フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「船弁慶」親子能楽鑑賞会へ | トップページ | 阪急「ガラスの仮面展」 »

2019年1月 7日 (月)

九響ニューイヤーコンサート♪

さて、大濠公園能楽堂の親子鑑賞会(午前の部)が終わった後は、バタバタ帰宅
午後は一人でアクロス福岡に九州交響楽団のニューイヤーコンサート~華麗なるウィンナ・ワルツの響宴~を聴きに行ったCimg9501なんといっても楽しみだったのは、ソプラノ歌手の佐藤しのぶさん指揮とお話の現田茂夫さんとはご夫婦だと知った。チケットは完売です。

花で飾られたステージに色とりどりのドレスを身にまとった九響の演奏家&合唱団なんとお着物の方もいらした
そして、ステージから「明けましておめでとうございます」とご挨拶があり、新年らしく目にも耳にも嬉しいニューイヤーコンサートだった

ヨハン・シュトラウスⅡ世の「こうもり」、「美しく青きドナウ」、ビゼーの「カルメン」、プッチーニの「蝶々夫人」などワクワクするプログラム

とにかく佐藤しのぶさんの歌声が素晴らしかった
カルメンでは赤い裾引きのドレス、蝶々夫人では黒地に黄色と白の大きな蝶のドレス、アンコールの時には別の蝶のドレスに着替えて出てこられ、眼福だった~

「カルメン」は圧巻鳥肌が立った。
「蝶々夫人」は途中、黒御簾音楽のように姿の見えないバックコーラスが入った。
結末はわかっているので、切ない「蝶々夫人」「かわいい坊や」を歌い終わった後の演出にはゾクッとした(12日に同じプログラムで北九州公演があるので、ネタバレにならないようこのくらいにしときます

初めて聴いた九響ニューイヤーコンサートは素晴らしかった是非また来年も行きたい

冬休みの最終日って例年宿題祭りなのに、娘が珍しく二日目に宿題を終えたので(こんなことは初めてだ。さすがに六年生だからかな)、お陰で心おきなく楽しめた

3階C席だったので、髪型は午前中の着物のアップのまま、洋服に着替えて行ったけど、3階席にもお着物の方が数人おられ、着物でもよかったじゃん

さて、この後は欲張って阪急の「ガラスの仮面展」へ行くのだ

« 「船弁慶」親子能楽鑑賞会へ | トップページ | 阪急「ガラスの仮面展」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九響ニューイヤーコンサート♪:

« 「船弁慶」親子能楽鑑賞会へ | トップページ | 阪急「ガラスの仮面展」 »