フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 鈴木春信展 | トップページ | 博多座「極」KIWAMI~古典芸能の世界 »

2018年8月28日 (火)

幽霊・妖怪画の世界展

さて、福岡市博物館で「鈴木春信展」を観た後は、同時開催の「幽霊・妖怪画の世界展」へ。
博物館が所蔵する吉川観方コレクションは、数年前に「幽霊・妖怪画大全集」を観たことがあるのだけど、パワーアップしてたなCimg7891そして何が嬉しかったって、写真OKだったってこと
何度か見てるけど、やはり一番好きなのは、伊藤若冲の「付喪神図」。100年経って化けたという茶釜や茶碗、琵琶、鼓などがユーモラスCimg7883河鍋暁斎の「付喪神図」も負けてません。お歯黒をした鏡の動きがグーCimg7804ゴジラみたいな妖怪は、淀川に現れた大魚体長2.5メートル。Cimg7798障子をそ~っと開けると、幽霊や妖怪の掛け軸が見れれる演出があり、いいアイデアだと思うけど、見るのも撮るのも勇気がいりますCimg7835_2怖くなったらこちらどうぞ歌川広重の「東海道五十三對 二川」。洗濯物を幽霊と見間違えてる弥次さんと喜多さんのことを本を読んで笑っている女性Cimg7851急逝した二代目市川門之助を担いでいるけど、実際は三代目だったとかCimg7849_2西郷どんの幽霊もいましたよ。死しても尚、建白書をつきつける西郷どん。Cimg7845個人的に気になった(勝手に)猫シリーズ、いってみようまずは猫又。Cimg7814歌川広重の「猫の鰹節渡り」。猫の軽業師がカワイイ。Cimg7878_2佐賀・鍋島家の化け猫騒動のことは知らなかった。Cimg7826博物館を出ると、うちの車の傍に猫がいたニャCimg7906_2化け猫ではありません。美人な猫だった

« 鈴木春信展 | トップページ | 博多座「極」KIWAMI~古典芸能の世界 »

ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊・妖怪画の世界展:

« 鈴木春信展 | トップページ | 博多座「極」KIWAMI~古典芸能の世界 »