フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 琳派芸術@出光美術館 | トップページ | 幕見で「野晒悟助」 »

2019年6月13日 (木)

幕見で「土蜘」着物の日

博多座開場20周年記念の六月大歌舞伎。
着物の日の9日(日)は、菊之助さんの「土蜘」を幕見で楽しんだ。初役とのこと!

Cimg2637

能の「土蜘蛛」は好きな演目の一つ。細い紙テープの千筋の糸をこれでもか、これでもかという程バンバン投げかけ、お囃子方にも糸がかかっていたくらいで、20年も前に観たっきりだけど、とても印象に残っている。
歌舞伎ではどんな感じか興味津々(^-^)余談だけど、能と歌舞伎で漢字が異なることを知った!

Cimg2649

菊之助さんは、僧の姿で現れた時から妖しさを醸し出している!
頼光は梅枝さん。右近くんの胡蝶が美しかった。
子役の太刀持ちがあっぱれだった。僧の妖しさに気づき、長袴をぞろ引かせ、片肌脱いで立ち向かうのだ。子役と言えば、間狂言の石神の子もかわいかった。

後半の土蜘の精は恐ろしく、もはや菊之助さんと言われてもわからないくらい(;'∀')
すごい迫力で、ドロドロドロドロとお囃子も怪しげ。
投げかけた千筋の糸は、後見がその都度すばやく手で巻いて回収していた!
最後はかっこよかった~!二年前に博多座にいらした時の菊之助さんの美しい「藤娘」にはウットリしたけど、こうゆうダークな菊之助さんもいいわあ(^O^)

左團次さん休演のため、彦三郎さんが代役で保昌をされたのだけど、もう彦三郎さんのお声の良いこと!聴き惚れてしまうわ(*^_^*)NHKの「にっぽんの芸能」でしか見たことがなかったので、ご活躍が嬉しかった。
左團次さんも船乗り込みの時は、お元気そうにお見受けしたのだけど・・・早くご回復されますように。

Cimg2627

日曜の夜の部に着物で出掛けるのって次の日は仕事だし、結構キツイけど、頑張って行った甲斐があったわ。

<本日の着物> 大叔母の形見分けの単衣の紬&作家物の名古屋帯。

Cimg2607

本当は菊之助さんにちなんで、九月の単衣に合わせている菊の型染め帯(大叔母の形見分け)にしようかと思ったけど、素材が秋単衣向きかなあ・・・と気になり始めると、締めてく勇気がなくなった(^_^;)
さて、着物の日の来場プレゼントは、箸と箸置き。

Cimg2651

20周年だから特別かなあと実はちょっと期待していたよ(^_^;)

« 琳派芸術@出光美術館 | トップページ | 幕見で「野晒悟助」 »

伝統芸能」カテゴリの記事

着物(単衣)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琳派芸術@出光美術館 | トップページ | 幕見で「野晒悟助」 »