フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

大相撲

2019年12月 1日 (日)

大相撲展@県立美術館

今年の九州場所は、入り待ちをしただけで、観に行かなかったよ。
だけど、天神の県立美術館で開催された「大相撲展」は、会期ギリギリに友達と楽しんできた('ω')
錦絵以外は、撮影OKなのが嬉しい!(^^)!いっぱい撮ってきたよ~!

1574980516510

横綱の綱。左は千代の富士!右は稀勢の里。綱の色の変化に時の流れを感じる。

1574980565434

化粧まわしは、間近でたくさん見られた!刺繍が美しい。サイン入りも幾つかあり。琴奨菊。

1574980583835

ああ、懐かしのブルガリアヨーグルトは琴欧洲(*'ω'*)

Img_20191127_132732

稽古用のまわしは触ってみて、その硬さにビックリ。擦れたら痛そうだなと。
本場所用の締め込みの前を飾る「さがり」の糊付け工程のBefore、After。

1574980654271

力士の浴衣の反物もずらり。古典、今風、いろんな色柄があって面白い(^O^)/

1574980636611

個人的には、力士の夏の着物が嬉しかった(≧∇≦)
九州場所は11月。たまに入り待ちをするけれど、四股名が染め抜きされた絽の着物など福岡では見られないからね~!
大分出身の嘉風は、風神雷神の風神なのだ!粋だわねえ(*'ω'*)

1574980743019

福岡・柳川出身の琴奨菊は、背中に柳川の川下り!郷土愛やね。

1574980735914

「張出関脇」が載っている板番付は、九電記念体育館で九州場所があった頃のもの!三人以上いたら、こうして欄外に張り出して書かれるそうだ。虫眼鏡を持ってくださった係の方に教えて頂いた!(^^)!

Img_20191127_134331

行司や呼出しの装束や道具も興味津々。一日にまく塩の量の多いこと。

1574980766856

優勝した時の大盃は、本当に大きかったー。黒田節の「酒は呑め呑め」より大きいんじゃない?

1574980810198

九州場所が終わったせいか、人もまばらで、周りをあまり気にすることなく、体験できたこともあり。
実物大のレプリカの土俵は、女性も上がってOK!
しかも、ドリフみたいな力士スーツもあったら着るでしょ(笑)

1574980827080

土俵に上がるのは、小学校の体育の授業以来。スーツは2着あるのに、友達は着なかったわ(;^ω^)

1574980821425

力士の浴衣や洋服もあって、試着したけど、やっぱり大きーい。

1574980837342

バーチャル相撲体験もできたのだ!(^^)!白鵬と琴奨菊の取組を軍配を手に行司目線で体験した後は、白鵬との対戦!すごい迫力であっさり負けちゃったけど、楽しかった~!

1574980864434

好きだった豊真将や旭天鵬の展示もあると、さらに嬉しかったなあ。

Cimg8318

めいっぱい楽しんだ大相撲展のお土産にメモ帳を買って帰る。
チラシの化粧まわしは、福岡県のきじ車だったのね。

2019年11月17日 (日)

久々の九州場所の入り待ちは・・・

先日、ちょっと近くまで来てたので、数年振りに九州場所の入り待ちをしてみた。
好きな力士が相次いで引退し、最近はテレビで相撲を観ることもほとんどなくなったけど、力士の着物や鬢付け油の匂いは好き(*'ω'*)

Cimg7165

だけど、久々過ぎて、力士の名前がわからなかったよー(;'∀')
手持ちの力士名鑑(26年度版)をめくっても載っていなかったり。周りの人に教えてもらいながらの入り待ちだった。着くやいなや、石浦が登場。

Cimg7094

私の力士名鑑に載っていなかった阿炎。女子の「あび」って声援がひと際飛んだ。私の名鑑でのしこ名は堀切。

Cimg7101

地元、福岡出身の松鳳山(^-^)

Cimg7113

栃ノ心は、いつも袴姿が素敵だと思う力士の一人。

Cimg7120

竜電の白い羽織姿が目を引いた。

Cimg7126

御嶽海。入り待ちで初めて見た新入幕の時は、まだザンバラ頭だったなあ。

Cimg7128

続いて千代丸。

Cimg7131

そして、待ってましたー。遠藤。ピンクの着物と羽織がいいね(*'ω'*)

Cimg7136

続いて隠岐の海。

Cimg7140

そして、横綱白鵬!さすがの貫禄です。

Cimg7162

個人的には雨の日の入り待ちが好き(*'ω'*)和傘や雨下駄が見られるから(*'ω'*)

今回は残念ながら、あまりいい写真が撮れなかった。
チケットを持っている人と持っていない人で、柵の仕切りがあって、チケットがないと入り口までの数歩しかシャッターチャンスがなくなっているのね(>_<)しかも、これじゃあ着物が柵で隠れるやんか!同じ場所で撮ってるのに、過去記事と比べると違いは明らか。残念なことになっちゃったのね。

Cimg7173

今年は、九州場所は観に行く予定にしてないけど、県立美術館で開催中の「大相撲展」は、前売り券を買ってるので、こっちは早めに観に行かなきゃ(^-^)

 

2017年11月14日 (火)

日馬富士休場、九州場所三日目

最近、このブログも九州場所に関する記事へのアクセスが増えている。(特に入り待ち)

好きだった旭天鵬や豊真将が引退して以来、相撲熱も少々冷めていたけど、録画していたNHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」の大相撲裏方スペシャルを見て、九州場所ムードが高まってきてた矢先に・・・

今朝は、日馬富士の貴ノ岩への暴行に関するニュースを知り、ビックリ。
日馬富士は、結構好きな力士だったので、とても残念に思った
今日は丁度、九州国立博物館に行ったので、太宰府天満宮内の伊勢ヶ濱部屋宿舎に行くと、報道陣が集まっていた。そして、報道関係者に日馬富士が休場することを教えてもらう。
娘が帰宅したら、九州場所を観に行く予定で、ニュースを知る前は、二連覇のかかる日馬富士を応援しようと思っていたのに・・・本当に残念であるP1400635そんな今日は、福岡市の大相撲九州場所こども観戦招待に当選し、九州場所三日目を親子で観に行った。P1400650福岡県出身の松鳳山には、ひと際大きい声援、松鳳山コールCimg1123もう一人の福岡県出身力士、琴奨菊の琴バウアーも見られたけど、二人とも負けてしまった。Cimg1148そして、日馬富士は休場のため、玉鷲の不戦勝。Cimg1174結びの一番は、稀勢の里と千代大龍。立呼出しは、拓郎さん。「プロフェッショナル~仕事の流儀」では、数年前に肺の三分の一を摘出し、息が昔ほど続かないとのことで、一人声出しの練習をしておられた。Cimg1199立行司の四十代式守伊之助さんも「プロフェッショナル~仕事の流儀」に出られておられた。
差し違えたら切腹しなきゃいけない覚悟で土俵にあがり、短刀は家で保管、土俵では竹光を使用しておられるとのことだった。Cimg1247結びの一番は、稀勢の里の勝ち。Cimg1208_2「テンテンバラバラテンテンバラバラ」跳ね太鼓を聞きながら、国際センターを後にした。Cimg1287さて、今日は娘に持っていった力士名鑑が古いと指摘された。
私が持ってる力士名鑑は26年度版豊真将に旭天鵬、琴欧洲も載っているのだ。
そろそろ新しいのを買おうかなあ。

2015年11月20日 (金)

九州場所十二日目

娘の学校が早帰りの昨日は、親子で相撲観戦をしてきた。P1270978_3ひよの山にも会えた子どもには、ひよの山鉛筆のプレゼントあり。P1270988_5稀勢の里の化粧まわしがキティちゃん。モチロン、福岡県出身の琴奨菊も応援していますP1270997_3十二日目も満員御礼。P1280005_4幕内力士の土俵入り。Pict3292_3これもお楽しみの一つPict3307_3東に座ったので、横綱土俵入りの日馬富士は後ろ姿。三横綱では、日馬富士推しだPict3318_3注目していたのは、御嶽海前日の雨の入り待ちでの着物もよかったこの日は黒星。Pict3359_2遠藤と碧山の取り組みでは、永谷園の懸賞の「だっこちゃん」シリーズのアナウンスが続き、強烈なインパクトを残す。すごい宣伝効果。勝ったのは、碧山だった。Pict3426_2地元・福岡県出身の松鳳山には、ひと際大きい声援が送られ、「松鳳山」コール
勝って、ますます盛り上がる。Pict3398白鵬と対戦する福岡県出身の琴奨菊の応援も力が入っていた。懸賞もたくさん。
出ました、あのポーズでも、惜しくも敗れてしまった。P1280018_2翌日は、白鵬と日馬富士の横綱対決。Pict3356_5応援していた豊真将と旭天鵬が引退したので、今年はいまいちテンションが上がらなかったけど、やっぱり相撲は楽しい

<本日の着物> 三階自由席なので、カジュアルコーデの紬にて。P1270972ショールを引っ掛けて行ったけど、日中は暑いくらいだった。

2015年11月19日 (木)

九州場所、雨の入り待ち

今週は、娘と相撲観戦する予定だけど、入り待ちは出来そうにないなあ・・・。
なんて思っていたら、病院の待合室で手にした「婦人画報」12月号に力士の着物の記事があった
こうゆうの読むと、生で見たくなるでしょという訳で、今年も九州場所の入り待ちをしてきた。
十一日目は雨。和傘を差した情緒ある着姿が見られるかと思ったけれど、国際センターには庇があるんだった。傘を差すのは、車を下りて数メートルの距離。果たして

二時過ぎに着くと早速、碧山登場。
昨年、見た時も青。しこ名にちなんでの青なのかなP1270447続いて、嘉風。淡い色を素敵に着こなしてるなあ。今場所、大注目の力士。P1270470稀勢の里は、渋めのコーデ。いかにもお相撲さんって感じの顔立ちが好きP1270487_3来た~新入幕の御嶽海和傘を差して登場。袴に雨下駄もいいわあ。
雨の入り待ちで、こうゆう姿を見たかったのだP1270499勢は、ブルー系のコーデが素敵。P1270516臥牙丸。白地をキリッっと締める帯は、母国の国旗が織られている。P1270531安美錦。付け人が和傘を持っている。P1270549逸ノ城。帯が細く見えるなあ。こんな言い方は失礼かもしれないけれど・・・かわいいP1270583_2福岡県出身の松鳳山は、シックなグリーン。P1270613茶系でまとめた栃ノ心。羽織紐は房。カッコイイP1270664隠岐の海は、格子の着物。P1270678この日、一番目を引いたのは、ピンクの着物の魁聖。P1270708遠藤は、キリッとブルーに雨下駄が男前P1270765続いて横綱の場所入り。日馬富士は、金色っぽい帯。さすが。P1270814鶴竜の着物は、キレイめなお色。P1270837白鵬登場。和傘が随分小さく見える。P1270869コートでよく見えないけど、貫禄あるなあ。P1270902_2雨の中、一時間も立ってると体が冷えた。
以上、国際センター前から草乃江がお伝えしました

2014年11月20日 (木)

大相撲九州場所~入り待ち編~

福岡市美術館で友達と別れた後は、九州場所の入り待ちをするべく、急ぎ国際センターへ
先週、相撲観戦した日は遅く着いて、入り待ちができなかったのが心残り。
力士が、どんな着物を着てくるのかすご~く興味があったのだ
では、九州場所十日目の入り待ち編をどうぞ。

魁聖の帯は、ブラジルの国旗が織り込まれてるP1190899_2勢は前夜祭の時のコーデも好みだったけど、青も素敵。Pict2954逸ノ城は、赤の帯が若々しい。Pict2961_3隠岐の海は、格子柄。羽織紐の白が効いてる~。Pict2964碧山は袴姿。カッコイイPict2977遠藤は、ピンク系のまわしの色からして、もっと派手かと思っていたんだけどPict2984_2待ってました~旭天鵬。チラッと見える八掛けも素敵Pict2986稀勢の里は、コートで見えなかった。Pict2956続いて、横綱の場所入り。日馬富士の帯は洒落てる~。声援を送ると、こちらを向いてくれたPict3002_2鶴竜。羽織紐と帯の色合わせが好み。Pict3008白鵬は、さすがの貫禄。Pict3024 取組が終わった力士が、目の前を通る度、鬢付け油のいい匂いがする
黒のすっきりした着こなしのさわやかさん。隣りの力士の黒い掛け衿もいいなあ。Pict3018_2博多織が大好きなので、やはり目が行くのは帯。幕下以上は博多帯を締められるのだ。
まわしとは異なる着物姿が見られて、新鮮だった

一人で入り待ちをするのは、少々心細かったけど、隣りに居合わせたおばちゃま、おばあちゃまが色々教えて下さり、楽しく過ごせた。

以上、国際センター前からお伝えしました。

2014年11月15日 (土)

九州場所六日目

昨日は、学校が遠足で、いつもより早く帰った娘と大相撲九州場所六日目を観に行った。
朝、娘を送り出した後に国際センターへ当日券を買いに行くと、寄せ太鼓が聞こえた。
豊真将が休場となり、残念だけど、なんだか面白そうな九州場所P1190592_3応援している力士の一人が40歳幕内力士の旭天鵬今年も九州場所で応援できて、嬉しい
この場所中に、史上二人目となる通算出場1800回を白星で飾り、さらにこの日は、通算900勝に王手がかかっていたP1190629幕内土俵入り。西の旭天鵬を応援しようと、東の自由席に座る。Pict2746_2そして、千代大龍戦で、通算900勝が達成されたおめでとう、アラフォーの星旭天鵬Pict2825一番盛り上がったのは、鶴竜と逸ノ城の取組この後、まさかの白鵬に土がついたので、全勝は鶴竜だけとなる。Pict2897_2今年の九州場所は、初めて和装dayが開催されたことも喜ばしい
和装dayは初日に終わったけれど、着物で行くと、裏方さん手拭いがもらえた
去年の九州場所で、初めて相撲観戦してから一年、相撲初心者の私には、「大相撲力士名鑑」がとても重宝した。
子どもの当日券自由席は、イラスト付きでかわいい上に、鉛筆のおまけ付きで200円P1190667そうそう、九州場所初登場のひよの山にも会えたのだ。お茶目な彼は、梅ヶ枝餅を口に入れてた(笑)P1190615_3さて、本日の着物は、葉っぱ小紋に紬帯で、三階椅子席仕様P1190600前日から急に冷え込んだので、ナカノヒロミチのポンチョコートに首元にはファーのスヌード。P1190639_2この後は、平原綾香が来るという博多駅のイルミネーション点灯式へ向かうP1190655点灯式には間に合わなかったけど、ライブには間に合い、生「ジュピター」が聴けた
イルミネーションと素敵な歌声に感激いい一日だった。

2014年11月 7日 (金)

九州場所前夜祭

昨日は、大相撲九州場所前夜祭に行って来た。
去年は一人で行ったけど、今年は友達と一緒で楽しさ二倍
私が応援している力士の一人、旭天鵬の幟には、「四十歳幕内」の文字がP1190193_2今回は、ご縁に恵まれナント溜まり席で観られることに。かなりラッキーPict2742_3開演まで、たっぷり時間があるので、お土産屋さんなどを見て回る
優勝杯はよく見ると、プレートに力士の名前が刻まれているP1190208_4博多人形に八女茶に椎茸、宮崎牛など、郷土色たっぷりの賞の数々。P1190217さあ、開演土俵をひと回りするふれ太鼓に期待が高まる。P1190231_3九州・山口出身力士の紹介では、ひと際大きい声援が送られる
昨年は向正面でまさかのお尻アングルだったので、今年は学習したぞP1190235_3くまモンの化粧まわしは佐田の海。P1190242_3しかし、プログラムには名前があるのに、豊真将の姿が無い怪我の治療に専念するため、欠席とのこと、残念。豊真将、応援してるからね~P1190248_4三横綱の土俵入りは、間近で見られて感激した
東の白鵬。シコを踏む時に「よいしょ。」と掛け声をかけてみたりしてP1190250_2西の鶴竜は、雲龍型。P1190272東の日馬富士。P1190290_2不知火型と雲龍型の両方を見たのは初めてだった。
楽しい初っ切りは、阿武松部屋の若山と篠原。P1190331_2相撲甚句は普段、聞く機会がないので、興味深い。P1190354_2「関取に挑戦」のコーナーで、琴奨菊に向かう子ども達。P1190378_2力士のど自慢の大トリは、新小結の勢。本当に美声の持ち主なのだ
着物と帯、羽織紐のコーデもとっても好みだった。P1190395_4聡ノ富士の弓取り式を見て、帰路に着く。P1190414_3手拭い好きの私は、行司・呼出・床山のお得な三枚セットを買った。せきトリ君鉛筆をもらえたので、これは娘へのお土産でP1190229_3今年は「大相撲力士名鑑」を買ったので、力士の顔と名前が少しずつわかるようになってきた。
娘が学校から早く帰る日に、当日券で観に来れたらいいんだけどなあ。

2013年11月16日 (土)

初めての相撲観戦♪

大相撲九州場所六日目の昨日は、娘の学校が早帰りだったので、親子で初めて相撲観戦をしてきた。前日には来日中のポール・マッカートニーが観戦されたそうだ。
当日券自由席は大人2000円、子どもは驚きの200円で気軽に楽しんで来る。P1110238国際センターに到着すると、入り待ちの人だかりが出来ていた。相撲は初心者で、力士の名前はあまり知らないけれど、見ていてワクワクする。P1110253席に着くと、十両の取組が始まったところだった。買い物がてら館内を探検してみる。P1110248九州・山口県現役力士のパネル展。P1110257トロフィーの数々。力士の博多人形は福岡市長賞。八女茶賞や宮崎牛、椎茸なども九州らしい。P1110104テッポウ厳禁P1110093あやうく幕内土俵入りを見逃しそうになり、焦ったけれど、化粧まわしを見られて満足前夜祭では向正面に座り、まさかのお尻アングルだったのでPict1363_2相撲初心者なので、携帯ラジオの解説を聞きながら観戦する。
実は、前日に娘とこんなものを作っていたのだP1110261勝った碧山。次の遠藤の取組も楽しみの一つ。Pict1441山口県出身の私は豊真将のファンフグがちょっと怖いのはご愛敬でP1110260豊真将は残念ながら負けてしまったけど、礼儀正しく、見ていて清々しい気持ちになる。Pict1505結びの一番は日馬富士。懸賞もたくさん。Pict1535バトンを習い始めた娘は、弓取り式のビュンビュン回す所作に驚いていた。
初めての相撲観戦はとっても楽しかった。最初は声を出して応援するのは恥ずかしかったけれど、それも幾分慣れたはね太鼓を聞きながら、いい気分で帰路に着く。P1110270お土産は決まり手の手拭いと金太郎飴P1110277_2今場所は当日券の自由席がセブンイレブンなどで買えるようになったと知った。
平日だから大丈夫とは思っていたけど、念のため事前に買って行く。これなら朝から並ばなくてもいいので、敷居も低く感じる。
楽しかったので、また行ってみたいな

<追記> 
今場所の当日券自由席は、福岡国際センター券売窓口では8:00から、セブンイレブン、サークルK・サンクスでは10:00から販売で、コンビニでは発券手数料が必要。
詳細はチケット大相撲のホームページでご確認を。

2013年11月 8日 (金)

大相撲九州場所前夜祭

昨年、縁あって相撲部屋を訪問したのを機に、相撲に興味を持った私。
そんな時にテレビで見た大相撲九州場所の前夜祭は、楽しそうで興味津々。
今年は入場券が当たったので、勇気を出して一人で福岡国際センターへ行って来た
クッションシートにおやつに飲み物、そして、長~い待ち時間のお供に相撲の本も持参。

はためくのぼりを見ると、心躍るしかし、開場一時間前(開演三時間前)に着いたのに、既に想像をはるかに超える大行列なので、写真を撮るより並ぶことを優先したPict1093初めて生で見た吊り屋根四色の房があることに、今まで気付かなかった。赤房下は東方力士、白房下は西方力士の位置なのだそう。
本日は満員御礼。あいにく正面の席は取れなかったものの、向正面の枡席を確保。一人で心細かったけれど、同じく一人でいらした素敵な女性とご一緒できたのは、幸いだったしかし、向正面がどうゆう席か、じきにわかることに・・・(謎)Pict1098オープニングの「ふれ太鼓」の次は、「九州出身力士紹介」。Pict1109_2これが、まさかのお尻アングルでもある意味、スゴイ迫力Pict1118山口県出身の私は豊真将が好きなのだけど、やはりお尻アングル。
退場する時を狙うもブレブレだったPict1128横綱土俵入り。東は白鵬。Pict1152西は日馬富士。花道そばの枡席だったので、この近さ。呼出さんのたっつけ袴も間近で見られて、感激した。Pict1175しょっきりは、昨年、訪問させていただいた阿武松部屋の篠原と若山。禁じ手等とても楽しかった。Pict1202浅香山親方との対談を終えた永谷園の「ふりかけ親方」、振分親方の元・高見盛。Pict1247_2相撲甚句や力士のど自慢、子ども力士の頑張りもよかった。弓取り式は聡ノ富士。Pict1346帰る前にのぼりも撮って気が済んだ相撲って取り組みだけでなく、装束やしつらいなど日本の伝統美も見どころだと思った。ただ、向正面で化粧まわしが見られなかったのが心残り。P1110131_212時から並んで、17時半終了。待ち時間に探検も出来たし、前夜祭も楽しかったけど、さすがにくたびれた~P1110135_2バス待ちの行列にまたうんざりし、地下鉄の駅まで早歩きで帰る。
今回は、たまたま娘の下校時間を気にしなくてもいい状況だったので、行けたけど、やはり圧倒的に年配の方が多かった。

この前夜祭を見たがっていた娘。学校の早帰りの日に、当日券で相撲観戦出来るといいなあ。

より以前の記事一覧