フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

食物アレルギー

2017年12月10日 (日)

道の駅むなかた

今月は、三週連続宗像方面に用事がある我が家。
二週目の今日は、道の駅むなかたに寄り道をした。

まずは、腹ごしらえ。道の駅の中にある「おふくろ食堂はまゆう」へ。
ここはカフェテリア方式で、好きなものをトレーに乗せていく。
海鮮丼(列の一番奥)にしようと思っていたのに、途中でつい焼き鯖に手が伸びてしまい、ブリのお刺身、肉じゃがも乗っけら、ちょっとsign02多かったなあsmileP1400800海鮮丼も数種類あり、主人はマグロハマチイクラ丼。P1400798アレルギーっ子が選んだのは、好物のブリのお刺身と豚の角煮delicious角煮は脂が固まっていたけど、レンジでチンすればよかったと後で気づいたcoldsweats01P1400803ここにもデザートはあったけど、正助ふるさと村のアンテナショップでソフトクリームを頂くdelicious
私はあまおうとブルーベリーのミックスで。卵は不使用。P1400805アレルギーっ子が米粉パンにもそそられていたので、「米粉パン工房姫の穂」に入ってみる。
ここはJA宗像の直営で、米粉(宗像市産・福津市産)80%、小麦グルテン20%使用。
あいにく、卵不使用のパンは少なかったけど、その中で娘が選んだのは、ミルクフランス、玄米ロール、クランベリーカマンベールの三種。P1400822道の駅での買い物は楽しかったけど、なにより嬉しかったのは、ミニ胡蝶蘭がお安く買えたことheart04
やはり鉢植えの花があると、気持ちが華やぐわあhappy01P1400815_2帰り道に通りかかった橋の欄干に素敵な松を見つけた。この辺りにさつき松原海岸(日本の白砂青松100選にも選ばれている)があるからかな。信号待ちの時にパチリcameraP1400808宗像行きも残すところあと一回。今度はどんな寄り道をしようnote

2017年11月10日 (金)

お弁当三つ

娘は今日、社会見学で自動車工場(トヨタ)といのちのたび博物館に出掛けたbus
なので、今朝のお弁当は三つ。
エビフライにキュウリの甘酢漬けにチーズ竹輪。人参のナムルとウインナーは花形に。P1400578普段、主人と私のお弁当は冷凍食品も詰めてるし、あまり手間をかけないけど、今日は娘のリクエストでエビフライを作ったので、いつもより早起きした。

だけど、高校生になったら、毎朝お弁当を持って行くんだよねえ。

アレルギーっ子なので、冷凍食品などの加工品は食べられないものが多いけど、その頃までには食べられるものが増えてて欲しいなあ。
それに、女子高生になったら、友達と食べに行く機会も多くなるだろうし・・・。

以前は食べられたものが食べられなくなったりとアレルギーは三歩進んで二歩下がるような状況だけど、経口免疫療法も一歩ずつ進めないとね。

2017年10月12日 (木)

アレルギーっ子のハウステンボス

卵アレルギーの娘は来年、小学校の修学旅行で長崎に行く。
ハウステンボスでの自由時間に班でお昼を食べるそうだ。
アレルギーっ子が一緒だと、どこで食べるか選択肢が限られてくるので、今回の旅行ではその情報収集も兼ねていた。

ハウステンボスのHPには、低アレルゲンメニューがあるレストランが三軒(ミッフィーの「ナインチェ・カフェ」、イタリアンの「プッチーニ」、ステーキ&ハンバーグの「ロード・レーウ」)が紹介されている。
他のレストランでも一部、HPでアレルギー成分表を開示しているところがあって、ありがたかった。

一日目の昼食は、「海鮮と陶器の城」で、海鮮丼の梅を頂く。美味しかった~deliciousP1400186一日目の夕飯は、「ロード・レーウ」で食べたかったけど、待ち時間が長くて断念sweat01
向かいの「プッチーニ」へ。娘は、低アレルゲンメニューのチキングリルのセットを頂いた。
(でもこのお店はちょっとお高めなので、修学旅行生は来ないだろうなあ。。。)Cimg0686_3ホテルは、ハウステンボスから車で10分程の西海橋コラソンホテルに泊まった。P1400334こちらの朝食はバイキング形式で、事前にアレルギー情報を問い合わせると、卵・乳製品が入ったものがわかるメニュー表をメールで送って下さった。
卵と乳製品を含んだものが二重線で消してあって、洋食はサラダとフルーツ、ドレッシング、ジャム以外は全滅。
チーズやヨーグルトは乳が入っているからだろう、二重線で消してあった。

卵と乳製品のアレルギー表示が別々だったら、尚ありがたいなあと思ったけれど、当の本人は好物の豚の角煮が食べられたので、さほど気にしていないようだったcoldsweats01P1400338さて、ハウステンボスでは、お菓子の城が楽しかった娘shineCimg0661_2回るお菓子の量り売りで、自分が食べられるものをじっくり選んでいた。結局、二日間このお店に通ったsmileP1400408_2ハウステンボスは、アレルギーっ子でも十分食事を楽しめるとわかったhappy01
来年は、娘が皆と楽しく昼食を食べられたらいいなあと思う。
修学旅行の不安も少しは解消した。

ただ、班の自由行動で昼食を食べるのは、ミールクーポンの予算のこともあるだろうし、佐世保バーガーのお店も多かったし・・・やっぱり気になるsweat01
(娘はもし皆がハンバーガーを食べたいと言ったら、私はポテトでも食べておくよと切ないことを言うのだ。。。)

でも、案ずるより産むが易しなのかな。

2017年9月27日 (水)

卵不使用、ハウスの「プリンエル」

娘とスーパーに買い物に行った時、卵アレルギーっ子が製菓材料コーナーで、めざとく見つけたハウスの「プリンエル」は、卵原料不使用だった。

そう言えば、長らくプリンは作っていなかったなあ。やっぱりたまには食べたいのかも。。。
私が作るかぼちゃのプリン(卵不使用)は、裏ごしを2回するのがなかなか面倒なのだcoldsweats01Cimg0381という訳で、早速買って、作ってみた。鍋にプリンエル1箱と牛乳400mlを中火にかけてかき混ぜ、沸騰したら弱火で1分。カラメルソースも粉末を水で溶かすだけで、簡単~。Cimg0426久々にしまじろうの型も使ってみる。(愛着があって、まだ捨てずに持っていたのだcatfaceCimg0429たまにはこうゆうお手軽プリンもありかな。
今度は母ちゃんが、かぼちゃのプリンを作るからねhappy01

2017年9月22日 (金)

アレルギーっ子の自然教室

小5の娘が、二泊三日で自然教室に行ってきた。
行き先は、子ども会でも利用したことがある海の中道少年自然の家。
娘には卵アレルギーのあるので、子ども会でキャンプをした時は私も一緒に参加し、アレルギー対応もわかっていたので、安心して送り出せた。

食事はバイキング形式だけど、アレルギーのある子はあらかじめ用意されているお膳を取りに行くのだ。トレーの色も皆とは異なる。おかわりできない分、量は多めdelicious

ただ、食事以外のことでは、少々気にしていた。
10キロのハイキングがあるので、汗をかいたらアトピーが悪化するかなあとか、お風呂は15分でシャンプーをする時間はあるかいな・・・汗をかくと地肌も痒くなるだろうねえとか。
でも、本人はなんてことなかったようだsmile
海辺の少年自然の家で、カッター体験で皆でボートを漕いだのが一番楽しかったとのこと。

アレルギーの頓服薬は、お守り代わりで出番はなかったけれど、ステロイドの塗り薬も一度も塗ることはなかったそうだ。(・・・でしょうねcatface

娘が言うには、この自然教室に行っている三日間に好きな給食が出たのだそう。特におはぎ。
そんな我が家のあんこ姫のために母ちゃんは「サザエ」でおはぎを買っておいた。
粒あんの十勝おはぎにきなこにすりごま。お彼岸だしね。Cimg0415余談だけど、ボストンバッグは55センチか60センチかで、かなり迷ったけど、55センチで正解だった。Cimg0367娘が選んだのは、ベネトンのボストンバッグ。もし、荷物が多くなっても両サイドのファスナーを広げると横に10センチ広がるので、今後も長く使えそう。

気掛かりなのは、来年の修学旅行。。。ハウステンボスでは自由時間に昼食を食べるそうだ。
アレルギーっ子も皆と楽しめるといいな。

2017年9月 8日 (金)

続・アレルギーっ子のコアラのマーチ~よしもとコアラ芸人編

卵アレルギーの小5の娘は、経口免疫療法で少しずつ卵の入ったお菓子を食べている。
今回は、久し振りにコアラのマーチにした。
娘の好きな黒いコアラのマーチがなかったので、よしもとコアラ芸人はちみつレモン味で。P1390845_2渡辺直美ちゃん、おかずクラブのゆいP、8.6秒バズーカにラララライの人(名前がわからんcoldsweats01)など全部で30種類入っているそう。P1390844コアラのマーチは一箱食べても平気になっていたけど、久し振りだったせいか、一個で口の中が痒くなってしまったsweat01三歩進んで二歩下がるって、こうゆうことかいな。
でも、ひとかけでも少しずつ慣らしていこうね。

2017年8月24日 (木)

ミニふくおか

昨年、娘が初めて参加したミニふくおか。今年も九電記念体育館で8月22日~24日の三日間開催され、最終日の今日参加してきた。

ミニふくおかは、ドイツのミュンヘン市で行われている「ミニ・ミュンヘン」をモデルとした、子どもがつくる仮想のまち。子どもたちがまちの住民となって、仕事をしたり、遊んだり、買い物をしたりして、新たなまちを作っていくというもの。子ども実行委員会が数か月前から準備をしていたそうだ。Cimg0163受付を済ませた後、ガイダンスを受け、市役所で住民登録をすると、まちの住民となる。
ハローワークで仕事を探したり、大学で学んだりし、銀行で給料をもらう。そのお金(アイム)で食べたり、遊んだりし、また働いてお給料をもらう仕組み。ちゃんと税金も払うのだ。

アレルギーっ子なので、「まち」で自分が食べられるものをちゃんと選んで食べられるか、ちょっと心配していたけど、途中で三階の保護者席に上がって来たので、お昼は一緒に食べることができた。(前回は一人で「まち」で五時間過ごし、昼食なしで駄菓子を食べただけだったのだcoldsweats01

昨年は、初めて参加したこともあり、要領よく回れずsign02お金を29アイムも残して終わった娘だったけど、今年は残金4アイムmoneybag街の模型を作り、手芸店でブレスレットを作ってお給料をもらったそうで、飲食ブースで食べているところを保護者席から二度目撃eye聞けば、きなこ団子と筑紫もち、他にも駄菓子を買ったそうだdelicious

楽しかったそうで、また来年も参加したいと言っておりますnote
・・・欲を言うと、食べ物にはアレルギー表示をしてもらえると助かるんだけどなあ。

2017年8月 8日 (火)

スナックスティックで負荷試験

夏休みは、卵アレルギーの娘の負荷試験の予定を入れていた。
今回は、ヤマザキのスナックスティック。P1400023_315分毎に診察室に入り、最初の二回は1/4本、その後は1/2本ずつ食べ進めていく。
一本食べ終えた後、二本目に挑戦。そして一時間少々で二本完食happy01

さらに帰りの車の中で、スティックスナックを二本食べてしまっていた(驚)
こうゆうことに慎重な娘が食べたなんて、ちょっとビックリしたけど、自分でも大丈夫と思ったのかな。幸い何もなかったので、ひと安心。

その後も自宅で順調に食べ進めている。
もしかしたら、ポケモンパンも近いうちに食べられるかなあwink

2017年5月12日 (金)

アレルギーっ子の調理実習

五年生の娘は家庭科の授業で、調理実習があった。
今日は、ゆで卵を作ったのだけど、我が家のアレルギーっ子はじゃがいもを持参。

娘には家庭科室での席は先生に任せるので、もしかしたら皆と離れてテーブルに一人かもしれないと伝えていたけど、担任から今朝、電話があって、他の児童と同じテーブルで実習すると連絡があった。(丁度出勤する時間で、玄関の鍵を閉めた後に電話が鳴った。連絡はもっと早い方がありがたいなあcoldsweats01

学校では、皮をむいて茹でたそうだ。しかも、皮は先生がピーラーでむいてくれたとかsmile
テーブルには二つコンロがあり、一つのコンロでゆで卵を、もう一つのコンロでじゃがいもを茹でた。
さて、今夜の夕飯の一品に早速、娘にじゃがいもを茹でてもらった。P1370432ついでに、タコのサラダも作ってくれた。タコはぶつ切りだったけどsmileP1370433ちなみに先月、初めての調理実習では急須でお茶をいれたそうだjapanesetea時代は変わったなあ。

2017年4月15日 (土)

進級!五回目のアレルギー対応面談

卵アレルギーの娘が五年生になり、今週の月曜日から給食が始まった。

学校のアレルギー面談は、給食が始まった翌週の予定で、毎度のことながら遅すぎるだろ~sweat01と思っていたら、予定が早まり、給食開始後五日目に開催された。
(担任の先生方よりできるだけ早い段階で顔合わせと確認をしたいと要望があったそうだ)

入学する時は、教頭先生、、栄養教諭、養護教諭、担任の先生との個人面談だったけど、その後は毎年、除去食対応児童の保護者対象の一斉面談で、最後に担任との個人面談がある。

毎年、A4用紙にアレルゲン摂取(誤食)時の症状や対処法、給食当番ではアレルゲンに接触しない係を希望する旨などを二枚にまとめてお渡ししている。

娘の担任の先生は、昨年の担任より申し送りがあり、緊急時の対応(薬など)のプレートを作っておられた。マグネット付きで黒板に貼れる仕様で、先生が出張などで不在の時でも対応できるようにとのこと。ありがたいなあconfident娘のアレルギーのことも既にクラスの皆に話してくださっていた。

五年生では家庭科が始まり、調理実習もある。一学期は早速、ゆで卵を作るそうだ。
卵アレルギーの娘は、じゃがいもで対応することになるけど、席をどうするか聞かれ、即答できなかった。家庭科室では、一つのテーブルに四~五人座るけれど、娘はテーブルに一人で調理するか、どなたか先生に来て頂いて、娘についてもらうか、私が付き添うか、三つの選択肢がある。さて、娘にとってどれが一番いいかなあ・・・。

二泊三日の自然教室は、子ども会で利用したことがある自然の家に決まった。
私も同行し、アレルギー対応もわかったので、今年は安心して送り出せそうだhappy01

成長するにつれ、子どもの世界も広がり、親の心配も増えるけど、アレルギーっ子が安心して学校生活を楽しめるといなあ。

より以前の記事一覧