フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

子どもがつくるまち「ミニふくおか」

福岡市は夏休みが短くなり、今日が最終日。
まだ宿題が終わっておらず、朝からピリピリしている我が家ですcoldsweats01

さて、8月23日~25日の三日間、九電記念体育館で「ミニふくおか」が開催された。
毎年気になっていたこのイベント。今年は初めて応募し、娘が参加してきた。

ミニふくおかは、ドイツのミュンヘン市で行われている「ミニ・ミュンヘン」をモデルとした、子どもがつくる仮想のまちで、子どもたち自身がまちの住民となり生活を営み、新たな空間やシステムを作っていくというもの。子ども実行委員会が数か月前から準備をしていたそうだ。P1330584_2受付を済ませた後、ガイダンスを受け、市役所で住民登録をすると、まちの住民となる。
ハローワークで仕事を探したり、大学で学んだりし、銀行で給料をもらう。
そのお金(アイム)で食べたり、遊んだりし、また働いてお給料をもらう仕組み。ちゃんと税金も払うのだ。起業することも可能shineP1330592保護者は入れないので、三階の観覧席から様子を伺っていたけど、保護者向けのエンジョイツアーというのがあり、参加してきたhappy01モチロン、ツアーの担当者は子ども達。
上から眺めているより、子ども達に案内してもらい、実際に見て回ると、まちの楽しそうな様子がよくわかったnote

今年のテーマは、「博多と福岡の文化が交ざりあったツインシティ」。
那珂川をはさんで分かれている商人のまち博多と武士のまち福岡。双子都市として発展してきた福岡市らしさが出ていると思った。ちゃんと中洲まであって、大学が入っていた。
博多には、浴衣の着付け屋さんやおはじき屋さん、福岡にはネイル屋さんや革の店などがあり、お店のテイストもエリアで異なっていた。
まちは日毎に成長しているそうで、参加した最終日が一番飾りつけなどが多かったそうだ。
ペットボトルで作った六角堂は、東長寺にある六角堂かなsmileP1330594アレルギーっ子なので、お昼は保護者席(三階)で一緒に食べようと思っていたけど、娘は11時の開始から終了時間の16時まで、ずっと「まち」で過ごした。
牛丼など、娘も食べられそうなお店もあるなあと上から眺めていたけど、どうしてるやらcoldsweats01
携帯を持たない娘に連絡する術はなく、約束した場所に上がって来るのを待つのみ。

後で聞いたら、結局お昼は食べずじまいで(驚)、働いたお金(アイム)で、ジュースと駄菓子を買ったそうだcatfaceそれだけ~sign02

娘がハローワークに並んでいるところを二回と大学に入っていくところ、行き先が決まらずウロウロしている姿は見つけたけれど、それっきり。どんなお店で何をしたかは、終わるまでわからなかった。
聞けば、縁日で働き、工房で工作をし、大学ではフラワーアレンジを学んだそうな。作品のお花は花屋さんが持っていき、買うこともできたけど、買わなかったとのことcatface

・・・そして、持ち帰ったのは、工房で作った木製のピンのみ。P1330617多額のアイムが使わないまま残っていたsweat01その額29アイムsign01これだけあれば、色んな使い道があったろうにcoldsweats01内弁慶が一人で参加したせいか、ガッツリ回れなかったかな。P1330602でも、楽しかったようで、来年も参加したいと言っておりますsmile

2016年8月27日 (土)

東山魁夷展

今日は、家族と九州国立博物館に「東山魁夷展」を観に行った。
翌日が最終日とあって、想像通りの人の多さ。
さて、一番観たかったのは、唐招提寺の障壁画shine23_3「濤声」には強く心惹かれた。波が、青が、すごく綺麗で、心が洗われるようだconfident10以前、福岡市博物館で「鑑真和上展」を観たのだけど、あの時拝見した国宝の鑑真和上坐像が安置されている御影堂にこの襖絵があるのだと想像してみると、ありがたい気持ちになるconfident25鑑真の故郷、中国を描いた襖絵もよかったけれど、私はやっぱり日本の海や山の風景が好きだなあ。18東山魁夷は、好きな日本画家の一人。襖絵の他にも京都やヨーロッパを描いた絵よかった。
繊細でやさしい絵に癒され、この夏、色々と頑張ったことへのご褒美をもらったようだhappy01

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。
「東山魁夷展」は、明日までですよ~dash

<おまけ> ミュージアムショップでは、宝の石すくいがあり、娘が食いついたsmileP1330604_2色とりどりの石をケースに詰め、蓋が閉まればOK。18個詰めることができたhappy01P1330615_2これで、432円也。お小遣いでいい買い物したねmoneybag

2016年8月26日 (金)

アレルギーっ子のお泊り会&キャンプ

娘がこの夏休みに初めてお友達の家でお泊り会をしたhouse
お父さんが単身赴任中なので、遠慮なくどうぞとのことで、お言葉に甘えたhappy01

食物アレルギーがあり、このテのイベントはちょっと気を揉むのだけど、友達は娘のアレルギーのこともよくわかっててくれていて、家も近いし、安心してお任せできた。
そして、友達から夕飯時の仲睦まじい写真が届いたhappy01
翌日、仕事帰りに迎えに行くと、子ども達から「残業すればよかったのに~sweat01」と言われる位、楽しくて、名残惜しそうだったcatface夜は枕投げをして、遅くまで起きていたそうな。
大変お世話になりました。Securedownload_2この夏はもう一つ、お泊りのイベントがあり、今週は二泊三日のキャンプに参加してきた娘。
糸島を拠点とし、佐賀の七山にも行き、沢登りなどを体験してきたshine

アレルギーがあると、子どもだけで参加させるのは、すご~く勇気がいるのだけど、内弁慶の娘が一人で参加すると言い出したので、ここはどーんと送り出した。
事前に参加者の顔合わせを兼ねた子どもイベントの話し合いがあり、一食は子ども達で決めたメニューの焼き鳥を作ることが決まる。引率の方にもよくよくお願いし、もしもの時の薬セットは、リュックのポケットに入れていることもお伝えした。

娘にとっても親にとっても、チャレンジキャンプ。親元を離れ、初めてテントに寝泊まりし、バーベキューやピザ作り、温泉に肝試しなどをを楽しんだ様子happy01
迎えに行った時、参加者とすっかり打ち解けて遊んでる姿に、キャンプの楽しさが伝わった。
自信にもつながったことと思うし、ひと回り成長して帰ってきたということにしようsmile

<追記> 主催者から写真が送られてきたので、ちょっとだけ載せておく。P1010541母ちゃんもまだやったことがない沢登り。いい経験ができたねhappy01P8210162鳥の丸焼きも美味しそう。皆と一緒に楽しく食事ができてよかったconfident

2016年8月25日 (木)

トワイライトミュージアム

福岡市博物館では、8月27日(土)までトワイライトミュージアムで開館時間を二時間延長し、17時半以降は常設展、企画展示室が入館無料なのだnoteP1330576特別展の「大アマゾン展」は、前売り料金になる。このテの展示は苦手なので、先日、主人と娘だけで観に行ってもらったcatfaceP1330569さて、博物館では総観覧者数が1000万人を達成したそうだ。P1330549娘がキャンプに参加中で、夕飯は手抜きと決め、夕方ふらっと出掛けて来たトワイライトミュージアム。企画展示室では、「九州能面紀行」、「ごちそう日本美術」、「福岡藩の殿様と武士と動物たち」展を観たいと思っていたけれど、これがよかったconfidentP1330580「九州能面紀行」では、芦屋、太宰府、英彦山など九州を舞台にした能に登場する面が興味深い。妖怪・豆腐小僧がナビゲートする「ごちそう日本美術」は、ユーモラスな作品もあって面白かった。数年前にリニューアルしてからは、まだ数回しか行ってない常設展では新たな発見があった。
帰る頃には日も暮れていた。夏ももうすぐ終わりだなあ。

2016年8月24日 (水)

山口三日目

山口三日目の朝は、絵手紙を習っている叔母が、娘にステンシルの絵葉書体験をさせてくれたhappy01絵の具は顔彩。P1330535叔母から娘宛てに届いた暑中見舞いは、同じイルカのシートで作ったものだった。
娘は思うままに二枚完成させたnoteP1330540そして、解体直前に亡き祖父母の家から出てきた70年以上前の伯父の宮参り着を見せてもらう。
市松に唐子文様がとっても素敵shine今、見ても時代を感じさせないなあ。
リメイクしないかと持ち掛けられたけど、下手なことはできないので、とりあえず叔母に預かってもらい、何にリメイクするかのんびり考えようっと。掛け軸がいいかなあconfidentP1330495そして、帰る前に祖父母のお墓参りをした。お墓は、海を見渡せる高台にある。
海辺のお店で、叔母たちと早めのお昼を食べて帰路についたbusP1330542

<本日の和菓子> 小野田銘菓「せめんだる」
かつて、セメントで有名だった小野田。セメントを樽詰めして船積みしていたことにちなんだ最中で、これは一口サイズの「ミニせめんだる」。P1330578もう一人の亡き祖父がその昔、小野田セメントの工場長をしていたこともあり、「せめんだる」はソウルフードならぬ(勝手に)ソウルスイーツsign02

2016年8月23日 (火)

瑠璃光寺五重塔へ

山口二日目は、妹と姪っ子達と山口市へドライブcar行き先は、国宝・瑠璃光寺五重塔。P1330508_2法隆寺、醍醐寺と並び、日本三名塔に数えられている五重塔shineP1330506室町時代、応永の乱で戦死した大内義弘の菩提を弔うために1442年に建立された。P1330514門をくぐってお参りしようとするも、あまりの暑さに側の茶店で一服する。P1330532子ども達は、ここで休んでいると言い出したけど、初めて来た娘だけはお参りさせなきゃ。P1330519知足の手水鉢。吾唯足知(われただしるをたる)P1330526本堂では、上がってお参りすることができたconfidentP1330521本堂の前にある大きなしゃもじとすりこぎは、我が身をすり減らしても、人を救うという仏心を象徴するものなのだそう。丁度居合わせたガイドさんが説明されるのを聞いたsmileP1330530仏足石の側には、さるすべりの花。P1330528_2十数年振りに訪れた瑠璃光寺confident・・・だけど、猛暑の中を歩くのは容易ではなかった。
西の京山口では、他にも行きたい場所があったのだけど断念し、この後はショッピングセンターで涼みましたとさcatface

2016年8月22日 (月)

ときわ動物園♪

週末は母の見舞いも兼ねて、二泊三日で山口に帰省してきた。
春には母とヒスイカズラを見に来たときわ公園、今回はときわ動物園へ「外出」させてもらった。P1330374春にグランドオープンしたときわ動物園は、生育環境展示になり、とっても楽しくなっていたhappy01
特に注目すべきは猿sign01申年の今年の内に来たいと思っていたのだ。P1330385手で水をすくって飲んでいるシロテテナガザル見っけ。P1330396_3のびのびとしていて、このエリアが一番楽しかった。P1330394_4独特な風貌のブラッザグエノン。貫禄あるなあ。P1330449園内では、あちこちで赤ちゃんが産まれていて、かわいかったhappy01P1330421_2この他にも色んな猿がいて(モチロン猿以外も)私が一番楽しんだかもsmileP1330409_2カピバラも赤ちゃんが産まれていて、お母さんの名前が私と同じだったsmileP1330444_2色が白くないペリカンを不思議に思っていたら、ヒナだった。P1330479暑い中での母との外出に不安もあったけど、園内では車いすをお借りでき、ミストもあって、心配していた程ではなかったconfidentP1330426ときわ動物園は、アジアの森林ゾーン、中南米の水辺ゾーン、アフリカの丘陵マダガスカルゾーン、山口宇部の自然ゾーンに分かれていて、子どもが遊べる遊具もあったnoteP1330483楽しかったけど、閉園が5時なのが少し早いかなあ。
ソフトクリームを買ったけど、閉園時間が迫り、とりあえず動物園エリアを出なきゃと思っていたら、少し溶けてしまった。P1330372帰り道は、彫刻を観ながら、ときわ公園を後にした。
今回は、母を自宅に「外泊」させることはできなかったけど、少しは気晴らしになっかたな。

2016年8月18日 (木)

古墳と花火を楽しむ夜

昨日は、九大学研都市周辺で、丸隈山古墳観世音大祭奉納花火大会があった。
古墳石室前の広場では伝統芸能の演舞があり、申年の今年は、猿の三番叟を見ておきたいと思い、家族と少し早めに出掛けた。P1330110宇田川原豊年獅子舞は市の無形民俗文化財。猿の動きがユーモラスhappy01P1330119_2残念ながらデジカメの設定がマクロになっており、写真がイマイチだったdespairP1330160丸隈山古墳(国指定史跡)は5世紀の前方後円墳で、常時石室を見ることができる。P1330193普段は柵越しだけど、この日は内部が公開されているのだshineP1330191ぼちぼち花火が始まる時間なので、階段を下り、縁日をのぞきながら、花火を観る場所を探す。P1330200溜池から打ち上げられる花火は距離も近く、いい感じ。大きなハートみたいな花火が撮れたhappy01P1330292

<本日の浴衣> 葵文様のプレタ浴衣に博多織小袋帯P1330308やっと今シーズン初めて浴衣に袖を通すことができた。
一応、きものブログの端くれのつもりでいるけど(えっsign02)この夏はこれっきりになりそうcoldsweats01

段ボール玉手箱?

叔母から電話があり、我が家に古い着物を段ボールで送ったと連絡があった。
祖父母の亡き後、空き家になった家の荷物は大方処分したけど、解体が決まり、改めて様子を見に行くと、箪笥の中から古い着物が二枚、母ら五人兄妹の通信簿と共に出て来たそうだsmile

それと、亡き親戚の着物を頂いたけど、若向きなので、うちの娘にどうかとのこと。
私の結婚式にも参列してくださり、いつもニコニコしておられた親戚のおば様。
一人残されたおじ様が、従妹である叔母達によかったら持って行ってと言われたそうだ。
勿論、いいものは娘さんが持ち帰られた後だろうけど、しつけ糸がついたままの着物も数枚残っていたそうだ。リメイクにいいのではと、今回我が家に送ったとのこと。

で、何が届いたかというと・・・。
母が高校生の時に仕立てた着物(爆)何十年振りに日の目を見たのだろうeye
しつけ糸もついたままなので、本人も袖を通していなかったようだ。
備考欄には、先生から「表丈がゆるんでいます」だと、笑えるsmileP1320525混紡なのか、虫食いの跡がsign01ひゃあ~sweat01こんなの初めて見たeye
でも、当時の母の努力を思うと捨てるには忍びない。解いて座布団カバーにでもリメイクしようかな。
今週、母の見舞いに行くので、話のネタにしようcatfaceP1320531大体、いいものはとっくに持ち帰っているので、置きっぱなしのは使わないもの。
その昔、祖母が私のために仕立ててくれたウールのアンサンブルもこうして虫に食われたのだ。
子どもながらに気に入っており、娘に譲りたいと思った時にはもう無かったsweat01残念。
今回、伯父の70年以上前の宮参り着も出てきたとのことsign01写真だけ持ち主に送ったそうだ。
亡き祖父母の想いが詰まっていたであろう第一子である伯父の唐子文様の宮参り着。
どんなものか、実物を見てみたかったなあconfident

次は、亡き親戚のおば様の遺した着物シリーズ。
まずは、朱赤に抽象的な向日葵sign02のレトロな小紋。八掛けは薄ピンク。しつけ糸付き。
こうゆうデザイン、斬新だ~。若い子が着るとカワイイかも。あと数年したら、娘が着られるかなあ。P1320534同じく、ろうけつ染めの蝶の浴衣。どうもご自分で仕立てられたようだ。
裄は十分なので、変色している肩当てを外し、居敷き当てだけ晒で付け替えよう。
ピンクが入っているのが若向きだけど、夕方着るならアラフォーでも構わないかなsmile
ちなみに母の浴衣は、生前整理と称してとっくに処分しているので、こうゆう親戚のお下がりって嬉しい。P1320518茶屋辻の小紋の八掛けは、薄ピンク。義母から譲り受けた似たような小紋も八掛けが薄ピンク。もしかしたら、今の70代後半の方のお若い頃には、こうゆう薄ピンクの八掛けが流行りだったのかもsign02・・・う~ん、でも私は着ないかなあ。P1320546ビックリしたのが、この付下げ。縫い紋の一つ紋入りで、袖と裾に金糸銀糸が使われている。
どうゆう場面で着ようと誂えたのか、想像すると面白い。胴裏はやや変色してるけど、しつけ糸付き。
レトロな感じが、かえってモダンsign02色白でお洒落なおば様には、お似合いだったろうなあconfident
一度も袖を通しておられなかったのが惜しまれるので、一度は私が着てあげたい。
観劇とかにもよさそうだけど、帯合わせが難しいなあcoldsweats01P1320542いずれはリメイク行きだと思うけど、何にしようsign02袋物じゃ小さ過ぎるし、思い切って付け帯にしてみちゃうsign02・・・で、私に出来るのか、それが問題ですcatface

昭和の匂い満載の段ボール玉手箱。
面白かったけど、防虫剤の匂いももれなく付いてきたことを付け加えておこうcoldsweats01

2016年8月15日 (月)

姪浜花火大会

8月15日は姪浜精霊流し花火大会。今年も家族でマリノアから楽しんだ。P1330035_2夜空に浮かぶ朝顔みたいな花火が一番好きだった。P1330047観覧車も見方によっては花火みたいsmileP1330044_2娘が浴衣を着ないと言ったので、私も着なかった。
この夏は仕事を始めたこともあり、バタバタしてて、夏着物どころか浴衣すら一度も着ていないdespair
夏が終わる前に着られるかなあ。

2016年8月14日 (日)

スーパーボール作り

友達とサンシャインプールに行くことが決まり、新しい浮き輪を買いにコーナンに行った。
レジの前でスーパーボール作りのワークショップをしており、娘も参加することにnoteP1320971材料のカラフルなゴムは、「おゆまる」と言うのだそう。三つ選んでお湯で温めて丸める。P1320976少しへこませたところに好みのビーズやスパンコールを入れる作業は、楽しそうnoteP1320973もう一度お湯で温めた後、真ん丸にしたら、オリジナルスーパーボールの完成。
ちょっと手のシワの跡が目につくけど、本人が喜んでいるのでよしcatfaceP1320982今年は夏休みが短く、残りあと二週間となった。
そろそろ自由研究に取り組ませなきゃdash

2016年8月12日 (金)

しろくまくん♪

ほぼ毎日、朝の7時半に熱中症情報の防災メールが届いている福岡。
6月にエアコンが壊れた時は、設置工事まで1週間待ったけど、夏が始まる前でよかった~としみじみ感じている。
そんな我が家にこの夏、かき氷器のしろくまくんがやってきたhappy01
エアコンを買った時にポイントでゲットした彼が、ただ今大活躍中sign01
娘は、いちご蜜に練乳たっぷりで頂くのがお気に入り。友達が遊びに来ると、一緒にガリガリ削って楽しそうnote子どもの頃、私も夏休みに妹とガリガリ削ってたなあconfident
さて、私が今、気に入っているかき氷は、カルピスの期間限定メロン味。P1320955_2でも、一番好きなのは、日東紅茶の「しょうが&ゆず」。P1320956_2試しに粉末を少量の水で溶かしてシロップにしたら、さっぱりしてて、大人のかき氷って感じshine
我ながら、いいこと思いついたなあsmile
最近は、そのまま飲むことはなくなり、もっぱらシロップとして活躍している。P1310960帰宅後にガリガリ削って、ちょっとひと息つくささやかな幸せconfident
残暑厳しき折、皆様もお身体をお厭いください。

2016年8月10日 (水)

つながる浴衣

夏休みで東京から帰省していた友達と都合を合わせ、一緒に友達の新居へ遊びに行ったhouse
餅まきにご招待頂いたこともあり、完成を楽しみにしていた憧れの一戸建てshine
プロジェクションクロックが面白~いhappy01P1320939三家族の子どもが揃うのは年に一、二度だけど、仲良くかくれんぼ等して遊ぶ。P1320935さて、今回は三歳の双子っちに着てもらえたらと娘の浴衣も持参したのだけど、帰宅後にかわいらしい着姿が届いたheart04Securedownload右のお嬢ちゃんはコンビミニの浴衣&兵児帯、左のお嬢ちゃんは私が縫ったしじら織&綿麻のクマちゃん帯。どちらも小学校に上がる頃まで着られるハズnote
二人ともよく似合っているhappy01脱ぎたくない~と言ってくれたそうだ。嬉しいなあconfident

二枚とも、思い出が詰まっている浴衣で、娘が双子っちと同じくらいの年に着始めた。
この浴衣は、3wayなので、ワンピースをスカートにして、小1まで着られた。P1020471しじら織をミシンで縫ったのも同じ頃。P1060382こちらは、肩揚げ&腰揚げをしながら、小三まで着たcatface最後の腰揚げは、本人のなみ縫い。P1150055去年のお稽古が着納めだった。P1250031うちは一人っ子なので、大事にしていたものをこうして着てもらえるなんて嬉しいなあconfident
娘に双子っちの浴衣の写真を見せたら、にんやりしてたsmile
ちょっとお姉ちゃん気分が味わえたかな。

2016年8月 7日 (日)

雨のお話能舞台

毎回、楽しみにしているRKBアナウンサーによる朗読会、お話能舞台。
今年も当選し、昨日は家族で大濠公園能楽堂に行ってきた。
リオデジャネイロオリンピックの開幕と重なり、アナウンサーの浴衣が五人で五色のオリンピックカラーhappy01心憎い演出だ。オープニングは、オリンピックトリビア。

さて、今年のお話は、「彦一とんちばなし(すいかどろぼう)」作・小山勝清、「ちいちゃんのかげおくり」作・あまんきみこ、「無人島大相撲中継」作・東野圭吾、「おによりつよいおよめさん」作・井上よう子、「夕鶴」作・木下順二。

プログラムは、毎回悩まれるのだそう。
この日は8月6日で、広島に原爆が投下された日。戦争にちなんだお話「ちいちゃんのかげおくり」は、娘が三年生の時の国語の教科書に載っていて、宿題の音読を母ちゃんは涙なしで聞けなかった。
そして、アナウンサーの皆さんの朗読でもやはり涙weep
照明を落とした能楽堂の天井に手をつないだ家族四人の影が映し出されて、ジンときた。
「夕鶴」では、大好きな池尻和佳子アナの「つう」にまた泣けた。
凛とした空気に包まれた能楽堂での笑いあり、涙ありのお話能舞台。
夏休みの午後、とても素敵な時間を過ごせたconfidentP1320953_2この日は朝から子ども会活動、帰宅後も子ども会の出ごとがある予定で、浴衣は断念。
しかし、よく晴れてたのに、開場時間あたりから急に雨が降り始め、雷もゴロゴロ。
結局、この雨で夕方の出ごとは無くなったのだけど。

2016年8月 5日 (金)

久々の負荷試験、ダブルソフト完食!

卵アレルギーの小4の娘が、久々に負荷試験をした。
今回は、食パンのダブルソフト一枚。P1320947_2一枚を16個にカットするところを、知らずに家で20個にカットし、お弁当箱二つに入れて持参。気を利かせたつもりなのだけど・・・coldsweats01
ジャムが苦手な娘に、抹茶クリームとピーナッツクリーム二種を用意する。P1320949_2負荷試験では、アレルギー反応が出ないか様子を見ながら、少しずつ食べていく。
15分毎に、1個、2個、4個と量を増やしながら、順調に食べ進める。
そして、15分後にさらに4個、最後に残りの9個を食べて、完食~happy01
途中で、口が痒くなったり、お腹が痛くなったりのアレルギー症状も出ず、無事に一枚食べられて、嬉しいhappy01娘も抹茶クリームが気に入ったようで、頑張れたかな。
夏休みということもあり、他にも負荷試験をする子が多かったことも励みになったと思う。
そして何より、本人の自信につながったことだろうconfident

ビビリの娘は負荷試験で食べられても、普段は食べたがらず、私も無理強いはしないので、五年前の負荷試験でクッキーを食べたけどそれっきりで、卵は相変わらず完全除去していた我が家coldsweats01
今回は、負荷試験で大丈夫だったら、少しずつ食べ慣らしていこうと娘と話していた。
先生からも週二回は食べましょうsign01とお話があり、本人も納得したようだ。よかった。
アレルギーの血液検査も少し値が低くなっていた。
次回は、全卵一個入りのハンバーグで負荷試験をする予定。
帰り道は、心も軽やか~note

ただ、この夏はアトピーとあせもが悪化していて、本人は辛そうsweat01
こまめにスキンケアをしておかないとな

2016年8月 4日 (木)

久留米の青少年科学館へ

さて、石橋美術館を後にして次に向かったのは、久留米の福岡県青少年科学館。
いつか寄りたいと思いつつ、なかなか実現しなかったけど、この夏は私が十数年振りに仕事を始めたこともあり、休みの日は子どもサービスなのだsmileP1320873パラボラ反射鏡は本当に小さな声で話しても聞こえたhappy01エアバズーカも楽しそう。P1320884ジャイロの運動は某所にもあったけど、こっちの方がわかり易くて楽しいnoteP1320886ベルヌーイの定理って聞いたことないけど・・・理系の父ちゃんが一緒だから心強いわsmileP1320892魔法のような光の彫刻は、理屈抜きで楽しいnoteP1320898_4ふしぎ研究室では、父ちゃんと二人で何を研究中sign02P1320900_2ボーリングみたいな球が動くダイナミックワーカー。球を回す仕組みが色々あって楽しい。P1320906_4吹き出しロードでは、「疲れたよ~。」とか「温泉行きたいなあ。」とか母ちゃんの心の声が映し出されたりしてsmileP1320918特別展の恐竜アドベンチャーにもちょっとだけ入ってみた。P1320876_6娘は、宇宙と科学技術のコーナーが気に入った様子で、なかなか帰りたがらなかった。
放電実験では、ピカチュウ何匹分の雷が落ちただろう。P1320928最後にくるめっと君に記念スタンプを押してもらった。
大人も楽しめる福岡県青少年科学館。
プラネタリウムもあったけれど、午後からじゃとてもそこまで回れない。
フライトシミュレーターもしてないし、また遊びに来ることになるだろうなあ。

2016年8月 3日 (水)

石橋美術館物語

週末は家族で、ブリヂストンのお膝元、久留米の石橋美術館に「石橋美術館物語 1956久留米から始まる」展を観に行った。P1320855_2収蔵品が、東京のブリヂストン美術館へ移管されることになり、石橋美術館としてのフィナーレを飾る「石橋美術館物語展」。地元・久留米出身の青木繁、坂本繁二郎、古賀春江などの作品は勿論のこと、ブリヂストン美術館の収蔵品も多く展示されていて、見応えたっぷり。
絵画の他に、過去の展覧会の様子が窺える写真や新聞記事、図録なども展示され、60年の歴史を振り返るという趣向。坂本繁二郎が来館する記事が多く、印象に残った。P1320868名画をゆったり観ることができる石橋美術館は、お気に入りの場所の一つconfident
無くなるのは心底残念に思うけれど、来館者が少ないことも閉館の一因だろうか?
最後の展覧会なので、記念に買った図録の表紙は、青木繁の「海の幸」。P1320943_2娘は恒例の夏休みこどもミュージアムで、ワークシートを片手に美術館を回った後にガチャガチャでバッチをゲット。P1320942_3今秋には、久留米市美術館として生まれ変わる。
「石橋美術館物語展」は、8月28日(日)まで。この機会をどうぞお見逃しなく。

2016年8月 1日 (月)

子ども会キャンプ

夏休みが始まり、早一週間。今週は一泊二日で子ども会のキャンプを引率してきた。
子ども会では、海の中道少年自然の家でのキャンプが定番だったけど、今回は今宿野外活動センター。アウトドアでの野外調理は楽しみでもあり、悩みどころでもあり・・・sign02P1320700 昼食のペットボトルピザ作りに子ども達は興味津々note強力粉、オリーブオイル、水、塩、砂糖、ドライイーストを人数分のペットボトルに分担して入れていく。P1320589 材料を全て入れたら、ひたすらシェイク。お腹に入れて、発酵させるところを暑いので外に置いておくcatfaceペットボトルが張ってる感じがすればOK。P1320591生地がどろ~んと出てくるはずだけど、うまくいったのは一人のみ。蓋を開ける時に爆発音がした子も数人coldsweats02P1320604 センターのピザ窯はキャンプ協会でないと使えないとのことで、バーベキューコンロの上にフライパンを置いて焼いたdeliciousP1320601 ピザが焼けるまでの時間、バーべキューも少々sign02昼食が大幅に遅れ、この後の夕飯が大量に余ることになることになるなんてcoldsweats01
午後は、水着に着替えてみんなで川遊びnote水が冷たくって気持ちよかった。P1320624_2 夕飯は、定番のカレー。かまどで火をおこすのは、高学年が張り切ってやってくれた。P1320646 煙が目にしみるし、灰を被りながらも皆よく頑張った。
私もいっぱい涙を流して、毒も一緒に出たかいなcatfaceP1320652 夕飯までの間、すいか割りを楽しむ子も。P1320638 割れたすいかをどうカットするか悩みながら切る姿がかわいい。そんな女子の苦労も知らず、切った端から男子がつまみ食いしたりしてcatfaceP1320645_2カレーもおいしくできたhappy01大鍋二つ分作ったのに、半分近く残ったのが大誤算coldsweats02P1320659夕飯後はキャンプファイヤーをし、山の夜は更けていく。
エアコンもガスもない不便な生活を体験すると、当たり前と思っていた日頃の生活が、いかにありがたいかわかったことでしょうsmile P1320680_2 朝食は、ホットドッグ&昨日のカレー。センターで冷蔵庫をお借りできたので助かった。P1320687 少々焦げてるのもご愛敬で。みんなで食べると美味しいのだcatfaceP1320690 帰りのバスの時間まで、川遊びやバドミントンなど自由時間を楽しんだnoteP1320705 この二日間で、体重が4キロ落ちていた私sign01毎日体重計に乗ってるけど、こんな数字は学生時代以来(驚)子ども達と過ごすのは、楽しかったのだけどねsmile
さあ、帰宅後は少し休んで、夕方からは学校の夏祭りですdash

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »