フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

博多座「極」KIWAMI~古典芸能の世界

昨日は、博多座で一日限りの「極」KIWAMI~古典芸能の世界~を観に行った
なんせ能と狂言と舞踊が堪能できる上に、人間国宝が二人も出られる豪華な舞台
昼の部と夜の部で演目が異なるのだけど、能の「紅天女」と猿之助さんの舞踊「吉野山」がある夜の部にしたImg_20180829_0001「紅天女」の原作は、美内すずえ先生の「ガラスの仮面」。高校時代に読んでいたのだ(未だ完結していないことにビックリだけど・・・)
紅天女は、梅若玄祥改め四世梅若実さん。襲名されてから拝見するのは初めてです。
博多座のような広い舞台で観る能は、鏡板もなく、ただっ広く感じられる。
里の女はスッポンから登場橋掛かりは花道かセリも使われ、まさか紅天女は宙乗りで舞ったりしないわよねえと思ったくらい。(流石にそれはなかったけど
阿古夜がセリで下がり、梅の木の作り物がせり上がってくるのは、いい演出だと思った。

天女像を彫るため、阿古夜の命が宿る梅の木に斧を入れるのをためらう一真。念仏を唱え、ついに斧を振ると、白坂保行さんの大鼓が響く。鳥肌が立った。

すると、切られた梅の木から紅天女が現れるのだ。梅の花びらが舞う中、紅天女の舞う姿は幻想的だった紅天女が去った後、梅の木の前で立ちすくむ一真が悲しかった。

狂言は「素袍落」。酔って上機嫌になる山本東次郎さんの太郎冠者に大いに笑った

舞踊は、藤間宗家と猿之助さんの素踊りで「吉野山」。テレビでしか見たことがない藤間宗家の踊りが見られて感激です袴姿だけど、静御前の美しいこと
猿之助さんの狐忠信がスッポンから出てくると、拍手拍手~時折、狐の手が出てしまうのがカワイイ扇子は波に源氏車。大向うも掛かっていた。猿之助さんの「四の切」、またいつか観たいなあ。

<本日の着物> 夏大島風の洗える着物に化繊の夏帯。Cimg7920前回うっかり単衣の楊柳の半襟のまま出掛けちゃったけど、ちゃんと絽に付け替えましたCimg7914今年の八月の博多座のラインナップには、感謝です

2018年8月28日 (火)

幽霊・妖怪画の世界展

さて、福岡市博物館で「鈴木春信展」を観た後は、同時開催の「幽霊・妖怪画の世界展」へ。
博物館が所蔵する吉川観方コレクションは、数年前に「幽霊・妖怪画大全集」を観たことがあるのだけど、パワーアップしてたなCimg7891そして何が嬉しかったって、写真OKだったってこと
何度か見てるけど、やはり一番好きなのは、伊藤若冲の「付喪神図」。100年経って化けたという茶釜や茶碗、琵琶、鼓などがユーモラスCimg7883河鍋暁斎の「付喪神図」も負けてません。お歯黒をした鏡の動きがグーCimg7804ゴジラみたいな妖怪は、淀川に現れた大魚体長2.5メートル。Cimg7798障子をそ~っと開けると、幽霊や妖怪の掛け軸が見れれる演出があり、いいアイデアだと思うけど、見るのも撮るのも勇気がいりますCimg7835_2怖くなったらこちらどうぞ歌川広重の「東海道五十三對 二川」。洗濯物を幽霊と見間違えてる弥次さんと喜多さんのことを本を読んで笑っている女性Cimg7851急逝した二代目市川門之助を担いでいるけど、実際は三代目だったとかCimg7849_2西郷どんの幽霊もいましたよ。死しても尚、建白書をつきつける西郷どん。Cimg7845個人的に気になった(勝手に)猫シリーズ、いってみようまずは猫又。Cimg7814歌川広重の「猫の鰹節渡り」。猫の軽業師がカワイイ。Cimg7878_2佐賀・鍋島家の化け猫騒動のことは知らなかった。Cimg7826博物館を出ると、うちの車の傍に猫がいたニャCimg7906_2化け猫ではありません。美人な猫だった

2018年8月27日 (月)

鈴木春信展

夏休み最終日の昨日は、家族で福岡市博物館に「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」展を観に行った。なんせ娘の夏休みの宿題が終わったのが16時前展示はこの日が最終日なので、駆け込みだった~(もう諦めてたくらいCimg7894_2現存する作品の8割以上が海外に所蔵されているので、日本で目にすることが最も難しい絵師の一人なのだそう。確かに馴染みがないし。今回は130年振りに里帰り。

春信は、江戸中期の錦絵創始期の第一人者なのだそう。
全体的に淡い色彩で柔らかい線の作品は、優しげな印象。Cimg7889_2好みの作品は色々あったけど、白い振袖の「鷺娘」が私のイチオシ。エンボス加工のような空摺も美しい

そして、古典を主題にした見立てが面白かった
特に二枚一組の那須与一の屋島の合戦がいいわ茄子畑で恋文を結んだ矢を射ろうとする若者ともう一枚には、船の上で扇子を掲げた娘。着物に船が描かれており、屋島を連想させるというもの。洒落てるなあ江戸の庶民の教養の高さが感じられた。

和歌が書かれたものもあり、こうゆうの古文書講座で読んでみたいなあ。

珍しいと思ったのは、朝鮮人。山笠と同じ「清道」と書かれた旗を掲げた「馬上の朝鮮人」と朝鮮通信使の「朝鮮人行列」。浮世絵では初めて見たわ

着物の模様などに細かい数字や文字が隠されている絵暦は読みづらかったけど、当時はニーズがあったのね。婚礼の様子や十二ヶ月の江戸の人々の暮らしにも惹かれたなあ。

展示室では、「Y氏は暇人」でお馴染みの山田全自動さんの浮世絵解説イラストが楽しかったCimg7788福岡市博物館の収蔵庫からは、江戸時代の着物や高下駄、煙草盆、手焙など浮世絵に描かれた道具も展示されていて興味深かった。Cimg7901夏休みの宿題は全て終わり、始業式の準備も済ませたので、観に来たはずなのに・・・夜になって宿題の最後の仕上げを初めた娘に父ちゃんの雷が落ちた
・・・そんなことになるとも知らず、開館時間を延長してたので、この後は同時開催の「幽霊・妖怪画」へ

2018年8月26日 (日)

RKBお話能舞台へ

いつも楽しみにしているRKBアナウンサーの朗読会のお話能舞台。
今年も当選し、家族で行く予定にしていたのだけど、夏休みもあと二日というのに宿題が終わらない娘は留守番昨日は、友達を誘って大濠公園能楽堂に行ってきたCimg7773今年は、山崎箜山さんの尺八の演奏もあった。開演では、「この道」と「小さい秋みつけた」の尺八に合わせ、浴衣姿のアナウンサーが一人ずつ朗読しながら登場能楽堂で尺八っていいわあCimg7775_2演目は、「おひさまいろのきもの」(作・広野多珂子)、桂歌丸さんを追悼して落語の「つる」、「泣いた赤おに」(作・浜田廣介)、「さやかちゃん」(作・くすのきしげのり)、尺八演奏「鶴の巣籠」に「古事記」だった。

朗読されたのは、池尻和佳子アナ、龍山康朗アナ、田畑竜介アナ、本庄麻里子アナ、佐藤巧アナの五人に加え、スペシャルゲストにRKBのOBでナレーターの生野文治さん。

「泣いた赤おに」では、青鬼が赤鬼に書いた手紙に泣けた青鬼の朗読は生野さん。娘が一緒だったら、「さやかちゃん」に笑っただろうなあ。「古事記」もよかった。
朗読も素晴らしいけど、照明や音響もまた良いのだ
能楽堂の鏡板が、オレンジやグリーン、ブルーに染まり、朗読の世界に入り込めた。

終演後は、大濠公園内の「ロイヤルガーデンカフェ」でお茶して帰る。Cimg7779_2この日も暑かった。レモネードとアイスティのハーフ&ハーフの「アーノルドパーマー」は、爽やかな甘さで美味しかった

2018年8月25日 (土)

夏休み~太宰府にて

さて、九州国立博物館で、「京都・仁和寺観音堂~千手観音像とその仲間たち展」を観たあとは、他の展示室を観て回る。昔、教科書で見た国宝の銅鐸絵画(9月2日まで)を子ども達にも見せておかないとねそして、あじっぱへGO。Cimg7734子ども達が遊んでいる間、大人は隣りで紐結びをやらせてもらう。Cimg7736そろそろ涼しくなっただろうから博物館を後にし、太宰府天満宮へ。Cimg7737母ちゃんは、夏休みの宿題がまだ終わらない娘の学業成就をお願いしたCimg7751頭が良くなりますようにCimg7742ここで嵐ファンの友達のテンションがにわかに高くなる櫻井翔くんが「ラプラスの魔女」のイベントで引いた鷽鳥みくじに大興奮
翔くんと同じ場所で同じおみくじを引き、尚且いいことが書いてあり、大喜びで何よりですCimg7752天神に着くと、TENJIN AMURO MONTHで、安室ちゃん感満載です。
安室ちゃんのラッピング電車も見られた~乗り損ねたし、写真もブレブレだったけどCimg7763_2さて、西鉄の太宰府散策きっぷの特典の梅ヶ枝餅は、この暑さで持ち帰り。
帰宅後に家族で美味しく頂きましたCimg7765_2<おまけ> 新しく発売された福岡市地下鉄のファミリーペア券がカワイイCimg7771小学生には嬉しかったお得な100円のちかまる切符が無くなったのは残念だったけどね。

2018年8月24日 (金)

九博「京都・仁和寺観音堂展」

夏休みも終盤の今週は、友達親子と太宰府へ出掛けた
行きたいところは色々あったけど、この猛暑主に九州国立博物館で過ごした

文化交流展示室では、「京都・仁和寺観音堂~千手観音像とその仲間たち展」を開催中。
仁和寺の観音堂は非公開だけど、近年建物の傷みが進んでいたことから半解体修理が行われ、九州国立博物館で修復された堂内の仏像が只今公開されているのだ
しかも、写真撮影OKとなこんな機会、またとないので、張り切ってカメラを持参したCimg7695再現された須弥壇は圧巻ですCimg7669_2向かって左に風神。Cimg7683_4向かって右には雷神。Cimg7674二十八部衆はよく知らないけど、翼の生えた仏像に釘付け。迦楼羅王というそうだ。しかも笛を吹いているよ。Cimg7721他にも琵琶や鞨鼓のような楽器を持った仏像も。Cimg7710一番カッコイイと思ったのは、こちらの五部浄居天。Cimg7680どの仏像も個性的で、いつまでもじっくり観ていたいけれど、子どもたちが他の展示室に行ってしまったので、そうもしていられないCimg7690ああ、これを430円で観られるとは、ありがたいわあ西鉄の太宰府散策きっぷで行ったら、割引クーポンが入っていてお得だった子どもは入場無料。
公開は、9月2日(日)までこの機会をお見逃しなく~

<おまけ> 文化交流展示室では、夏休み特別企画で「チョコちゃん恋の応援団」の投票をやっていた。Cimg7770私の推しメンは4番の中空土偶。イラストはキン肉マンみたいだけど、実物はお相撲さんみたいでカッコイイそれにやっぱり土偶同士でお似合いかな

2018年8月23日 (木)

ピロリ菌~自宅で胃がんリスク検査

主人の会社の健康保険組合から、胃がんリスク検査導入のお知らせが届いたのが5月。
被保険者の主人だけでなく、30歳以上の被扶養者配偶者の私も含まれていた。
後日、送られてくる検査キットで、自宅で採血をして返送しなければならないそうだ。

既にピロリ菌の除菌済み等で適切な理由があれば、受検辞退することができるけど、辞退する理由もないし、受検しなければ、人間ドックの胃カメラ検査が自腹となるそうだCimg7668その案内が届いてから、いつ届くのか重荷に感じていたけど、注射や採血は大っ嫌いだけど・・・ついに届いたよ~二人分のキットが

・・・だけど、A群と判定されれば、今後は人間ドックの胃カメラ検査が不要になるのだ
アレルギー性鼻炎で鼻も喉も悪く、鼻から入れても口から入れても胃カメラ検査では毎回苦しんでいるので、これがなくなるのは大歓迎です
で、いつやるの心にず~っと重くのしかかっていたけど、今月の提出期限ギリギリに覚悟を決めて開封したちなみに鼻血では駄目だそうだCimg7470恐怖の採血をする前に指先を振ったり、マッサージして血が出やすくしなければならない
指先を消毒して、ピンクのランセットで指の腹をカチッと音がするまで押し当てると、1.8mmの針が出てくるそうだ。しかし、これがなかなか刺せないのだ~
カチッて何どのくらいの力なん怖いよー頑張って押し当ててもなかなか針が出てこず、時間ばかりが経つ。。。結局、主人に上から押してもらうことに。
そして、血を絞り出すのがまたひと苦労血が足りなかったら、予備の針でもう一度刺さねばならないので、意地でも絞り出したわよ

あとは、吸引器で血を吸い取る作業をチップが全体的に赤くなるまで繰り返し
溶液の入ったボトルにチップを落とし、蓋を閉めてシェイク。溶液が赤くなったら、シリンダーを差し込み、密閉して完了。ふう

しかし、済んでしまえば気も楽に主人の会社の健康保険組合には、私も人間ドックを受けさせてもらえるし、今回の胃がんリスク検査までして頂き、ありがたいではないか。

採血で使用した器具は、医療ゴミなので、自宅で捨てずに要返送。ちなみに猛暑時なので、ポストの投函はNGで、郵便局かコンビニの屋内のポストから郵送するのだ。

痛くて怖い思いをしたけど、これでA群の判定が出ず、B~D群の判定だったら、今後も胃カメラ検査は続くのだ。。。お願い、どうかA判定でありますように

2018年8月19日 (日)

三谷幸喜文楽「其礼成心中」

昨日は、博多座に三谷幸喜文楽の「其礼成心中(それなりしんじゅう)」を観に行った。
文楽初心者の私でも(何度か今津人形芝居は観たことがあるくらい)、楽しめそうなコメディーで、近松門左衛門の「曽根崎心中」が大ヒットしたその後のお話。
最初に紋付き袴姿の三谷幸喜さんの人形が登場して、客席が沸いたCimg7653「曽根崎心中」の大ヒットで、大阪曽根崎の天神の森は、心中するカップルが後を絶たず、そこで饅頭屋を営む半兵衛とおかつ夫婦のお店は、閑古鳥が鳴く状態に。(本当に閑古鳥が飛ぶなんてドリフみたい
そこで、心中をやめさせるべく半兵衛が夜な夜なパトロール。「曽根崎饅頭」と銘打って、人生相談にのり、饅頭を売る商売が大当たり。すっかりお金持ちになり、散財の日々を送っていた。ミラーボールまで出てきたし

だけど、近松門左衛門が新作「心中天網島」を書いたのだ。すると、網島では半兵衛夫婦の真似をした天ぷら屋が大流行。饅頭屋は再び傾き、怒った半兵衛は近松に直談判するけれど・・・。

饅頭屋の娘おふくと天ぷら屋の息子が恋仲で、ロミオとジュリエットみたい。おふくの動きがとってもコミカルなのだ
猛反対したものの娘を天ぷら屋の息子の元に行かせることにし、心中しようとする半兵衛とおかつ。
もう一度、娘の顔が見たいと言うおかつに泣けてしまった
天神の森で死んでも誰も見つけてくれないからと淀川に身を投げる夫婦。水の演出と水中での人形の動きがすごいのだ半兵衛・おかつ夫婦は如何にCimg7657_2太夫と三味線の床が舞台の上の方で空中に浮いているように見え、ビックリしたしかも左右にスライドする仕組み。
カーテンコールも二度あり、「それなり」どころか大いに楽しめた文楽だった

<本日の着物> 山本寛斎の洗える絽の小紋。実は、恥ずかしい間違いをしてしまった
夏の長襦袢につけっぱなしの半襟が、単衣用の楊柳だったってことに脱いだ後に気がついた
うっかりしてたわ~。化繊なので、半襟ごと洗ってそのまんまだった
ビーズの半襟を初下ししてもいいかなあとも思ったのだけど、そうしときゃよかったわCimg7661足元は、亜麻草履を初下し。足袋もおニューの麻足袋にしたけど、若干大きめで、こはぜが外れるので履き替えた。何度か洗うと縮むかなあCimg7645今月はもう一度着物を着る予定がある。それまでに絽の半襟に付け替えねばね

阪急「浅田真央展」

金曜は、古文書講座の帰りに博多阪急の「浅田真央展」に行った。
地下鉄の一日乗車券は、こうゆう時にありがたい初日は真央ちゃんご本人がいらしたそうだ。Cimg7473見たかったのは、やはりオリンピックの衣装バンクーバーでの銀メダルは重みがあった。
THE ICEは見たことがないけれど、こちらの衣装は撮影可Cimg7482姉の舞さんとの衣装が多かった。Cimg7488_3   Cimg7485   Cimg7496_2   Cimg7480愛用のスケート靴の傷に真央ちゃんの努力が伺えた。映像もあって、ウルッときたわ。
真央ちゃん、たくさんの感動をありがとうCimg7502博多阪急の「浅田真央展」は、8月21日(火)まで入場無料ですよ

2018年8月18日 (土)

今季初浴衣!周船寺花火大会

命の関わる暑さと言われる今年の夏。昨日から、ようやく涼しくなったように感じる。
さて昨日は、九大学研都市に周船寺の花火大会を家族で観に行った。
周船寺の花火は、「丸隈山古墳観世音大祭奉納花火大会」。
前方後円墳の丸隈山古墳(国指定史跡)の石室をこの日は直に見ることができるし、宇田川原豊年獅子舞の奉納もあるけど、主人の帰宅後に出掛けたので、出遅れた。
ちなみに二年前三年前には見てるのだ

九大学研都市のイオンに車を停めて、歩いて向かっていると始まったCimg7554_2蝶やハートの花火はカワイイけど、うまく撮れなかった。。。Cimg7632ラストは圧巻Cimg7627遅めの夕飯は、イオンのサイゼリアで。金曜の夜だし、主婦としては楽チンで嬉しい

<本日の浴衣>桔梗模様のプレタに博多織小袋帯。
翌日、着物を着る予定があるので、帯下締めは洗濯の都合で使わなかったら、スッカスカのヨレヨレ今年の浴衣は、これっきりになりそう。。。Cimg7639足元は、実家から持ち帰った母の下駄。Cimg7644もう履くことはないからとのことだったけど、娘としてはまだまだ元気で歩いて欲しいのです。

2018年8月 9日 (木)

本山岬のくぐり岩

今週は主人が早めの夏休みを取ったので、パーキンソン病で入院中の母を外泊させるため、山口に帰省した
六年生の娘が小学校に入学するのと同じ頃に入院したので、母も入院生活六年生。
さすがに空き家同然の実家に夏に泊まるのは気掛かりで、市内のきらら交流館に泊まる。
ここから下関や九州も見渡せるけど、この日はイマイチ。Cimg7420今年の夏は、命に関わる暑さと言われ、婦長さんにくれぐれも無理のないように言われており、今回の帰省では、気分転換のドライブなどはせず、ゆっくり過ごすことに。
夕方は、妹と姪っ子達が会いに来てくれ、皆で賑やかな夕食となった。病院では、母の好きなお刺身やお寿司は出ないので、この日の夕飯は「さざん亭」で母の好きなものを
一人っ子の娘は、姉ちゃん達に会えて、嬉しかったようだCimg7425_2翌朝は、きらら交流館からも近い本山岬のくぐり岩を見に行く。
母の案内で行ったところは展望台で、草が生い茂って海が見えず、変だなあと思っていたら、別のルートだった。細い道を下って行くと、あった~Cimg7435干潮の時でないと近づけないところ。Cimg7445地層を見るのも面白いけど、とにかく暑いので、早々に撤収Cimg7452二日目は自宅に帰って、病院に戻るまでゆっくり過ごしてもらう。まずは掃除Cimg7460一泊二日の介護帰省。楽しい時間はあっという間で、帰りはちょっと切ない関門橋。
明るく社交的で多趣味な母だったけど、最近は話す声も聞き取りにくくなってしまったなあ。

余談だけど・・・母も携帯電話を持ったことだし、実家の固定電話を解約することにしたのだけど、父の名義なので、電話での解約は出来ず、私の身分証明書を郵送しなくてはならないそうだ。もう五年以上ほとんど使っていない電話をようやく解約する決心がついたのだけどね

2018年8月 1日 (水)

亜麻草履買った~♪

夏に出番の多かった白地に薄紫の螺鈿の草履(金鷲)は、数年前に娘に貸したら、たった一度でボロボロになってしまった
最近は、夏に着物を着る機会もすっかり減ったけど、今月は久々に着る予定があるので・・・夏用の亜麻草履を買っちゃった~Cimg7416横から見ても、いい感じ。今月、博多座に行く時に早速初下ししようっと
ガード加工済とは言え、白は汚れが目立つかもと思ったけど、汚れた場合はブラシで水洗して陰干ししたらいいとのこと。Cimg7418さて、今月の博多座は、バラエティーに富んだラインナップで、行きたい演目が4つもあって、楽しく悩んだその中から厳選して、三谷幸喜文楽の「其礼成心中(それなりしんじゅう)」と「極KIWAMI~古典芸能の世界」の夜の部のチケットを買った

「極KIWAMI~古典芸能の世界」では、高校時代に読んでいたマンガ「ガラスの仮面」が原作の能「紅天女」を人間国宝の梅若実さんが演じられるのだ。あと、狂言と猿之助さんの舞踊も観られるとあって、楽しみな舞台だ
梅若実さんは、玄祥さん時代に大濠公園能楽堂で拝見したことはあるけど、大きな博多座で観る能って、どんな感じだろう。。。

ちなみに「ガラスの仮面」は、未だ完結しておらず、先日娘の希望でネットカフェに行った時に最新刊の49巻から遡って数巻を読んでおいた。準備オッケーで~す

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »