フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 同僚とお花見 | トップページ | 桜を巡る散歩 »

2017年4月 5日 (水)

四年生を振り返って

早いもので、春休みもあと一日dash
四年生のこの一年で、内弁慶な娘がひと回りもふた回りも成長したように感じる。

初めて担任が男の先生になり、どうなるかなあと思っていたけど、熱いハートの先生がクラスをいい感じに引っ張ってくださり、娘に積極性が出てきたconfident

春の体育会では、応援団に立候補し(驚sign01)勇姿を見せてくれたhappy01学校行事の写真は、SNSにアップ禁止なので、掲載できなのが残念なくらい。
大規模小学校で、五ブロックに分かれて競い(ゴレンジャーみたい)娘の所属する緑ブロックが優勝したshine担任の先生がアツく応援される姿も印象的smile

学校の夏祭りでは、バトンのステージには出なかったけど、有志によるロックな黒田節にエントリー。この踊りは体育会でも披露したのだ。P1320730夏休みは、アレルギーっ子が初めて親元を離れて、一人で二泊三日のキャンプに参加した。
食物アレルギーは勿論のこと、アトピーもあり、汗をかいたら悪化するのも心配してたけど、娘の参加したいという気持ちを尊重した。
沢登りをした後の温泉、ピザ作り、夜のキャンプファイヤーで火を囲んでのボンゴの演奏notesなどめいっぱい楽しんだようだ。テントに泊まったのも初めての体験。Cimg0864_2学習発表会では、希望の楽器のオーディションを受け、(アルルの女より)「ファランドール」で木琴を演奏したnotes他にも数曲披露したけど、ファランドールが一番良かったのは、親の贔屓目だけではないと思うなあsmile

二分の一成人式では、週に何度も遅刻しているsign02(朝の会が終わる頃、ガラッと戸を開けて入っているcatface)娘が司会進行役に立候補したと知り、またビックリ。
しっかり大きな声が出ており、私が同じ年の頃には、そんなこと出来なかったなあと思い、感慨深かった。

修了式の日は、友達の家でお泊まり会をし、ただ今春休みを満喫中の娘note

明後日の始業式の日の持ち物の一つに、「五年生としての気持ちshine」とあったsmile
新しいクラスでもこの調子で行けたらいいなあ。

以上、親バカで失礼しましたsmile

« 同僚とお花見 | トップページ | 桜を巡る散歩 »

子ども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/70056530

この記事へのトラックバック一覧です: 四年生を振り返って:

« 同僚とお花見 | トップページ | 桜を巡る散歩 »