フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 雪にもめげず着物で花形歌舞伎へ | トップページ | 続・今朝の雪 »

2018年2月 9日 (金)

黒田家の刀剣と甲冑展

今日は、福岡市博物館で開催中の「黒田家の刀剣と甲冑」展に行ってきた。
刀剣には興味ないけど、兜と鎧の縅糸を見るのは好きhappy01
会期は、この週末で終わるのだけど、最近は刀剣女子が多いそうで、三連休は混んでるかもと思い、仕事帰りに行ってきたdash

今回は、黒田家歴代当主の甲冑が並ぶのだsign01市博で黒田家の甲冑は、何度も観てきたけど、これは珍しいhappy01ちなみに展示室内は、写真撮影可camera
最初に目に飛び込んだのは、官兵衛の赤合子。Cimg2385初代藩主長政が、家康から拝領した歯朶の前立のついた兜。Cimg2290甲冑がこんなにずらっと並ぶと圧巻happy01Cimg2369_2四代藩主綱政の兜は藤巴。縅糸も渋くてカッコイイnoteCimg2366私が気になったのは、ちょっと小ぶりなこの甲冑。7代藩主治之が11歳で一橋徳川家から養子にきた時に持参したものだそう。縅糸の色味も若々しい。Cimg2358長政が、筑前一国をこの槍で手に入れたことから名付けられた大身槍「一国長吉」。
朱漆に三鈷が美しい。刀剣には興味が無いけど、日本号とこの槍は別やねheart04Cimg2380_2<おまけ>ロビーにあったポールが、何気に日本号の螺鈿風。こうゆう遊び心、好きだなあhappy01Cimg2277年末に引っ越した友達が刀剣好きで、ご一緒できたら大喜びだったろうなあとふと思った。

« 雪にもめげず着物で花形歌舞伎へ | トップページ | 続・今朝の雪 »

ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478966/72875569

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田家の刀剣と甲冑展:

« 雪にもめげず着物で花形歌舞伎へ | トップページ | 続・今朝の雪 »