フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今年の友チョコ | トップページ | 花とお菓子と »

2018年2月19日 (月)

きものde歌舞伎~昼の部観劇

週末は、今月二度目の花形歌舞伎に行ってきたnoteこれを励みに一週間頑張ったのだhappy01
今回は、リバレインのOKANOさんのご案内で、きものde歌舞伎に参加し、昼の部を観劇した。Cimg2447最初の演目は、幕末の薩摩藩が舞台の「磯異人館」。ひと足お先に観劇した友達から、大河ドラマ「西郷どん」に集成館が出てたので、観劇前に見るのがおすすめとの情報を得て、撮りだめしていた番組で予習しておいたsmile

橋之助さん演じる精之介は、薩摩切子を製作するガラス方で、薩摩藩に人質として来た琉球の王女・琉璃(児太郎さん)とはお互いに想い合う仲。最後は悲しい結末になってしまうのだけど・・・五代役の松也さんがいい味を出していたheart04歌舞伎でスーツ姿というのも素敵。

幕間には、老松のお弁当を頂く。Cimg2441後半は、何と言っても七之助さんの七役の早替りが楽しみな「お染の七役」sign01勘九郎さんも三役早替りをされたのだhappy01
登場人物が多くて、イマイチよくわからないので、今回はイヤホンガイドの助けを借りて正解。衣装の解説も助けになった。

今回は、序幕が付け加えられた博多座バージョン。だからなのか、前回夜の部を観に来た時は、なかなか入場できずにエントランスが大混雑していたのだ。それも役者さん達のサービス精神ゆえなのねsmile

早替りは、時にマジックみたいで、思わず笑ってしまうほど。お染と久松の二役を同じ舞台で演じる時は、傘やござを使っての早替り。
色んな七之助さんを観られて、幸せなひと時だったheart04お染は文句なしに可愛かったけど、案外、土手のお六が好きだったなあsmile

早替りは以前、染五郎さんの「伊達の十役」を観て、めちゃくちゃ楽しかったけど、今回は七之助さん・勘九郎さんの二人で十役sign01これも印象深い演目の一つになったconfident

余談だけど、舞台からオリンピック速報のサプライズがあり、羽生結弦選手の金メダルを知ったshine

<本日の着物> エスニックな大島紬に西陣織の名古屋帯。絞りの帯揚げは加藤萬、帯締めは五嶋紐。Cimg2471実は、帰宅後から調子が悪くなり、寝込んでいたのだけど、今日病院に行ったら風邪とのこと。
とりあえず、インフルエンザじゃなくてよかったcoldsweats01皆様もどうぞお気をつけくださいね。

« 今年の友チョコ | トップページ | 花とお菓子と »

伝統芸能」カテゴリの記事

着物(袷)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/72932131

この記事へのトラックバック一覧です: きものde歌舞伎~昼の部観劇:

« 今年の友チョコ | トップページ | 花とお菓子と »