フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 小倉城庭園 | トップページ | 幕見で「土蜘」着物の日 »

2019年6月11日 (火)

琳派芸術@出光美術館

さて、土曜日はリバーウォーク北九州で「千住博展」を観た後は、JRで門司港レトロ地区へ。
出光美術館で前日に始まったばかりの「琳派芸術展」をハシゴした。琳派大好き(^O^)/
大正時代に創建された重要文化財の門司港駅は、復原されてこの春リニューアルしたばかり!

Cimg2562

内装もレトロ!券売機は2台で、当時の券売窓口の出札窓口も復原されている。

Cimg2591

一階の旧三等待合室に入っているスタバの看板もレトロ。

Cimg2583

そして、久々に訪れた出光美術館もリニューアルしていた。楽しみにしていた「琳派芸術展」(^-^)

Img_20190609_0001

入ってすぐ目に飛び込んできた伝 宗達の金屏風にはテンション上がったわー!
光悦/書、宗達/下絵の金泥のちらし書きも美しかった。古文書講座に通い始めてもまだまだ読めないけど(^_^;)
伝 光琳の「芙蓉図屏風」は、芙蓉の花が紺色でビックリしたけど、金と紺と緑が美しく、忘れられない作品となった。

琳派は、光悦・宗達に始まり、およそ100年後に光琳・乾山兄弟へ、さらに100年後に酒井抱一・鈴木其一の師弟へ受け継がれたことを知る。抱一は、光琳を隔世の師と仰ぎ、光琳の作品を「リメイク」したそうだ。「八ッ橋図屏風」もそんなリメイク作品。エメラルドグリーンのような鮮やかな色の葉が印象的!

伝 光琳の富士図の扇面に酒井其一がススキを描いて掛け軸にした隔世コラボ作品も面白いと思った。
酒井抱一編の「乾山遺墨」の中に私の好きな掛け軸を見つけた!(^^)!
それは、福岡市美術館所蔵の「花籠図」(重要文化財)→別記事でコチラに載せています。

後期の展示も気になるけど、ちょっと足を運べそうにないなあ・・・。
美術館が、福岡・大名の出光のガソリンスタンド二階にあった頃は、気軽に観に行けてたんだけど、やはり出光佐三のゆかりの地にあってこそね。門司港レトロ地区を歩くのも楽しいし!

Cimg2566

山口育ちの私は、関門橋が見えるとホッとする(^-^)ちょっとだけ下関にも足を踏み入れたのだ。

Cimg2579

この日は急ぎ足だったけど、門司港レトロもいろいろ変わっていたので、またの機会にゆっくり回りたいなあ。

« 小倉城庭園 | トップページ | 幕見で「土蜘」着物の日 »

ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉城庭園 | トップページ | 幕見で「土蜘」着物の日 »