フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

着物(子ども)

2017年1月 2日 (月)

天神チャリティ茶会

天神で初売りの二日に今年も親子で毎年恒例の新春チャリティ茶会のお手伝いに伺った。
お茶会が始まる前に友達と記念写真noteP1360072お運びの出番を待つ子ども達。P1360077_2先生に頂いたばかりの古帛紗を初下しして、お茶をお出しする。P1360102_3今年は会社の人も買い物帰りに寄ってくれた。
友達の妹ちゃんの双子っちが娘のお下がりの着物を着て来てくれたのは嬉しかったhappy01P1360085_2<本日の着物> 娘の小紋の色に合わせて、私は同系色の付下げにした。P1360295夕方帰る頃になって、娘が足が痛いと言う。そりゃあ一日よく頑張ったからねえと話すと、朝からずっと痛いのだそう。どうやら一年前に買ったこはぜの足袋が小さくなっていたようだsweat01
着物の肩揚げのことは気にかけていたのだけど・・・そっちがあったかcoldsweats01ごめ~ん。
今年は娘にラビットファーの襟巻を譲ったけど、ストレッチ足袋も譲ることにしようかな。

2016年12月30日 (金)

10歳の小紋

10歳になった娘は、そろそろ七歳の七五三の四つ身を卒業。・・・って言うか着飽きたそうだ。
既に年の数ほど着たので、母の思惑通りもう十分元は取ったしなあcatface

お正月のお茶会用に新古品で小さめサイズの小紋を買った。P1360034ブルーの花車文様で、着丈と裄が短いのはモチロンのこと、私が重視したのは56センチと長めの袖丈shineやはり、子どもはお袖が長い方がカワイイlovely

これは昔、お茶の先生に言われて気づいたこと。
お嬢ちゃんが長めのお袖をタラ~ンとさせてお点前をするのが可愛いのだそうだ。
その日の私は、叔母の若かりし頃の小紋を着てお稽古をしていたのだけど、袖丈が長めだったので。・・・モチロン、お嬢ちゃんと呼ばれる年ではなかったけれどcatface
その着物も袖丈をマイサイズに仕立て直してもらったのが、よかったのか悪かったのかsign02
若向きのお色で、その後一度しか袖を通しておらず、あのまま娘に譲ればよかったかなあと今更ながら思ったりcoldsweats01

今日は取り急ぎ、気掛かりだった肩揚げを済ませ、試しに着せてみた。合わせた帯はリメイク細帯P1360023長襦袢は洗えるように化繊にした。袖丈は合わないけど許容範囲内。P1360025この着物を選ぶ時に真っ先に思い浮んだのが、私が20代の頃に締めていた叔母のお下がりの椿の名古屋帯。これでふくら雀を結んだら可愛かろうね~とconfidentP1360026_2この小紋は、袴と合わせて卒業式に着て欲しいなあと思っている。
あと二年先の話なので、ちょっと気が早いかなsmile

2016年8月10日 (水)

つながる浴衣

夏休みで東京から帰省していた友達と都合を合わせ、一緒に友達の新居へ遊びに行ったhouse
餅まきにご招待頂いたこともあり、完成を楽しみにしていた憧れの一戸建てshine
プロジェクションクロックが面白~いhappy01P1320939三家族の子どもが揃うのは年に一、二度だけど、仲良くかくれんぼ等して遊ぶ。P1320935さて、今回は三歳の双子っちに着てもらえたらと娘の浴衣も持参したのだけど、帰宅後にかわいらしい着姿が届いたheart04Securedownload右のお嬢ちゃんはコンビミニの浴衣&兵児帯、左のお嬢ちゃんは私が縫ったしじら織&綿麻のクマちゃん帯。どちらも小学校に上がる頃まで着られるハズnote
二人ともよく似合っているhappy01脱ぎたくない~と言ってくれたそうだ。嬉しいなあconfident

二枚とも、思い出が詰まっている浴衣で、娘が双子っちと同じくらいの年に着始めた。
この浴衣は、3wayなので、ワンピースをスカートにして、小1まで着られた。P1020471しじら織をミシンで縫ったのも同じ頃。P1060382こちらは、肩揚げ&腰揚げをしながら、小三まで着たcatface最後の腰揚げは、本人のなみ縫い。P1150055去年のお稽古が着納めだった。P1250031うちは一人っ子なので、大事にしていたものをこうして着てもらえるなんて嬉しいなあconfident
娘に双子っちの浴衣の写真を見せたら、にんやりしてたsmile
ちょっとお姉ちゃん気分が味わえたかな。

2016年2月 1日 (月)

こども日舞発表会

娘が夏休みから通い始めた日本舞踊の発表会が、昨日あった。
文化庁「伝統文化親子体験教室」で初めて触れた日本舞踊。
この発表会を目標に七ヶ月、お稽古を続けてきた。Pict3513三つのお稽古場の合同発表会で、娘にとっては初舞台。流派は西川流。Pict3523演目の「藤の花」に合わせ、母ちゃんはつまみ細工で下がり藤の髪飾りを作ったhappy01Pict3516さあ、幕が下りるまで、決めポーズです。Pict3543日舞は全くの初心者だけど、色んな演目のお稽古をお母さん目線で拝見し、踊りの振りが何を表現しているのかがわかると、日舞って面白いかもnoteって思えた。
娘は最初の頃、お茶と異なる立ち方座り方に少々戸惑ったようだった。
親子で色々いい勉強になったconfidentPict3558最後は総勢19人で、お客様をお見送り。
同じ教室で習った六人が初舞台だった。先生と記念写真cameraPict3561さて、前日のリハーサルでは、金糸の細帯を長めに垂らした文庫に結んだけれど、皆の華やかさに自虐気味の娘coldsweats01本番では、久々に作り帯の出番となった。Pict3567四つ身の着物は、肩揚げを全部下ろした。既に年の数程着て、十分元は取ったことだし、本人も飽きたようだし、そろそろ着納めかなcatface
十歳前後の子どもの着物って、結構悩む。次はどんな着物を用意しようsign02

2016年1月 3日 (日)

天神お茶会

天神初売りの二日に、今年も親子で新春恒例チャリティー茶会のお手伝いに伺った。
お稽古をやめて久しいけれど、こうして年に一度、社中のイベントにお声が掛かり、ありがたいconfidentP1280749日本庭園の中の香合は、見ざる聞かざる言わざる三猿。P1280758羽子板の菓子器に敷いた懐紙は、猿の透かしだったり、こんなオリンピックの柄もあったりnoteP1280788_2親子茶道でもご一緒した友達と娘は、この場に立つのは二度目。P1280842この日、先生に頂いたばかりの古帛紗を初下ろしして、お運びをする。P1280852東京から帰省中の友達が来てくれて、かつてのお稽古仲間が三人揃ったhappy01
若い頃、随分とお世話になったお母様とも久々の再会。P1280775今年は、子どもチームが五人もいて華やかだったshine舞台裏にてcameraP1280822<本日の着物> 母のお下がりを染め替えた訪問着に帯も母のじゅらく。P1280895「年々新たに福を呼ぶ」よう一年一年を過ごしたいと思いますconfident

2015年12月12日 (土)

着物二十年③ 娘と楽しむキモノ編

三才の七五三で、すっかり着物が好きになった娘。
私が着物で出掛ける時、自分も着物を着る~annoyと30分も床に寝そべって大泣きした程。P1020906私の子ども時代のアンサンブル(祖母が仕立ててくれたウール)は、どうやら虫食いで処分された模様sweat01晴れ着は普段に着るものではないし、浴衣は季節外れとなだめ、キモノメロディカで「ちどりこさん」のコドモキモノを買った。
念願の普段着キモノ第一号は、千鳥格子のウール。
帯は綿麻で、私が縫ったものを合わせた。足元はタビックス。冬はブーツで楽しんだ。P1040232春になったら着られないので、母ちゃんも頑張ってミシンに向かう。
普段着キモノ第二号は、ダンガリー。大きめに作ったので、これは長~く着られるのだ。P1040325このキモノを作ってからは、よくお出掛けするようになった。
博多織のハギレで作った兵児帯を合わせて。P1090764_2お揃いのラベンダーのショールをまとい、福岡城でお花見cherryblossomP1050208_2京都から舞妓さんがいらっしゃるイベントでは、投扇興にチャレンジした娘が、まさかの一投目で成功note母ちゃんは笑い崩れてしまったけど、舞妓さんは笑っても品がいいわあshineP1040366普段着キモノ第三号は、しじら織り。夏は浴衣で、単衣の着物としても長く着た。P1060382安産祈願の腹帯で作った肌襦袢が小さくなったので、袖をつけ、うそつき襦袢にして、もう少し着てもらおうかねsmileP1200948夏は、浴衣で博多祇園山笠見物happy02明け方の追い山ならしに行くことも。
近所の神社の夏越祭は、今年は友達と楽しむようになり、成長を感じる。P1070150本当は、主人にも着物を着て欲しいけど、汚すので(子どもかsign02)今のところ、父ちゃんは夏の甚平だけcatfaceP1080977大きめに作り、四年着たしじら織りも、ついにダサ過ぎsweat01と感じるお年頃になった。
お稽古着にすると、文句ブーブーpout
手拭いで縫ったペンギンの兵児帯は、姿見カバーとして再利用されることに。P1150241_2夏の終わりにお安く買った大人のプレタ浴衣を子どもサイズに直してみた。
これで三年位着られるハズsmile私のピンクの半幅帯を娘に譲る時が来たようだ。P1260049小学生になり、親子でお茶会のお運びをする機会もぼちぼち出てきた。
母は、粗相をしないかヒヤヒヤしながら見守ってるけど、本人は楽しそうnoteP1180324親子茶道教室では、道中はタビックス、お稽古は白足袋で。P1190995今年は、姪っ子達に作ったミシン着物が二枚お下がりで戻って来た。
お稽古帰りに、単衣でハロウィンnoteP1260873お正月は毎年、着物で。七歳の七五三の四つ身をサイズ直しをしながら着ている。
化繊のプレタで、洗えると思うと、気兼ねなく着ることができるのだsmileP1110810娘に譲る着物第一号は、ピンクの鮫小紋と決めている。
あと数年で、着られるようになるかなあconfident

<番外編> 兵児帯の余り布の綿麻で作ったリカちゃんの普段着キモノ。P1110020最近は、娘につまみ細工の髪飾りを作るのが、楽しい母である。

2015年12月10日 (木)

着物二十年② 家族の行事編

着物二十年、まだまだ続きますsmile
結婚式は、櫛田神社で神前式。黒の引き振袖を着た。
地毛が茶色い私にとって、これが人生初の黒髪(かつら)。Img053その後、体調を崩したこともあり、しばらく着物から遠ざかっていた。
出産後、長いこと苦しんだ産後うつから抜け出すきっかけになったのは、娘の七五三の準備。
娘に恵まれたら、私の着物を着せたいsign01それを自分で着せてあげたいとsign01いう夢を思い出し、すごいエネルギーが沸いてきた。P1020640子どもの着付けの練習や肩揚げ、腰揚げに初めて挑戦した三歳の七五三。Img250入卒式は雨でも着物。今時は、父親も出席するとは知らず、入園式では写真を頼む人に苦労したcoldsweats01卒園式も私だけ。
一つ紋の色無地にかつて母が着ていた黒の絵羽織で、昭和のお母さん風。P1060173義弟の結婚式では、初めて黒留袖を着た。貸衣装を選ぶのも楽しかったnote
花束贈呈をする娘は、早目に買った七歳用の四つ身に三歳の時の結び帯。P1020854お正月は、着物で過ごす。義母の小紋で初詣。
私自身、子どもの頃からお正月には、祖母が着物を着させてくれるのが楽しみであった。
娘も着物に親しんでくれて、嬉しいconfidentP1100269小さい頃は、ひな祭りに着物を着て、喜んでいた娘。
従妹の宮参り着の一つ身に兵児帯で。その従妹もこの秋、結婚した。P1110577七歳の七五三の仕度中。茶色い髪の母ちゃんは、黒髪の日本髪に憧れがあり、娘の髪は頑張って日本髪風に結ってみた。P1110292私が着たのは、母の白地の訪問着を染め替えたもの。
新婚時代に母が、お正月に父の実家で台所を手伝おうとして、派手にシミをつけ(爆)こうして金茶に生まれ変わった。帯も母のお下がり「じゅらく」。P1110327今年は、結婚十周年。式を挙げた櫛田神社にご報告を兼ねて、お礼詣り。
バッグは、20代の頃の行きつけの呉服屋さんが、帯揚げで作ってくれたもの。
色は若過ぎるけど、春ならまだ使えそう。P1220539この秋は、従妹の結婚式だった。リングピローを運ぶ役目を仰せつかった娘は、振袖で参列。Img077_2うちの小学校は、卒業式で袴をはく女子が多いそうだ。
私の着物に袴だけ用意して、娘に着せたいなあと夢は膨らむ・・・って、気が早いかsmile

2015年11月 8日 (日)

袋帯を細帯にリメイク

今季の袷シーズンは、結婚式に日本舞踊の発表会、お茶会のお運びと、娘の晴れ着の出番が続く。
お正月までは七五三の作り帯を、カジュアルな時は半幅帯を合わせていた。
取り急ぎ、いとこの結婚式に作り帯で行くと、帰りは荷物になるし、そろそろ(私が)作り帯には飽きてきたしcatfaceここは、新しいコーデを考えたいところ。
芯なしの全通袋帯なら、子どもでもいけるかもflairとネットで購入。冒険してみたsmileP1260984_2生成りの地に金やほんのりブルーの入った流水文様。
初めてアンティークに挑戦した割に、我ながらいい買い物した~moneybagP1260990手結びは初めてなので、数回練習したけれど、羽根が大きく、可愛いげないし(これは私の腕が悪いせいcoldsweats01)たれは広いし、なにより本人が重そうだ。これじゃあ、楽しみにしていた結婚式で、疲れてしまいそうsweat01P1260940手持ちのベージュの細帯で、ふくら雀にしてみたけれど、お祝いの席にはイマイチの配色。
私の段取りの悪さに、娘も大概うんざりしているcoldsweats01P1260979という訳で、結婚式前日の夜に(爆)バッサリ切って、リバーシブルの細帯にしてみた。
もう時間がないので、迷いなくhairsalon
(ああsweat01どうして私は、いつもギリギリにならないと動かないのだろうgawkP1260992しっかりした生地なので、結構時間が掛かってしまった
博多織のハギレで子ども帯を作った時とは大違い。P1270001さて、翌日は朝から土曜日の学校行事dash帰宅後は、大急ぎで二人分の仕度を済ませ、新幹線に乗って、結婚式へGOdash
出来たばかりの細帯もぶっつけ本番でなんとか形になった。
しかし、四メートル以上あるので、何枚にも重ねた羽根がもたついてしまっている。
次回の出番までに、もう少し結び方を考えねば。P1270151裏の帯地も取っておいて、いずれは小さめの袋帯に再リメイクするのもありかなflair

2015年11月 1日 (日)

ハッピーハロウィンウェディング

ハロウィンの土曜日は、親子で朝から学校行事のビッグイベントdash
後半の授業は早退し、帰宅後は娘と私のヘアセット&着付けにケンカしながら大忙しwobbly
やっとのことで仕度を終え、新幹線で山口へ。従妹の結婚式だったshineP1270057二週間前の祖母の七回忌にも来てくれた好青年は、白いタキシードで入場する時、参列者から一本ずつ手渡されたバラを集めてブーケにし、跪いてプロポーズhappy02
家族の出番も多く、新郎新婦の人柄が伺える温かい人前式だったheart04P1270087_2さて、楽しみにしていたお姉ちゃんの結婚式で、娘は大事なミッションを仰せつかっていた。P1270143それは、リングピローを運ぶお役目。粗相のないように、母は後方から念じていたわよsmileP1270103そして、今度はスタッフのお姉さんに花びらを渡され、ドキッ。プレゼントじゃありませんから。P1270152_2フラワーシャワーの後は、果敢にブーケトスにも参加。さすがにハードルが高かったねcatfaceP1270153披露宴でアレルギーっ子には、心尽くしのお料理にお菓子の袋。そう、この日はハロウィン。P1270174スタンバイ中の新郎の愉快なお友達。
サプライズで新郎を加えたら、四代目sign02J Seoul Brotherssign01P1270215_2私が高校生の時、幼稚園児だった年子のいとこに、「英姉ちゃん、相撲しようhappy01」とか、「運動場で遊ぼうnote」と誘われ、遊んだ頃が懐かしく思い出されたconfident
Yちゃん、Sくん、末永くお幸せにconfidentP1270242

<本日の着物> 母の着物を金茶に染め替えた訪問着。じゅらくの袋帯も母のお下がり。
朝から10時間着通しで、着崩れしてるのは、お目こぼしをcoldsweats01P1270253娘は、七歳の時の化繊の四つ身に帯は前日夜に縫った細帯。(この話は別記事で)
下がり藤の髪飾りは、私の手作りつまみ細工。P1270186肩揚げ&腰揚げは、微調整済みだったけど、まさか当日、家を出る段階で、お正月には履けた草履が入らないとは焦ったcoldsweats02(私の低めの草履を履かせる)
子どもの成長って、早いわ。

2015年10月25日 (日)

着物で寄り道~ハッピーハロウィン~

今日は、親子茶道教室のお稽古日。
箱崎宮前駅で地下鉄を下りると、骨董市で賑わっていた。筥崎宮蚤の市だそう。P1260832茶道会館の前にもお店がビッシリ。
初めて見る光景に興味津々で、お稽古の帰り道、娘とフラッとのぞいてみた。P1260835古布の針山を200円でゲット。これで、ちりめん細工作りも気分が上がるハズ。
娘はビーズの小物を三点選んだ。P1260900ランチも兼ねて移動した天神では、天神コアの変わりように目を見張りつつ、目指せ四階dash
ハロウィンの撮影スポットがあるのだ。
マイカチューシャ(いや、娘のだけど)を持参したけど、貸出用も色々あるじゃんcoldsweats01P1260844ドラキュラなのかsign02化け猫なのかsign02P1260837恥ずかしがる娘が意地でも撮らせてくれないので、(しぶしぶ)イムズへ移動。
ここでも、撮影スポットに母がはしゃいでいると、腹ペコの娘が大激怒annoy
お昼は、うちのアレルギーっ子御用達、「峠の玄氣屋」へ。機嫌が悪いと、行儀も悪いangryP1260875_3さて、腹ごしらえをしたら、撮影タ~イムnoteP1260871母も負けてません。P1260860PLAZAでは、店員さんに「TRICK OR TREAT」と声を掛けて、ガイコツのラムネを頂いた。
内弁慶な娘が、はにかみながらも声を掛けられたことにビックリしたけど、お菓子の怖さにもビックリだよeye食べるのに勇気がいるなあcoldsweats01P1260905九州造形短大のイベントもあり、缶バッジ作りの体験をさせて頂いた。P1260878娘の作ったSAKANAバッジのゆるさにニヤリsmileP1260911天神地下街の「カランコロン京都」では、臙脂色の鹿の子の傘に一目惚れlovely
雨の日の和装にピッタリ。いい買い物したなあ。P1260930_2<本日の着物> 葉っぱ小紋に合わせた名古屋帯は、西陣織(弥栄織物)の唐花文様。P1260894娘のキモノは、私が姪っ子姉妹に作ったミシン着物のお下がり。
白地に水色の梅模様に綿麻の兵児帯。P1260883妹用のこのキモノは、娘には既に対丈。お稽古でお抹茶をこぼしたけど、全然気にならないのだcatface