フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ひな祭り、そしてブログは六周年! | トップページ | 筑後吉井のひな祭り①町並み編 »

2017年3月 5日 (日)

高塚愛宕地蔵尊へ

昨日は、義母を誘って筑後吉井のひな祭りに出掛けた。
その前に義母の希望で、日田・天ヶ瀬の高塚愛宕地蔵尊にお参り。
(ちょっとsign02いや結構sign02離れているけど、ここは親孝行と言うことでsmile私も行ったことないし)
神仏習合の形式を残しており、鳥居の扁額には「愛宕地蔵尊」の文字eyeP1360917ロウソクに火を灯し、お線香を立てて、煙を浴びます。P1360886梵鐘を撞くこともでき、順番にありがた~く撞かせて頂く。P1360878_2樹齢1300年余のご神木の乳イチョウは、ポツポツとした乳がたくさん出ていた。
触るとご利益があるとのことで、乳の表面はツルツル。なんだかパワーを感じますconfidentP1360883ここは、行基が彫った地蔵菩薩を祀るため、里人たちがご神木の側に小さな御堂を建立したのが始まりだそう。P1360881拝殿には、お寺にある鰐口と神社にあるような鈴があって、どちらを鳴らすかちょっと迷うsmileP1360913おかかえ地蔵を抱えてお願いし、軽く感じると願い事は叶うとそうだけど、実際このお地蔵様、結構重いのだ。P1360897おみくじの包み紙は、願い紙になっていた。縁起物も入っていて、私は打ち出の小槌shineP1360909願い事は年の数書くと良いそうだけど、心を込めて大きな字で一回だけ書いた。
拝殿の周りには、奉納された願い紙がびっしり。自宅から書いてこられる方もいるようだ。P1360907壁面に奉納された祈願成就のお地蔵様は、昔、義母がお参りした時よりも増えているようだ。P1360894他にも、水かけ地蔵や恵みの玉、一念洞、霊水など色々あった。なかでもお神酒sign02があったのには、ビックリ。P1360903帰りは、参道のお土産屋さんでお買い物noteP1360877朝イチで、娘の通院dashその後、甘木に義母を迎えに行き、天ヶ瀬に来たので、お参りをしたら既にお昼。地鶏そばで腹ごしらえしたら、吉井町へいざ出発~rvcar

« ひな祭り、そしてブログは六周年! | トップページ | 筑後吉井のひな祭り①町並み編 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/69809001

この記事へのトラックバック一覧です: 高塚愛宕地蔵尊へ:

« ひな祭り、そしてブログは六周年! | トップページ | 筑後吉井のひな祭り①町並み編 »