フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

和の会

2017年2月 3日 (金)

くまモン来場!櫛田神社の節分祭

久々のブログ更新です。
今日は、和の会で櫛田神社の節分祭へ行ってきたhappy01
日本一のお多福面をくぐって、参拝しま~す。P1360477博多座で歌舞伎が上演中だけど、今年は歌舞伎役者さんの豆まきがなく、残念だなあと思っていたら、くまモンが来てくれた~heart04P1360496_2マイクを手にし、何やら訴えるくまモン。お姉さんの通訳によると、来月四日、五日に福岡市役所ふれあい広場で、くまモンファン感謝祭があるとのこと。
この後、豆まきもしてくれたくまモン。ちゃんと豆の袋が掴めることに驚きですeyeP1360507モチロン、赤鬼・青鬼もいましたよ~。P1360515カメラ目線の青鬼さん。P1360514櫛田神社を後にし、向かった先は、川端商店街の「水音」。
以前、中洲のお店でランチをしたことがあったけど、川端商店街にもお店ができてるとはshine
松花堂を頂いた。美味しい上にデザートまでついて、なんてコストパフォーマンスが高いんでしょdeliciousP1360521駅に向かう途中、博多券番さんもどきの一行に遭遇。(提灯に「花峰クラブ」とあった)
これは、節分に仮装する「お化け」という風習でしょうかsign02
豆を配りながらのお練りで、私達も頂いたhappy01P1360526櫛田神社は例年より混雑してて、福豆をGETするのがこんなに大変だったのは初めてwobbly
そんな中、頑張ってキャッチした福豆とお餅。P1360529夕飯の後は、家族で豆まき。外に豆をまく時の声には照れがあったのに、家の中でまく時は容赦なかった娘。和室は豆合戦の場と化したsmileP1360537今年の恵方巻きは、サーモン、たくあん、カニカマ、きゅうり、レタスの五種類で作った。
イワシの味噌煮は缶詰で、手抜きした割に美味しかったdelicious

<おまけ> 娘が小さい頃に一緒に作った色紙を久し振りに飾ってみた。P1360531豆まきの時、どさくさに紛れて、「鬼ババは外~sign01」って言ってたのを聞き逃さなかったわよgawk

2016年12月 5日 (月)

今年も火渡り神事へ

毎年、12月5日に愛宕神社で行われる火渡り神事に和の会で行ってきた。
観音寺経由の階段で行くと、見頃を迎えた紅葉がキレ~イ。P1350425神社にお詣りした後、護摩木に願い事を書いて祈願した。P1350392まずは神職によるお祓い。そして、英彦山の修験者による儀式が行われる。P1350393_2宝弓師が放つ矢は縁起物で、いつかゲットしたいと思いつつ、未だ叶わず。P1350396そして、いよいよ護摩壇に火入れ。P1350399煙がモックモクのこの光景は迫力があって、毎年圧倒されるなあ。
願い事を書いた護摩木が火にくべられていく。P1350408神社で般若心経を聞くのも興味深い。P1350411_2そして、火伏せをした後は、いよいよ火渡りです。P1350416今年は、初めて火渡りをするメンバー二人と幼稚園の代休だったお嬢ちゃんと参加。
渡り終えた後に御神米を頂いた。P1350417師走に一年の穢れを払い、新年を迎えるのが、すっかり恒例になり、気がつけば五年目の参加。ありがたいなあconfident
結界の御幣も頂いたので、部屋に飾りたいと思います。

2016年11月12日 (土)

求評会の後は東長寺へ

さて、承天寺で博多織求評会を見た後は、東長寺にお参りした。
ご一緒した友達が、お遍路さんに興味があるとのこと。ならばこちらでしょうhappy01P1350088唐から帰国した弘法大師が、日本で最初に創建したお寺で、密教が東に長く伝わるようにと祈願された東長寺。実は、九州八十八ヶ所霊場の第一番札所なのだ。P1350086日本最大級の木造座像、福岡大仏を拝み、大仏の胎内で地獄・極楽巡りをした。
歴女の友達も一緒だったので、福岡藩主、黒田家の墓所(2代、3代、8代)をご案内。P1350092五重塔は、いつみても鮮やか。P1350089この後は、お隣の「もち吉」でお茶をして帰る。
近所にも九州八十八ヶ所霊場が二か所あるので、近いうちにお参りすることにいたしましょう。

2016年11月11日 (金)

博多織求評会♪

今年は、久々に博多織求評会に行ってきたhappy01P1350050会場は、博多織発祥の地、承天寺。普段は拝観する機会がないので、楽しみなイベントnoteP1350085新作の帯や着尺は、眼福だったconfidentそして、もう一つの楽しみは、枯山水の洗濤庭。
ライトアップされた石庭も素敵だけど、やはりこの景色はいいわあlovelyP1350060奥のお庭では、南坊流による野点があり、お薄を頂いた。P1350073お菓子は、この時だけの承天饅頭。P1350065風情ある野点席にほっこり。お棗には「一粒万倍」の文字があったconfidentP1350072_2ご一緒した友達二人は、初めての求評会。楽しんで頂けたようで、私も嬉しい。P1350082着物で来場するとプレゼントがあり、私が選んだのはポーチ。P1350118

<本日の着物> 唐花文様のエスニック紬に合わせた帯は、モチロン博多織。P1350105さて、今回は帯下締めを初めて試してみた。
本当は、長襦袢の上に伊達締めとして使うのだけど、私は肌着の上に装着。
感想は・・・補正&汗取りとして、すごくいいわhappy01

2016年10月27日 (木)

25日の太宰府で

さて、九州国立博物館で「鳥獣戯画展」を楽しんだ後は、太宰府天満宮に参拝です。
この時期の楼門には、登龍門伝説にちなんだ飛龍天神ねぶた。P1340968_310月下旬ということもあり、七五三詣りのお子さんもチラホラ。どうしても着物に目が行くなあsmileP1340966今回は、25日の「天神さまの日」に合わせて太宰府に来た。
なぜなら、よもぎ入りの梅ヶ枝餅を食べられるからnote
その前にランチへGOsign01お店の前で順番を待っていると、かわいいキャラクターが歩いて来たよ~。千梅ちゃんって言うんだって。P1340940いつもの「寿し栄」でお寿司ランチを頂いた。美味~deliciousP1340941お腹もいっぱいになったところで、例の梅ヶ枝餅を買いに行くnote
今回は、鹿児島出身の友達もいるので、「松屋」に決定。P1340950_2松屋はかつて、薩摩藩の定宿だったのだ。ちらっと見えるお庭も素敵confidentP1340944そして、そのお隣りの「まめや」は、かつて長州藩の定宿だった大野屋だ。
ちなみに山口出身の私は、ここの豆が好きheart04P1340957さらに参道の向かいには、幕府関係者の定宿「日田屋」が、石ころ館になっている。
偶然にしては出来過ぎでしょsign02やはり、薩摩や長州に睨みを利かせてたんだろうね。
ちなみに今年は、薩長同盟150年の記念の年shineP1340951参道の突き当りには、三条実美ら尊王攘夷派の五卿が三年間滞在した延寿王院。P1340961勤王の志士達が訪れた太宰府。いつもの参道も、視点を変えて歩くと興味深い。P1340960

<本日の和菓子> よもぎ入り梅ヶ枝餅。P1340980食べる頃には、しんなりしてたcoldsweats01次回は、松屋のお庭で焼きたてを頂きたいなあ。
そして、毎月17日の「九博の日」にちなんだ古代米入り梅ヶ枝餅もいつか食べてみたいdelicious

2016年6月11日 (土)

十日に参拝する十日恵比須

十日は、友達と十日恵比寿神社にお詣りした。
恵比須さんだけに、鯛の手水舎。P1310932六月十日のみ、夏越大祓の茅の輪くぐりができるのだ。
しっかりくぐっておきましたhappy01P1310935十日恵比寿神社では、二月~十二月の十日は昇殿参拝ができる。
折角なので、拝殿に上がって参拝し、お神酒とお米、昆布・スルメを頂いた。
もう少し早ければ、伊勢うどんの振る舞いもあったとのことだけど、我々はこれで十分ありがたいのですconfidentP1310933_2正月大祭の宵えびす、博多券番さんのかち詣りの時にしか来たことがなかったけれど、この日はとっても静かで、ゆっくりお詣りできたconfident

着付けショーの後は

舞妓さんの着付けショーを見に行ったはかた伝統工芸館では、歌舞伎役者さん達の手形が展示されている。今月、博多座で襲名披露公演をされている雀右衛門さんが手形を取られたとお聞きしたので、探したのだけど見当たらず。まだ完成していないのだそう。
だけど、壱太郎さんの手形を見つけてニンマリheart04P1310839その後は、お隣の櫛田神社へ。
ご一緒したのは、福岡に来られてまだ一年未満のお友達。
山笠の手水舎にもいちいち喜んでくれるので、案内し甲斐があるというものsmileP1310923丁度、常設の飾り山が改装されているところに遭遇したeyeP1310834ここにおられるのは、もしや弁慶さんsign02この飾り山は来月改めて見に来ますよnoteP1310926境内では、紫陽花が花盛り。P1310919博多塀と紫陽花が一緒に見られるものこの季節だけ。P1310928お昼は、櫛田神社のお隣「大東園」で焼肉ランチ。牛カルビ定食を頂いた。
お肉が柔らかくって美味しかった~deliciousP1310921_2この日は十日。なので、この後は十日恵比寿神社にお詣りしますnote

2015年10月10日 (土)

香椎宮勅祭

全国16社ある勅祭社の一つで、福岡のパワースポットとも言われる香椎宮。
10月9日は10年に一度、天皇からの使者が遣わされる勅祭が執り行われた。
一度参拝したかった香椎宮。この日を逃すテはないわ。
参道の並木道のバス停は、「勅使道」という名前。歴史を感じさせる。P1260571天皇からの使者をお迎えする神事を一目拝見しようと、既に大勢の参拝客。
菊の御紋の入った唐櫃が、神々しい。P1260576次いで、雅楽の楽師に関係者。P1260583最後に一般の参拝客が後に続いた。P1260587最初の勅祭は、天平9年との記録があって、今回で109回目だそう。
(おお、10月9日で109回目sign01いい時に来たわsmile
この日、ご一緒した友達と、10年後も見に来ようと話したりして。P1260607斎行中は、中門から先は入場できない。しかと閉じられた扉が、厳かな感じ。
中から雅楽の音色が聞こえてくるconfidentP1260603_2ご神木の綾杉には、すごいパワーを感じた。P1260599神事は一時間半程掛かるので、その間にちょっと散策。P1260642_2楼門の扉には、菊の御紋が彫られている。瓦も菊の御紋。P1260650絵馬堂なども見て回る。金木犀が香る場所もあったconfident
この日はとっても暑く、蝉が鳴いたのには驚き。P1260648暑い中、待った甲斐あり、出て来られた勅使のお姿を近くで拝見することができた。P1260664そして、勅使館に向かわれたのを見届けて、香椎宮を後にした。P1260626暑かったので、お昼はさっぱりしたものを。香椎宮の近くの手打ち蕎麦「不老庵」へ。
至る所に勅祭の幟がはためいていた。P1260673注文したぶっかけそばは、ひょうたん型のトレーで運ばれてきたhappy01P1260679実は、お蕎麦屋さんでも行列で、待ち時間に斜め向かいの綾杉醤油さんへ。P1260675_2よりどり三本お試し醤油を買ってみたnoteP1260686_2周辺のお店も気になることだし、「香椎造」と言われる重要文化財の本殿も拝見できなかったし、香椎宮には改めて参拝したいな。

2015年6月15日 (月)

幕見de博多座

先月の船乗り込みから、楽しみにしていた六月博多座大歌舞伎は、四代目中村鴈治郎さんの襲名披露公演。P1240051_2今日は、友達と幕見で「連獅子」を楽しんできたhappy01
鴈治郎さん、壱太郎さん親子の共演で、今回一番楽しみな演目。P1240067昨年いらした時は翫雀さん、今年は四代目鴈治郎さん。
襲名の祝い幕を納める木箱が目を引きますconfidentP1240069紅い雁は新鴈治郎を、三羽の雁は初代から三代目までの鴈治郎を表しているという素敵な祝い幕shineP1240074_2幕が上がると、お囃子方の裃姿。ヤヤ、その中にEテレ「にっぽんの芸能」でも拝見する田中傳左衛門さんがいらっしゃるではないかsign01お父様の亀井忠雄さんは、大濠公園能楽堂で何度か拝見したことがあるけれど、思いがけず傳左衛門さんのお姿を生で見られて、得した気分note

前半の狂言師左近の壱太郎さんは、前髪がカワイイの。女形しか観たことがないので、凛々しい踊りにときめいたlovely鴈治郎さんは、さすがの貫禄。すぐ後ろから聞こえる大向こうさんの「四代目~。」に気分が盛り上がるup
後半の親獅子の精、仔獅子の精の勇ましい踊りには、感動した。
最後の高速毛振りは、圧巻だった。
鴈治郎さん、壱太郎さん親子の息もピッタリで、とっても素晴らしい舞台だった。
もう一時間なんて、あっという間。来週は、昼の部を観に来るぞ~happy01P1240058_4おまけの写真は、博多座のロビーのアンモナイトの化石。さて、どこでしょうsmile

<本日の着物> 大叔母のお下がり単衣の紬。約束の時間に遅刻しそうで、名古屋を諦め、大急ぎで締めた帯は、博多織の半幅dash半衿は楊柳、帯揚げは、千年工房×紐の渡敬コラボのブルー。P1240080_2これにユニクロ歌舞伎トートで、一幕見コーデさsmile

2015年4月 1日 (水)

雨のお花見、唐津城

友達とお花見をする予定だった今日は、あいにくのお天気。
毎年恒例の公園はやめて、唐津城へお花見ドライブをすることになったhappy01
車窓から時折見える桜を愛でつつ、車で走ること一時間。唐津城が見えてきた。P1220421_2雨に打たれた桜もまたよしsign01霧雨の降る中、城内の桜を楽しんだ。P1220402天守閣に上ってみたけど、視界は真っ白catface七宝繋ぎみたいな瓦の組み方が好みheart04P1220382お城の階段のタイルの色合いは、もしや唐津焼sign02と思ったけれど、そうではなかったsmileP1220392あることをきっかけに、すっかりファンになった唐ワンくんのマスコット。
折角、日付入りなのに、子ども達は記念写真を撮る気全くナシcatface成長したということかsign02P1220397_2行きはエレベーター、帰りは桜の花びらの階段を下りて。P1220404子ども達はお土産屋さんで、ビーズの指輪とご当地ストラップをお揃いで買って、ご機嫌noteP1220419お昼は話題のコラーゲンバイキングレストラン「愛しとーとheart01」で。P1220423ちょうど社長さんがいらっしゃったhappy02テレビで拝見するそのまんまのお姿で、一緒に「愛しとーとheart01P1220422駐車場に真っピンクのクラウンが停まっていたので、もしやと思ったら、やはり社長さんのお車だった。雨のお花見で、集合写真を撮っていなかったので、これが唯一、貴重な記念写真smile

より以前の記事一覧