フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

和の会

2018年12月 6日 (木)

愛宕神社の火渡り神事

毎年12月5日に愛宕神社で行われる火渡り神事に今年も和の会で行ってきた。
平成最後の火渡り神事。私は七年連続参加なのだ
友達とは境内で待ち合わせ。観音寺経由で、紅葉の階段を上っていく。Cimg8965愛宕神社に参拝したら、護摩木に願い事を書いて祈願して頂く。やはり健康が第一だわ。Cimg8966火渡り神事は、最初に神職によるお祓いがある。Cimg8969そして、英彦山の修験者の儀式が行われる。宝斧の所作が興味深い。斧で木を切り、護摩壇を作るところを表しているそうだ。Cimg8976どの木を切るか探す所作も。Cimg8980宝弓師が東西南北、鬼門、中央(護摩壇)を弓矢で祓い清める。
この矢は縁起物で、頂けるのだけど、未だ手にしたことがないCimg8995宝刀師の真剣を振る所作は、すごい迫力。Cimg9018いよいよ火入れ。願文が読み上げられる。Cimg9033あっという間にモックモク。煙が目にしみる~。先程まで雅楽が流れていた境内で、般若心経が唱えられるのだ願い事を書いた護摩木も火に投げ入れられる。Cimg9085切られた結界は、参拝者にお裾分けして頂けるのだ。緑の御幣は東なのだそう。Cimg9128火伏せをしたら、修験者が火渡り。この時点ではまだ熱そうです。Cimg9147続いて参拝者も火渡り。私もこれで一年のけがれが清められたかなCimg9165火渡りするのは熱くないけど、裸足で順番待ちをする間、毎年足が冷たいのに、今年は驚くほど暖かったので、全然平気だった。

さて、無事に火渡りを終えたら、岩井屋さんでお餅を頂く。私は抹茶、友達は半月餅。Cimg9172この後は、古文書講座があったのだけど、私ってば煙くさくて、教室の皆さんにはちょっと申し訳なかったかも

2018年11月30日 (金)

九博「オークラコレクション展」後期展示へ

今週は、友達と九州国立博物館に「オークラコレクション展」の後期展示を観に行った。
前期も素晴らしかったけど、やはり後期の横山大観の「夜桜」と宗達派の「扇面流図屏風」も観ておきたかったのだCimg8895そしてやっぱり観に来てよかった~予想以上に展示替えが多く、見応えがあった。Cimg8926「扇面流図屏風」は、ポストカードを購入。扇に描かれた草花や和歌、扇の形も閉じたものや急流で破れたものもあって、見ていて飽きないなあ

「随身庭騎絵巻」(国宝)や「秋草図屏風」、「蘭竹図屏風」などもよかった。
法蓮上人坐像は、目の赤みや爪までリアルでインパクト大。英彦山の伝説的修行僧だそうだ。
大倉喜八郎さんの奥様所用の「萩に虫螺鈿象嵌火鉢」も素敵だったなあ8o0a1653昭和5年にローマで開催された日本美術展の雰囲気を楽しめるコーナーは、豪華だった横山大観の「夜桜」は幻想的でうっとり下村観山の「不動尊」は迫力あったし、宇田荻邨の「淀の水車」も清涼感があって素敵だった。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーして、博物館のロゴの入った写真は提供して頂いた。

さて、オークラコレクション展を観た後は、太宰府天満宮にお詣り。Cimg8919残念ながら、菊花展は終わっていたけど、少しだけ気分を味わえた。Cimg8920_2灯籠の上の獅子がカワイイ。Cimg8906_2ランチはいつもの寿し栄で。美味しかった~Cimg8898美しいものを観て、美味しいものを食べて、いっぱい喋って、楽しい一日だった

2017年12月13日 (水)

和の会の送別会~壱岐牛でおもてなしランチ

幼稚園時代から細々と続けている和の会だけど、転勤でお仲間を送り出すことが多い。
今月も一人、Aちゃんが東京にお引越しすることになった
今日は、お仲間Rちゃんのご好意でご自宅で昼食をご馳走になった

まず、お部屋に通されてビックリ壱岐出身の彼女が用意してくれたのは、なんと壱岐牛
陶板鍋を持ってることにさらにビックリ旅館みた~いP1400835見るからに美味しそう~器も素敵~P1400836初めて食べた壱岐牛。フランス土産の塩を付けてサンチュに巻いて頂いたけど、感動的な美味しさだった
お味噌汁は南関揚げで、九州の食材を使った心尽くしのおもてなし。RちゃんらしいなあP1400839_2デザートは八女茶ロールケーキ。これも九州らしいねP1400841おもてなし上手の彼女は、さらにフルーツカッティングも披露してくれたP1400854美味しいものを食べ、たくさん喋り、たくさん笑い、楽しいひと時だった。
Rちゃん、ありがとう今日は、おご馳走になりました
Aちゃん、お名残惜しいけど、東京に行ってもどうぞお元気でね

皆で一緒に色んなところに出掛けたけれど、まだまだご一緒したかった所はたくさんあったなあ。
今日は、正月事始め。Aちゃんがお引越し準備で、急ピッチで片付けをしていることを思えば、私も片付け&大掃除を頑張らないとね早速取り掛かりましたよ~

2017年12月 6日 (水)

愛宕神社火渡り神事へ

毎年12月5日は、愛宕神社で火渡り神事があり、今年も和の会のメンバーで行ってきた
観音寺経由の階段を上って行きますCimg1486_2火渡り神事は、最初に愛宕神社の神職によるお祓いがある。Cimg1331先程まで雅楽が流れていたのに、法螺貝が鳴り響くのが面白い。
修験者の所作も興味深いのだ。山で木を切り、護摩壇を作るところを表しているそう。Cimg1343宝弓師が放つ矢は縁起物。今年は雪が降る程寒いせいか参拝者も少なく、例年より競争率は高くなさそうだけど、これがなかなか難しいそして、この矢を運良くGETしたのは・・・Cimg1353いよいよ火入れ。Cimg1376風向き次第で、あちこちに充満する煙が目にしみ、涙と一緒に厄も出ていったことでしょう
しかも、今年は雨と雪まで降り注ぎます。Cimg1394愛宕神社の扁額もこの通りモックモク。Cimg1390神社で般若心経を唱えるのって、不思議な感じ。Cimg1383修験者が火渡りをしたら、参拝者も後に続きます。Cimg1443草乃江、火渡りをする図。煙がモクモクで既にモザイクは不要。足は燃えていませんよ
熱くはないけど、裸足で順番待ちをする間、足がすご~く冷たかった。Cimg1456今年は友達と三人で参加したので、時間差で渡る。Cimg1459渡り終えた後に、御神米を頂いた。Cimg1467今年はご一緒した友達の一人が、放たれた矢を運良くGETインタビューも受けていた
地元テレビでの放送かと思いきや、まさかの全国区デビュー
彼女は今月、転勤で福岡を去るので、いい記念になったねCimg1473この日は、福岡で初雪を観測した火渡り神事が佳境を迎えると、霰?雹?が降ってきた~
いい具合にRKBのお天気キャスターの龍山さんがいらっしゃったので、この雪は何かとお尋ねし、霰だと教えて頂いた5mm未満だと霰、5mm以上だと雹だそうです。

すっかり体が冷えたので、岩井屋さんへGOいつもは焼き餅を頂くのだけど、今日はぜんざいの気分。菊の花が添えられていた。三人三様で、皆違う色。Cimg1481_2焼き餅の半分はぜんざいに入れ、半分はお醤油につけて頂く
窓から見える桜の木の根本に霰が積もっていた。Cimg1477帰り道の参道の階段で紅葉が敷き詰められた場所見っけCimg1483師走に一年の穢れを払う火渡り神事に参加するのが恒例になり、早六年目。
結界の御幣も頂いたので、年内に飾れるようにしようっと。

2017年11月15日 (水)

盛りだくさんな一日~太宰府のお茶室&相撲部屋

九州国立博物館で「新・桃山展」を観た後は、太宰府天満宮周辺を散策。
まずは、ランチ参道から路地に入ると、縁結び食堂なみ満がある。P1400631古民家を改築したお蕎麦屋さんだ。P1400626_3だけど、お蕎麦屋さんなのに私は親子丼を注文。(アレルギーっ子がいるので、普段卵は食べないから)卵の色が濃い~。欄間なども素敵で、雰囲気の良いお店だったP1400619さて、お会計をする時に、お茶室でお抹茶が頂けることを知った私達。軽い気持ちでお願いしたのだけど・・・案内されたのが、にじり口でビックリそんな本格的だとはP1400627この日は、運良くお茶の先生がいらっしゃる日で、目の前でお薄を点てて頂いた。Cimg1007しかも二服目は、自分達で点ててみないかとおっしゃて頂き、思いがけず皆でお点前をすることに普段は、キッチン流電気ポット派なので、柄杓の扱いなんて久し振りお軸は「喫茶去」。やはりお茶っていいなあP1400621すべてのご縁が円満でありますようにとの円満の井戸。今度はお蕎麦を食べに来ようっと。P1400617_2太宰府天満宮では、菊花展が開催中。いい時に来たなあP1400595大輪の菊って、ぽってりしてて好き~。P1400616_2糸菊もこうゆう時でないと見られないしねCimg1005境内では銘酒展もあって、日本酒の試飲をさせて頂く三杯くらい飲んだかなP1400605_2境内にある太宰府天満宮幼稚園には、かわらしい幟がはためいていた。P1400612この日は、九州場所三日目。日馬富士の暴行のニュースには驚いた。結構好きな力士だったので、本当に残念だった
太宰府天満宮の境内には、日馬富士のいる伊勢ヶ濱部屋の宿舎があるので、行ってみると報道陣が詰めかけていた。P1400635もしかして、会えるかもと待っていると、宝富士が出てきた。国際センター前で入り待ちはしたことあるけど、こうゆうのってなんて言うんだろ。。。部屋出待ちP1400640実はこの後、娘と九州場所三日目を観に行ったのだ。こんなことがなければ、楽しく日馬富士を応援できたのに・・・日馬富士は、この日から休場となった。P1400633なんだか朝から盛りだくさんな一日だった。

新・桃山展

昨日は、和の会で九州国立博物館に「新・桃山展~大航海時代の日本美術」を観に行った。
エントランスには、黄金の茶室がお目見え映画「花戦さ」での秀吉と利休さんのシーンを思い出すなあ。P1400585国宝の屏風が見たく、この時期に合わせて来たのだ。狩野永徳のダイナミックな「檜図屏風」は素晴らしかった長谷川等伯の「松林図屏風」は、独特な空気感。
狩野元信の「四季花鳥図屏風」(重要文化財)もよかった。こうゆう着物にありそうな題材は好き。水の流れも繊細だった。

これこれ、昔、教科書で見た聖フランシスコ・ザビエル像。山口県出身なので、勝手に身近に感じていますよ06茶道具もたくさんあり、見ごたえあった特に白天目油滴天目も素敵だった
面白かったのは、四角い黒楽茶碗(銘ムキ栗)。どこから飲むやはり角かなあ。17異国情緒あふれる南蛮毛織(モール)水指は、室町将軍家ゆかりの品。14_2NHKの日曜美術館で見て、実物を見てみたかった「大洪水図屏風」。旧約聖書のノアの箱舟が描かれており、マカオで制作されたとされるらしいのだけど、雲には七宝に亀甲、紗綾形みたいな日本的な文様もあった。46_2四階の文化交流展示室では、長谷川等伯の「松林図屏風」のレプリカがあり、写真撮影可能だった。照明の当て方もいいのでしょう、床にも屏風が映っていて幻想的だった。P1400583_2あじっぱでは、南蛮屏風を前に南蛮人になってみるP1400593_2九州国立博物館の季刊誌Asiage(アジアージュ)の最新号が、とても楽しかった
信長、秀吉、家康がSNSをしているのだ信長が西洋から来た宣教師にもらった地球儀をアップしてたり、こうゆう遊び心、好きだなあ。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

2017年2月 3日 (金)

くまモン来場!櫛田神社の節分祭

久々のブログ更新です。
今日は、和の会で櫛田神社の節分祭へ行ってきた
日本一のお多福面をくぐって、参拝しま~す。P1360477博多座で歌舞伎が上演中だけど、今年は歌舞伎役者さんの豆まきがなく、残念だなあと思っていたら、くまモンが来てくれた~P1360496_2マイクを手にし、何やら訴えるくまモン。お姉さんの通訳によると、来月四日、五日に福岡市役所ふれあい広場で、くまモンファン感謝祭があるとのこと。
この後、豆まきもしてくれたくまモン。ちゃんと豆の袋が掴めることに驚きですP1360507モチロン、赤鬼・青鬼もいましたよ~。P1360515カメラ目線の青鬼さん。P1360514櫛田神社を後にし、向かった先は、川端商店街の「水音」。
以前、中洲のお店でランチをしたことがあったけど、川端商店街にもお店ができてるとは
松花堂を頂いた。美味しい上にデザートまでついて、なんてコストパフォーマンスが高いんでしょP1360521駅に向かう途中、博多券番さんもどきの一行に遭遇。(提灯に「花峰クラブ」とあった)
これは、節分に仮装する「お化け」という風習でしょうか
豆を配りながらのお練りで、私達も頂いたP1360526櫛田神社は例年より混雑してて、福豆をGETするのがこんなに大変だったのは初めて
そんな中、頑張ってキャッチした福豆とお餅。P1360529夕飯の後は、家族で豆まき。外に豆をまく時の声には照れがあったのに、家の中でまく時は容赦なかった娘。和室は豆合戦の場と化したP1360537今年の恵方巻きは、サーモン、たくあん、カニカマ、きゅうり、レタスの五種類で作った。
イワシの味噌煮は缶詰で、手抜きした割に美味しかった

<おまけ> 娘が小さい頃に一緒に作った色紙を久し振りに飾ってみた。P1360531豆まきの時、どさくさに紛れて、「鬼ババは外~」って言ってたのを聞き逃さなかったわよ

2016年12月 5日 (月)

今年も火渡り神事へ

毎年、12月5日に愛宕神社で行われる火渡り神事に和の会で行ってきた。
観音寺経由の階段で行くと、見頃を迎えた紅葉がキレ~イ。P1350425神社にお詣りした後、護摩木に願い事を書いて祈願した。P1350392まずは神職によるお祓い。そして、英彦山の修験者による儀式が行われる。P1350393_2宝弓師が放つ矢は縁起物で、いつかゲットしたいと思いつつ、未だ叶わず。P1350396そして、いよいよ護摩壇に火入れ。P1350399煙がモックモクのこの光景は迫力があって、毎年圧倒されるなあ。
願い事を書いた護摩木が火にくべられていく。P1350408神社で般若心経を聞くのも興味深い。P1350411_2そして、火伏せをした後は、いよいよ火渡りです。P1350416今年は、初めて火渡りをするメンバー二人と幼稚園の代休だったお嬢ちゃんと参加。
渡り終えた後に御神米を頂いた。P1350417師走に一年の穢れを払い、新年を迎えるのが、すっかり恒例になり、気がつけば五年目の参加。ありがたいなあ
結界の御幣も頂いたので、部屋に飾りたいと思います。

2016年11月12日 (土)

求評会の後は東長寺へ

さて、承天寺で博多織求評会を見た後は、東長寺にお参りした。
ご一緒した友達が、お遍路さんに興味があるとのこと。ならばこちらでしょうP1350088唐から帰国した弘法大師が、日本で最初に創建したお寺で、密教が東に長く伝わるようにと祈願された東長寺。実は、九州八十八ヶ所霊場の第一番札所なのだ。P1350086日本最大級の木造座像、福岡大仏を拝み、大仏の胎内で地獄・極楽巡りをした。
歴女の友達も一緒だったので、福岡藩主、黒田家の墓所(2代、3代、8代)をご案内。P1350092五重塔は、いつみても鮮やか。P1350089この後は、お隣の「もち吉」でお茶をして帰る。
近所にも九州八十八ヶ所霊場が二か所あるので、近いうちにお参りすることにいたしましょう。

2016年11月11日 (金)

博多織求評会♪

今年は、久々に博多織求評会に行ってきたP1350050会場は、博多織発祥の地、承天寺。普段は拝観する機会がないので、楽しみなイベントP1350085新作の帯や着尺は、眼福だったそして、もう一つの楽しみは、枯山水の洗濤庭。
ライトアップされた石庭も素敵だけど、やはりこの景色はいいわあP1350060奥のお庭では、南坊流による野点があり、お薄を頂いた。P1350073お菓子は、この時だけの承天饅頭。P1350065風情ある野点席にほっこり。お棗には「一粒万倍」の文字があったP1350072_2ご一緒した友達二人は、初めての求評会。楽しんで頂けたようで、私も嬉しい。P1350082着物で来場するとプレゼントがあり、私が選んだのはポーチ。P1350118

<本日の着物> 唐花文様のエスニック紬に合わせた帯は、モチロン博多織。P1350105さて、今回は帯下締めを初めて試してみた。
本当は、長襦袢の上に伊達締めとして使うのだけど、私は肌着の上に装着。
感想は・・・補正&汗取りとして、すごくいいわ

より以前の記事一覧