フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 春のつまみ細工 | トップページ | 熊本地震 »

2016年4月17日 (日)

スーパー歌舞伎ワンピース

昨日は、「スーパー歌舞伎ワンピース」を観に博多座へ出掛けた。
マンガは全く知らないし、どうかなあsign02行くならC席で・・・と思っていたら、あっという間に完売dash
そんな折、千年工房さんから「きものde歌舞伎」先着10名のご案内を頂き、勇気を出して一人分申し込んだnoteP1300811熊本の地震は、日ごとに被害が広がっており、福岡も揺れた。
こんな時に行っていいものかsign02迷いながら向かった博多座。
猿之助さん達も同じ気持ちだったそうで、夜の部は上演前の口上から始まった。
幕間には役者さん達が客席を回って義援金を募られ、猿之助さんも開演ギリギリまで客席に立たれていた。私も微力ながら、三階と一階で募金し、猿之助さんの列に並んだ。P1300815三年前の襲名披露の狐忠信でファンになった猿之助さん。
ワンピース歌舞伎は、マンガを知らなくても楽しめるらしいけど、登場人物が多いし、ついていけるか心配で、ちょっと予習。そもそも「ワンピース」って、ひとつなぎの大秘宝のことで、唯一名前を知っていたチョッパーは、人間の能力を得た青っ鼻のトナカイだったとはsign01劇中では、人形、子役、大人のチョッパーと三度楽しめる。P1310011宙乗りは驚きの斜めのロングコースで、最高に盛り上がるhappy01本水を使った立ち回りも楽しい。
プロジェクションマッピングの演出と音楽で、舞台と客席が一体になった感じ。
猿之助さんのルフィとハンコックの早替わりに、黒子を使ったルフィの手が伸びるシーンなど、見どころもたっぷりnote
印象深かった役は、右近さん演じる白ひげ。薙刀を振り回し戦う姿は、船弁慶の知盛と重なる。
楽しみにしていたのは、猿弥さん。憎たらしい黒ひげから一転、魚人のジンベエはとってもいい親分だった。
マンガの世界観に歌舞伎独特の所作もあって、大いに楽しめた。
四時間の公演はテンポもよく、短く感じた。ワンピース歌舞伎に元気をもらいましたconfident

<本日の着物> 帰りは雨の予報のため、着物は化繊。
縫い締め絞りの帯に、実家の箪笥から持ってきた帯締めを合わせて、新緑のイメージ。P1310035カジュアルコーデなので、バッグは猿之助さんの三つ猿紋ユニクロ歌舞伎トート。P1310007三階鳥屋のそばの席で、宙乗りする猿之助さんのサーフボードの裏に三つ猿紋をしかと見ましたよ。

« 春のつまみ細工 | トップページ | 熊本地震 »

伝統芸能」カテゴリの記事

着物(袷)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/64970453

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー歌舞伎ワンピース:

« 春のつまみ細工 | トップページ | 熊本地震 »