フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ハンドメイド

2017年6月 6日 (火)

博多織のシュシュ、夏仕様

博多織のハギレが結構たまっている我が家。時々、その存在を思い出しては、何か作らなきゃなあと思うのだけど。。。近所に博多織工芸館(サヌイ織物さん)があり、博多織まつり恒例のハギレの量り売りのワゴンを見ると、ついつい買ってしまうのだ。
(なので、この春は博多織まつりには行かなかったcoldsweats01
買う時にはあれを作ろうとかイメージして買っているのだけど、忙しさにかまけてsign02そのまんまcatface

一番作りたいのは帯地のバッグだけど、とりあえず夏に向けてシュシュを作ってみた。
透け感が涼しげ~と自己満足happy01P1380480この紫のは以前作ったもので、少々使用感があるけど、これも博多織。P1380482夏仕様ではないけれど、ハギレでもう一つシュシュを作った。P1380487ハギレは、まだまだたくさんあるけど、在庫は財庫sign02また折を見て、ぼちぼち作りたいと思いますsmile

2016年6月16日 (木)

つまみ細工を作ろう会

ブログを見てくれている友達から、つまみ細工を作りたいとのリクエストがあった。
私もまだまだ初心者。教えられる程上達はしていないので、我が家で一緒につまみ細工を作ろう会をした。P1310942_2梅雨時に三人が作ったのは、紫陽花。
もう一人は、バービーの布でお嬢ちゃんのパッチン留めを作った。Dsc_0851お昼をはさんで、デザートタイム。女四人、手よりも口の方がよく動いていたかもcatface

2016年5月27日 (金)

ふくら雀のつまみ細工~雀右衛門さん襲名披露にあわせて~

来月の博多座は、中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露公演。
思えば四年前、博多座で初めて歌舞伎を観たのが芝雀さん。→コチラ
舞台の後、芝雀さん一門による女形の化粧実演では、素顔の芝雀さんとお話しする機会もあったconfidentあの時の楽しさが歌舞伎を好きになったきっかけかも。P1130308そんな雀右衛門さんの襲名披露にあわせて・・・
じゃーん、ふくら雀のつまみ細工を作ってみましたhappy01ヘアクリップで、ブローチにもなるのだ。P1310541_2ふくら雀は、振袖時代に数え切れぬ程結んだ帯結びでもあり、思い入れの深いモチーフ。
これをつけて博多座に観に行きたいと思います。
おっと、その前に29日には船乗り込みもあるのだnote
気になる当日のお天気は、雨の予報。どうか降りませんようにsign01

2016年4月12日 (火)

春のつまみ細工

春のイメージで、黄色の縮緬を使ったつまみ細工を二つ作った。
一つは、好きな菜の花をブローチに。白いジャケットの衿につけている。P1300054もう一つは、娘用に玉バラのヘアゴム。花びらを重ねていくのが難しく、ちょっと失敗。P1300928桜のつまみ細工は今年、出番がなかったけれど、こちらは既に活躍中。新学期から結んでいる。
クラス替えでは、同じクラスになりたかった子と離れ、担任が初めて男の先生になった。
黄色は、コミュニケーションの色。人見知りの娘にささやかなエールを込めてsmile

2016年3月20日 (日)

つまみ細工第三弾~桜~

一週間ぶりの更新となってしまった。
福岡は昨日、桜の開花宣言が出て、お花見が楽しみな今日この頃happy01
のんびり過ごしている間に作ったつまみ細工をアップしま~す。まずは桜のコーム。
アラフォーにはかわい過ぎる色だけど、これを挿すのはグレー地の桜の小紋を着る時。P1300037枝葉のない花びらだけの地味~な小紋なので、小物で色を足している。
定番は、独身時代に買った龍工房の帯締めに加藤萬の帯揚げ。
これにつまみ細工の髪飾りを合わせてみると・・・思った程は浮いてなさそうsign02P1300083_2桜のUピンは娘用。こちらを合わせてもいいかも。
しかし、ヘップの扱いって難しいなあsweat01P1300068アップで見ると拙さがバレバレだけど、人の髪をじーっeyeと見る人はいないハズsmile
でも、どうしても挿して出掛ける勇気がなかったら、某300円ショップで買った手前の白い桜もあり。
桜の花びらのつまみ細工は、初心者には思った以上に難しく、とりあえず今回はリハーサル。
いつか着物の余り布で、再チャレンジしたいrockP1300088_3もう一つ、娘にあげる桜があったのだけど、油断してるとこんなことに・・・。
まあ、そのままでも悪くないけどさcatfaceP1300073_2今年の初めに作ったきり放置していた水仙は、Uピンにしてみる。P1300044_2葉は、両面接着芯で貼っただけ。中に針金があった方がよかったかも。
水仙も大好きな花で、耳の後ろにさりげなく挿したいconfidentまあ、来年の話だけど。。。

2015年12月 5日 (土)

博多織バッグを作ってみた

近くに博多織工芸館(サヌイ織物さん)があるお陰で、博多織のハギレが割と手に入り易い。
「博多織まつり」の時に、ワゴンセールで売られるのだnote
このハギレで、今まではコースター、シュシュ、娘の兵児帯、リングピロー、茶杓入れ、足袋入れなど小物ばかりを作ってきたけど、いよいよ本命のバッグ作りに挑戦したrock
バッグは、娘の入園グッズで初めて作って、それっきり。実にハードルが高かったsweat01
出来上がったのは、博多織と綿のコンビバッグ。早速、明日のお茶のお稽古に使う予定。P1280426織の文様がずれないように、細心の注意を払った。P1280441初めて尽くしで、合皮の取っ手をつけるのにも苦労する。
ずれないように刺したマチ針で、お約束のように指を刺すgawkP1280425裏地は、光沢のある博多織。綿のポケットは、出来上がるとずれてしまったcoldsweats01P1280447実は、このバッグは練習を兼ねていて、本命は、帯地の黒い大人バッグshine
博多織の織り出し布と正絹のハギレのコンビバッグにする予定。角あてにする革も用意済み。P1280516ハギレも残りあとわずか。
今日は、久々にサヌイ織物さんの博多織まつりで、ハギレをGEThappy01
大好きなフクロウの織り出し布には、ときめいたheart04P1280509さあ、今度は何作ろうnote博多織まつりは、明日までdash

<おまけ> 福岡で開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルのメダルに使われた博多織のリボン。製作はサヌイ織物さん。P1280505アップで映し出されたゆづ君の首に掛かった金メダルのリボンと、扇型のブーケに博多織を見つけた時は、感激したなあconfident

2015年11月17日 (火)

博多織で作る茶の袋物

若い頃、お茶の先生に頂いた足袋入れは、かわいめの赤。
さすがに若すぎるので、親子茶道教室に通う娘にあげることにした。P1270434_2自分用には、もっとシックな色めがいいなと、博多織のハギレで作ってみる。
爪がないので、くるみボタンと紐で代用。
仕上がりが、不器用さを物語っているcatfaceシワが出来たし、芯紙も厚過ぎた。
でも、作ってみようと思い立ったことに意義ありsign02P1270433お揃いで、茶杓入れも作ってみるnote
野点をする時、包んでいくキッチンペーパーが、あまりに味気なかったcoldsweats01P1270441足袋入れよりは簡単だったけど、なぜかヨレヨレcatfaceP1270439_2さて今回、テキストにしたのは、淡交社「茶の袋物」 大澤和子・小林実千世著Photo他に、古帛紗や扇子入れも気になったけど、一番作りたいのは、二本手つき手提げnote
バッグは、ほとんど作ったことがないド素人には、ハードル高いなあ。

2015年11月12日 (木)

つまみ細工第二弾

先月、近所の友達につまみ細工を教えてもらって以来、気の向いた時に楽しく作っている。
わからなかったり、うまくできないところは教えてもらいに行き、基本は自習。
気がつけば、色々出来上がった。

one娘の日本舞踊の発表会用に、初めて作った下がり藤。
3cm角なので、ちょっと大きめ。グラデーションの藤は丸つまみ、葉は剣つまみ。P1260906two同じく、娘の晴れ着用の下がり藤。パールビーズ付き。P1270143three上の下がり藤に付けようか迷った挙句、単品にしたお花ピン。P1270371four娘用の玉バラぱっちん。P1270418さて、子ども用ばかり続きましたが、・・・

five自分用の秋色剣つまみの髪飾り。着物の時に、さりげなくスッと挿したい。
花びらが中心からずれてしまったので、余白部分にビーズを乗せてみたcatfaceP1260920six赤が好きな入院中の母に。バラはストラップにする。P1260946少しずつ増えていくちりめんは、木箱に収納。P1270409基本的には、ちりめんで作っているけど、他の素材でも楽しめそうnote
こちらは既出だけど、神前式をするいとこに作った博多織リングピローの松竹梅。P1260753これからの季節なら、薄手のフエルトで作ってもいいかもnote

<番外編> 先日、娘も友達と教えてもらいに行った。
子どもの発想は自由でsign02出来上がりを見せてもらうと、皆、個性が出ているsmile P1270370買ったばかりの極小ビーズをふんだんに盛った娘の花は、露に濡れているみたい。
強いて言えば、ボンドで付けた極小ビーズが時折、落ちてくるのが難点ねcatface

2015年10月17日 (土)

博多織のリングピロー

この秋は、いとこが兄妹揃って、ひと月違いで結婚するのだ。
新郎&新婦の母である叔母から、リングピローを作って欲しいと頼まれた。
私が神前式で、何やらそんなものを作っていたことを思い出したそうだsmile

近所に博多織の工房があるお陰で、ハギレも色々あるので、博多織で作ることに決めた。
それに、福岡に嫁いだいとこの姉ちゃんらしくて、いいかなと。P1260690イメージは、白地の土台に紅白の几帳結び。それに(先週dash)覚えたばかりのつまみ細工の松竹梅を加えることにした。アジアンコードとビーズ、水引以外は、全て博多織。P1260700アジアンコードは、近所の手芸店では1mmの細いタイプしかなく、ネットで2.5mmを購入。
画像では色みがよくわからないので、赤と白に加え、朱色をセレクト。P1260685パーツが出来たら、今度は配置に試行錯誤。P1260697自分の時は白のちりめんに既製品の梅のちりめん細工と房を縫い付けただけの簡単なものだった。
今回は手間が掛かった分、それらしく仕上がった(と自画自賛)smileP1260753結婚するいとこが、まだ幼稚園児だった頃、私は高校生だった。「英姉ちゃん、相撲しようhappy01」とか「学校に遊びに行こうnote」とか言って、一緒に遊んだなあと懐かしく思い出した。
あれこれ悩みながら、作るのも楽しかったconfidentラッピングも和紙と水引で、純和風に。
幸せのお手伝いができて、光栄だった。P1260758さて今回、改めてリングピローについて調べてみた。
赤ちゃんが生まれたら、ファーストピローにすると、幸せになれるという言い伝えがあるそうだ。
ありゃ、私が当時作ったリングピローは、リカちゃん人形サイズの枕じゃん(爆)
只今、リングピローに興味津々の娘が、この事実を知った時の反応は・・・ご想像にお任せしますcatface

2015年10月15日 (木)

つまみ細工に挑戦!

手芸が趣味の近所の友達に誘われ、彼女のご自宅でつまみ細工に挑戦した。
つまみ細工は大好きだけど、私にとってそれは買うもの。
夏に始めたばかりの友達がテキストにしていたのは、私も数本簪を所有しているつまみ細工の作家さん、hong presentsさんの本shine
(仕上がりの出来は置いといてcatface)こうゆうのが作れるなんて驚きです。

まず、基本の丸つまみと剣つまみの二種類を教えてもらう。
待つことが苦手な私に乾くまで待つことは、思いのほか試練であったcoldsweats01P1260554さて、初日に作ったのは、剣つまみの花とバラ。
バラは、ブローチにすることにした。P1260563楽しくて、すっかりその気になり、帰宅してからも色々作ってみるnote
生地は、ちりめんの他、博多織のハギレでも試してみた。
しかも、自宅にピンセットがないので、折って作るのだ。
秋色の大人テイストなブローチもいいし、お正月の飾りもいいかも。
上手になったら、反物のハギレで作って、着物とお揃いの髪飾りというのも憧れるconfident
おお、夢は膨らむ。

娘の日舞用に、下がり藤のかんざしを作ることにした。
七五三の時に買った下がり藤は、私が浴衣でも使えるようにと小振りなものを選んだのでcatfaceP1260728ああ、いつか私の藤色の振袖を娘が着る時にもピッタリやん。う~ん、妄想も止まらないcatface

より以前の記事一覧