フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

着物の話

2019年8月28日 (水)

「あきない世傳金と銀」

時代小説「みをつくし料理帖」(全10巻)でファンになった高田郁さん。
黒木華ちゃん主演のNHKのドラマを先に観て、続きが知りたく読み始めたのだ。
ドラマの続編も密かに期待しているのだけど、小説の方が先に出た。
特別巻「花だより」!ようやく図書館の予約の順番が回ってきて、手元に届いた!(^^)!
短編4編で、登場人物のその後のお話に安堵した。
ああ、読み終えてしまったー、もうこれっきりかあーと思ってたら、なんと映画化決定とのこと(≧∇≦)
来秋公開予定で、澪役は松本穂香ちゃん、又次役は中村獅童さんだって(*'ω'*)

さて、高田郁さんの時代小説で何か別のものを読みたくなり、図書館で「あきない世傳金と銀」のシリーズを借りた。
江戸時代の大坂天満の呉服商が舞台で、主人公の幸が学者の父亡き後、9歳で呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公に出て、番頭の治兵衛に才を見出され、紆余曲折あって「五鈴屋」のご寮さんになり、あきない戦国時代を突き進むのだ。
着物好きにはたまらんわ(*'ω'*)主人公の幸が「みをつくし料理帖」の澪を思い起こさせる。
当時は、袷の着物を単衣にしたり、綿入れにしたりと、季節に応じて仕立て直していたことや、既婚の女性が帯を前で結んでいたことも興味深い。

1巻から3巻までは図書館の予約もスムーズだったけど、4巻、5巻は20数人と50数人待ちだと(-_-;)
早く続きが読みたいよー。ならば買おう!4巻以降を買っても変なので、1巻から全部揃えた。
今月7巻が発売されたばかり(^O^)タイミングいいわあ!もう面白くって一気に読んだ。

Cimg5333

ついに江戸店を開店させるのは、赤穂浪士の討ち入りの日。開店までの戦略も粋なのだ。
型染めの小紋で、五鈴屋の屋号にちなんだ鈴紋の反物をつくる話も面白かった。
参勤交代で江戸に詰める武士の裃の定小紋を染める染物師らが江戸に呼び寄せられたものの他に仕事がなく、やむなく型染めを手放していく状況に、幸はこの型染めを町人向けにと思いつくのだ。ああ、これが江戸小紋と呼ばれるのね!

鈴紋の型染め小紋第一号の江戸紫は、当代きっての女形歌舞伎役者・中村富五郎のお練りで初披露されるのだ!江戸の人々の熱狂ぶりが目に浮かぶわー!私もお練りや船乗り込みを見に行くのが楽しみだから(*'ω'*)
鈴紋もきっと大評判になるんだろうなあ♪一枚欲しいくらいだわ(笑)
幸の亡き夫で先代店主の智蔵と富五郎との繋がりも明らかになった。

女名前禁止の大坂で、店主になれない幸。三年の期限付きで中継ぎ店主になったけれど、期限が迫り、跡目も決まらない中、もう三年延長されることになり、ひと安心。
ああ、この後の展開がー!8巻が待たれるわー!続きが読めるのは半年後かなあ。

 

 

2019年4月15日 (月)

礼装用の和装バッグを修理に出す

先月、娘の小学校の卒業式で使おうと、礼装用の和装バッグを久し振りに出してビックリ。

Cimg0859

持ち手の内側の合皮が劣化して、ベタベタしてたのだ(>_<)
六年前の卒園式&入学式では何ともなかったんだけどなあ。。。

Cimg0854

新調するか、修理に出すか、少々悩んだけど、とりあえず中学の入学式で使うかもしれないと思い(使わなかったけど)、修理に出しておいた。

Cimg0873

お願いしたのは、唐人町にある新生堂さん。カバンの修理専門のようだ。

Cimg0864

持ち手の外側は元のままで、内側だけをお願いする。で、出来上がったのがこちら。
恐らく合皮で、うっすら黒い汚れもあるけど、修理代は3780円だったので、まあいっかあ。

Cimg1248

このバッグを買ったのは20代の頃。振袖時代に習い事の関係でよく使い、既に十分元は取っているのだ(^-^)
入卒式はスリッパ持参なので、礼装用バッグよりサブバッグの方が便利だとわかった。
パイプ椅子に座るのに、両方持って行くとちょっと邪魔なのだ。
このバッグの出番、次回はいつかなあ。

2019年4月 6日 (土)

入学式の帯合わせ~厄年に贈られた帯の初下ろし

こないだ小学校の卒業式が終わったと思ったら、あっという間に四月やーん。
来週は、いよいよ中学校の入学式!雨が降るかもしれないけれど、着物で参列するつもり。
式の後は役員決めをするというので、無難に一つ紋の色無地を着ることにした。
帯は、厄年に祖母や叔母達から贈られた西陣織の袋帯を初下ろし。
年を取っても締められるようにと地味な色にしたとのことだったけど、本当に地味だったー(笑)
Cimg1170
織匠十一代目篠屋宗兵衛謹製。 裏はグレーで、当時の印象としては、50代、60代向けに思えた。
それから10ン年、ずっと箪笥に眠っていたけど、ふと思い出して締めてみようと思ったのだ。
・・・っていうか、そろそろこうゆう帯を締めても違和感のない年代になったということね(*'ω'*)
久し振りにたとう紙から出してみて、亡き祖母を思い出した。私はおばあちゃん子だったので。
祖母には、帯を締めたところを見せられなかったけど、せめて母には見てもらいたい。
これを逃すと三年後、善は急げ。でもやっぱり地味だー(笑)
Cimg1175
帯締めはどうしよう。グリーン系か・・・。
Cimg1177
龍工房の冠組もすっきりしてよさげ。
Cimg1178
翠嵐工房のリバーシブルの冠組は、着物と同じ黄色もあるので、こっちもいいかなあ。
Cimg1181
帯揚げは、着付けを習い始めた23歳の頃に岩田屋で買ったものを合わせるつもり。一人で呉服売り場に行くのは初めてで、緊張しつつも選んだ一枚はクリーム地にグリーンとピンクが入っており、出し方によっていろいろ楽しめ、いい買い物をした。
中学入学は不安もあるけど、案ずるより産むが易しなのかな。

それより気になるのが、着物の右袖にできたシワ!!
前回、小学校の入学式で着た時にうっかり畳みシワをつけてしまった。今から干しとけば、少しは目立たなくなるかいな(^^ゞ
Cimg1186_1
余談だけど、うちの母がン十年前の厄年に贈られたのは、博多織の赤い半幅帯。
私が譲り受けた20代の頃は、よく締めていたけど、若向きなので、もう締めることはなかろう。
そろそろ娘に譲り、三世代で締めるのもいいな。

 

2019年2月26日 (火)

帯合わせ~切り嵌めの名古屋帯

最近、ヤフオクで新品の切り嵌めの名古屋帯を手に入れた呉服屋さんで買っていた頃とは比べものにならない破格のお値段たまにこうゆう掘り出しものがあるので、ネットは楽しい
早速、帯合わせをしてみた。

まずは、先月初下ろししたろうけつ染めの小紋と。うん、これはイメージ通り
・・・だけど畳む時に身八つ口などに若干仕付け糸が残っていたことに気が付いた
恥ずかしー狂言のワークショップに着て行ったけど、誰か気づいた人はいたかいなCimg9862次は、新古品でGETして大活躍中のエスニックな大島紬と。いいんじゃないCimg9864_2同じく新古品で買った葉っぱ柄の小紋と。まずまずね。Cimg9870_2最後は、結城紬と。20代の頃に誂えた中では一番地味な色なので、40代でも活躍中。Cimg9866ふと思ったのだけど、以前、博多織の反物を買って自分でかがった八寸とちょっと雰囲気が似てるかも。親任せでなく、自分で吟味するようになった今では、好みって大体決まってくるんだよなあP1330758_3_2とりあえず、今回の切り嵌め帯の初下ろしは来月の予定
愛之助さんの「鯉つかみ」を観に行く時に締めて行こうっと

2018年12月19日 (水)

続・昭和のお母さん風?黒の絵羽織裄直し、ろうけつ染めの反物は小紋に♪

9月に警固のきものあとりえちさやさんにお願いしていた黒の絵羽織の裄直しとろうけつ染めの小紋が仕立て上がったので、受け取りに行ってきた

黒の絵羽織は、母のお下がり。私達娘の入卒式にはこの羽織を着て出席していた母。
私の幼稚園の入園式の集合写真を見ると、保護者の約半数が黒の絵羽織だった。
・・・なので、少なくとも43年前には着ていたのだなCimg9231母から譲り受けて、私が初めて袖を通したのは、娘の卒園式。裄が短く、着物の袖がはみ出していたのが気になり、裄直しをお願いした。P1060173_2_2だけど、事前に白くなるかもと聞いていたように、裄を出したところがやはり白くなっていた年代物だから仕方ないのかな。う~ん、とりあえず来春の娘の小学校の卒業式には着ようと思うけど、その後はどうしよう。。。元に戻した方がいい気もしてきたCimg9234とりあえず、卒業式までは衣装ケースにしまっておこうCimg9235それと、ネットで一目惚れして買ったろうけつ染めの反物も小紋に仕立てて頂いた。
年代物でヤケがある少々難モノで、仕立てが難しいなら、座布団カバーにでもリメイク(何枚分だよ)しようと思っていたけど、うまいこと仕立てて頂いたCimg7935ヤケが一番目立つのは、下前に。左袖にも少々ヤケがあるけど、グラデーションのようで、さほど目立たないCimg9241八掛の色も思った通りいい感じ。袖を通すのは、来年の秋かなあ。Cimg9253_5ちさやさんには、中川政七商店の来年の干支の布巾を頂いた。Cimg9248ありがたく使わせてもらいます

2018年9月13日 (木)

昭和のお母さん風?黒の羽織の裄直し

20代の頃に使っていた着物バッグを久々に引っ張り出して、今日はお出掛け。Cimg7943行き先は、警固にある「きものあとりえ ちさや」さん。
随分前、まだ上川端にお店があった頃にちさやさんが紹介された記事を切り抜いて保管していて、いつかお願いしたいと思っていたのだ。Cimg7933まずは、娘の小学校の卒業式で着る予定の母のお下がりの黒の羽織の裄直しをしてもらうため。この羽織は幼稚園の卒業式で初めて着たのだけど、裄がやや短く、袖口から着物が覗いていたのだP1060173_2_2それと、ネットでお安く手に入れたロウケツ染めの反物も見ていただいた
色柄に一目惚れした反物は、年代物でうっすらヤケのある少々難あり。仕立て可能なら袷に、駄目ならリメイク行きで座布団カバーにでもするかなあ(一体何枚分だ)と思っていたのだけど、なんとかなりそうだった。着物の誂えは久し振り八掛の色選びも楽しかったCimg7935「きものあとりえ ちさや」さんは、20代の頃に3年通った着付け教室の目と鼻の先だった。
当時使っていた着物バッグ片手に警固を歩いたけど、教室はもう跡形も無く、マンションが建っていた。

さて、自分の準備もいいけれど、卒業式の主役娘の袴のこともそろそろ考えなければ
手持ちの小紋に袴だけ用意して着せようと思っているのだ。何色がいいかなあ。。。

2018年8月 1日 (水)

亜麻草履買った~♪

夏に出番の多かった白地に薄紫の螺鈿の草履(金鷲)は、数年前に娘に貸したら、たった一度でボロボロになってしまった
最近は、夏に着物を着る機会もすっかり減ったけど、今月は久々に着る予定があるので・・・夏用の亜麻草履を買っちゃった~Cimg7416横から見ても、いい感じ。今月、博多座に行く時に早速初下ししようっと
ガード加工済とは言え、白は汚れが目立つかもと思ったけど、汚れた場合はブラシで水洗して陰干ししたらいいとのこと。Cimg7418さて、今月の博多座は、バラエティーに富んだラインナップで、行きたい演目が4つもあって、楽しく悩んだその中から厳選して、三谷幸喜文楽の「其礼成心中(それなりしんじゅう)」と「極KIWAMI~古典芸能の世界」の夜の部のチケットを買った

「極KIWAMI~古典芸能の世界」では、高校時代に読んでいたマンガ「ガラスの仮面」が原作の能「紅天女」を人間国宝の梅若実さんが演じられるのだ。あと、狂言と猿之助さんの舞踊も観られるとあって、楽しみな舞台だ
梅若実さんは、玄祥さん時代に大濠公園能楽堂で拝見したことはあるけど、大きな博多座で観る能って、どんな感じだろう。。。

ちなみに「ガラスの仮面」は、未だ完結しておらず、先日娘の希望でネットカフェに行った時に最新刊の49巻から遡って数巻を読んでおいた。準備オッケーで~す

2018年2月 5日 (月)

帯合わせ♪

先月、京都きもの市場の展示会で買った西陣織のクリーム色の名古屋帯。
博多座の二月花形歌舞伎で初下ししようと思っているので、帯合わせをしてみた。Cimg1702_4この帯を買う時に頭に浮かんだのは、次の三枚。

まずは、20代の時に誂えた結城紬。うんうん、イメージ通りやねCimg2198_2数年前に新古品で買ったエスニックな大島紬。うん、これも思った通りCimg2205同じく新古品で買った葉っぱの小紋。うん、これもいい感じCimg2204_2で、どれを着ていくかは、まだ未定。。。

今日は、仕事の帰り道に博多座の観劇帰りの友達に偶然ばったり会って、昼の部の感想など楽しくお聞きした七之助さんの「お染の七役」、私も早く観た~い

今月は二回、歌舞伎を観に行くけど、そのうちの一回が明日なのだ。
だけど、明日は雪が降るとか言ってるし・・・出来れば着物で行きたいけど、道行コートにするか雨コートにするか、はたまた洋服で行くか、悩ましいところね

2018年1月18日 (木)

半衿用両面テープを試してみる

先日、京都きもの市場の新春セールで買ったあづま姿の半衿用両面テープを試す機会が早速あった。つまり、また半衿を付け替えていなかったって言う話
東レシルックの長襦袢で、丸洗いも出来るのに、前回着たままにしていたのだ。P1410107使い方は、手縫いと同じ手順。表側の背中心から片方ずつ貼っていく。
今回は、汚れた半衿を外さず、その上からもう一枚半衿を貼るP1410109内側の背中心から衿肩あきまでは、つり気味に貼っていく。P1410115内側は、5mmちょっと長くなるように突っ張らせたけれど、衿を合わせてみると、内側にシワが寄り、納得いかない出来映え。。。P1410116だけど、着物ハンガーに吊るしたら、意外と気にならないかもP1410119衣紋を抜いたら、ちゃんとシワは消えているかなあと淡い期待を抱いて、着物を着たけれど・・・やっぱりシワが寄っていた~もしかして、洗える半衿だからかなあ。。。
でも、急ぎの時にはいいかと思います

あ、ちなみにこの手のテープは、早めに剥がした方がいいそうです
私もそこはズボラしないように気をつけようっと

2018年1月10日 (水)

帯買っちゃった♪

ごくごくたま~にネットショップの方でお世話になる京都きもの市場。
昨秋、福岡にも大名に店舗ができたのだけど、未だ訪れていない。。。

そんな京都きもの市場が、今週は9日(火)から12日(金)までの四日間、エルガーラホールで展示会をやっているので、初日の昨日行ってきた。

今回のお目当ては、お正月のお茶会の一件で、とりあえず試してみたかった半衿用両面テープあとは、半衿やら足袋やら肌着(冬用ヒートふぃっとのステテコ←足袋インナーを使ったら、すごくよかったので)などの消耗品だけを買うつもりだったのに・・・。

お会計を済ませ、出口に向かう途中につい立ち止まり、好みの名古屋帯に出会ってしまった
仕立て上がりで、とってもお買い得だったクリーム色の西陣織は、手持ちの紬や小紋にピッタリ
来月の博多座二月花形歌舞伎に締めて行こうっとCimg1702_4そう言えば、前回実家に帰った時、買い置きのたとう紙(帯用)を持って帰ったのだけど、何かの暗示だったかいな

本当は、これまたストライクゾーンど真ん中の草木染め(染井吉野)のお召やとっても素敵な河瀬満の名古屋帯もすご~く気になった新春セールで提示された金額は、二つの仕立て代込みで、私のパートの給料二ヶ月分。これ絶対私に似合う~と思ったけれど。。。心に留めておきました。

さて、今回の来場プレゼントは、トリエのシェル帯留め
たまたま最近、ネットで見ててイイなあと思っていたので、これは嬉しい
昨年買った五嶋紐の三分紐で合わせてみる。Cimg1708_4来場予約プレゼントは、五嶋紐の帯締めか仙太郎の最中か村田漬物の詰め合わせ。
消耗品しか買わないので、五嶋紐なんてもらったら申し訳ないわということで、最中を頼んでおいたけど、五嶋紐に面白い帯締めがあったので、こちらに変更させてもらったCimg1703_4着物の展示会つながりで・・・先日は、リバレインの岡野の新春セールへ。頼んでおいた歌舞伎のチケット代の支払いに行き、娘が引いた五円くじで干支の犬の飴を頂いたP1410086_2戌年の娘がいるので、末等だけど、これはこれでハッピーなのだ

より以前の記事一覧