレルギーのある子ども達のこと。
ここ福岡でも震度4の地震があり、我が家でも食物アレルギーの娘が怯えていました。
東日本大震災では、アレルギーの子どもが避難所で食べたものでショック症状を起こしたケースもあると聞きます。

国立病院機構熊本医療センター(熊本市中央区二の丸1-5)で、小麦や卵を使わない食品の無料配布が始まりました。総合案内のカウンターで、子ども1人につき5つまで無料で受け取ることができるということで、数に限りがあるため、なくなり次第、配布は終了するということです。

避難所も大変混乱していることと思います。
食物アレルギーで食べられないものがある、薬が必要だと施設の担当者にどうぞ遠慮しないで、声を上げてください。

取り急ぎ、アレルギー対応食の配布の件をお知らせします。

<追記>
国立病院機構熊本医療センターで配布されていたアレルギー対応物資は、5月8日をもって終了したとのことです。
日本小児アレルギー学会では、被災時の小児のアレルギー性疾患症状全般(ぜん息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど)について相談に応じておられます。物資がなくお困りの方は、遠慮せずに相談してください。
<被災者相談窓口>
 sup_jasp@jspaci.jp
※必ず、氏名、年齢、性別、住所、電話番号を記入してください。

2016年4月17日 (日)

スーパー歌舞伎ワンピース

昨日は、「スーパー歌舞伎ワンピース」を観に博多座へ出掛けた。
マンガは全く知らないし、どうかなあsign02行くならC席で・・・と思っていたら、あっという間に完売dash
そんな折、千年工房さんから「きものde歌舞伎」先着10名のご案内を頂き、勇気を出して一人分申し込んだnoteP1300811熊本の地震は、日ごとに被害が広がっており、福岡も揺れた。
こんな時に行っていいものかsign02迷いながら向かった博多座。
猿之助さん達も同じ気持ちだったそうで、夜の部は上演前の口上から始まった。
幕間には役者さん達が客席を回って義援金を募られ、猿之助さんも開演ギリギリまで客席に立たれていた。私も微力ながら、三階と一階で募金し、猿之助さんの列に並んだ。P1300815三年前の襲名披露の狐忠信でファンになった猿之助さん。
ワンピース歌舞伎は、マンガを知らなくても楽しめるらしいけど、登場人物が多いし、ついていけるか心配で、ちょっと予習。そもそも「ワンピース」って、ひとつなぎの大秘宝のことで、唯一名前を知っていたチョッパーは、人間の能力を得た青っ鼻のトナカイだったとはsign01劇中では、人形、子役、大人のチョッパーと三度楽しめる。P1310011宙乗りは驚きの斜めのロングコースで、最高に盛り上がるhappy01本水を使った立ち回りも楽しい。
プロジェクションマッピングの演出と音楽で、舞台と客席が一体になった感じ。
猿之助さんのルフィとハンコックの早替わりに、黒子を使ったルフィの手が伸びるシーンなど、見どころもたっぷりnote
印象深かった役は、右近さん演じる白ひげ。薙刀を振り回し戦う姿は、船弁慶の知盛と重なる。
楽しみにしていたのは、猿弥さん。憎たらしい黒ひげから一転、魚人のジンベエはとってもいい親分だった。
マンガの世界観に歌舞伎独特の所作もあって、大いに楽しめた。
四時間の公演はテンポもよく、短く感じた。ワンピース歌舞伎に元気をもらいましたconfident

<本日の着物> 帰りは雨の予報のため、着物は化繊。
縫い締め絞りの帯に、実家の箪笥から持ってきた帯締めを合わせて、新緑のイメージ。P1310035カジュアルコーデなので、バッグは猿之助さんの三つ猿紋ユニクロ歌舞伎トート。P1310007三階鳥屋のそばの席で、宙乗りする猿之助さんのサーフボードの裏に三つ猿紋をしかと見ましたよ。

2016年4月12日 (火)

春のつまみ細工

春のイメージで、黄色の縮緬を使ったつまみ細工を二つ作った。
一つは、好きな菜の花をブローチに。白いジャケットの衿につけている。P1300054もう一つは、娘用に玉バラのヘアゴム。花びらを重ねていくのが難しく、ちょっと失敗。P1300928桜のつまみ細工は今年、出番がなかったけれど、こちらは既に活躍中。新学期から結んでいる。
クラス替えでは、同じクラスになりたかった子と離れ、担任が初めて男の先生になった。
黄色は、コミュニケーションの色。人見知りの娘にささやかなエールを込めてsmile

2016年4月 9日 (土)

ゾロ目の誕生日

今年度は、子ども会の役員になり、今日は初仕事だった。
そして、ゾロ目の誕生日。最近は、自分の年がわからなくなることがあるけど、今年は覚えていられそう。・・・だけど、この先もアラフォーで通しておこうと思いますcatface
さて、今日は主人がバースデイケーキを作ってくれた。
モチロン、アレルギーっ子も食べられる卵不使用。
本当は娘と作る予定だったけど、遊びに行ったきり帰って来ないので、一人で作りましたとさ。P1300975_2夕飯は回転寿司に行き、大好物のサーモンとえんがわを食べ過ぎてしまったdelicious
そして、主人からのプレゼントは・・・指圧グッズcatface
随分と実用的だけど、わかってるなあ。P1300978_3主人曰く、自分も使おうと思ったそうだcatface
慌ただしい一年になりそうだけど、これを使って、コリをほぐしたいと思います。

2016年4月 6日 (水)

ちかまるで巡る花しるべ

春休み最後の今日は、娘と福博花しるべ巡りをした。
地下鉄一日きっぷが休み期間中、子どもは100円のちかまる切符。まずは、中洲川端駅へ。
リバレインの千年工房さんで用事を済ませた後は、インフォメーションで最初のスタンプをゲットnote
次のポイント、キャナルシティへ向かう途中の川端商店街では、某仏具店の前に誕生仏が飾られていた。翌々日は、お迦様のお誕生日の花まつりだと娘に教えていたら、お店の方が甘茶をかけるよう勧めてくださり、甘茶のお接待をして頂いた。ありがたいなあconfident
キャナルシティで、二個目のスタンプをゲットしたら、噴水ショーを見たり、お昼を食べたり、買い物したりと楽しんだ。
博多駅では、JR西日本とJR九州の境界線を見つけるeye
駅構内の新幹線側のグレーのタイルがJR西日本、白いタイルがJR九州。P1300829_2以前、JRはかたシティ学校に参加した時に、博多駅には駅長さんが三人いらっしゃるとお聞きした。(もう一人は、福岡市地下鉄の駅長さん)この境界線のことは最近知って、是非娘と探しに行こうと決めていたsmileP1300831駅前で、花を楽しんだり、イベントを見たりした後は、娘の一番のお目当てポケモンセンターへ。
最後のポイント、警固公園ではガーデニングショーが開催中。P1300847花壇やハンギングバスケットなど、色んなお花が楽しめるhappy01P1300850竹の舟が面白い。P1300915_4ハートの花壇もカワイイ。P1300916マリーゴールドの中を泳ぐトロピカルな魚がツボhappy01P1300912_2そして、スタンプを全部集め、ホークスのペアチケットをゲット。娘は寄付をして、缶バッジも頂く。P1300851さて、歩き疲れた後は、警固神社で足湯に浸かって、ほっこりするconfidentP1300872モチロン、参拝もしましたよ。P1300896色んな花を楽しんだけれど、いつも見られるソラリアの外壁のグリーンもすごく好み。P1300924_2本日の歩数は12,253歩で7,22キロ。よく歩いたな~foot

2016年4月 5日 (火)

嘉穂劇場へ

さて、飯塚では行きたい場所は色々あれど、今回は一か所、嘉穂劇場に絞った。
ここなら、子連れでも楽しめそうだnoteP1300614_2公演のない日は、見学ができるのだ。実は、随分昔にふらっと寄ったことがあるけれど、中に入るのはこの日が初めてhappy01P1300611_2昭和六年落成の国の登録有形文化財の芝居小屋は、江戸情緒たっぷり。
北部九州豪雨で壊滅的な被害にあいながらも、奇跡の復活を遂げたことは記憶に新しい。P1300604_2舞台では、衣装を羽織る体験ができ、娘はピンクのかわいいらしい衣装に赤い傘。
私は鱗文様の衣裳に青の傘で立役をば。花道で(精一杯)見得を切ったつもりsmile楽しい~noteP1300538_2お次は、奈落へ行ってみよう。人力でまわす廻り舞台。P1300546途中、スッポンの場所を確認し、古い公演のポスターを見ながら、地下通路を進む。
博多座で「伊達の十役」を観た時に花道近くのお席だったせいか、早替わりをする染五郎さんが走る音が聞こえ、どうなっているのかすごーく気になっていたのだ。P1300550鳥屋に出た。以前、博多座でガイドツアーに参加した時には見られなかったので、感激。P1300558_3鳥屋の窓から見た花道と舞台eyeP1300559一階後方には、臨監席。芝居の検閲・統制が厳しい時代があり、警察官の監視場所として設けられたそうだ。仇討が上演できない時代もあったとのこと。考えさせられるなあ。P1300555歴史を感じさせる格子天井。P1300593二階客席から見た舞台の様子。座布団の模様が、これまたかわいい。P1300565すずらん灯も一つ一つデザインが異なり、とっても素敵heart04P1300570_2赤いじゅうたんが、よそいき気分noteP1300606石川五右衛門の楼門五三の桐。博多座では、中車さんの五右衛門を観たなあ。P1300576展示室には、小道具などがあって、興味深い。P1300585勘三郎さんの襲名披露公演のポスターもあった。P1300584大入りの額もいい感じ。展示室では、昔の大入袋もあった。P1300607入口の絵看板も趣があって素敵。P1300612「知らざあ言って聞かせやしょう。」なんて口ずさみたくなる弁天小僧。P1300622大人の社会見学みたいで、子どもよりも楽しんだ母であるcatface

2016年4月 4日 (月)

南蔵院のねぼとけ様

先日、家族で篠栗・飯塚方面にドライブしたcar行き先は、南蔵院と嘉穂劇場。
どちらも、以前からすご~く行きたかった場所。まずは、篠栗の南蔵院へ。
大きいとは聞いていた涅槃像。実際に目の当たりにすると、圧巻ですsign01
ブロンズ製の釈迦涅槃像としては、世界最大sign03カメラに収まりきれな~い。P1300447左手の指からは、五色の布が垂れ下がっている。P1300456仏足もとっても大きい。ご利益ありそうな模様。P1300451ねぼとけさまのお顔は、とっても穏やか。P1300461護摩木を買って、胎内巡りができるとのこと。折角なので参拝する。P1300463お砂踏みをしながら進む胎内巡り。参拝後は、渡された羽根で枡入れにチャレンジ。P1300465続いて、本堂を参拝。孔雀の欄間も素晴らしかった。P1300490本堂前から眺める桜がキレイconfidentP1300487_2大黒様のお賽銭箱は、宝尽くし文様のたっぷりとした形。見るからに金運を呼び込みそうhappy01
ご住職が、宝くじで何度も高額当選されたのは有名な話。ご利益ありますようにmoneybagP1300479_2落雷した木には、神様が宿るそうだ。ご神木の雷神様は、雷が走って剥がれた幹に彫られている。P1300506弘法大師が中国から帰国のとき、日本の地に伽藍建立の浄地を求め、空中に投げた三鈷がこの松に掛かっていたという伝説のある「三鈷の松」。
松葉が三本になった珍しい「三鈷の松」を持っていると、福徳円満が叶うそうだconfidentP1300446石の組み方が素敵だった。P1300514_2他にも見どころ満載で、楽しくsign02お参りできた。P1300517出来れば、またいつか再訪したいな。

2016年4月 3日 (日)

お花見日和

昨日は、友達親子と近所の公園でお花見を楽しんだ。
桜は、まさに満開で絶好のお花見日和happy01P1300762子ども達は、紙皿いっぱいにお菓子を盛って、おやつパーティーをしたり、遊んだりnoteP1300780_2お花見弁当は、いなり寿司deliciousP1300785そして、山口土産の最進の塩羊羹で、お花見恒例の野点てjapaneseteaP1300792ポカポカ陽気に誘われたモンシロチョウやテントウムシnoteP1300793マンションの山桜は、散り始め。P1300808今年も桜を満喫した~。・・・でも、つまみ細工の桜の髪飾りの出番はなかったな。
初下ろしは来年かなあcatface

福岡城の夜桜

金曜の夜は、福岡城の夜桜を家族で観に行った。まずは、多聞櫓前のしだれ桜。P1300633まだ見頃には早かったけど、雰囲気は十分smileP1300639青く浮かび上がる石垣が妖しげ。P1300647下之橋御門で夜桜を観るのは初めてだった。P1300658ここは、桜のトンネル~cherryblossomP1300680お城と桜って、なんてよく似合うのconfidentP1300675上之橋御門までは、お堀沿いを歩いて向かう。P1300693ここは、カラーLEDで色んな色に染まる桜が楽しめる。P1300706一番好きだったのは、ブルー。P1300711そして、見上げると満開の桜confidentP1300738_2出店で買った花見団子を食べ歩き。P1300750_2気が付けば、ライトアップ終了の10時までいた。
青空の下で観る桜もいいけど、夜の桜もまた格別confident

2016年4月 2日 (土)

介護でカラーキュービック

母が入院して、早三年。
年に一度、一緒に県内を旅行することはあっても、自宅に外泊sign02したことはなかった。

母は、パーキンソン病14年生で、要介護の身。
動けるのはあと一年くらいだろうから、早く退院し、自宅で(一人で)暮らしたいと考えているようだ。
最近では、病院とのトラブルも増えた。
一月のカンファレンスで、主治医・婦長・リハビリの担当者と私で話し合い、春休みに私が帰省して、自宅での一人暮らしを体験をしてもらうことにしていたのだ。
今回は、母に自分でどのくらい生活できるかをわかってもらうため、私は手を貸さないと決めていた。
短時間でも久々に台所に向かうのは、さぞ気晴らしになったことと思う。

自宅でゆっくり口腔ケアとフットケアをし、色彩心理のキュービック・マムを試してもらった。
「周囲に引きずられ、自分がなくなってしまう」という不安でいっぱいの今の母の気持ちがズバリ表れていたsweat01切ないけど、この外泊で実際に一人で暮らすのは難しいとわかった母。
今後は、帰省の回数を増やすなどし、少しでも母の気持ちが穏やかになるようにしたい。P1300433さて、実家は、たまに帰省した時に掃除をしていたけど、寝具が心配sweat01と思っていたら、近所に住む叔母が数日前から干してくれた。ありがたいconfident
ガスは念のため、止めていたので、開栓は叔母に立ち会ってもらう。閉栓時に支払ったニ泊三日のガス代は数百円。芸能人一万円生活の気分だcatface
母が生前整理で、色んなものを処分しているお陰で、ドライヤーも無く、髪を乾かすのに少々困った。
そして、自治会長さんに挨拶に行き、新年度の自治会費(集金制)を年払いしておく。

長らく人の気配のない自宅にアレルギーの総合商社sign02の娘を泊まらせるのは心配なので、叔母の家に泊まらせてもらうことにしたsmile
一人でお泊まりするのは初めてだったけど、回転寿司を食べに行ったり、庭の花木で花束を作ったり、茶道と書画を嗜む叔母とお茶を点てたり、はがき絵を描いたりと二泊三日楽しく過ごした娘。

帰りの高速バスの中で、「山口の人のいいところは、みんなで助け合うところだね。」などと言っていた。母の姉妹が三人、市内にいるお陰で、車を出してもらったり、掃除をしてもらったりと色々とお世話になった。
今回は、ばあばと過ごした時間は短かったけど、子どもながらに何か感じたことでしょう。
そして私は・・・帰りのバスの中で口を開けて寝ていたと娘に指摘されるcoldsweats01P1300628来た時よりも荷物が増えた娘のバッグの中に、おはじきが入っていた。
きれいな色の懐かしいおはじきは、触っているだけで、なんだか癒されるconfident
次回の介護帰省では、色を効果的に使って、カラーセラピー出来たらなあ。

2016年4月 1日 (金)

ときわミュージアムを楽しむ

さて、ヒスイカズラを一緒に見た友達親子を見送った後は、再び温室へ。
こちらは、TBSの「ひるおび!」で紹介された金運の植物「ヒカゲヘゴ」sign01
私も偶然、その番組を見たのだhappy01P1300229葉が落ちる際に幹に残る小判型の跡を触ると、大金持ちになるという言い伝えがあるそうだmoneybag
小判型というより、つぶらな瞳で笑っているお顔に見えなくもない。
いずれにせよ幸運な感じは十分伝わってくるhappy01ご利益ありますように。P1300224サボテン室には、楽しいサボテンがいっぱい。
まん丸な金鯱(キンシャチ)は、サボテンの王様というだけあって、風格ある姿。
頭の茶色いのが王冠みたいに見える。P1300283まるで彫刻のようなサボテンも。この曲線、美しいshineP1300287可愛らしい花サボテン。P1300268_2娘に「見て~smile」と言われた「鬼に金棒sign02」。どうゆう意味かい・・・catfaceP1300265ラン室では、大好きな蘭の花も楽しんだ。P1300220_2一番上がコアラになったトーテムポールが、いい感じです。P1300316_2屋外では、色んな彫刻が目を楽しませてくれる。P1300218リンゴみたいなバナナとか。P1300323女子が好きそうなウエディングケーキっぽい彫刻とか。P1300327ビーズやバラもかわいくて、思わず連れて来たイーブイを休ませるする娘。P1300330この春、グランドオープンしたばかりの動物園は、時間と体力的な理由で回れなかった。
珍しい猿が見られることだし、今年の内に出直さなくっちゃnote

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »