フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

歌舞伎役者の訃報の浮世絵「死絵展」

ミュージアムウィーク最終日の26日(日)は、福岡市博物館へ。
今秋、開催される「侍展」のプレイベント、「福岡おもてなし武将隊」も出演される講演会の入場整理券をGETした後は、企画展示室へ。歌舞伎役者の訃報・追善を兼ねて摺られた浮世絵の「死絵(しにえ)展ー明るく笑ってさようならー」を観に行った。

今は撮影可能になったので、気になった作品を遠慮なく何点か撮ってみた!(^^)!
博多は、もうすぐ六月大歌舞伎も始まることだし、いいタイミングだー!
先日、博多座船乗り込みも観に行ったので、その話は別記事でアップしまーす。

顔よし芸よし人柄よし、八代目市川団十郎が多かった。大坂での公演前夜に自刃を遂げたそうだ。
女性も猫も泣いてます。辞世の句、戒名は捏造だって(笑)どんだけ急いで摺ったんだー?

Cimg1973

こちらも団十郎。遺書を手にした団十郎の夢の中で、お迎えに来た鬼を追い返そうと袋叩きにする女性達(^-^)

Cimg1762

あの世に逝く団十郎の袖にしがみつき、行かないでー。

Cimg1767

三途の川のほとりで捕手姿の鬼を成敗する団十郎。歌舞伎っぽいわ(^-^)

Cimg1980

極楽に到着した団十郎に蓮台へと急かすのは先に仏様になった歌舞伎役者の先輩方。

Cimg1991

亡くなっても幸せでいてほしいと願うファンの気持ちね。
こちらは三代目市川団之助。「南無阿弥陀仏」と書かれた掛け軸から光が放たれている。

Cimg1718

「死絵(しにえ)」って字だけ見ると怖いけど、とってもユーモラスで、歌舞伎役者への愛を感じたなあ。
福岡市博物館の「死絵展」は7月7日(日)まで。200円ですよー(*^-^*)

2019年5月30日 (木)

お帰りなさい!黒田武将隊@福岡市博侍展イベント

ミュージアムウィーク最終日の26日(日)は、福岡市博物館へ。
企画展示室の「死絵展」(歌舞伎役者の訃報と追善を兼ねて摺られた浮世絵の展示)を観に行くのが目的だったけど、ナントナント!四年前に元の世に帰られた黒田武将隊が今年復活し、侍展のプレイベントにいらっしゃるというではないか~(≧∇≦)それは行かねば~!!
数年前に黒田武将隊と巡る福岡城 前編後編などに参加し、すっかりファンになり申したのだ。

今秋、開催される「侍展~もののふの美の系譜」のプレイベントで、学芸員さんの講演会「侍展のたのしみかた」があり、黒田武将隊が出演されたのだ。
少し早めに博物館に着くと、特別展のジブリ展の大きなディスプレイに圧倒された(^O^)

Cimg1714

無事、入場整理券をGETし、時間まで「死絵展」を楽しむ。(この話は別記事で)
ちなみに復活した武将隊は、名前が「福岡おもてなし武将隊」になり、メンバーも少し変わっていた😃
開演前に記念撮影。左がお初にお目にかかります長政様!右はニューメンバーの母里太兵衛様。あれれ~どこかでお目にかかったような(笑)

Cimg1839

講演会の第一部は、待ってました~!福岡おもてなし武将隊の演武(^O^)
官兵衛様はお変わりなくて何よりです!(^^)!一番右はニューメンバー・黒田家筆頭家老の栗山善助様・・・うーん、復活前の銀時様とは双子かしら(笑)

Cimg1940

「侍展」では、甲冑と刀剣の両方が楽しめるとのこと。
戦闘法が変わると、甲冑が変わり、さらには刀も進化したそうだ。

兜にはその昔、頭頂部に穴が開いていたとは初耳だった~(驚)
烏帽子を被った上から兜を着用していたからで、ここを敵に狙われるので、穴をふさいだそうだ。長政様の大水牛の桃形兜で説明してくださった。蒸れるので月代を剃るようになったとは! 勉強になります。

Cimg1963

信長から官兵衛に下賜された国宝の「へし切長谷部」は、実は信長は茶坊主を棚ごとへし切った訳ではないそうだ(驚)ずーっとそう信じていたよ~(;'∀')へし切長谷部は、振り下ろして引き切りしなくても斬れたそうだ。そして、恐らくは信長の普段使いの刀であったと思われるとのこと。こちらも実演された!(^^)!

Cimg1968

私が好きなのは甲冑で、刀剣は日本号以外は興味ないけど、折角刀剣のみどころを教えて頂いたので、これからは少しだけ刀剣も観てみようかなあという気になった。

Cimg1971

武将隊では、博多商人の源さんもお変わりなくて、嬉しゅうございましたが写真なし(^_^;)
またどこかでお目にかかりたいと思いまーす。

2019年5月29日 (水)

「おりおりのおり~四季の着物の折と織」展

先週末まで開催された福岡ミュージアムウィーク。常設展やコレクション展が無料になるので、毎年何を観ようかと楽しく考え、まずは福岡県立美術館へ。

Cimg1701

特別展では「ウォルトディズニーアーカイブス展」が開催中だけど、私のお目当ては「おりおりのおり~四季の着物の折と織~」展。着物の折と織という着眼点がツボ(^-^)

Img_20190525_0001

当初は久留米絣に博多織で行こうかと思っていたけど、午前中に美容院に行ったばかりで髪を下していたかったので、洋服で出掛けた。
着物を着た人が描かれた絵画もよかったけど、やはりお目当ては染織!
大好きな釜我敏子先生の孔雀の羽根のような「麦秋」が印象に残る。
久留米絣の松枝玉記さんの「蓮文(青)」は斬新で、蓮根好きは釘付けになった。
最後に「よりみち:ケンビの春ー着物で出かけよう」というコーナーがあり、坂本繁二郎や高島野十郎らの春の風景画が展示されていた。
そうね、着物で出かけたいと思うのは、春と秋。こうゆうのを観れば、やっぱり久留米絣で来たらよかったとちょっと後悔したわ。

さて、展覧会ではクイズがあり、くじ引きで無料入場引換券を二枚頂いた。わーい(^-^)
高島野十郎は結構好きなので、観に行きまーす😃

Cimg1708

帰りは天神地下街にオープンした芋屋金次郎へ寄ってみた。
土日も丸一日部活で潰れる芋好きの娘に美味しいと噂の芋けんぴをお土産に買って帰る。

Cimg1705

思った通り芋姉ちゃんは喜んで、あっという間に完食。

Cimg1710

中学の部活って規約では、基本的に土日はどちらか一日の半日のみ。丸一日の場合、平日に休養日を設けるとあるけど、うちは土日丸二日やっても、休養日もへったくれもなく、月の半分は土日出てるし、運動会の朝練もあるし、一年生はもう本当にくったくたなのだ(T_T)





2019年5月28日 (火)

令和ゆかりの坂本八幡宮へ

さて、九州国立博物館で「快慶・定慶のみほとけ展」を観た後は、大宰府政庁跡方面へ。
「令和」ゆかりの地で脚光を浴びている坂本八幡宮をお詣りした。
でも実は、テレビで御朱印待ちのおびただしい行列を見るまで、こちらのことは知らなかった(^^ゞ

Cimg1648

ここは、大宰帥(だざいのそち)に就任した大伴旅人の邸宅があった場所と言われている。
旅人が邸宅に山上憶良らを招き、梅花の宴が開かれたのだ。

Cimg1642

「令和」の典拠となった文言は、万葉集に収められた梅花の歌32首の序文。
資料を頂いたので覚え書きのため記しておく。

初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香
(初春の令月にして、気淑く(きよく)風和ぎ(やわらぎ)、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす)

大宰府展示館では、梅花の宴の様子が博多人形で再現されている。奥の紫の衣装が大伴旅人。

Cimg1665

末席には、筑前守・山上憶良。

Cimg1692

その時の特別なお膳「饗宴の膳」も再現されていた。結構な御馳走でビックリ(^-^)

Cimg1682

新緑の大宰府政庁跡は、広々として気持ちいい(*^-^*)

Cimg1658_1

九州国立博物館ではありがたい仏像を拝見したし、令和ゆかりの地も訪れたし、よい一日だった。
Rちゃん、ありがとう(*^-^*)


2019年5月27日 (月)

快慶・定慶のみほとけ展

先週、友達と九州国立博物館で開催中の「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展」を観に行った。
だけど、恥ずかしながら大報恩寺のことは知らなかった。鎌倉彫刻の宝庫なのだそう!

秘仏ご本尊の釈迦如来坐像(快慶の一番弟子・行快作の重要文化財)は、美しかった~。
寺外初公開とのこと!ありがたいなあ。

8o0a1969_2

快慶作の十大弟子立像は、「神通第一」の目犍連(もくけんれん)に強く惹かれた。少し腰を落とした姿勢に浮き出た血管!
衣の細かい模様は、「截金(きりがね)」という技法だそうだ。

8o0a1938_2

六観音菩薩像は写真撮影OKだったので、私も撮ってみた(^-^)

Cimg1617_1

一番好きだったのは、如意輪観音菩薩。

8o0a1971_2

憤怒の表情の馬頭観音菩薩は目が赤く見えた。力強く、すごい迫力。

8o0a1977_2

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。
九博の前できゅーはく号なるものを発見。ナンバーも989!(^^)!

Cimg1640_1

この後は、「令和」ゆかりの坂本八幡宮へお詣りしまーす。

2019年5月23日 (木)

カービィショップ@博多マルイ

娘の大好きな星のカービィの期間限定ショップが只今、博多マルイに来ているという。
日曜の部活が終わったあとに娘のリクエストで出掛けてきた。

Cimg1599

思ったより売り場は小さめ(^_^;) だけど、待ちに待ったイベントなので、本人は楽しそう。

Cimg1593

娘がお小遣いで買ったのは、カービィのぬいぐるみとキーホルダー。
ガラポンを引いて、末等のポストカードをもらった。
一年生は、部活に体育会の朝練と中学生活にまだまだ慣れず、きつそうだけど、カービィで癒されて乗り切ってね。

Cimg1610

マルイでは京都の「まるもち家」も期間限定で来ていたので、みたらしと抹茶を買って帰った。美味しい!もっと買っておけばよかった😃

Cimg1604

私も丁度、博多駅に用事があったので、好都合だった!(^^)!
某フリーペーパーの懸賞で、千鳥屋の「令和饅頭」が当選し、マイング店に受け取りに行ったのだ。

Cimg1605

いつもの千鳥饅頭もいいけど、「令和」の焼印があると、それだけでありがたみが倍増する(^-^)

Cimg1616

卵が入っていたけど、アレルギーっ子も練習がてら、おいしく食べてた。
長期入院中の母に送っているお楽しみ袋5月号で、早速お裾分けしたら、喜んでもらえてよかった。

2019年5月16日 (木)

立てば芍薬・・・のようにありたい今日この頃

最近、忙しいのとバテ気味で、すっかりブログの更新が滞ってしまったよ~。
昨日は、古文書講座の日だった。ずっと使っていた教室(重要文化財の赤煉瓦文化館)が改修工事に入るので、今月から一時的に別会場になるのだ。

ふと思い立ち、いつもより2本早い地下鉄で早めに行こうと慌てて支度し、家を飛び出したら・・・地下鉄の中で洋服を後ろ前反対に着ていることに気がついた(驚)
なんとなく首元に違和感があったので、すーっと指を滑らせたら、タグが付いていた~(爆)
言い訳すると、ボートネックだったから"(-""-)"友達からは、令和始まって以来の衝撃と言われた。
いつも娘に「慌てなさんな」と言ってるけれど・・・私もな!

実は、そのあともう一つやらかしてしまった。
古文書から急ぎ帰って、時計とにらめっこしながら夕飯の支度を終え、娘の学校に行かなきゃーと夕方もバタバタしていた時のこと。
帰りは遅くなるからなあとたこ焼きをつまみ食いし、うっかり熱いまま丸飲みしてしまい、食道を火傷してしまったよ~(泣)もう熱いのってなんのって(T_T)

喉元過ぎればなんとやらは、事実ではないことが身をもってわかった。
昔のサザエさんのエンディングの「んがっくっく」を思い出しちゃったなあ。
昨日の夜と今日の朝、昼と食べられず、仕事中も胸が苦しく、今日は病院に行ってきた。
こうゆうものは自然治癒とのことだったけど、念のため薬をもらってきた。
皆様も熱い食べ物にはお気をつけくださいね。

さて先日、舞鶴公園方面に用事があったので、帰りに牡丹・芍薬苑に寄ってみた。
さすがに牡丹は終わっていたけど、まだまだ芍薬が見頃だった。

Cimg1492

ひと際目を引いた濃いピンクの芍薬。

Cimg1549

白も清楚で美しいなあ。中心に赤が少し入っているのが好み。

Cimg1442

薄いピンクも可憐で可愛い。

Cimg1539

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というけれど、名前に花の字が入る娘が小学生の頃に考えたのは「立てば向日葵、座ればタンポポ、歩く姿はチューリップ」。
芍薬のようにありたいとは思うけど、せっかちな私は、せいぜい向日葵かなあ('ω')ノ

 

2019年5月 8日 (水)

GWの朝倉路~義母の終活と仙道古墳

GW最終日は、主人の地元・朝倉へ。終活のことで、義母に呼ばれていたのだ。
ポケモンGOをしている娘が、お参りしたお寺の近くにジムがあると言う。そこには宿駅跡、関所跡の石碑があった。ここは秋月藩主黒田長興が設けた宿場で、筑前と筑後の国境だそうだ。

Cimg1317

そのあとは一度見に行きたかった仙道古墳へ。ここは、国指定史跡の装飾古墳(6世紀)。盾持武人埴輪が面白い(^-^)

Cimg1331

円筒埴輪の中には植物が。なんだかプランターと化してるなあ。

Cimg1337

そんな埴輪にへばりつくアマガエルの姿もあった。

Cimg1346

石室には入れなかったけど、公園内に石室のレプリカがあった。

Cimg1377

赤い〇や△が印象的。どんな意味があるんだろう・・・。緑色も少々見えた。

Cimg1355

古墳の周りも所々盛り上がっている。ここではおじちゃん達がパークゴルフをしていた。

Cimg1350

朝倉は流木の山があり、豪雨の爪痕が残っていた。

Cimg1396

<おまけ> 踏切を通り過ぎていった甘木鉄道。うっすら煙を吐いてびっくり。

Cimg1403

あまてつは電車じゃなく、汽車なんだって!


2019年5月 1日 (水)

令和の幕開け

令和元年の初日の今日は仕事だったけど、帰りに近所の神社に初詣。

Cimg1312

お祝いムードに包まれており、ご自由にお持ちくださいと国旗も置いてあった。
帰り道に国旗を掲げているお宅も一軒あったな。

Cimg1314

ご神木の銀杏が青々と繁っていて、気持ちいい。

Cimg1311

家に帰ると、10連休中の主人が買い物にも行って、ビーフストロガノフを作ってくれた。ありがたいなあ。
令和という新しい時代も平和に過ごせますように。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »