フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

能舞台に立つ!狂言ワークショップ

日曜日は、大濠公園能楽堂で狂言のワークショップに参加してきた
講師は、和泉流狂言師の深田博治さん。深田さんは、万作さん、萬斎さんに師事しておられる。
お陰で万作さん、萬斎さんのお話も色々と伺えて、嬉しい限りです

そもそも、私が狂言を観るようになったのは、20代の頃にNHKの朝ドラ「あぐり」で萬斎さんのファンになったのがきっかけなのだ萬斎さんが福岡にいらっしゃる時には、友達と喜んび勇んで観に行ってたなあ。

今回は、なんと楽屋口から入るのだ勿論こちらに回るのは初めてです。Cimg9750受付を済ませたら、「装束の間」(12畳)で待機。
楽屋から能のお囃子が聞こえてくるわーい、なんだか得した気分Cimg9783白足袋持参なので、着物で伺った。だって能舞台に立てるんだもん

ワークショップの内容は、能楽のお話、能舞台の説明、狂言のセリフや小謡、小舞のお稽古など盛りだくさん。しかも、嬉しいことに参加無料なのです
「装束の間」では、能楽のお話の他、狂言のセリフや小謡のお稽古などをした。

この隣りが「鏡の間」。テレビでしか見たことがないので、テンション上がるわ~
ああ、この三面鏡の前で、能のシテが葛桶に座って面をつけるのね

狂言師が唯一葛桶に座って仕度ができるのが、大曲の「釣狐」なのだそう。
その「釣狐」は、狐の着ぐるみの上から装束を着るので、かなりの重さなのだそうだ。
秋に演じられることが多いようで、夏の間に革ジャンを着て走りこんだりと準備をなさっているとのこと。Cimg9778「鏡の間」からいよいよ能舞台へ。シテが「お幕」を言うと、幕が上がるのだ。
和泉流の「釣狐」では、揚幕が一瞬で上がって下がり、あたかも狐が一瞬で現れたような演出をするそうだ。実演されたけど、これは至難の業。是非、舞台で拝見したい。Cimg9757さあ、いよいよ能舞台へ皆で「お幕」と言い、橋懸りへ進みまーすCimg9760鏡板は老松。だけど、名古屋能舞台だけは若松なんだって(驚)老松と一年交代なのだそう。Cimg9772能舞台に上がるならと、是非見ておきたかった道成寺の鐘を吊るす天井の滑車Cimg9762そして、通した綱を笛柱のこの環へ通して括り付けて、鐘を吊るのだ。Cimg9771足の運びは左足から。大名や山伏など大きく見せる手の構えも勉強になった。
和泉流の山伏の歩き方は、山を歩くように一歩ずつ踏みしめながら歩くのだ。
他にも小舞の「兎」、右足をダンダンと踏み鳴らして怒る女房もやったりして
最後は狂言の笑いをして、ワークショップは終了。帰りは、切り戸口から退場した
客席もこうしてみると、結構近いのね。ちなみに大濠ではしめ縄は一月いっぱい飾られるそうだ。Cimg9775一時間半の予定が二時間になり、大人の学びという感じで、楽しくてあっという間だったCimg9777最近は、能や狂言を観るより、歌舞伎を観に博多座に行く回数の方が多いように思う。
でも、やっぱり能楽堂は好きだー凛とした空気の中でお稽古できて、嬉しかった。
今後、狂言を観る時にいつもとは異なる目線で楽しめること間違いなし
深田先生、ありがとうございました。

<本日の着物> 色柄に一目惚れし、ヤフオクでお安く入手した反物をきものあとりえちさやさんで仕立てて頂いたろうけつ染めの小紋を初下ろし。
帯は西陣織名古屋。帯締めは五嶋紐、帯揚げは丹後ちりめん。Cimg9788年代物の反物は、焼けもちょこちょこあったけど、目立たないように仕立てて頂いたお陰で、着ている本人はあまり気にならなかった普段着にピッタリで、よい買い物をしたわ

2019年1月28日 (月)

今年の年賀状の切手シートは招き猫

今年のお年玉付年賀状の切手シートは、干支の猪ではなく、なんと招き猫Cimg9792私の知る限り、切手シートはいつも干支。昔話では、ネズミにだまされた猫は、十二支に選ばれなかったので、お年玉切手シートを飾ることなんてできないもんね~。ちなみに私は子年
平成最後の年なので、特別なのかな遊び心あるなあ。Cimg9793そして、今年は新元号に改まる特別な年Wチャンスで、4月20日(土)にも特別仕様の切手シートが当たる二回目の抽選があるんだって郵便局の窓口で教えてもらった。
こちらも忘れずチェックしなきゃね

2019年1月27日 (日)

続・まな板 before after

何の木だったか忘れたけど、長らく愛用している我が家のまな板。
黒ずみは以前、東区の箱崎ふ頭にある市のリサイクルプラザ、臨海3Rステーションでまな板削りをしてもらい、すっかりキレイになった。

二度目もここにお願いしようと思っていたのに、前回は何故か主人が、ホームセンターでカンナを買ってきて、削り始めたのだだけど、素人なので、残念な仕上がりCimg0140ボコボコだったせいか一年少々でもうこの状態ここんとこまな板を見る度、テンションが下がっていたのだCimg9733_2なので、今回はきちんと臨海3Rステーションで削ってもらうことにした
前回は500円払ったけど、今は無料で予約制。箱崎ふ頭なので、都市高速代はかかるけど、無料になったのは嬉しい。
待つこと30分で、側面までピッカピカあ~この状態を長くキープできるといいな。Cimg9745・・・まな板の件は解決したけど、実は今、スマホが深刻な状態にあり、半泣きなのだ。
私のスマホは、ちょっと特殊なDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)スマホのg07+。

ガラケーの携帯会社のSIM(通話とメール用)と格安SIM(ネット用)の二枚を挿して使うスマホで、使い始めの時も我が家のシステムエンジニアが苦労してたのだ。

今回は少々トラブルがあり、主人が解決しようとして・・・ラインと電話帳が消えてしまったよ~(泣)厄介なスマホなので、私もあまり強く言えないけど・・・ありえんわ~(泣)

電話帳は、ガラケーの方にデータが残ってるからいいけど、ラインの方はどうなるか全くわからない。

もし、ラインで既読にならなかったら、お手数ですが、どうぞメールでご連絡くださいませ<m(__)m>

2019年1月26日 (土)

アクロス「ちりめんのお細工展」~圧巻のさげもんとおきあげ

古文書講座の帰りは、アクロスに寄り道した。二階では「ちりめんのお細工展」が開催中。
さげもんとおきあげが見られるとあって、楽しみにしていたのだ
写真撮影とブログへの掲載の許可を得たので、どーんとアップしま~すCimg9692大好きな鳥獣戯画を見つけた絵巻物から出て来たようなカエルやね。Cimg9686ウサギも見っけ隣りのタヌキがユーモラスCimg9689風神雷神もいた。一般的な我が家のさげもんとは異なり、題材も面白くて楽しいCimg9712浦島太郎や桃太郎、金太郎などの昔話もあって、ほのぼのする宝船も凝ってるなあ。Cimg9694糸菊はどうやって作るんだろう繊細です。Cimg9730毬はよく見かける刺繍をした毬とは異なり、木目込み毬。お花がかわいいCimg9700博多おきあげって羽子板のイメージだけど、こちらのおきあげは、連獅子や勧進帳など古典芸能がモチーフ。うわー楽しいCimg9726連獅子の今にも毛振りしそうな躍動感がスゴイこれはすごく好きだった作品忠臣蔵もあった。Cimg9720_2今年は友達と柳川に行って、ひな祭りのさげもん巡りをしようと話しているのだけど、ひと足お先にさげもんを楽しませてもらった
アクロスの「ちりめんのお細工展」は、明日27日(日)まで入場無料です

2019年1月25日 (金)

シネマ歌舞伎・玉三郎さんの淀の方&楊貴妃

今年最初のシネマ歌舞伎は、玉三郎さんの二本立て「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)」と「楊貴妃」を中洲大洋に観に行ってきた。Img_20190125_0001「沓手鳥孤城落月」の舞台は大坂夏の陣で、家康に攻められ、落城寸前の大阪城。
淀の方はモチロン玉三郎さん。そして、秀頼は七之助さん、千姫は米吉くん
七之助さん演じる秀頼は、若武者らしい橙色の鎧姿で凛々しい
・・・だけど、正気を失い、乱心する淀の方が重過ぎて・・・まさかの寝落ち
今週は何かと忙しかったので、寝ちゃうかもって予感はあったんだけど・・・
玉三郎さんの解説で、楽家の茶室でお茶を点てるシーンの方は好きだったな。

その点、舞踊の「楊貴妃」は心穏やかに?観られた玉三郎さんがとにかく美しすぎる
あの世とこの世を行き来する妖術遣いの方士(中車さん)は、玄宗に亡き楊貴妃の魂を探すよう命じられ、蓬莱山へ向かう。すると、楊貴妃が現れて・・・
この設定、夢枕獏さんの作品っぽいなあと思ってたら、やはりそうだった。
牡丹の扇子を手に舞う楊貴妃。そして、自分と会った証にと玄宗にもらった翡翠のかんざしを方士に手渡すのだ。楊貴妃が幻想的で美しかった~

帰りは博多座に寄り、三月花形歌舞伎のチケット(愛之助さんの「鯉つかみ」)を発券してきた。
本当は着物の日に行きたかったけど、割引デーの17日夜の部を予約した
一月の博多座に来ることなんてないけれど、まだ新春の装い。Img_20190125_115735_jpg_706nnva_parこの後は、古文書講座。その前に主人と待ち合わせてランチでもと思ってたけど、それが叶わず一旦帰宅。教室では寝落ちしないよう、抹茶を飲んで出直した・・・って修行僧かい

2019年1月17日 (木)

「才色兼美」和楽器の競演~アクロスランチタイムコンサート

今年に入り、三度目のアクロスシンフォニーホール
今回は、ランチタイムコンサート女性和楽器アンサンブル「才色兼美」の「和楽器の競演」を聴きに行ったImg_20190116_0001才色兼美の奏者は、山田路子さん(篠笛)、はなわちえさん(津軽三味線)、柴 香山さん(尺八)、里アンナさん(奄美民謡・三線)、おもだか秋子さん(民謡・鳴り物)の五人。海外でも活躍されているそうだ

皆さん、振袖をお召しで華やかだった~ひと際目を引いたのは、「西郷どん」のオープニングテーマ曲も歌われた奄美の歌姫、里アンナさんのシックな色味の大島紬?の振袖珍しくて、オペラグラスでまじまじと見入ってしまった

一曲目は、新春らしく「春の海」を津軽三味線、篠笛、尺八で琴と尺八以外の演奏を初めて聴いたけど、素敵だった

一番印象に残った曲は、歌劇「カルメン」より”ハバネラ(恋は野の鳥)”
海外では演奏されたことがあるけど、日本では初披露だそう
歌は、奄美民謡の里アンナさんと民謡のおもだか秋子さんの二人の歌姫すごくよかった

三味線と篠笛の「剣の舞」もロックな感じで面白い

民謡メドレーもよかった曲は、北から南にソーラン節、花笠音頭、東京音頭、炭坑節。
太鼓を鳴らしながら歌うおもだか秋子さんが、とにかくかっこいい
背の高い歌姫は、赤い振袖に袋帯を二重太鼓にされていて、とてもお似合いだった

アクロス福岡のランチタイムコンサートは、ランチ価格の1000円也
着物で来場すると、博多織のミニプレゼントがあり、着物をお召しの方もちらほらいらした。
当初は私も着物を着る予定だったけど、コンサートの後は古文書講座だったので、考え直して洋服にしたのだ。あ~、でもやっぱり着物で行けばよかったかも

2019年1月13日 (日)

渡辺直美展 Naomi's Party

先日、よしもと天神ビブレホールで開催中の渡辺直美展 Naomi's Partyへ行って来た
6つの部屋を巡る構成で、撮影OKなのが嬉しいCimg9657_2パーティールームには山盛りのお料理Cimg9548すごいボリュームですCimg9556_2メイクルームでは、直美ちゃんのメイクの様子が見られますCimg9578衣装が散らばったスウィートルーム。ピカチュウのドレスもあって楽しい。Cimg9582シャワールームには、直美ちゃん人形がたくさん。Cimg9618台湾ルーム。Cimg9630お肉の山に直美ちゃん見っけCimg9635壁一面に貼られた写真が素敵だったCimg9610さすがインスタの女王Cimg9602直美ちゃんの世界観に浸れる楽しいイベントだったよしもと天神ビブレホールで14日まで

家族でお出掛け~NHKカジュアルクラシックコンサート

今年に入り二度目のアクロスシンフォニーホール
金曜の夜は、主人と天神で待ち合わせ、家族でNHKカジュアルコンサートへ出掛けた。
主催はJ:COMとNHK福岡。入場無料のコンサートで、J:COMに加入していなくても応募可能なのが嬉しいCimg9670NHK交響楽団のメンバーを中心とする演奏家による室内楽で、ピアノはボストンより帰国された高橋希さん、オーボエは小林裕さん、バイオリンは松田拓之さん、大宮臨太郎さん、ビオラは坂口弦太郎さん、チェロは山内俊輔さん。

「美しく青きドナウ」、「人生のメリーゴーランド」、「世界に一つだけの花」、「浜辺の歌」、「川の流れのように」など全12曲。

「チャールダーシュ(博多スペシャル)」では、ビオラの坂口さんが座った状態からのまさかのジャンプ初めて聴いたアンダーソンの「舞踏会の美女」が好きだった
アンコールは、アンダーソンの「ワルツィングキャット」。演出も楽しい

知らない曲が続くと、退屈することもあるのだけど、トークも楽しく、最後まで楽しいコンサートだったこのメンバーで、また機会があれば、聴きに行きたいな。

コンサート終了後は、アクロス近くのサイゼリヤへ。我が家のアレルギーっ子もここなら食べられるメニューが多く、楽しく食事できるのだ

いつもは、仕事から帰ってバタバタ家事をしているけど、いい音楽を聴けて、夕飯の支度も片付けも無しで、夜更かしもできて、いい夜だった

2019年1月 9日 (水)

十日恵比須詣り

友達と十日恵比須神社の正月大祭へ行ってきた。
以前、博多券番さんのかち詣りを見たくて参拝したことはあったけど、同僚から色々と話を聞き、今年は純粋にお詣りしたいと思ったのだ
神社に向かっていると、踊りながら練り歩く一行に遭遇。博多民踊協会さんだった。Cimg9508_2参道は、参拝者の列、列、列・・・。誘導する係員が、空いていては商売上、縁起が悪いので、どうぞ満員御礼で詰めてお並びくださいと、口上もさすが商売繁盛の神社ですCimg9511並ぶこと30分少々、ようやく参拝の順番が回ってきた。Cimg9522手水舎は、恵比須様の鯛。口から水が出てきます。Cimg9529今回のお目当ては二つ。まずはえびす銭をお借りすること
この種銭を元手に商売し、ご加護により繁盛したお礼に借りたお金を倍にしてお返し、新たに借りていくという昔の風習によるものらしい。Cimg9545かわいらしい鯛釣り恵比須さんにも我が家へお越しいただきましたCimg9537中村信喬さんの博多人形の干支の猪面をつけた恵比須様もとっても素敵だった
日本伝統工芸展でもお馴染みの中村信喬さんこれは、娘ちゃんが亥年の友達が購入。
来年、年女の私はネズミ面の恵比須様がいいので、一年待つことにしま~す
家族の干支の恵比須様を集めてみるのもいいなあ。

そして、もう一つのお目当て。参道の出店では、欲しかった熊手を購入恵比須様と大黒様。しかも、今年のラッキーカラーの赤、白、ゴールド(ドクターコパ情報)なのです
ハッピーカムカム早速、西に向けて玄関に飾りましたよーCimg9658出店のお兄さんによると、来年、古い熊手を納めたら、これより高いものを買い、年々高いものにしていくのがいいそうだ。

帰りにマンションの前で、趣味で畑仕事をされているご近所さんにばったり会い、野菜をお裾分けして頂いた。しかもカブは、ラッキーカラーの赤と白Cimg9655わーい、これって早速、恵比須様のご利益でしょうかありがとうございま~す

2019年1月 8日 (火)

阪急「ガラスの仮面展」

充実の6日(日)は、親子能楽鑑賞会、九響ニューイヤーコンサートの後、頑張って博多阪急へ
連載40周年記念美内すずえ先生の「ガラスの仮面展」を観に行った。だって7日までなんだもん。入り口には、紫のバラの人からのお花が心憎い演出だなあCimg9491私が漫画を読んでいたのは10代の頃。でも、連載が始まったのは、幼稚園の頃だと
40代になって未だに続いていることを知り、娘の希望でインターネットカフェに行く時に「ガラスの仮面」を読むのが楽しみなのだそれでも、まだ読んだことがないお話もあるはず。

漫画の生原稿がたっぷり展示されていて、名シーンを懐かしみながら、読み進んで行くので、なかなか前に進めない。修正ペンで消した跡、鉛筆で書き加えた跡もあり、貴重なものを拝見できた変色したテープの跡に時の長さを感じる。白目のコーナーもあり、にやけてしまったわ

そして、カラー原画の美しいこと
私は速水真澄様が好き マヤちゃんと真澄様のコーナーはよかった~

「紅天女」の創作面もあった。昨年、博多座で梅若実さんの能「紅天女」を拝見したけど、今度は漫画でマヤちゃんの紅天女が見たいわ

早く帰らねばーと思いつつ、じっくりと見入ってしまい、なんだかんだで一時間半滞在していた。一人で行くと、こうゆう顔はめパネルが出来ないのが残念Cimg9492美内先生、どうぞお元気で、完結編を早く読ませてくださいね~。
ご本人のインタビューによると、良い結末になるようで、大いに期待して待ってま~す

帰る頃には、すっかり真っ暗になっており、博多駅のイルミネーションがキレイだった。Cimg9498朝から三つ掛け持ちして、あちこち動き回ったけど、主人に夕飯の支度を頼んでおいたので、時間を気にせず楽しめた年末年始は大掃除におせち作りに頑張ったので、これは自分へのご褒美なのだ

2019年1月 7日 (月)

九響ニューイヤーコンサート♪

さて、大濠公園能楽堂の親子鑑賞会(午前の部)が終わった後は、バタバタ帰宅
午後は一人でアクロス福岡に九州交響楽団のニューイヤーコンサート~華麗なるウィンナ・ワルツの響宴~を聴きに行ったCimg9501なんといっても楽しみだったのは、ソプラノ歌手の佐藤しのぶさん指揮とお話の現田茂夫さんとはご夫婦だと知った。チケットは完売です。

花で飾られたステージに色とりどりのドレスを身にまとった九響の演奏家&合唱団なんとお着物の方もいらした
そして、ステージから「明けましておめでとうございます」とご挨拶があり、新年らしく目にも耳にも嬉しいニューイヤーコンサートだった

ヨハン・シュトラウスⅡ世の「こうもり」、「美しく青きドナウ」、ビゼーの「カルメン」、プッチーニの「蝶々夫人」などワクワクするプログラム

とにかく佐藤しのぶさんの歌声が素晴らしかった
カルメンでは赤い裾引きのドレス、蝶々夫人では黒地に黄色と白の大きな蝶のドレス、アンコールの時には別の蝶のドレスに着替えて出てこられ、眼福だった~

「カルメン」は圧巻鳥肌が立った。
「蝶々夫人」は途中、黒御簾音楽のように姿の見えないバックコーラスが入った。
結末はわかっているので、切ない「蝶々夫人」「かわいい坊や」を歌い終わった後の演出にはゾクッとした(12日に同じプログラムで北九州公演があるので、ネタバレにならないようこのくらいにしときます

初めて聴いた九響ニューイヤーコンサートは素晴らしかった是非また来年も行きたい

冬休みの最終日って例年宿題祭りなのに、娘が珍しく二日目に宿題を終えたので(こんなことは初めてだ。さすがに六年生だからかな)、お陰で心おきなく楽しめた

3階C席だったので、髪型は午前中の着物のアップのまま、洋服に着替えて行ったけど、3階席にもお着物の方が数人おられ、着物でもよかったじゃん

さて、この後は欲張って阪急の「ガラスの仮面展」へ行くのだ

2019年1月 6日 (日)

「船弁慶」親子能楽鑑賞会へ

冬休みの最終日の今日は、娘と大濠公園能楽堂の親子能楽鑑賞会に出掛けた。
演目は、能「船弁慶」と狂言「盆山」。Img_20190105_0001前回はおととしの秋、今回は松の内の開催。能舞台には、しめ縄が張り巡らされており、お正月気分なので、着物で伺った。

「盆山」は初めて観たかもしれないけど、先が読めてしまう。盗みがバレて、動物のものまねをさせられるのだ。でも、犬の鳴き声の「びょうびょう」って、どうだろう。鯛の鳴き声には笑った

「船弁慶」は、是非とも娘に観せたかった演目。子方の義経は四年生。
前半の静御前の舞もいいけど、やはり後半の知盛の亡霊が迫力満点
辰巳満次郎さんの解説もわかりやすかった
ただねえ・・・隣りの親子が居間でテレビを見てるかのように絶えず喋ってるのには閉口しましたよ

さて、娘には大濠公園の外のミスタードーナツでポケモンドーナツを買って帰る。Cimg9482_2ピカチュウとモンスターボールは、卵アレルギーっ子の練習用。大好きなポケモンならモチベーション上がるしね。ちなみに完食Cimg9486

<本日の着物> 葉っぱの小紋に和楽器文様の染め帯。Cimg9480後ろのお太鼓はこんな感じです。Cimg9477_3この後は一旦帰宅し、私一人で九響ニューイヤーコンサートへ

2019年1月 2日 (水)

親子で新春チャリティ茶会のお手伝いへ

お正月の二日は、天神の初売り。今年も天神地下街で毎年恒例、社中の新春チャリティ茶会のお手伝いに親子で伺った。Cimg9420小6の娘は、10歳から着ている小紋の肩揚げを取った。そして、お茶会のお手伝いは今年を最後にすると言っているCimg9447思えば、娘がお茶を習っていたのは、2~3年生の一年程。2年生から6年生まで5年連続親子でお手伝いに伺った。私もお稽古をやめて早20年猫の手くらいにしかならないけれど、独身時代に振袖を着て、お点前をしていたお茶会に親子でお声が掛かるようになり、喜んでいたんだけどなあ。春には中学生になることだし、娘の意思は尊重しよう

でも、抹茶や和菓子は好きな娘なので、これからもキッチン流電気ポット派の抹茶女子でいてほしいなあ本日、先生に頂いた古帛紗と帛紗を初下ろし。Cimg9464今日は、20代の頃のお稽古友達が来てくれた1546402315557映画「日々是好日」を観て、主人公がお稽古を始めた当時の我ら三人娘と(そして樹木希林さん演じる先生がうちの先生と)かぶって見えたことよ

<本日の着物> 20代の頃、初めて自分で(月賦で)誂えた付下げに振袖時代の袋帯(西陣織)。親子で参加するのは最後になるかと思い、娘の小紋と同系色にした。Cimg9399道行コートは斉藤三才。Cimg9462娘は全通のリサイクル袋帯をリメイクした半幅帯。Cimg9456_2水仙のつまみ細工は、私の手作り。小さい頃は着物が大好きだった娘そんな子どもの着物の仕度が忙しくも楽しみでもあったけど、この春の卒業式の袴が済んだら、次はいつ着てくれるかなあ。。。

2019年1月 1日 (火)

我が家のお正月2019

明けましておめでとうございます。

平成最後のお正月。いつもなら大晦日に除夜の鐘をつきに行ったり、初日の出を拝みに行くことが多いけど、少々バテ気味なので、今年は家でゆっくり年越しをした

お花は、友達がおすそ分けしてくれた若松、菊、千両。ありがとうございますCimg9387ドクターコパによると、今年のラッキーカラーは赤、白、ゴールドなので、しめ縄は紅白で。手帳も迷わず赤にしたCimg9379おせちは、今年も手作りで。娘の冬休みの宿題に料理の手伝いがあったので、紅白なますをお願いしたCimg9391_2壱の重・・・田作りピーナッツ(いりこは友達からおすそ分けしてもらった芦屋町産)、抹茶の二色きんとん、ポテサラの生ハム巻き、明太レンコン、紅白かまぼこに市販の黒豆と数の子。
弐の重・・・紅白なます、豚肉の昆布巻き、エビの味噌マヨドレ(卵不使用)焼き、ブリの照り焼き、松風。
参の重・・・がめ煮(筑前煮)

娘からポテサラ巻きっておせちだっけなんて突っ込まれたけど、いいのだ。奇数にするための数合わせよ

紅白かまぼこは、例年山口の叔母が「宇部かま」の卵不使用のを送ってくれるのだけど、今回は間に合わなかった。卵不使用のかまぼこって売ってなくて、運よく見つけたのが、下関の「村田実商店」製の紅白かまぼこ。こちらのかまぼこは以前もお世話になった。しかも紅白なので、一本で二度美味しいCimg9345そして、家族で氏神様に初詣。大破魔矢をくぐって参拝しまーす。Cimg9381おみくじは、大吉だったいい一年になりますように

<本日の和菓子>廣榮堂の紅白きびだんごCimg9372今年のラッキーカラーの紅白を食べて取り込もうという魂胆
こちらのきび団子は独身時代、仕事で岡山に行く度にお土産に買って帰ってた。Cimg9374_2拙いブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします。
皆様にとって良い一年になりますように。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »