フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ミュージアム

2017年5月22日 (月)

タイ展を観た後は・・・

九州国立博物館でタイ展を観た後は、一階のあじっぱへ。
あじ庵に飾られた傘のディスプレイには、THAILANDの文字noteP1370865タイの木琴、ラナートを弾いているミニチュアの人形がカワイイ。P1370866九博は4月28日から金・土曜日は開館時間が午後八時まで延長になったそうだ。P1370846そんな「夜の九博」のイベントで、この日は17時からと19時から「アジア民族衣装コレクション」があったのだけど、その頃には帰ってるなあと諦めていたら、思いがけずリハーサルを見ることができたhappy01P1370884リハーサルなので、モデルさん達は次の衣装には着替えず、手に持っての登場smileP1370889アジア七カ国の民族衣装は、どれも素敵だった~happy01P1370920娘があじっぱで主人とず~っと遊んでいるので(二人用の遊びcatface)時間を持て余し、ふらっと出てみてよかったなあsmile

2017年5月21日 (日)

仏の国の輝き~タイ展

昨日は家族で、九州国立博物館で開催中の「~仏の国の輝き~タイ展」を観に行った。

タイの仏像がたくさん見られるようで、楽しみにしていた今回の展示。
車輪が転がるように仏陀の教えが広まるようにと造られた法輪は、七世紀のもの。04一番印象に残ったのは、ナーガ上の仏陀坐像。七つの頭の蛇が仏陀を風雨から守ってるのだそう。とぐろを巻いた蛇は怖い感じはなく、むしろ亀みたいなお顔でカワイイ。後ろには尻尾も見られた。06頭に火焔の装飾がある仏陀坐像。15歩く仏像、仏陀遊行像は、しなやかでなんだか女性らしいライン。27ラーマ二世王作の大扉は圧巻だったsign0136一枚板の彫刻は五メートル以上。これを国王自らが彫られたとはsign01大変な作業だったに違いなく、国の安泰と平和を願ってのことでしょうか。ここは写真撮影OKだった。41金の象は、飾りの貴石がハートのようにも見えた。五種の神器のミニチュもよかった~happy0129黄金の輝きも素晴らしかったけど、個人的には銀製品に惹かれたconfident
この蓮華形銀器は、合掌した天女で埋め尽くされている。48今回は、日タイ修好130周年記念の展覧会。
王室仏教寺院の一つで使われていた日本の漆と螺鈿の扉も素敵だった。49二十年前に通っていた着付け学園はタイと交流があり、全国大会にはタイ王室から来賓がいらっしゃったなあと、ふと懐かしく思い出した。

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

この後は、娘とあじっぱへ。五年生になった娘に「あじっぱに行くから、九博に行こう」じゃ釣れなくなったけど、なんだかんだで一時間位遊んだかなあcatface

2017年5月 7日 (日)

山口二日目は萩へ

山口介護帰省二日目は、萩の県立美術館・浦上記念館へ「今右衛門の色鍋島展」を観に行った。
陶磁器が好きな母を連れて行きたいと思ったのだ。P1370400山口に住んでいた頃、母とよく訪れていたこの美術館が、ミシュラン・グリーンガイドで二つ星を獲得したとは知らなかったshine
今右衛門の色鍋島展は、江戸時代の作品が好みだったけど、当代の作品も素敵だった~confident
印象深かったのは、海芋(カラー)の花の切り込みが入った茶碗。ビックリしたけど、ちゃんとお茶を点てられる深さなのですsmileお正月と七夕のテーブルコーディネートもよかった。
十数年振りに訪れたら、新たに陶芸館が出来ていて、茶碗もたくさん見られた。P1370371娘は初めての萩で、色々案内したかったけど、今回はばあばも一緒なので欲張らず、その代わりに美味しい海の幸をdelicious
お昼を食べた「しーまーと」の近くに世界遺産の反射炉があるので、寄ってみる。
母が階段を上れるか心配だったけど、既に見たことがあると言うので、家族で交替で見に行った。P1370380萩方面へは新しい道路も出来ていて、ドライブは快適だったけど、楽しい時間はあっという間。
母を病院に送り届け、帰りはちょっと切ない関門海峡。P1370394_2帰りのパーキングエリアで見つけた鳥が羽ばたいているような雲。P1370397なんだか縁起がよさそうで、少し元気が出たconfident

2017年2月 5日 (日)

宗像・沖ノ島と大和朝廷展

週末は家族で、九州国立博物館で開催中の「宗像・沖ノ島と大和朝廷展」を観に行った。

展示室入り口に貫頭衣を着て記念写真が撮れるコーナーがあり、モチロン試着note
(難しいお年頃の娘も一緒に着てくれたのが、ちょっと予想外だった)
頭につけてるのは帽子ではなく、女性の髪型の島田髷。
この貫頭衣を着たまま、展示室に入ってもOKだったけど、流石にそこまではねcoldsweats01P1360540右のチャーミングな埴輪は、この後実物とご対面~。この微笑み、癒し系。8o0a0057埴輪も色々あったけど、海に漕ぎ出していく船の埴輪には、祈りのようなものを感じた。盾形の埴輪は初めて見た。8o0a9939沖ノ島の祭祀に携わった宗像君一族の古墳から出土した須恵器の中に革袋形のものがあり、目を引いた。騎馬民族のそれと似ており、広く交易していたことが伺える。

勾玉は色とりどりで、特に赤い勾玉(瑪瑙?)に惹かれたshine
一番印象に残ったのは、沖ノ島の子持ち勾玉(国宝)sign01大きくて、独特の存在感を放っていた。
大和朝廷発祥の地、三輪山周辺の祭祀遺跡から出土した子持ち勾玉も展示されていた。8o0a9990織り機(国宝)が奉納されたことは、着物好きには興味深い。ミニチュアながら、作りも精巧。8o0a0008花弁文様の金製の指輪は素晴らしかったconfident8o0a0103韓国(新羅)の指輪もあり、見比べられるのがよかった。8o0a0039八万点もの神宝が国宝に指定されており、「海の正倉院」とも言われる沖ノ島。
世界遺産登録が叶うといいなあconfident

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

宗像大社は随分昔に行ったことはあるけど、沖ノ島のことはあまり意識せず、本殿だけお詣りして帰ってしまった。また機会があれば、第二宮、第三宮、高宮祭場もしっかり参拝したいと思います。

2017年1月15日 (日)

篠山紀信展「写真力」

福岡アジア美術館で開催中の篠山紀信展「写真力」を観に行った。
入り口には、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの「ダブル・ファンタジー」。このCDは持ってたけど、篠山紀信さんの写真だったとは。P1360388黒いカーテンをくぐった先は、「GOD」鬼籍に入られた人々の写真。きんさんぎんさん、三島由紀夫、勝新太郎が印象的。

他に、「STAR」すべての人々に知られる有名人、「BODY」裸の肉体ー美とエロスと闘いなどのパートに分かれていた。
一番好きだった写真は、沈みかけたボートに横たわる水着姿の山口百恵。色っぽくて素敵だったconfident
サンタフェの宮沢りえちゃん、若かりし頃の黒柳徹子さんのセミヌードも目を引いた。
大相撲の集合写真は、圧巻sign01

歌舞伎役者さんの写真も多く、嬉しかったheart04
市川新之助(現 海老蔵さん)の馴染みのある、好きな写真もあった。それは20代の頃に買った「伝統芸能の若き獅子たち」の表紙の写真で、篠山紀信さんの作品と知り、納得。P1360394大きく引き伸ばされた写真の放つパワーに圧倒された展示だった。これが写真力かあ。

篠山紀信展「写真力」は、2月12日(日)まで。オススメですnote

2016年11月14日 (月)

二度目の「鳥獣戯画展」へ

昨日は家族で、九州国立博物館に「鳥獣戯画展」を観に行った。
鳥獣戯画の全四巻が九州に上陸中shine前期も観に行ったけど、展示替えがあるので、折角なら後期も観たかったのと、小学六年の国語で鳥獣戯画が出てくると聞いたので、娘にも見せたかったのだ。

開館前に着いたけど、既に一時間待ちの行列sad
後期は、ウサギと猿の追いかけっこやウサギとカエルの相撲のシーンなど、生き生きと描かれていて楽しい。待った甲斐はあったかな。

博物館の紅葉が、赤く色づいていた。P1350130さて、鳥獣戯画展を観た後は、天満宮の参道を散策し、「松屋」で、梅ケ枝餅を頂いた。
こちらは、薩摩藩の定宿だっただけあって、雰囲気ある佇まいconfidentP1350156人気もまばらな素敵なお庭でゆっくり頂く幸せjapanesetea参道の喧騒が嘘のようです。P1350155太宰府天満宮にもお詣りした。大安の日曜とあって、七五三詣りのお子さんも多かった。
菊花展も開催中。P1350139 初めて見たこの菊は、一文字菊。皇室の紋章のモデルになったと言われ、御紋章菊と呼ばれているそう。P1350133 糸菊も素敵だった。P1350144 境内にある幼稚園には、こんなかわいらしい幟がお目見えhappy01P1350151 大相撲九州場所が始まった。伊勢ケ濱部屋の宿舎は、太宰府天満宮内にあるのだ。 P1350170_2ブログの検索ワードも「九州場所」が増えている。
今年は、相撲観戦する予定はないけど、テレビの前で応援したいと思いますsmile

2016年10月26日 (水)

鳥獣戯画展へ

昨日は、「京都 高山寺と明恵上人 特別公開 鳥獣戯画展」を観に九州国立博物館に行ってきたhappy01
混雑していると聞くので、平日の朝イチに並ぶ。P1340932観たかったのはコレコレnoteウサギも猿も生き生きと描かれていて、楽しいわあhappy018o0a9842_3一番ツボだったのは、鼻をつまんで後ろ向きに飛び込みをするウサギ。8o0a9843弓矢に興じるウサギ達。勝利者の賞品は何だろう。柄杓がついてる壺はお酒かなあと思ったり。8o0a9846丁巻ではタッチは違うけど、仙厓さんの禅画になんだか通じるのものがあるなあと思ってみたり。8o0a9850「華厳宗祖師絵伝」(国宝)は、道成寺の安珍・清姫の話を思い起こさせる絵巻物。
でも、大蛇となって、鐘に巻きつき、安珍を焼き殺した清姫とは異なり、海に身を投げた善妙は龍になり、義湘の船を背に乗せ、新羅へ送り届けるのだ。献身的な愛だなあconfident
彩色された善妙神立像も美しかった。8o0a9815_2明恵上人が愛でたという子犬像は、つぶらな瞳でカワイイ。目は玉眼だろうか。8o0a9874_3明恵上人のことは知らなかったけど、「レジェンド・オブ・明恵」という冊子がとってもユニークでわかり易かった。8o0a9840この後は、文化交流展示室へ。ご一緒した友達に壱岐出身の方がいて、「海の王都 原の辻遺跡と壱岐の至宝」を見る。人面石はインパクト大。弥生時代に貨幣が伝わってることに驚いた。一支国、興味深いなあ。有田焼400年記念の古伊万里展も素敵だった。P1340976_2今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。

さて、お土産売り場で買ったのは、レターセットと生八ツ橋。P1340981紫芋餡入りで、美味しかったdelicious後期展示も観に行きたいなあ。

 

2016年10月 9日 (日)

アートたけし展

福岡アジア美術館で開催中の「アートたけし展」に行ってきた。P1340074作品にはタイトルも無く、遊び心のある展覧展note
個人的には歌舞伎役者や恵比須さんの絵が気になった。
そして、版画がよかった。クジラや裏からカラフルな光を当てた花火も素敵だったけど、一番好きだったのは、箪笥の上の金魚鉢に手を伸ばす白い猫。
ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞、銀獅子賞、フランスの文化勲章なども展示されていて、改めて多才な人だと思った。P1340068最後の撮影コーナーで、猫タクシーに乗車してみたsmile

2016年9月 1日 (木)

ラストナイト・ミュージアム

福岡市美術館がリニューアル工事のため、本日より二年半休館する。
昨日は、そのクロージングイベント「ミュージアムラストデイ&ナイト」があり、夕方行ってきた。

空クジなしの福引に娘と並び、私は美術館オリジナル付箋紙「こぶうしくん(こぶ牛の土偶)」をゲット。ミュージアムショップではグッズのバーゲンをやっていて、官兵衛のクリアファイルが驚きの50円。P1330673特別展はもとより、常設展の古美術企画展も楽しみで、年に何度も足を運んでいる美術館。
しばらく収蔵品が見られなくなるので、見納めも兼ね、常設展のThis Is Our Collection展を観た。

夏休みに開催された「大人も子どもミュージアム」に、この夏はどうしても時間が合わず、諦めてたけど、今やってるじゃないnoteアート特別調査員になって、リサーチバッグの中の測定器や双眼鏡?にワークシート片手に展示室を見て回った。
実は、テレビの取材で声を掛けられたのだけど、娘がNGだそうで、お断りした。
何度もテレビに映ってるくせに何を今更ね~coldsweats01P1330659ガラスを彩るステンシルは、美術館でお馴染みのモチーフhappy01
このワークショップに参加したかったなあ。P1330664さて、私が美術館で愛してやまないのは、仁清の色絵吉野山図茶壺(重要文化財)heart04
今回は古美術は、写真撮影ができたhappy01P1330620図録や絵葉書ではこのアングル↑では、別の角度からどうぞ。P1330655長政公所用の金襴の陣羽織の煌びやかなことconfidentP1330642新春に観たくなるであろう応挙の「竹鶴・若松図屏風」も好きな収蔵品の一つ。P1330650そして、これからの季節にピッタリな掛け軸は、乾山の「花籠図」(重要文化財)。
仙厓さんの禅画も好きで、毎年恒例の仙厓展や秋の名品展も楽しみだった。P1330629_2特別展ではゴジラ展をやっており、ロビーには段ボール製のゴジラがお目見え。P1330672日が暮れ始めた頃、提灯に明かりが灯り、フィナーレの盆踊り。P1330669美術館がないのは寂しいけれど、二年半後のリニューアルオープンを楽しみにしております。

2016年8月27日 (土)

東山魁夷展

今日は、家族と九州国立博物館に「東山魁夷展」を観に行った。
翌日が最終日とあって、想像通りの人の多さ。
さて、一番観たかったのは、唐招提寺の障壁画shine23_3「濤声」には強く心惹かれた。波が、青が、すごく綺麗で、心が洗われるようだconfident10以前、福岡市博物館で「鑑真和上展」を観たのだけど、あの時拝見した国宝の鑑真和上坐像が安置されている御影堂にこの襖絵があるのだと想像してみると、ありがたい気持ちになるconfident25鑑真の故郷、中国を描いた襖絵もよかったけれど、私はやっぱり日本の海や山の風景が好きだなあ。18東山魁夷は、好きな日本画家の一人。襖絵の他にも京都やヨーロッパを描いた絵よかった。
繊細でやさしい絵に癒され、この夏、色々と頑張ったことへのご褒美をもらったようだhappy01

今回も九州国立博物館の「ぶろぐるぽ」(ブログで特別展をレポートする企画)にエントリーし、展示品の写真の提供を受けた。
「東山魁夷展」は、明日までですよ~dash

<おまけ> ミュージアムショップでは、宝の石すくいがあり、娘が食いついたsmileP1330604_2色とりどりの石をケースに詰め、蓋が閉まればOK。18個詰めることができたhappy01P1330615_2これで、432円也。お小遣いでいい買い物したねmoneybag

より以前の記事一覧