フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 子ども会のクリスマス会 | トップページ | 終業式の日はクリスマス女子会 »

2016年12月21日 (水)

重要文化財で学ぶ古文書講座

春から月に二度、古文書講座に通っている。今日は今年最後の講座だった。
掛け軸や書が読めるようになりたいと思っており、こうゆう講座を待っていたsign01
市の主催で、受講料は無料shine毎年人気の講座のようで、倍率が高いのだ。
昨年も応募したけど、抽選にもれ、二度目のチャレンジでようやく叶ったsmileP1340151_2しかも、会場は国の重要文化財・赤煉瓦文化館。設計は、東京駅を設計した辰野金吾氏。
以前、館内のガイドツアーに参加したこともあるけど、とっても素敵な建物で、ドアを開けるのが毎回楽しみnote一階左手は福岡市文学館になっている。P1310709_2教材は、「筑前国続風土記 巻之三」。福岡城の築城から始まり、主に神社仏閣のことが綴られている。時には古地図や先生がまち歩きで撮られた写真、筑前名所図会などを見ながら読み進めていく。
この辺りには、かつて福岡城の枡形門があったと思うと、モチベーションも上がると言うものですsmile

個人的に気になるエリアは、荒戸山(現在の西公園)。ここにあったという東照宮のことは、話には聞いて知っていたけど、東照宮が建立される様子がまざまざと綴られ、新鮮な気持ちで話に入っていけた。
黒田家にゆかりの圓應寺(官兵衛の夫人、光姫が開基)や少林寺(長政の夫人、栄姫の菩提所)などもお参りしたいなあ。
先生のまち歩きにお供させてもらったら、楽しいだろうなあと思っているのは私だけではないハズsmile

教材には「慶安御触書」も使っており、内容も興味深い。
来年三月までの講座も折り返し地点をとうに過ぎ、覚えては忘れ、また覚えの繰り返しで、変体仮名もだいぶ覚えた。
講座を修了する頃には、もっと読めるようになっていたいなあ。

<おまけ> 赤煉瓦文化館に入ってすぐの「文学」する椅子に彫られたふくろう。P1340154ふくろう好きなので、撮らずにはおれないsmile来年は酉年ですよ~。

« 子ども会のクリスマス会 | トップページ | 終業式の日はクリスマス女子会 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/67227747

この記事へのトラックバック一覧です: 重要文化財で学ぶ古文書講座:

« 子ども会のクリスマス会 | トップページ | 終業式の日はクリスマス女子会 »