フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月27日 (木)

千穐楽!博多座昼の部

昨日は六月博多座大歌舞伎の千穐楽。とあるご縁で招待券を頂き、友達と昼の部を観に行った!(^^)!
まずは「金閣寺」。三姫の一つ、雪姫が観られるとあって楽しみにしていたのだ。

Cimg3172

時の足利将軍を暗殺し、将軍の母・慶寿院を人質に金閣寺に立てこもっているのは、松永大膳(松緑さん)。
慶寿院が、金閣寺の天井に龍を描いて欲しいというので、連れて来られた絵師が狩野直信(時蔵さん)とその妻・雪姫(梅枝さん)。
桜の木に縛られた雪姫。大膳が父の仇であることがわかった上に、夫・直信までもが刑場へと連れて行かれるのだ。

悲しむ雪姫に降り注ぐ桜吹雪が美しい!祖父雪舟が、幼少の時に柱に縛り付けられ、流した涙で描いた鼠が縄を食いちぎったという故事を思い出した雪姫が、桜の花びらを足で集めて爪先で鼠を描くと、鼠が現われて縄を食いちぎるのだ。
金閣寺のセットがせり下がって屋根の鳳凰が見えたり、再びせり上がったりするのも楽しかった。

一つ驚いたのが、宝剣・倶利伽羅丸を引き抜いて、滝に現れた龍が小さな鯉みたいだったこと。思わず「ん?」と前のめりになってしまったよ。ちなみにこの倶利伽羅丸を大膳が持っていたことで、父を殺して宝剣を奪ったのが大膳だと判明したのだ。

さて、幕間のお弁当は「石田」の海老弁当。大好きな海老尽くしで、美味しく頂いた(*^^*)

Cimg3165

続いて扇雀さんの舞踊「保名」。恋人を亡くして物狂いとなり、形見の小袖を羽織り彷徨うのだ。
紫の病鉢巻きのことは知っていたけど、右の片肌を脱ぐのも病を表していると音声ガイドで知った。
踊りは美しかったけど、保名という役に共感が持てず、満腹だったともあり、途中寝落ち(;'∀')

Cimg3167

昼の部最後は、前回幕見でも楽しんだ菊五郎さんの「野晒悟助」。

Cimg3175

なんといっても菊五郎さんがカッコいい!右近くんのお賤ちゃんも健気で可愛いわ。
音羽屋の傘を使った立ち廻りも組体操みたいで楽しかった。

千穐楽とあって、着物をお召しの方もいつもより多く、眼福だった(*^-^*)
六月博多座大歌舞伎は、幕見も入れて三回楽しんだ!博多座20周年記念とあって、幕見する演目も楽しく悩んだわ。ただ、空席が少々目立ったのが残念。歌舞伎、楽しいのになあ。

次回の博多座の歌舞伎は、来年2月のスーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」!
おっとその前に11月には小倉城で平成中村座があるのだ!どちらも楽しみだなあ(≧∇≦)

<おまけ> 博多座も20周年だけど、隣りのリバレインも20周年だって。

Cimg3149_20190627214001



 

 

2019年6月21日 (金)

今週のこと

今週は、中学生になった娘の最初の期末テストがあった。
一週間前から部活が試験休みになったというのに、あまり勉強もせず、どうやら苦労した様子( ;∀;)
当日は、友達と早めに登校して自習するとかで、いつもより20分早く家を出る娘に給食の持参食を持たせた。

今週は卵なしのゴーヤチャンプルー。ゴーヤは苦手なので、砂糖と塩でもみ込み苦味消し。

Cimg3138

さて今週の古文書講座は、あいれふであった。草間彌生さんの「三つの帽子」が目を引いた。

Cimg3133

草間彌生さんと言えば、やはり水玉。ポップでカワイイ!

Cimg3135

<本日の和菓子> 博多水無月。

Cimg3139

プルンプルン。水点てお薄で頂いた。

Cimg3141

たまに買いに寄る近所のもう一軒の和菓子屋さんが閉店していたことに今週気づいた((+_+))
おじいさんが作っておられたのだけど、最後にもう一度食べたかったなあ。

2019年6月19日 (水)

筥崎宮花庭園へ

さて、筥崎宮あじさい苑を観た後は、筥崎宮花庭園をハシゴした。

Cimg2888

百合と紫陽花が見頃を迎えていた。

Cimg3031

  

Cimg3058

   

Cimg3043

   

Cimg3007

この珍しい百合は、ヘメロカリス。花が短命で一日しかもたないことから別名デイリリー。

Cimg3019

静岡県産の三河千鳥がカワイイ。

Cimg2959

   

Cimg3054

木陰に咲く赤花京鹿の子が風情あった。

Cimg3069

まん丸のつぼみが可愛いらしい常山アジサイ。

Cimg3080

珍しい花も見られたし、楽しかったのだけど、実はこの記事を書くのにすごい苦労した(^_^;)
三月に全面リニューアルして改悪したココログ。未だ写真の差し替えや改行がうまくいかず、最初からやり直したり・・・いちいちイラつくわー。

2019年6月16日 (日)

筥崎宮あじさい苑2019

さて、朝イチで博多座に並び「野晒悟助」の幕見チケットを入手した後は、上演時間までの3時間45分の間にまずは筥崎宮あじさい苑へ。チケットを頂いていたのだ。
紫陽花は好きな花。二年に一度は見に来ているかも(^-^)それでは、今年の紫陽花をご覧ください!

Cimg2860

ソフトクリームみたいなカシワバアジサイ。

Cimg2709

   

Cimg2718

花火のようで珍しいと思った紫陽花。

Cimg2714

水に浮かんだ紫陽花も風流。

Cimg2731

グラデーションがキレイ。

Cimg2745

可憐なアナベルも好きな花。

Cimg2831

   

Cimg2806

   

Cimg2844

   

Cimg2756

   

Cimg2855

この後は、百合が見頃の筥崎宮花庭園をハシゴしまーす。


2019年6月15日 (土)

幕見で「野晒悟助」

またまた行ってきたよー、博多座に!今回も幕見。

Cimg2630

朝一で並び、幕見のチケットを手に入れたら、上演時間までたっぷり3時間45分もある!
一人なので、一旦家に帰るのも有りだけど、折角なので、筥崎宮あじさい苑や花庭園(チケットを頂いていた😃 )、アクロスの女性伝統工芸士展などに行き、お昼も食べて時間を潰した(^-^)
お陰でこの日の歩数は、11,588歩。パンプスでよく歩いたー。

人間国宝の菊五郎さんが出られる演目は、昼の部の「野晒悟助」だけ!

Cimg3130

舞台では観るのは初めてだけど、いい声してるわあ。
登場する時のドクロにススキの着物もカッコイイ(*^^*)
同じ日にかわらけ売りの親子と大店の娘を狼藉を働く提婆組の子分から助け、二人の娘に惚れられるほどいい男っぷりです。
菊之助さん(浮世戸平)との親子共演の喧嘩シーンも見どころの一つね(^-^)

最初に押しかけ女房に来たのは、大店の娘・小田井ちゃん(梅枝さん)
一休禅師の弟子だから、妻帯できないと断られると、嫁になれなきゃここで死ぬーと下女の機転で大芝居。嘘みたいに騙されて、そのまま固めの杯を交わすとは驚きです。
お嬢様育ちのキレイなおべべを着た小田井ちゃんに葬儀屋の女房が務まるかいなあ。

ひと足遅く、押しかけ女房になり損ねたお賤ちゃん(右近くん)。さっきはボロを着てたのに、半襟も汚れてたのに、湯に入り、精一杯めかしこんで会いに行き、出遅れてしまったのね(涙)
だけど、ボロを着ててもお賤ちゃんは、どことなく品があって可愛かったわ!
小田井ちゃんより、お賤ちゃんの方がお似合いだと思うんだけどなあ。
お賤ちゃんの父・詫助が、半月交代で妻にならないかと提案するも却下される(笑)

子分の仕返しに来た提婆仁三郎らに折檻される悟助。母の命日だからと喧嘩は自粛し、ただひたすら耐えるのだ。

そして、待ってましたー!菊五郎劇団の大立ち廻り(≧∇≦)
足場を使って、アクロバティック!もう拍手拍手です!
音羽屋の傘がクルクル回ったり、傘を車輪に見立てた人力車?もあって楽しい(^O^)

Cimg2660

左團次さん休演のため、提婆仁三郎役は松緑さん。
松緑さんのブログに左團次の様子が書かれており、ひとまず安心致しました。

さて、野晒悟助の入用の百両を工面するため、身を売ったお賤ちゃん。
あの百両はどうなったのー?そして、お賤ちゃんの運命は?最後にもモヤっとしたなあ。

そうそう、野晒悟助の浴衣に斧と菊の絵に漢字一字(読めなかった)があり、気になった。
尾上と菊五郎を意味するんだろうなあと後で調べたら、三代目尾上菊五郎が愛用した「良き事聞く」と読ませる斧琴菊文様のようだ(^-^)あの字は琴だったのね。

2019年6月13日 (木)

幕見で「土蜘」着物の日

博多座開場20周年記念の六月大歌舞伎。
着物の日の9日(日)は、菊之助さんの「土蜘」を幕見で楽しんだ。初役とのこと!

Cimg2637

能の「土蜘蛛」は好きな演目の一つ。細い紙テープの千筋の糸をこれでもか、これでもかという程バンバン投げかけ、お囃子方にも糸がかかっていたくらいで、20年も前に観たっきりだけど、とても印象に残っている。
歌舞伎ではどんな感じか興味津々(^-^)余談だけど、能と歌舞伎で漢字が異なることを知った!

Cimg2649

菊之助さんは、僧の姿で現れた時から妖しさを醸し出している!
頼光は梅枝さん。右近くんの胡蝶が美しかった。
子役の太刀持ちがあっぱれだった。僧の妖しさに気づき、長袴をぞろ引かせ、片肌脱いで立ち向かうのだ。子役と言えば、間狂言の石神の子もかわいかった。

後半の土蜘の精は恐ろしく、もはや菊之助さんと言われてもわからないくらい(;'∀')
すごい迫力で、ドロドロドロドロとお囃子も怪しげ。
投げかけた千筋の糸は、後見がその都度すばやく手で巻いて回収していた!
最後はかっこよかった~!二年前に博多座にいらした時の菊之助さんの美しい「藤娘」にはウットリしたけど、こうゆうダークな菊之助さんもいいわあ(^O^)

左團次さん休演のため、彦三郎さんが代役で保昌をされたのだけど、もう彦三郎さんのお声の良いこと!聴き惚れてしまうわ(*^_^*)NHKの「にっぽんの芸能」でしか見たことがなかったので、ご活躍が嬉しかった。
左團次さんも船乗り込みの時は、お元気そうにお見受けしたのだけど・・・早くご回復されますように。

Cimg2627

日曜の夜の部に着物で出掛けるのって次の日は仕事だし、結構キツイけど、頑張って行った甲斐があったわ。

<本日の着物> 大叔母の形見分けの単衣の紬&作家物の名古屋帯。

Cimg2607

本当は菊之助さんにちなんで、九月の単衣に合わせている菊の型染め帯(大叔母の形見分け)にしようかと思ったけど、素材が秋単衣向きかなあ・・・と気になり始めると、締めてく勇気がなくなった(^_^;)
さて、着物の日の来場プレゼントは、箸と箸置き。

Cimg2651

20周年だから特別かなあと実はちょっと期待していたよ(^_^;)

2019年6月11日 (火)

琳派芸術@出光美術館

さて、土曜日はリバーウォーク北九州で「千住博展」を観た後は、JRで門司港レトロ地区へ。
出光美術館で前日に始まったばかりの「琳派芸術展」をハシゴした。琳派大好き(^O^)/
大正時代に創建された重要文化財の門司港駅は、復原されてこの春リニューアルしたばかり!

Cimg2562

内装もレトロ!券売機は2台で、当時の券売窓口の出札窓口も復原されている。

Cimg2591

一階の旧三等待合室に入っているスタバの看板もレトロ。

Cimg2583

そして、久々に訪れた出光美術館もリニューアルしていた。楽しみにしていた「琳派芸術展」(^-^)

Img_20190609_0001

入ってすぐ目に飛び込んできた伝 宗達の金屏風にはテンション上がったわー!
光悦/書、宗達/下絵の金泥のちらし書きも美しかった。古文書講座に通い始めてもまだまだ読めないけど(^_^;)
伝 光琳の「芙蓉図屏風」は、芙蓉の花が紺色でビックリしたけど、金と紺と緑が美しく、忘れられない作品となった。

琳派は、光悦・宗達に始まり、およそ100年後に光琳・乾山兄弟へ、さらに100年後に酒井抱一・鈴木其一の師弟へ受け継がれたことを知る。抱一は、光琳を隔世の師と仰ぎ、光琳の作品を「リメイク」したそうだ。「八ッ橋図屏風」もそんなリメイク作品。エメラルドグリーンのような鮮やかな色の葉が印象的!

伝 光琳の富士図の扇面に酒井其一がススキを描いて掛け軸にした隔世コラボ作品も面白いと思った。
酒井抱一編の「乾山遺墨」の中に私の好きな掛け軸を見つけた!(^^)!
それは、福岡市美術館所蔵の「花籠図」(重要文化財)→別記事でコチラに載せています。

後期の展示も気になるけど、ちょっと足を運べそうにないなあ・・・。
美術館が、福岡・大名の出光のガソリンスタンド二階にあった頃は、気軽に観に行けてたんだけど、やはり出光佐三のゆかりの地にあってこそね。門司港レトロ地区を歩くのも楽しいし!

Cimg2566

山口育ちの私は、関門橋が見えるとホッとする(^-^)ちょっとだけ下関にも足を踏み入れたのだ。

Cimg2579

この日は急ぎ足だったけど、門司港レトロもいろいろ変わっていたので、またの機会にゆっくり回りたいなあ。

2019年6月10日 (月)

小倉城庭園

リバーウォークの北九州市立美術館分館で「千住博展」を観た後は、すぐそばの小倉城方面へ。

Cimg2510

石垣に佇むアオサギがカッコイイ。

Cimg2498

今回はお城には入らず、小倉城庭園に入ってみた。
ここは小笠原氏の別邸であった下屋敷跡を復元したところ。
丁度「ねこ尽くし展」をやっていたニャ。世界の猫の人形や猫が描かれた浮世絵などが展示されていた。「雪だるま」ならぬ「猫だるま!?」を作っている浮世絵が面白い。
久谷焼きの招き猫は存在感大。ただ、「トムとジェリー」のトムがいなかったのが残念かな"(-""-)"
常設らしい小笠原流の作法が興味深い。

さて、お庭を散策した後は、書院の方へ。係の方が案内してくださった。

Cimg2522

お座敷は手前から奥に向かって、格が高くなっているとのこと。

Cimg2552

天井も手前から竿縁天井、格子天井、そして殿様の天井は小組格天井となる!こんな細かい格子天井は初めて見た!

Cimg2525

殿様の「上段の間」は、一段高くなっている。

Cimg2523

その「上段の間」の横にもさらに一段高いお部屋があるのです。

Cimg2529

障子代わりの簾戸が涼しげ(^-^)今月替えたばかりとのこと。

Cimg2545

内側からしか開けられない無双欄間。

Cimg2531

折角だから、お抹茶を頂いてもよかったけど、先を急ぐので、小倉駅方面に向かいます。
魚町商店街では、さすが北九州!!銀河鉄道999のマンホールを多く見かけた(^-^)

Cimg2556

北九州は松本零士さんゆかりの地。漫画ミュージアムもあるからね。
小倉駅には、銀河鉄道999の車掌さんの姿もあった。

Cimg2434

さあこの後は、JRで門司港駅へ。出光美術館で「琳派芸術」展を楽しみます。

2019年6月 9日 (日)

千住博展@北九州市立美術館

昨日は、北九州市立美術館分館で開催中の「千住博展」に行ってきた。
この春、天神で展覧会の看板を見かけてから、ずーっと楽しみにしていたのだ(^-^)
世界遺産の高野山金剛峯寺に奉納される襖絵の完成記念で、奉納に先駆けての展覧会。
北九州の友達と小倉駅で待ち合わせ、美術館のあるリバーウォークへGO!

Cimg2442_1

奉納される襖絵は二種類。まずは茶の間の「断崖図」。
17メートルの断崖の風景は圧巻!!特に岩肌の質感が素晴らしい!!もう鳥肌が立ったわ。
制作過程の映像で千住博さんが、1000年前の技法で描くと1000年もつとおっしゃっていた。
胡粉の白が美しい。紙を揉んでシワにし、天然の岩絵の具で彩色することで、崖の岩肌に表情が出るのだ(驚)

もう一つの「滝図」は25メートル!茶の間の隣りの囲炉裏の間に奉納される。
「断崖図」の襖を開けると、滝が見えるようになっているとは!
茶の間と囲炉裏の間の模型もあるので、イメージしやすい。
ブルーグレーの下地に刷毛で水を流し、そこに上から胡粉を垂らすと、うねって自然な滝の流れが生まれる。滝の水面はエアスプレーで、叩きつけられる滝の飛沫は筆で表現。大作に取り組む姿は、日本画家というより職人という感じを受けた。
「滝図」では滝と滝の間に空間があるのだ。金剛峯寺は、平安時代に空海によって開かれた真言密教の聖地。 その滝の奥に空海がいらっしゃるイメージだとか!!

若い頃の作品もあり、中でも金と紺の「波の詩」という作品が好きだった。
最後の「龍神Ⅰ、Ⅱ」は撮影OKだった(^-^)
蛍光塗料にブラックライトを当てると、青く輝く仕掛けなのだ。昼から夜に変化する感じ。

Cimg2478

  

Cimg2451

   

Cimg2447

  

Cimg2486_1

今回、私が一番惹かれたのは最初に観た「断崖図」!北九州まで足を運んだ甲斐があったわー。
この後は折角なので、門司港の出光美術館へ。前日に始まったばかりの「琳派芸術」も楽しみます!


 

2019年6月 6日 (木)

ヨシダナギ写真展@博多大丸

古文書講座のある水曜日は、仕事は休みを取っている。
今年のテキストは、「筑前唐泊孫七物語」。江戸時代に福岡の船乗りが嵐に遭って漂流し、東南アジアに流れ着き・・・というストーリーなのだけど、今回ついに孫七が他の乗組員と生き別れ、死に別れ、一人になっちゃったよー。

さて、昨日は古文書講座の帰りに天神の大丸へ寄り道。
世界の少数民族を撮り続けているヨシダナギさんの写真展を観に行った。

Cimg2433

もうスゴイけん!!色鮮やかで美しく、力強い写真に圧倒されます(≧∇≦)
嬉しいことに写真撮影OKだって!特に惹きつけられた作品をアップしまーす。
会場では各民族の特徴やレア度、居住地なども記されていて、興味深い。

ますはエチオピアのスリ族。草花を身にまとい、ボディペイントした世界一おしゃれな少数民族は、レア度★★★★☆

Cimg2416

エチオピアのアファール族は、牛脂で白くしたアフロヘア。レア度★★★★★(ただしアフロヘアに限る)

Cimg2393

ナミビアのヒンバ族は、全身に赤土をまとった世界一美しい裸族。鉄のビーズとレザーを装備。レア度★★☆☆☆

Cimg2181

ベルベル人は、北アフリカの砂漠の煌びやかな遊牧民。レア度★★★★★(今も尚、遊牧生活を送りながら民族衣装を持っている人たち)

Cimg2204

マリのボロロ族は長身で、年に一度砂漠のど真ん中で美男子コンテストが行われるそうだ。レア度★★★☆☆

Cimg2254

パプアニューギニアのフリ族は、断髪した自身の毛髪で作ったカツラをつけたウィッグマン。レア度★★★☆☆

Cimg2263

衝撃的だったのはショッカーみたいなオモ・マサライ族(パプアニューギニア)。レア度★★★☆☆

Cimg2282

アマゾンの一画に居住するヤワナワ族は、羽飾りが印象的。レア度★★★★☆

Cimg2297

アマゾンの美しき戦士、カヤポ族、タイトル「チャリできた」。レア度★★★☆☆

Cimg2310

アマゾンの先住民、エナウェネ・ナウェ族は、前髪パッツンでレア度★★★★★

Cimg2316

そして、日本のアイヌ族!純血のアイヌは少なくなっているそう。一応着物ブロガーの端くれのつもりなので、やはり幾何学模様のアットゥシ(着物)が気になります。レア度★★★★☆

Cimg2322

こんなカッコイイ写真を撮っているヨシダナギさんのキュートなこと(^O^)/
信頼関係を築かないとこんな素敵な写真は撮らせてくれないだろうなあ。
ヨシダナギさんにとって少数民族はHEROES。それがすごーく伝わってきた(*^-^*)

Cimg2392

ヨシダナギ写真展は6月10日(月)まで。九州初の開催とのことで、強くオススメしたい!(^^)!
入場料は500円!大丸カードの優待割引で400円、中学生以下無料です。

2019年6月 2日 (日)

中学の運動会って・・・

今日は娘の中学校の運動会(体育会)だった。
雨が心配で、前日に学校からはプログラムを変更して実施する旨、メールがあった。
曇りの運動会は、生徒も保護者も涼しくてよいわと思っていたけど、午後は少し暑くなり、雨は降らずに無事に終わった。

さて、毎年悩むお弁当。中一の娘は友達と一緒に食べると言うので、一人分持たせた。あとは保冷剤代わりに凍らせたエナジーゼリー。

Cimg2126

中学生は友達と食べる子が多いと聞いてはいたけど、今年は勝手に一緒に食べるつもりでいたんだな(''Д'')
小学校時代は、まず娘が登校し、次に場所取りの主人、最後に私がお弁当を持って行くという時間差があったけど、娘の出る時間に仕上げなくてはならないのね(^_^;)

学校からはプログラムしか渡されず、どこにテントを張っていいかもわからず、先輩ママに聞くと、テントはごく少数で、親はお弁当無しで、お昼はどこかに食べに行く人が多いんだって!
プログラム変更で、娘のメイン競技が午後の部になり、主人はその頃出てくると言う。
私は朝から友達と立ち見で応援。お昼はモスバーガーに食べに行った。

Cimg2143

競技は学年別のものは、大繩跳びと3年生のダンスだけ。
あとは、1~3年女子・男子200m走とか男子800m走という感じで、自分の希望の競技を選べるそうだ。娘は障害物競走に出場。

保護者は生徒席に立ち入ることはできず、娘に会うことはなかった。
初めての中学校の運動会は、小学校とは随分異なり、ちょっとドライかなあと感じた。
だけど、体も大きい生徒達の競技や演技は、小学校時代とは違う迫力があり、楽しかった(^-^)
校門前には紫陽花と百合が鮮やかに咲いていた。

Cimg2147

今週は、運動会の朝練、部活に加え、土曜は運動会の準備で日曜が運動会。週七日登校して、疲れていることと思う。
明日の代休は久々にゆっくり休めるね。私も休みが欲しーい!




 

2019年6月 1日 (土)

博多座20周年船乗り込み!

いよいよ明日から六月博多座大歌舞伎が始まる。
今年も行ってきたよー!船乗り込み(^O^)/
本当は、この日は古文書講座があったけど、そっちは遅刻して見てきたのだ(コラコラー(^_^.)
その代わり!?場所を確保し、紙吹雪を頂いたら、待ち時間はテキストの予習をして過ごした。
今年は博多座開場20周年、令和元年の船乗り込み。紙吹雪もいつもより多めに配られたかも。ちなみにこの紙吹雪は水に溶けます。

Cimg2016

菊五郎さん、時蔵さん、左團次さん。

Cimg2035

芝翫さんと扇雀さん。紙吹雪が大量に舞っています(*^-^*)

Cimg2044

そして、待ってましたー。菊之助さーん!松緑さんもご一緒で、ひと際声援が飛んだように感じる。

Cimg2054

券番さんも華やかー。奥に見えるのは、彦三郎さんと亀蔵さんの兄弟船。

Cimg2074

右近くんは梅枝くんと。おやおやー。

Cimg2097

右近くんの髪形に釘付けです(^-^)

Cimg2099

晴れてよかったなあ(*^-^*)

Cimg2112

歌舞伎役者のご当地到着を知らせる情緒ある船乗り込みは、今は博多と大阪だけ。

Cimg2121

下船後のイベントは遠慮し、既に始まっている古文書講座へ急いで向かった💨
この日は夕方、博多座で大向うさんによる歌舞伎の見どころ講座(申し込み不要・入場無料)もあったけど、電池切れで諦めた。六月大歌舞伎は幕見で昼夜楽しみたいと思いまーす(*^-^*)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »