フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月13日 (日)

トワイライト・ミュージアム~女乗物を観る~

さて、福岡市博物館で「黄金のファラオと大ピラミッド展」を観た後は、主人と娘は一階の「みたいけんラボ」へ行くと言う。

時間は丁度五時半。私は、常設展の企画展示室を観に行った。夏休みの金・土・日曜は、開館時間を八時まで延長し、五時半以降は常設展示室が無料になるのだmoneybag

見たかったのは、「黒田家の女乗物展」。
右は、福岡藩主夫人が使ったと考えられる駕籠。正面には白餅紋。Cimg0063漆塗りで豪華shine中の装飾も素敵だったconfidentCimg0053もう一つのは(写真右↓)福岡藩の支藩、秋月藩に嫁いだ姫の駕籠。Cimg0058他に福岡城下で町役人が使用した駕籠もあった。
時代劇が好きで、今読んでいる「みをつくし料理帖」に色んな駕籠が出てくることもあって、興味深く拝見した。Cimg0061企画展示室は全部で4つあり、「黒田家の植物学展」では、チューリップやヒヤシンスなど海外から輸入された花を殿様(11代藩主)が描いた絵が良かった。Cimg0072博物館を出ると、きれいな雲が見えたhappy01新婚時代はこの目の前に住んでいた。懐かしく、思い入れの深い場所。

黄金のファラオと大ピラミッド展

昨日は、家族で福岡市博物館に「黄金のファラオと大ピラミッド展」を観に行った。Cimg0071_2ピラミッドってどれも同じ形ではなく、時代によって変化しているのが興味深かった。
最初のは階段ピラミッド、古王国は巨大な石造りのピラミッド、中王国は簡易な泥レンガのピラミッド。もはや砂山にしか見えないピラミッドもあったeyeそれに伴い、ファラオの像も物悲しい表情になっていくのだ。

そして、ピラミッド建設は、奴隷の強制労働だとばかり思っていたけど、奴隷はいなかったのだそう(驚sign01)労働者は農民で、パンとビールの報酬をもらってやっていたそうだ。

3大黄金マスクの一つ、アメンエムオペト王の黄金のマスクは、うっすら笑みをたたえていた。
眉と目、アイラインにはガラスを嵌め込んであって、神々しかった~shine

一番見入ったのは装飾品。紅玉髄のシンプルな一連ネックレスが作られたのは、日本の縄文時代。アメジストと金のスカラベは上品でウットリしたconfident

余談だけど、高校時代に夢中で読んでた「王家の紋章」は、まだ連載中だそう。あれからもうすぐ30年。メンフィスとキャロルのその後がちょっと気になるなあsmile

2017年8月12日 (土)

new camera♪

最近、デジカメの調子が悪いのだ。
スマホデビュー早二ヶ月。自分は写真を撮るならスマホよりデジカメ派だとわかったので、新しいカメラを買ったnote
2台続けてパナソニックのLUMIXを愛用していたけど、店頭で気に入り、今回はカシオのデイリーセルフィEX-ZR1800にしたhappy01P1400064主人がメーカーの人にカシオがカメラのメーカーじゃないこと、レンズはどうしたのか等、私が気付かないことを色々質問してくれて助かった。「そう言えば、カシオって電卓のイメージですね。」なんて言う私にすかさず主人が「G-SHOCKでしょ。」

色はブラックと迷ったけど、ゴールドに決定。
液晶が180度開くこと、フロントシャッターがあること、タイマーを使わずともカメラに手を振るだけでシャッターが切れること、逆光や夜景もカメラ任せにできること等ワクワクする機能が色々あって惹かれたheart04撮った写真をスマホに送ることもできるそうだ。
(あっ、私はカシオの回し者ではありませんよ~catfaceP1400061特に嬉しいのが液晶を上に開くと、自撮りが楽になることshine
実は<本日の着物>(↓)を撮る時は、いつも何度も撮り直し、密かに苦労していたのだ。P1380863光学ズームは18倍。今まで使っていたのが5倍だったので、これはすごい進化note
運動会でも活躍しそう。

スマホの台頭で、デジカメ市場は縮小していると聞く。
それでも私はこの新しいデジカメで、楽しみながら写真を撮りたいと思いま~すsmile

2017年8月11日 (金)

福岡一夜城!

福岡城夏祭りのイベントで、福岡城址の天守台に天守閣が現れたeye
100枚の巨大パネルを使って一時的に再現されたのだ。夜はライトアップされるそう。Cimg0016近くで見ると足場が見えるけど、よく作ったなあshineCimg0006福岡城に天守閣があったか否か、はっきりわからないけど、私はあったと信じているsmile
当時の天守閣のイメージ(↓)を福岡城むかし探訪館のパネルより拝借。Cimg0019さて、かき氷を食べながら、ふくおか官兵衛Girlsのライブを観ていると・・・。Cimg0023天守閣によく似合う軍団が現れたeye福岡黒田武将隊+だそう。黒田武将隊が二つあったのは知っていたけど、こちらは初めてお目にかかった。Cimg0030私は、福岡城を案内して頂いたこともあり、福岡黒田武将隊の方が個人的には馴染みがあったなあ。もう江戸時代に帰ってしまわれたけどsmile

実は、この日のメインイベントは気球乗船体験だった。Cimg0041初日の今日は、張り切って整理券をGETしたのだけど、風があって気球は上がらなかった。残念sweat01Cimg0037まあ、自然相手だから仕方ないなあ。

2017年8月10日 (木)

ポケモン映画「きみにきめた!」

仕事が休みの日に娘とここ数年恒例になっているポケモン映画を観に行った。
20周年記念の今年は、サトシとピカチュウが出会った頃の話、「きみにきめた!」Img_20170802_0001_2サトシの10歳の誕生日に少々難ありsign02のポケモン、ピカチュウをもらい、ポケモントレーナーとして旅立ったこと、最初は人に慣れず、心を開かないピカチュウと次第に友情が芽生えたことなど知らなかったので、新鮮だった。

今は高校生になった甥っ子が、まだ小学生だった頃に教えてくれ、私がピカチュウ以外で初めて知ったポケモン、ポッチャマも出てきたのも嬉しかった。

いい年して何度か泣いてしまったけど、一番泣けたのは、ピカチュウが喋ったとこ~weep(心の声かsign02)今まで観たポケモン映画で一番良かったhappy01満足度は90%shine

ただ、平日だからと油断して席の予約もせずに行ったため、娘と離れて座ることになり、母ちゃんはポップコーンを食べられなかったのが残念と言えば残念catface

映画の後はポケモンセンターに行き、お昼は海鮮丼を食べて帰った。
鍵っ子で、平日は一人でお昼を食べてる娘に喜んでもらおうと、娘の好きなものをたくさん詰め込んだお楽しみプランshine博多駅では「三日月」のクロワッサン(卵不使用)を買って帰り、夏休みの一日を楽しんでもらえたようですsmile

2017年8月 8日 (火)

スナックスティックで負荷試験

夏休みは、卵アレルギーの娘の負荷試験の予定を入れていた。
今回は、ヤマザキのスナックスティック。P1400023_315分毎に診察室に入り、最初の二回は1/4本、その後は1/2本ずつ食べ進めていく。
一本食べ終えた後、二本目に挑戦。そして一時間少々で二本完食happy01

さらに帰りの車の中で、スティックスナックを二本食べてしまっていた(驚)
こうゆうことに慎重な娘が食べたなんて、ちょっとビックリしたけど、自分でも大丈夫と思ったのかな。幸い何もなかったので、ひと安心。

その後も自宅で順調に食べ進めている。
もしかしたら、ポケモンパンも近いうちに食べられるかなあwink

2017年8月 5日 (土)

夏祭り

今日は夕方から友達と近所の夏祭りに出掛けた。
子ども達は、まずヨーヨー釣り?を楽しんだ。今年はやっぱりミニオンが人気のよう。P1400033子ども会で金券を頂いたので、母ちゃんは娘に酎ハイと焼き鳥を奢ってもらったsmileP1400036ああ、夏休みって感じnoteほんの一缶でほろ酔いになって帰宅すると、主人が夕飯を作ってくれていた。今夜は、うなぎ、サーモンのお刺身に焼き茄子、キャベツのホットサラダ等。P1400038ただ、主人が台所を使うと、普段の二倍は散らかるので、出来れば片付けまでしてくれるとありがたいけど、さすがにそこまでは言えないなcatface

2017年8月 4日 (金)

終わった~

今週は、泳げない子のスイミングに通った娘。
先月のプール参観では、泳げる子はサメ、泳げない子はクジラに別れていたけど、娘はクジラcoldsweats01
さすがに五年生で25メートル泳げないのは肩身が狭いらしく、自分から参加を申し出た。

一回のレッスンは一時間半と結構みっちり。でも、一日目から三日目は、傍から見ててもとても泳げそうになく、ビート板を使っても途中で何度も足をついていたけど、四日目は一度だけ泳げたshine
しかし、最終日の今日はまた何度も足をつくようになり、あれは幻だったのかとさえ思えてきたけど、一度だけ泳ぎきったhappy01P1400032仕事から帰ると台所に直行し、急ぎ夕飯の支度をし、プールに向かう毎日だったけど、とりあえず終わった~dashプールを出る時に見える景色も今日で見納め。

頑張ったご褒美は、シャトレーゼのアイス二本とよもぎまんじゅう。
ここのアイスは、卵アレルギーの娘も選び放題note帰りの車の中でペロッと食べてたdelicious

思えば私も娘と同じ年の頃、泳げない子のスイミングに通ったなあ。
でも、自ら希望した訳ではなく、学校から半ば強制的に呼び出されたのだ。
校内で一番怖い先生の指導だったので、恐怖心から必死になって泳げるようになったことを懐かしく思い出したcatface

« 2017年7月 | トップページ