フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

初めての帯留め

昨年、承天寺で開催された博多織求評会にご一緒した友達が、アンケート抽選に当選したshine
すごい、私なんて何度も行ってるけど、一度も当たった試しがないのに~。持ってるわあshine
嵐ファンで(特にニノちゃん)これまたご一緒した二宮神社のお守り、ニノちゃんカラーの金運の黄色のお陰かいなsmile

博多織のテーブルセンターと帯留めが三つ入っていたそうだ。
そして、帯留めを一つ頂いた。わーい、幸運のお裾分けnote
私はしっかり帯締め派(着物で一番好きなアイテム)なので、帯留めは無縁だったけど、彼女と色違いなので、これを機に使ってみようと思う。

早速、帯に当ててみた。真っ先に思いついたのは、同系色の横段名古屋帯。悪くないな。P1370033_2西陣織の名古屋帯には、濃い三分紐を合わせるといいかも。P1370043_2博多織にも合わせてみる。模様の線が三分紐みたいで、イメージが湧くなあ。P1370041でも、帯留めを使うには、まずは三分紐を買わなきゃdash
何色がいいか、楽しく悩むことに致しますsmile

2017年3月26日 (日)

ばあばのらくらくホンデビュー

パーキンソン病で長期入院中の(メカ音痴の)母が、携帯を持ちたいと言い出した(驚sign01
これは、1月の古稀のお祝いの席での発言。

今までは、「お楽しみ袋note」と称して、福岡のお菓子などと一緒に定形外郵便で手紙を送っていたけど、(モチロン返事は帰ってこないcatface)電話があれば、私にも好都合happy01

色々調べて、ドコモのらくらくホンに決定。ハーティー割引を利用した。
今月、病院でカンファレンスがあった日に山口に帰り、外出許可を取って、母とドコモショップへ行ってきた。この日は大安。新しいことを始めるのに良さそうねshine
そして、私の自宅や携帯、地元の妹や叔母たちの電話番号などを登録して帰った。P1360993_3しかし、それから数日間携帯が繋がらなかった・・・sweat01
私からかけても母が出ず、母からかかっても私が仕事中で出られずの繰り返しで、まるで「やぎさんゆうびん」のようcatfaceちゃんと練習もしたのにさあ。
一度、私の携帯の留守電に「もしもし。・・・あらっsign02」なんて声が入っていた。

四日目にようやく電話に出た母だけど、その後は、どうやら電源が入っていなかった(爆)ちゃんと充電の仕方も教えたのに~。きっと、自分がかけたい時に使えればいいんだろうなあ。
今日は、半月振りに電話が繋がった~。やれやれcatface

そんな母にキュービックマムをやってもらったら、不安を超えて一歩前に進もうとする心理状態が表れていた。1月に会った時より表情も少し明るくなったようだ。P1360995園芸が趣味だった母は、病院で作業療法士さんとチューリップを育てている。
それを聞いた私も久々にチューリップの球根を植えたのだけど、母とお揃いの赤と黄色の二色混じりの球根が一番成長が早いのが、なんだか嬉しいnoteP1370031カンファレンスでは、最近はミントも育てており、ハーブでお茶会をしたと聞いた。

老人ホームに入居中の父とは、週に一度は電話している。
母にも早く携帯に慣れてもらわないとなsmile
・・・そして、母が携帯を使いこなせるようになったら、私もガラケー(驚sign02)からスマホに乗り換えようかなあcatface

2017年3月20日 (月)

ふくおか食物アレルギー攻略法講座

ここ二週間程慌ただしくて、すっかりブログの更新が滞り、過去最長未更新記録を作ってしまったcatface

先週12日の日曜日は、福岡アレルギーを考える会、㈱すまいりー・くらぶ主催で、「第一回ふくおか食物アレルギー攻略法講座」があり、お手伝いに行ってきた。

一般財団法人 ニッポンハム食の未来財団の助成を受けての講演会。

第一部は、福岡アレルギーを考える会でもお馴染み、アレルギー対応ケーキ工房「ハートフルスプーン」の上野恵美さんによる「簡単な除去食、おやつの作り方」について。

第二部は、国立病院機構福岡病院 小児科の柴田瑠美子先生の講演で、「食物アレルギーと診断されたら・・・食物アレルギーをよく理解するために」。

娘の主治医でもある柴田先生。講演会は、約70人が参加され、盛況であった。

試食コーナーでは、「ハートフルスプーン」の上野さんの食物アレルギー対応食が並んだ。P1360999_2米粉ケーキに玄米粉のクレープ。P1370004米粉のピザ。他にもかぼちゃのクッキーなどが並んだ。P1370009私は試食していないけど、きっと美味しかったハズshine

入園・入学・進級とアレルギーっ子親子には何かとざわつく季節だけど、アレルギーっ子が安心して集団生活を送れますように。

2017年3月 7日 (火)

筑後吉井のひな祭り②居蔵の館編

吉井町でお雛様巡りをしていると、大きなお屋敷の前に出た。
入っても良いようなので、早速お邪魔しま~すhappy01
ここは明治末期に建てられ、大正初期に改築された「居蔵の館(いぐらのやかた)」。P1360924_2立派な神棚が一際目を引く。P1360925_2箱雛は明治時代のもの。P1360928箱階段を上がって、二階へ行ってみようnoteP1360941吹き抜けになっており、一階を見下ろすとこんな感じP1360933「うだつ」というのを初めて見たeyeうだつが上がらないの語源となっており、富の象徴だとか。P1360930再び一階へ下り、探検。扇形というだけでも素敵なのに、開閉もする明かり取りがツボshineP1360939_2欄間も立派。こうゆうのを見るとテンション上がる~。P1360927お風呂(五右衛門風呂)の天井は、板が少しずつずらしてあり、蒸気が逃げるようになっている。P1360937_2土間から外に出ると、大きな竈と井戸があった。P1360929_2他にも見どころは色々。いいものが見られて、とっても満足。
帰りは、ちょっと足を伸ばして、しだれ梅を堪能。P1360984近くに温泉もあるし、吉井町はまたいつか訪れたいなあ。

2017年3月 6日 (月)

筑後吉井のひな祭り①町並み編

さて、日田・天ヶ瀬の高塚愛宕地蔵尊にお参りした後は、筑後吉井のひな祭りへ。

天領日田と有馬藩の城下町久留米を結ぶ豊後街道の宿場町として栄えた吉井町は、白壁土蔵の家々が並び、とっても風情ある町並みhappy01P1360970_3白壁通りや蔵しっく通りを主に回ってみる。P1360961_3今回は、モチロンお雛様巡りがメイン。趣向を凝らした飾り付けが素敵。P1360959箱雛もおきあげも楽しく見ていたけど、思いがけずこて絵を見つけたら、俄然町歩きに気持ちが傾いてしまったhappy01P1360948彩色された月に波、兎がカワイイ。P1360946_2なかでも、心惹かれたのは、車窓から見えたこちらのこて絵↓P1360966_2町歩きで再会。呉服の「すずや」さんは、鈴と打ち出の小槌。素敵だわ~lovelyP1360963白壁の家は、想像していたより多く、どこを撮っても絵になる感じ。P1360951白壁に水のある風景もまた良いわあ。P1360954小4の娘が社会の授業で習った「五人の庄屋」が死罪覚悟で作った用水路に偶然出くわした。P1360923_2吉井町お雛様巡り、まだまだ続きます。

2017年3月 5日 (日)

高塚愛宕地蔵尊へ

昨日は、義母を誘って筑後吉井のひな祭りに出掛けた。
その前に義母の希望で、日田・天ヶ瀬の高塚愛宕地蔵尊にお参り。
(ちょっとsign02いや結構sign02離れているけど、ここは親孝行と言うことでsmile私も行ったことないし)
神仏習合の形式を残しており、鳥居の扁額には「愛宕地蔵尊」の文字eyeP1360917ロウソクに火を灯し、お線香を立てて、煙を浴びます。P1360886梵鐘を撞くこともでき、順番にありがた~く撞かせて頂く。P1360878_2樹齢1300年余のご神木の乳イチョウは、ポツポツとした乳がたくさん出ていた。
触るとご利益があるとのことで、乳の表面はツルツル。なんだかパワーを感じますconfidentP1360883ここは、行基が彫った地蔵菩薩を祀るため、里人たちがご神木の側に小さな御堂を建立したのが始まりだそう。P1360881拝殿には、お寺にある鰐口と神社にあるような鈴があって、どちらを鳴らすかちょっと迷うsmileP1360913おかかえ地蔵を抱えてお願いし、軽く感じると願い事は叶うとそうだけど、実際このお地蔵様、結構重いのだ。P1360897おみくじの包み紙は、願い紙になっていた。縁起物も入っていて、私は打ち出の小槌shineP1360909願い事は年の数書くと良いそうだけど、心を込めて大きな字で一回だけ書いた。
拝殿の周りには、奉納された願い紙がびっしり。自宅から書いてこられる方もいるようだ。P1360907壁面に奉納された祈願成就のお地蔵様は、昔、義母がお参りした時よりも増えているようだ。P1360894他にも、水かけ地蔵や恵みの玉、一念洞、霊水など色々あった。なかでもお神酒sign02があったのには、ビックリ。P1360903帰りは、参道のお土産屋さんでお買い物noteP1360877朝イチで、娘の通院dashその後、甘木に義母を迎えに行き、天ヶ瀬に来たので、お参りをしたら既にお昼。地鶏そばで腹ごしらえしたら、吉井町へいざ出発~rvcar

2017年3月 3日 (金)

ひな祭り、そしてブログは六周年!

今日は娘の友達が遊びに来て、賑やかなひな祭りだったnote
娘の部屋(私の着物部屋とも言うsmile)に飾っているお雛様に今日は雪洞を灯した。P1360865_3私が長電話をしている間、子ども達四人でピーチフルーチェを作って冷やしていた。
放っといても自分たちで出来るなんて、大きくなったもんだ。
朝、登校する娘と一緒に出勤し、帰宅後はバタバタで、朝の食器がそのままのキッチンを見られたのは、ちょっとバツが悪かったけどさあcatfaceP1360867今夜の献立は、サーモンと菜の花のちらし寿司、豚肉と菜の花の春巻き、白和えなど。P1360869そして今日、このブログも六周年を迎えた。
更新も滞りがちな拙いブログにも関わらず、訪問してくださり、いつもありがとうございます。
これからも細く長~く続けていきたいと思いますsmile

2017年3月 1日 (水)

知覧茶ジャム♪

嵐ファンの友達から、鹿児島土産に知覧茶ジャムを頂いた。わ~い、お茶大好きhappy01
なんでも、「嵐にしやがれ」で紹介されたそうで、入手困難が続いていたとか・・・。
我が家も「嵐にしやがれ」は見てるハズだけど、知らなかったなあ。P1360821嵐も泊まったらしい城山観光ホテルのミルクジャム。
うちの両親も新婚旅行で泊まったそうだ。私も学生時代に今は無き、博多城山ホテルでアルバイトをしていたので、なんだか勝手に身近に感じるなあ。

早速、トーストにつけて頂いたdeliciousとっても美味しくって、娘も気に入った様子。P1360828アイスやパンケーキに塗ってよし、ホットミルクに混ぜてよし、と色んな楽しみ方があるようだshine
開封したら、一週間で食べ切らなければいけないけど、心配しなくてもすぐに無くなってしまうこと間違い無しよdelicious

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »